【注意】休み明けの仕事が怖い…出社が恐怖すぎる…→克服法2選で【科学データありで解決】

【休み明けの仕事】が怖い

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

はぁ…明日は仕事に行かなきゃなのか…。

まいど毎度、休み明けの出勤が恐怖すぎる…会社に行くのが怖いよぉ。。

日曜日の夕方とか、ホント絶望する…会社員になってから、連休 明けが怖すぎる。。

恐怖心のせいで、趣味とか楽しいことにも没頭できないし…もうイヤだ。。

いっそ楽になりたい…どうしたらいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【絶望】休み明けで仕事に行くのが怖い…→解決のカギは『現状の把握』⁉︎
▶︎【克服】科学的な「2つの対処法」で【完全に解決】※記事の後半にて解説

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【注意】休み明けの仕事が怖い…出社が恐怖すぎる…→克服法2選で【科学データありで解決】

【絶望】休み明けの出勤。仕事に行くのが怖い…→解決策は『』⁉︎【科学で解説】

 

【必見】本記事では、あなたのキャリアの悩みを解消すべく、科学的な根拠をもとに、解決策を発信していきます。

 

絶対に、大丈夫です
あなたの苦しみは、きっと克服できますから

 

わたしと共に、対策していきましょうね。

 

 

さて、さきに結論ですが「休み明けの出社がツラい…仕事に行くのが怖い…」を解決するカギは、『現状の把握』にアリ

 

↓以下のようなイメージで、仕事が怖くなっている原因を探ることが、ストレスを緩和させてくれるはず。

 

どうして、仕事に行くのが怖いんだろう?」
なぜ、こんなにも出勤することが恐怖なのか?」

 

その証拠に、心理学の研究によると、客観的な事実・データをもとに判断できる人ほど、↓以下のメリットを受ける傾向に。

 

・ネガティブ思考が改善
・ストレス抵抗力が改善
・不安感、イライラが改善
・問題 解決スキルがアップ…など

(参考 文献ー『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、懸念点を “具体的に” 認識できる人のほうが、メンタルが安定しやすく、問題 解決もしやすいのですね!

 

…ここで1つ、考えてみてください。

 

あなたの恐怖の源泉になっているのは、職場の上司から「仕事のミスを責められること」ですか?

 

あるいは、出社するのが怖いのは「取引先とのトラブルに巻き込まれないか心配」だからでしょうか?

 

…答えは、あなたの心の中にあるはず。

 

そこで、↓以下を参考にしつつ「問題の分析」にフォーカスするのが吉ですよ。

 

▶︎人間 関係の問題
・パワハラ上司に会うのが苦痛
・社内でイジメが発生している
・モラハラ気味な先輩のことが怖い
・お局さまの嫌がらせ、陰口がキツい
・敵対心の強い同期がいて、空気が重い
・職場に信頼できる同僚がいなくてツラい…など

 

▶︎職務的な問題
・能力を超えた責任を負わされている
・サービス残業が多いせいで、過労ぎみ
・このごろ、失敗やミスを連発している
・じぶんに向いてない業務を強いられている
・さいきん怒られてばかりで、自信を失っている
・私生活が犠牲になるほど、過酷な労働を強制される…など

 

ちなみに、脳科学の研究によると、仕事を中途 半端に残して休みに入ると、脳がリラックス モードに入れなくなるのだそう。

 

専門的には『ツァイガルニク効果』とか『ゼイガルニク効果』などと呼ばれる心理ですね。

(参考 文献:『人を操る禁断の文章術』『その科学があなたを変える』)

 

つまり、やらなきゃいけない業務が山積みになっていると、それだけで休み明けの出社がイヤになるということ。

 

なので、なによりも優先すべきは「問題点の把握」。

 

「原因の追及」をすることが、あなたの精神的な苦痛を和らげてくれるはずですよ。

 

【悲報】「ガマン」や「忍耐」は悪影響⁉︎

 

…ここで1つ、振り返ってみてください。

 

ここ最近、仕事ストレスを抱えたままの休日を、憂うつな気分で過ごしていませんでしたか?

 

ちっとも明るい気持ちになれず、むしろ「拷問から解放された…」という脱力感に支配されていなかったでしょうか?

 

…もしも、答えが「Yes」なら、、要注意。

 

というのも、生理学の研究によると、慢性ストレスを溜め込みがちな人ほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだそう。

 

▶︎メンタル面
・幸福度が低下
・マイナス思考が悪化
・イライラ、不安感が悪化
・ストレス抵抗力がダウン…など
▶︎仕事面
・仕事の満足度が低下
・モチベーションが低下
・思考力、記憶力が低下
・判断力、決断力が低下…など
▶︎フィジカル面
・免疫力が悪化
・脳 機能が低下
・短命になりやすくなる
・ストレス ホルモン—『コルチゾール』の値が悪化…など

(参考 文献:『ストレスに負けない脳 心と体を癒すしくみを探る』『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』)

 

にゅー
にゅー

つまり、仕事ストレスを休日にも持ちこむほど、メンタルが悪化し、脳のはたらきも悪くなるということ。。

 

なので、日本的な「忍耐=美徳」という価値観にしたがって、身も心もボロボロにするのは、、科学的に “NG” です。

 

どれだけ仕事が忙しかろうと、「休むときは休む」が正解。

 

むしろ、休めるときにシッカリ休息を取っておかないと、さらに「仕事に行くのが怖くて…」が悪化するリスクが。。

 

その証拠に、脳科学・心理学の研究によると、本心を抑え込みがちな人ほど、かえって失敗を招きやすくなるのだそう。

(参考 文献:『脳はどこまでコントロールできるのか?』)

 

にゅー
にゅー

つまり、「仕事に行くのが怖くて…」をガマンする人のほうが、むしろ低賃金・低収入に陥りやすく、失業リスクが悪化しがちに。。

 

専門的には『努力 逆転の法則』とか『エミール・クーエの法則』などと呼ばれる現象ですね。

 

…さぁ、イメージしてみてください。

 

このさき40〜50年 以上にわたって、休み明けのたびに「仕事に行くのが怖い…」と悩み続ける “暗い未来” を。

 

14,600日 以上も、毎日まいにち「出社するのが恐怖で…」と苦しみつづける “末路” を。

 

そんな人生、絶対にイヤだ。
もっと、平穏で明るい日々を送りたい。

 

…そう思いませんか?

 

そこで、このさきでは「休み明けに仕事に行くのが怖い…」を克服すべく、科学的な「2つの打開策」を紹介します。

 

▶︎ネガティブ感情の吐露
▶︎退却策の確保

 

にゅー
にゅー

「明日の出社がツラい…会社に行きたくない…」と苦しむときこそ、科学を味方に対処していきましょう!

 

【克服】休み明けの仕事が怖い…→「出勤の恐怖」を解消する科学的な対策2選で【完全に解決】

 

さて、1つ目に解説するのは『ネガティブ感情の吐露』について。

 

じつは、仕事へのストレスや恐怖心を吹き飛ばす唯一の方法は、あなたの本音を「吐き出すこと」にアリ。

 

その証拠に、心理学の研究によると、定期的に会社のグチや不満を暴露できる人ほど、↓以下のメリットを受ける傾向に。

 

・イライラ感が改善
・マイナス思考が改善
・不安感、焦燥感が改善
・ポジティブ気分が改善
・ストレス抵抗力が改善
・感情コントロール力が改善
・仕事のモチベーションがアップ
・再 就職率が14%→53%にアップ…など

(参考文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』『マンガで分かる心療 内科ー第5巻』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、習慣的にマイナス感情を暴露する人のほうが、ストレスに強く、しかも転職 成功率が “約3倍アップする”のだとか!

 

反対に、「ネガティブなことは口に出しちゃダメ…!」とガマンしてしまう人ほど、メンタルが悪化する傾向にあります。

 

たとえるなら、仕事ストレスを溜め込むことは、バケツに水を注ぎ続けるようなもの。
ダムの水を溢れさせるようなものです。

 

ご注意ください

 

いつか必ず、どこかで決壊してしまいますから。

 

休み明けの恐怖・月曜日への憂うつ感を覚えるときこそ、積極的に「ストレスを吐き出す」が吉ですよ。

 

(まとめ記事へのリンク)

 

【解決】『退却路の確保』が成功のカギ⁉︎

 

さて、さいごに お話するのは『退却策の確保』について。

 

そして、ここからが本題

 

あなただけにコッソリ打ち明けますが、、「仕事に行くのが怖くて…」を脱却できない人には みんな、 “1つの共通点” が。。

 

それは、転職サービスの活用という“現実的な脱出ツール” を用意できていないこと。

 

つまり、仕事への恐怖心を払拭する「具体的な対策」を準備できずにいる、ということ。

 

かんたんにいうと「準備 不足」なのですね。

 

…厳しい意見で すみません。

しかし、事実です。

 

というのも、心理学の研究によると、ネガティブな状況に対処する手段を持てる人ほど、逆境を乗り越えやすいのだそう。

(参考 文献:『ネガティブな感情が成功を呼ぶ』『事実はなぜ人の意見を変えられないのか』)

 

専門的に『逆境力』とか『不快 情動(ふかい じょうどう)への耐性』などと呼ばれる心理ですね。

 

なので、断言できます。

 

あなたの恐怖心を払拭できるのは、ストレス フルな環境に対処できる “活路” を準備することにあると。

 

その証拠に、職場ストレスを克服できる優秀なビジネス パーソンは みんな、じぶんだけの “逃げの一手” を備えているもの。

 

みんな口に出さないだけで、いつでも転職 or 退職できるよう “緊急 手段” を持っているものなのです。

 

そして、生理心理学の研究データによると、↓以下のことが証明されています。

 

脱出 不可能なストレス環境に置かれたマウス(実験 動物)ほど、↓以下のデメリットを受けやすいことが分かった」

 

▶︎メンタルの問題
・抑うつ感が悪化
・無気力感が悪化
・問題 解決力がダウン
・決断力、判断力が低下
・記憶力、思考力が低下
・ストレス抵抗力が低下…など
▶︎身体の問題
・免疫力がダウン
・細胞の老化が悪化
・短命になる傾向が悪化…など

(参考 文献:『ストレスに負けない脳 心と体を癒すしくみを探る』『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』『生理心理学 第2版 脳のはたらきから見た心の世界』)

 

にゅー
にゅー

つまり、「どこにも逃げられない…」という絶望感が、あなたのメンタル・フィジカルの両方を悪化させることに。。

 

専門的には『学習性 無力感(がくしゅうせい むりょくかん)』と呼ばれる心理 状態ですね。

 

…さぁ、イメージしてみてください。

 

「休み明けの仕事がツラい…明日、出勤するのが怖い…」という精神的な苦痛

 

許されるなら、すぐにでも取りのぞきたい
ストレスから解放されて、気楽な毎日を送りたい

 

…そう思いませんか?

 

【0円で運命を変える】転職サービスの活用法とは?

 

にゅー
にゅー

そこで、ここまで話を聞いてくれた あなたにだけ、特別 待遇で「科学データに基づいた “極意” 」を お伝えしちゃいます

 

個人的に強くイチオシできるのは、転職サイトやエージェントに登録 “だけ” しておくという手法。

 

というのも、臨床 心理学の研究によると「対処法を手にする “だけ” でも、メンタルが安定しやすくなる」のだとか。

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

専門的には『コーピング レパートリー』と呼ばれ、認知行動療法というセラピーでも使われるテクニックの1つですね。
なので、効果のほどは保証 済み

 

たとえるなら、支援サービスを “メンタル安定剤” として利用するようなものでしょうか。

 

とくに、大手の転職サービスでは、↓以下すべてが0円で受けられるので、万が一の“起死 回生の一手” に使えること確実

 

▶︎ブラック企業を除外した求人だけを紹介
▶︎書類 添削、相談サービスなどで迅速に対応
▶︎専門スタッフによる現実的なアドバイスあり
▶︎あなただけの “非” 公開求人を紹介してくれる
▶︎面接の日程 調整、労働 条件の交渉などを代行…など

 

ただ一方で、「ゴリゴリ営業トークさせられそうで怖い…望まない求人を強制されるかもだし…」という心配があるかも。

 

しかし、大丈夫

どうか、ご心配なく

 

億が一にでもサービス内容に満足できなければ、スマホをササっと2〜3タップして「利用 停止」で問題ナシです。

 

わずか30秒で完了しちゃいますよ。

 

そして、登録はプロセスはシンプル

当記事の終わりにリンクを貼っておきますので、必要 事項を入力するだけです。

 

3分もあればOKなので、超カンタンですよ。

 

そして、無料サービス8社 以上を比較・検討した結果、、わたしの結論は“大手が最強” という結論に。

 

…ここで1つ、考えてみてください。

 

↓以下の2つのいずれかを利用するとき、どちらが安心して使えそうだと感じるでしょうか?

 

▶︎実績もサービス内容も不明な企業
→求人数は数百〜数千 件くらい
▶︎知名度、サービスの充実度すべて保証された大手の会社
→ “非” 公開 求人を含め6万〜11万 件の求人数で超ボリューム

 

きっと、信頼が確保された大手サービスのほうが、どこぞの知らん会社(ごめんなさい!)よりも安全に利用できるはず。

 

…そう思いませんか?

 

たとえるなら、大手の支援サービスを使うことは、1,000名 以上もの専門スタッフたちを “味方” にするようなもの。

 

高い教育を受けた専門エージェントたちを、あなただけの “協力者” として活用するのが吉。
なにより、心強いはずですので。

 

ぶっちゃけて言うと、、以上のメリットがあるサービスを使わないなんて…あまりにももったいない

もったいなさ過ぎる

 

とうぜんですが、、転職サービスのメリットを強く実感できるのは、じっさいに登録してみた人のみ

 

なので ぜひ、あなたにもタダで利用できる大手サービスの信頼感+安心感を体験して欲しい
心から、そう思います。

 

にゅー
にゅー

「休み明けの仕事が怖い…」と感じるいまこそ、科学データを参照しつつ実践していきましょうね!

 

【真実】明日の出社が怖い…→「休み明けの仕事」を乗り切る唯一の方法とは?【あなた自身の行動】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話をきいてくれた あなたに、心から感謝を。

本当にありがとう。

 

さいごに1つだけ、産業 心理学の研究から「行動を先延ばしするデメリット」について。

 

研究 結果によると、決断を後回しにしがちな人ほど、キャリア選択に失敗しやすく、将来の収入も下がりやすいのだそう。

(参考 文献:『ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか』)

 

シンプルに、「ものごとの先送り=悪」だということ。

 

思えば、わたしが「あのとき動いていて良かった…」と感じるのは、すべて『みずからの意思で起こした行動』でした。

 

…ここで1つ、頭のなかに思い浮かべてみてください。

 

現状 維持に甘んじたさきにあるのは、「失業」や「定年収」といった “人生への絶望” かもしれません。

 

反対に、勇気を出して今すぐ行動に起こせば、 “明るい未来” を掴む可能性が広がっている。

 

さて、あなたが欲しいのは、どちらの未来ですか?

 

すべては、いまこの瞬間の『あなた自身の選択』にかかっています

 

ここまで、わたしの話を聞くという『行動』を起こせた あなたなら、きっと人生を変えていけるはず。

 

わたしは、そう信じています。

 

にゅー
にゅー

望む未来を手に入れるべく、いますぐ動き始めましょう

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました