【警告】要領が悪くて、仕事ができない…もう疲れた…→対策2選で【科学的に解決】

【仕事ができない】働くことに疲れた

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

はぁ…仕事ができなさすぎて、もう働くことに疲れた…。

要領も悪いし、頭の回転も遅いし…おなじミスを何度も くり返して情けない。。

作業が遅いせいで、周りの視線・進捗が気になるし…仕事に集中できないよぉ。。

毎日まいにち、職場でテンパってばかり…こんな自分がイヤだ…ツラ過ぎる。。

アレコレ余計なこと考えちゃって、気を遣いすぎなのかも。。

…でも、どうすればいいのか…対処法があったら知りたいな…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【無力さの克服】仕事ができない…→『レッテル貼り』を止めるべし⁉︎
▶︎科学的な「2つの打開策」で【完全に解決】記事の後半にて解説

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【警告】要領が悪くて、仕事ができない…もう疲れた…→対策2選で【科学的に解決】

仕事ができなさ過ぎて、働くことに疲れた…→解決策は『レッテル貼りの撤回』⁉︎【データあり】

 

【注】本記事では、あなたの仕事キャリアの悩みを解消すべく、科学データに基づいた解決策を発信していきます。

 

きっと、大丈夫
あなたの苦しみは、ぜったいに解消できますよ

 

わたしと一緒に、対策していきましょう。

 

 

さて、さきに結論ですが「仕事ができなさ過ぎて、もう疲れた…」を克服するカギは、『レッテル貼りを止めること』にアリ

 

いま あなたに必要なのは、「要領が悪いから…」「仕事ができないから…」といった先入観を払拭することです。

 

その証拠に、心理学の研究によると「自分は無能だから…」とレッテル貼りしがちな人ほど、仕事(学業)成績が低下する傾向に。

(参考 文献:『ステレオ タイプの科学ー「社会の刷り込み」は成果にどう影響し、わたしたちは何ができるのか』)

 

専門的には『ステレオタイプ脅威』と呼ばれる心理ですね。

 

つまり、「仕事ができない」「要領が悪い人間」と思い込みを強めることで、ほんとうにパフォーマンスが下がってしまうのです。

 

【悲報】思い込み=人生の失敗を引き寄せる⁉︎

 

ちなみに、「女性は理数系がニガテ」「貧困層はIQが低い」といった先入観もまた、仕事・学業 成績をダウンさせるのだとか。。

 

あなたの未来には、たくさんの可能性や希望があります。

絶対に。 間違いなく。

 

…しかし、このさきも「自分は仕事ができないから…」という思い込みに囚われるなら、、未来に待ち受けるのは “絶望” だけかも。。

 

…厳しい意見で すみません。

でも、事実です。

 

その証拠に、産業心理学の研究データによると、↓以下のことが明らかにされています。

 

思い込み・先入観に気をつけながら働く社員の “約80%” が、高い仕事パフォーマンスを発揮すると分かった」
「反対に、低い成果しか出せないビジネス パーソンの“約80” は、偏見やステレオタイプを払拭できていなかった」

(参考 文献:『4021の研究データが導き出す 科学的な適職』)

 

にゅー
にゅー

つまり、高い業務パフォーマンスを発揮できる人ほど、“先入観 抜き” で仕事する傾向が強いということ!

 

なので、「仕事できなさすぎて疲れた…」を解消する “第1歩” は、あなた自身のステレオ タイプ(思い込み)に気づくこと。

 

…ここで一度、過去を振り返ってみてください。

 

さいきん、仕事ができない自分を責めたのは、どんなときでしたか?

 

来る日も来る日も、自責の念にコストを費やしてしまい、時間を浪費させてはいないでしょうか?

 

「仕事に行くのがツラい…」と苦しむ今こそ、自己 嫌悪・自己 否定を止めて、負のループから抜け出すことが急務ですよ。

 

【科学的な真実】「現状の把握」に打開策アリ。

 

そして、仕事がデキる人へと転身するキーワードは、『現状の把握』にアリです。

 

↓以下のような視点・解釈を持つことが、あなたの業務パフォーマンスの改善に結実するはず。

 

「仕事ができない原因は何だろう?
働き疲れを解消する方法はないかな?」

 

じつは、心理学の研究によると、事実・データを基に問題点を把握できる人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

・ネガティブ思考が改善
・ストレス抵抗力が改善
・不安感、イライラが改善
・問題 解決スキルがアップ…など

(参考 文献ー『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

にゅー
にゅー

つまり、「なにが原因なんだろう?」と考えることで、仕事できない問題に終止符を打ちやすくなるのですね!

 

なので、↓以下を参考にしつつ「問題点の分析」にフォーカスるのが吉ですよ。

 

・ニガテな上司や先輩の元で働いている
→「部署 異動」や「配置 替え」を申請できないか?
・やる気が下がり、モチベーションが低下
→リフレッシュできる時間や余裕を作れないか?
・いまの職場に向いてないと感じている
→じぶんの能力を発揮できる環境を探せないか?

 

・作業スピードが遅く、仕事が追いつかない
→読書や研修 参加などで、スキル アップ対策はできないか?
・指示されたこと、頼まれたことを忘れてしまう
→メモ帳やスマホのタスク系アプリで対処できないか?
・社内でのコミュニケーションが不得意
→ビジネス・教育系のYouTubeを観て、学べる点はないか?
・頼まれた業務量が多すぎて手が回らない
→仕事を断れない「都合のいい人」を卒業できないか?

 

仕事ができないからといって、過度に落ち込む必要はありません。

 

どうか、卑屈にならないでください。

ひとつ1つ対処していけば、かならず結果は出ますので。

 

【改善策】職場を変えるのも1つの方法

 

ちなみにですが、、すでに社内で「仕事ができないヤツ」と悪評が広まっているなら…環境を変えるべきタイミングかも。

 

というのも、組織心理学の研究によると「他人からの評価」や「第1印象」について、↓以下が証明されているのです。

 

「いちど社内で作られた評価は、その後“約6ヶ月〜1年” にわたって継続し、汚名 返上できる確率はゼロに近いと分かった」

(参考 文献:『権力を握る人の法則』『影響力の武器 なぜ、人は動かされるのか』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、すでに「仕事ができないヤツ」「要領の悪い社員」とレッテルを貼られているなら、名誉 挽回は “ほぼ不可能” だということ。。

 

なので、悪評が広まった職場で頑張るよりは、あなたが再評価される新天地を開拓するほうが、、科学的には “正解” 。

 

そこで、このさきでは「仕事ができなさ過ぎて、もう疲れた…」を脱却すべく、科学データを基に「2つの打開策」を紹介

 

▶︎人生の目標を明確化
▶︎選択肢を広げる

 

にゅー
にゅー

「もう疲れた…仕事ができなさ過ぎてツラい…」と苦しむときこそ、科学を味方に対策していきましょう!

 

【真実】仕事ができない…働くのに疲れた…→科学的な2つの打開策で【完全に解決】

 

さて、1つ目に解説するのは『人生の目標を明確化』について。

 

じつは、心理学の研究によると、明確に「人生のゴール」を持っている人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

▶︎メンタル的な利点
・幸福感が向上
・社交性が向上
・共感力が向上
・抑うつ傾向が改善
・恐れ、不安感が改善
・記憶力の低下を防ぐ
・ポジティブ気分が上昇
・ストレス抵抗力が上昇
・良い対人 関係が築きやすくなる…など
▶︎フィジカル的な利点
・抗 炎症作用が改善
・不眠になりづらくなる
・ナチュラルキラー細胞が活性化…など

(参考 文献:『目的の力ー幸せに死ぬための「生きがい」の科学』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、人生の目的が明確な人のほうが、メンタル・フィジカルともに健康的になりやすいということ!

 

たとえるなら、ハッキリと価値観や人生の目的を定めることは、ビジネスという海を泳ぐ “道しるべ” を手にするようなもの。

 

↓以下の記事では、あなたの強み・特性を理解すべく、認知 行動療法のテクニックを参考に、自己 理解を深めていきます。

 

ぜひ ご参考くださいね。

 

(まとめ記事へのリンク)

 

【科学的な突破口】優先すべきは「選択肢の確保」⁉︎

 

さて、さいごに解説するのは『視野を広げること』について。

 

…さぁ、ここからが本題

 

あなただけに打ち明けますが、、「仕事で疲れた…」を克服できない人は みんな、共通の “失敗パターン” に陥りがち。

 

それは、「じぶんが本領 発揮できる仕事は、世の中に数多くある」という事実に気づいていないこと。

 

いってみれば、適切な情報 収集ができていないせいで、視野が狭くなっているのです。

 

…厳しい指摘で すみません。

しかし、事実です。

 

その証拠に、臨床 心理学の研究によると「強いストレスを受けているときほど、問題 解決力が下がりやすい」のだそう。

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

専門的には『視野 狭窄(しや きょうさく)』と呼ばれる現象。

 

なので、「仕事ができなくて…」「要領が悪くて…」と思い詰めているときほど、解決策に目を向けられない傾向に。。

 

反対に、心理学の研究によると、多角的に選択肢を検討できる人ほど、問題 解決スキルがアップするのだそう。

(参考 文献:『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』)

 

専門的に「クリティカル シンキング(批判的な思考)」と呼ばれる思考法ですね。

 

そこで、↓以下のような方法で「選択の幅を広げること」に注力するのも一手。

 

・友人、知人に相談してみる
・職種、業界 研究に専念する
・キャリア選択について読書する
・転職、就職イベントに参加する
・大手の支援サービスを活用してみる…など

 

【人生が激変⁉︎】無料サービスを使い倒すべし。

 

そして、わたしが強く推奨するのは、「大手 転職サービスの利用」です。

 

というのも、ひとり孤独に「仕事 辞めたい…」「もう疲れた…」と思い悩むのは、、あまりにも “苦痛” すぎる。。

 

たとえるなら、砂漠のド真ん中に1人、ポツンと放り込まれるようなものですから。

 

…さぁ、イメージしてみてください。

 

現代は「寿命100年」とも言われる時代。

このさき40〜50年 以上も、ツラい仕事を続けるには…あまりにも時間が長すぎる。

 

ストレスから解放されたい
恐怖や不安を払拭して、平穏な毎日を送りたい

 

…そう思いませんか?

 

そこで、大手の支援サービスを活用し、1,000名 以上もの専門スタッフたちを、あなただけの “支援者” に引き込むのが吉

 

専属のエージェントを “味方” にして、キャリア競争を勝ち抜くのが現代的な「賢者の戦い方」。

 

ただ一方で、「でも、求人を強制されるかもだし…営業トークに巻き込まれるのも怖い…」という心配があるかもですね。

 

しかし、大丈夫です

どうかご心配なく

 

万が一にでもサービスに満足できなかったら、ささっとスマホを2〜3タップして「利用 停止」でOKですので。

 

30秒もかからず、チャチャっと完了ですよ。

 

とくに、大手の転職サービスでは、↓以下すべてが0円で利用できるので、もしもの“起死 回生の一手” としては最良策

 

▶︎メンドクサイ採用 手続きを すべて代行
▶︎第3者 視点で あなたのPRポイントを指摘
▶︎あなただけの “非” 公開求人を紹介してくれる
▶︎専属スタッフに面接・書類 対策を一任できる
▶︎ブラック企業を除いた求人だけを探してくれる…など

 

そして、支援サービス8社 以上を検討・テストした結果、わたしは“大手が最強” という結論に。

 

…ここで1つ、考えてみてください。

 

↓以下2つを利用するとき、どちらが安全に使えると思いますか?

 

▶︎実績もサービス内容も分からない企業
→求人数は数百〜数千 件くらい
▶︎知名度、サービス充実度すべて確保された大手の会社
→ “非” 公開 求人を含め6万〜11万 件の求人数

 

きっと、信頼性が保証されたサービスのほうが、どこぞの知らん会社よりも安全に利用できるはず。

 

…そう思いませんか?

 

なにより、サービス登録は かんたん

 

本記事の終わりにリンクを貼っておきますので、必要 事項を入力するだけです。

とてもシンプルですよね。

 

登録は5分でOKですから、あなたの貴重な時間・お金を節約できるのも魅力の1つ。

 

ぶっちゃけて言うと、以上のメリットがある無料サービスを使わないなんて…あまりにも、もったいない
もったいなさ過ぎです。

 

いうまでもなく、支援サービスのメリットを実感できるのは、じっさいに登録してみた人だけ

 

当記事の話を聞き進めてくれた聡明な あなたには、ぜひ大手サービスの信頼感+安定感を体験して欲しい

 

心から、そう強く思います。

 

にゅー
にゅー

「仕事に疲れた…もう限界…」と感じるいまこそ、科学的な方法を参考にしつつ、動いていきましょう!

 

【断言】もう仕事に疲れた…できない自分がツラい…→たった1つの解決策は【行動にアリ】

 

さて、今回は以上です。

ここまで話を聞いてくれて、本当にありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「周りに合わせることのデメリット」について。

 

研究データによると、周囲の空気を読みがちな「協調性の高い人」ほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだそう。

 

・将来的な収入が低下
・昇進、昇給率が低下
・組織の重役になる確率が低下
・管理職、社長 職に就く確率が低下…など

(参考 文献:『パーソナリティーを科学する 特性5因子であなたがわかる』)

 

かんたんにいうと、他人の顔色をうかがいがちな人ほど、職業的・経済的に失敗しやすくなることに。。

 

…さぁ、想像してみてください。

 

「仕事ができなくて…」と悩み続け、職場の上司・先輩の反応を気にするほどに、あなたの将来の可能性が閉ざされていく。。

 

現状 維持に甘んじた先には、お金もキャリアも失うという “暗い未来” が待っているかも。。

 

そんな未来、ぜったいにイヤだ。

人生の成功を手にしたい。

 

…そう思いませんか?

 

あなたを苦境から救ってくれるのは、『あなた自身の行動』だけ

 

あなたの未来は、いまこの瞬間の行動によってのみ、切り開いていけます。

 

にゅー
にゅー

さぁ、望む未来を手にすべく、すぐに動き出しましょう

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました