【打開策】職場の上司が怖い…仕事に行くのが恐怖…→対処法2選で【科学データありで解決】

【上司が怖い】仕事

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

もう限界…上司が怖すぎて、職場に行くのがツラい…。

毎日まいにち、怒られるだけの日々…仕事のミスや失敗を責められ続けて、精神的にキツい。。

上司が隣にいるだけで、萎縮しちゃうなぁ…朝 出勤するのが憂うつ過ぎる。。

明日もまた、怒鳴り散らされるのかなぁ…いっそ、仕事 辞めちゃいたい。。

どうしたらいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【真理】上司が威圧的で怖い…→『事実の把握』で克服せよ⁉︎【データで解説】
▶︎科学的な「2つの突破口」で【完璧に解決】記事の後半にて解説

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【打開策】職場の上司が怖い…仕事に行くのが恐怖…→対処法2選で【科学データありで解決】

【真理】上司が威圧的で怖い…萎縮して仕事ができない…→『事実の把握』で【克服せよ⁉︎】

 

【必読】当記事では、あなたの仕事キャリアの悩みを解消すべく、科学データ基づいた解決策を発信していきます。、

 

絶対に、大丈夫
あなたの苦しみは、きっと克服できますから

 

わたしと一緒に対策していきましょう。

 

 

さて、さきに結論ですが「仕事場の高圧的な上司が怖い…」を解決するキーワードは、『事実の把握』にアリ

 

↓以下のようなイメージで、上司を恐れているのは「事実に基づいたものか?」「想像上のものか?」を区別するのが吉

 

「仕事のミスを責められてばかり。怒りっぽい性格の上司がニガテで…」
→職場の上司は、四六時中「怒りっぱなし」か?
→大きな声で怒られたのは「上司の性格上の問題」か?
→失敗を責められたのは「いつ」「どんなとき」だったか?

 

「いつも叱られてばかり。上司は自分のことを嫌っているに違いない…」
→叱責されたのは、本当に「嫌われているから」か?
→叱られたのは「教育のため」という可能性はないか?

 

というのも、わたしたち人間は、メンタルの状態が悪化しているとき、「想像」と「事実」をごっちゃにして考えがち。

 

専門的には『過度の一般化』とか『自己 関連づけ』などと呼ばれる心理ですね。

(参考 文献:『マンガでやさしく分かる 認知 行動療法』)

 

そこで、まずは「客観的な事実」にフォーカスすべき。

 

その証拠に、心理学の研究によると、問題を事実ベースで考えられる人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

・ネガティブ思考が改善
・ストレス抵抗力が改善
・不安感、イライラが改善
・問題 解決スキルがアップ…など

(参考 文献ー『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、職場の上司との問題を “客観的に” 検討できる人のほうが、ストレスに強く、メンタルが安定しやすい傾向に!

 

なので、上司に怒られて恐怖を感じているときこそ、冷静に「客観的な事実」に焦点を当てるのがオススメ。

 

あなたのメンタルの安定のために、ですね。

 

それから、↓以下のような対策を実践するのも一手。

 

▶︎怒られにくくする工夫
・同僚に助けを求めてみる
・コミュニケーションの機会を増やす
・上司の機嫌が悪いタイミングを把握する
・勝手な判断で業務を進めないよう気をつける…など

 

▶︎ミスを減らすためのテクニック
・キャリア関連の読書をする
・ホウレンソウ(報連相)を見直す
・困ったときは「すぐに相談」を実行
・仕事の勉強にプライベートの時間を使う…など

 

▶︎上司との関係を断ち切る方法
・べつの権力者に相談する
・社内 配置の変更を打診する
・人事部に部署 異動を願い出る…など

 

↑上記を参考に、あらかじめ改善できる点があれば、上司からの暴言を減らせる見込みがありますので。

 

【悲報】組織の権力者=傲慢になりやすい⁉︎

 

…ただし、です。

 

そもそもですが、会社 組織のなかには、「話が通じない上司」や「感情的な上長」が少なからず存在するもの。

 

その証拠に、組織 心理学の研究によると、組織内の権力者ほど、↓以下のような特徴を持つ傾向にあるのだそう。

 

・自制心が低下
・支配欲が強くなる
・共感スキルが低下
・傲慢になりやすくなる
・道徳心や倫理感の欠如する
・社会のルールや規則を無視しがち…など

(参考 文献:『「権力」を握る人の法則』)

 

にゅー
にゅー

つまり、社内で権力を持つにつれて、上司は部下に対して高圧的になり、パワハラまがいの言動を何とも思わなくなるのです。。

 

…ここで一度、思い返してみてください。

 

職場の上司から怒られたとき、後日「昨日は言い過ぎた」「すまなかった」などと謝罪されたことがあったか…と。

 

むしろ、一方的に「お前が悪いんだ!」「社会人ならシッカリしろ!」と暴言を吐かれたことしか覚えてないのでは?

 

…ご注意ください

 

身勝手な上司に振り回されるのは、あなたのキャリアの損失に影響するかもですよ。

 

【注意】上司にガマンしていい時=サポートがある時

 

一方で、「上司が仕事のことを指摘してくれるのは、愛がある証拠。 厳しさは愛情の裏返しでは?」という意見もあるかも。

 

たしかに、 ”怒られるうちが華“ とも言われるように、手厳しい言葉をかけられるのは、成長を期待されている証とも言えますね。

 

…ただし、1つだけ反論を。

 

上司からの叱責や威圧的な態度に耐えていいのは、見返りとして「社会的なサポート」があるときに限られます。

 

たとえば、↓以下のイメージですね。

 

・仕事のミスを上司が肩代わりしてくれる
・質問したときに、分かりやすく教えてくれる
・ムズカシイ課題のとき、解決策を提示してくれる
・業務で大失敗したとき、共感的に寄り添ってくれる
・覚えられない職務があるとき、きちんと指導してくれる…など

 

↑上記のような「管理職としての責務」を、あなたの上司が まっとうしてくれるときのみ、ガマンすることが合理的。

 

反対に、ただ「怖いだけ」な場合や、個人的なストレス発散のために、あなたを「憂さ晴らしに利用している」なら、、要注意

 

…ここで1つ、振り返ってみてください。

 

あなたの上司は、グチグチ文句をつけるだけの「嫌味な人」になっていませんか?

 

あるいは、職場で怒号を飛ばすだけの「パワハラ気味な人」になっていませんか?

 

たとえば、↓以下のような心無い発言を投げかけられたり。。

 

「自分の頭で考えろ」
「シッカリ見れば、理解できる内容だろ」
「いい加減、仕事を覚えろ。やる気あるのか」
「何でもかんでも聞くな。いちいち質問してくるな」…など

 

そして、仕事場の上司から具体的なサポートを受けたのは、どのくらい前のことだったか…覚えているでしょうか?

 

【警告】上司との関係 悪化=キャリアの “汚点” に⁉︎

 

もしも「威圧的な態度で怒られるばかりで、助けてもらったことは少ない…」と感じているなら、、 “危険 信号”です。

 

その証拠に、組織 心理学の研究データによると、上司との関係が悪い社員ほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだそう。

 

・離職率が悪化
・抑うつ気分が悪化
・業務 生産性の悪化
・仕事 満足度がダウン
・モチベーションの悪化
・ストレス レベルが悪化…など

(参考 文献:『ブラック職場があなたを○す』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、上司からのサポートが弱い人ほど、メンタルが悪化しやすく、業務パフォーマンスも低下しやすいのです。。

 

さらに、べつの研究によると、良い指導者に巡りあえなかった企業の役員(社員)は、平均 給与が “28.8%” 低下する傾向に。

(参考 文献:『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

…さぁ、想像してみてください。

 

当然ですが、上司に萎縮してしまうような仕事場では、あなたの力量を発揮することもムズカシイはず。

 

となれば、スキル アップの機会も奪われ、このさきに待ち受けるのは「低賃金・低年収」という “暗い未来” かも。

 

つまり、「職場の上司が怖くて…」と悩み続けるほど、あなたのキャリアの成功が遠のくことになる。

 

そんな人生、絶対にイヤだ。

このさきの未来に、希望を見つけたい。

 

…そう思いませんか?

 

そこで、このさきでは「もう限界…仕事場の上司が怖い…」を脱却すべく、科学データを基に「2つの打開策」を紹介

 

▶︎マイナス感情の吐き出し
▶︎退避ルートの用意

 

にゅー
にゅー

「仕事に行くのが怖い…上司と関わるのが恐怖…」と苦しむいまこそ、科学を味方に対策していきましょう!

 

【解決】職場の上司に萎縮して、仕事にいくのが怖い…→科学的な突破口2選で【完全に克服】

 

さて、1つ目に解説するのは『マイナス感情の吐き出し』について。

 

じつは、心理学の研究によると、定期的に仕事のグチ・不満を吐露できる人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

・イライラ感が改善
・マイナス思考が改善
・不安感、焦燥感が改善
・ポジティブ気分が改善
・ストレス抵抗力が改善
・感情コントロール力が改善
・仕事のモチベーションがアップ
・再 就職率が14%→53%にアップ…など

(参考文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』『マンガで分かる心療 内科ー第5巻』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、習慣的にストレスを暴露する人のほうが、ストレスに強く、なんと転職 成功率が “約3倍にアップ” するのだとか!

 

なので、もっとも避けるべきは、上司に対するネガティブ感情を抱え込むこと。

 

たとえるなら、心にマイナスな気持ちを溜め込むことは、バケツに水を注ぎ続けるようなもの。

 

…ご注意ください。

 

いつか必ず、ダムは決壊してしまいますので。

 

くわしくは↓以下の記事で解説していますので、ぜひ ご参考くださいね。

 

(まとめ記事へのリンク)

 

【克服法】「退却ルート」を確保せよ!

 

さて、さいごに お話するのは『退避ルートの用意』について。

 

そして、ここからが本題

 

あなただけにコッソリ打ち明けると、、「仕事が怖くて…」を克服できない人は みんな、1つの“失敗パターン” に陥りがち。

 

それは、転職サービスの活用という、“具体的な退却ツール” を確保できていないこと。

 

かんたんにいうと、ほかの解決策に目を向けられずにいる。

シンプルに、視野が狭くなっているのです。

 

…厳しい言い方で すみません。

でも、事実です。

 

その証拠に、臨床 心理学の研究によると「強いストレス状態にある人ほど、問題 解決力がダウンしやすい」のだそう。

 

専門的には『視野 狭窄(しや きょうさく)』と呼ばれる心理ですね。

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

…ここで1つ、想像してみてください。

 

明日からキミ、もうウチの会社に来なくていいよ

 

上司から↑上記のように宣告されたとき、楽になった気持ちと同時に「この先どうしよう…」と思いませんか?

 

「いきなりクビを言い渡されても、お金なくて生きていけないんだけど…」と感じませんか?

 

…そう。

 

その感覚こそが「逃げ道がない」ということ

 

いま、あなたが感じている恐怖心・不安感こそが、身の安全を確保する“脱出ルート” を準備できていないことの証明

 

断言できます。

 

いまのあなたに不可欠なのは、緊急時に使える「逃げの一手」を備えておくことだと。

 

その証拠に、生理 心理学の研究データによると、↓以下のことが確認されています。

 

脱出 不可能なストレス環境に置かれたマウス(実験 動物)ほど、↓以下のデメリットを受けやすいことが分かった」

 

▶︎メンタルの問題
・抑うつ感が悪化
・無気力感が悪化
・問題 解決力がダウン
・決断力、判断力が低下
・記憶力、思考力が低下
・ストレス抵抗力が低下…など
▶︎身体の問題
・免疫力がダウン
・細胞の老化が悪化
・短命になる傾向が悪化…など

(参考 文献:『ストレスに負けない脳 心と体を癒すしくみを探る』『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』『生理心理学 第2版 脳のはたらきから見た心の世界』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、「どこにも逃げられない…」という絶望感に囚われるほど、メンタル・フィジカルともに悪化しやすくなることに。。

 

専門的に『学習性 無力感(がくしゅうせい むりょくかん)』と呼ばれる心理 状態ですね。

 

…さぁ、イメージしてみてください。

 

「仕事に行くのが怖い…いっそ会社辞めたい…」という強い恐怖心。

 

できるなら、すぐにでもストレスから解放されたい
上司との関係を断ち切って、平穏な生活を手にしたい

 

…そう思いませんか?

 

【運命を変える】転職サービスの活用法とは?

 

にゅー
にゅー

そこで、ここまで話を聞いてくれた あなたにだけ、特別 待遇で「科学データに基づいた “極意” 」を伝授しちゃいます

 

わたしが強くオススメするのは、転職サイト・エージェントに登録 “だけ” しておくという方法。

 

というのも、臨床 心理学の研究によると「対処法を手に入れる “だけ” でも、メンタルが安定しやすくなる」のだそう。

 

専門的には『コーピング レパートリー』と呼ばれ、認知行動療法というセラピーでも使われるテクニックの1つ。
なので、効果は実証 済みです。

 

わたしが思うに、転職(退職)に踏み出せないのは、↓以下2つの「難点」があるからかと。

 

・良い転職先に出会えるかが不明
・採用プロセスにコストがかかる

 

そこで、いきなり転職 活動をするのでなく、まずは“小さな一歩” からスタートするのが、精神的な負担も最小限&お手軽

 

とくに、大手の支援サービスでは、↓以下すべてが0円で受けられるので、万が一の“起死 回生の一手” に使えること確実

 

▶︎メンドクサイ採用 手続きを すべて代行
▶︎第3者 視点で あなたのPRポイントを指摘
▶︎あなただけの “非” 公開求人を紹介してくれる
▶︎専属スタッフに面接・書類 対策を一任できる
▶︎ブラック企業を除いた求人だけを探してくれる…など

 

ただ一方で、「ゴリゴリ営業かけられたら怖い…ヘンな求人を紹介されるのもイヤだし…」という心配があるかもですね。

 

しかし、大丈夫

心配 無用ですよ。

 

かりに、サービス内容に満足できかったときは、ささっとスマホを2〜3タップして「利用 停止」で問題ナシ

 

わずか30秒もあれば完了しちゃうほど、簡単です。

 

それから、登録プロセスはシンプル。

 

当記事の終わりにリンクを貼っておきますので、必要 事項を入力するだけ。

わずか3分もあればOK

 

そして、支援サービス8社 以上を比較・検討した結果、、わたしの結論は“大手が最強”

 

…ここで1つ、冷静に考えてみてください。

 

↓以下の2つのいずれかを利用するとき、どちらが安全に使えそうだと思いますか?

 

▶︎実績もサービス内容も不明な会社
→求人数=数百〜数千 件くらい
▶︎知名度、サービスの充実度すべて確保された大手の企業
→ “非” 公開 求人を含め6万〜11万 件の求人数で大ボリューム

 

きっと、信頼性が保証されたの大手サービスのほうが、よりも安全に利用できるはず。

 

…そう感じませんか?

 

たとえるなら、大手サービスを利用することは、1,000名 以上もの専門アドバイザーを “協力者” にするようなもの。

 

高い教育を受けた専属スタッフたちを、あなただけの “味方” に引き込むのが吉ですよ。

 

正直にいうと、以上のメリットがある “活路” を確保しておかないなんて、、もったいなさ過ぎる

あまりにも、もったいないことです。

 

当然ですが、転職サービスのメリットを実感できるのは、じっさいに登録してみた人だけ

 

ぜひ あなたにも、大手 無料サービスの信頼感+安定感を体験して欲しく思います

 

にゅー
にゅー

「職場の上司が怖い…明日の出社がツラい…」と感じるいまこそ、科学データを参照しつつ動いていきましょう!

 

【結論】上司への恐怖。仕事場に行くのが怖い…→たった1つの対策法は【あなた自身の行動】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話をきいてくれた あなたに、心から感謝を。

本当にありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「先送りにするデメリット」について。

 

研究 結果によると「行動を後回しにしがちな人ほど、キャリア選択に失敗し、将来の年収も低下しやすい」のだそう。

(参考 文献:『ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか』)

 

思えば、わたしが「あのとき動いていて良かった…」と感じるのは、いずれも『みずからの意思で起こした行動』。

 

決断を先延ばしにして良かった経験は、、すみません。

ちょっと思いつきません。

 

…さぁ、頭のなかでイメージしてみてください。

 

現状 維持に留まったさきにあるのは、、おそらく “真っ暗闇の未来

 

反対に、いますぐ行動を起こせば “明るい未来” を掴むチャンスに恵まれるはず。

 

さて、あなたが欲しいのは、どちらの未来でしょうか?

 

ここまで、わたしの話を聞きすすめるという『行動』を起こせたあなたなら、きっと人生を変えていけるはず。

 

わたしは、そう信じています。

 

にゅー
にゅー

すべては、いまこの瞬間の「あなた自身の選択しだい」ですよ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました