【決定版】仕事につかれたときの対策3選+ストレス解消の打開策で【科学データを基に解決】

【仕事に疲れた】

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

もう限界、、働くことに疲れた…仕事なんてしたくない…。

職場の人間 関係もよくないし、職務にやりがいも感じられない。。

なのに、業務量だけが増えていく日々…楽しいことなんて1つもないよ。。

マジメに働きすぎなのかなぁ…じぶんの性格が悪いんだろうか。。

…でも、どう対処したらいいのかも分からないし。。

解決策があったら知りたいな…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【断言】仕事に疲れた…→解決のカギは『脳内 反省会の克服』⁉︎【科学的に解説】
▶︎科学データをもとに「対処法3選」で【完璧に解決】※詳細は記事の後半にて

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【決定版】仕事につかれたときの対策3選+ストレス解消の打開策で【科学データを基に解決】

【断言】仕事に疲れた…もう限界…→解決のカギは『脳内 反省会の克服』⁉︎【科学的に解説】

 

【注】本記事では、あなたの仕事キャリアの悩みを解消すべく、科学データ基づいて解決案を発信していきます。

 

絶対に、大丈夫
あなたの苦しみは、必ず克服できますから

 

わたしと一緒に、対策していきましょう。

 

 

さて、さきに結論ですが「もう仕事に疲れた…会社に行くのがツラい…」を解決するカギは、『脳内 反省会の克服』にアリ

 

かんたんにいうと、頭のなかで繰り返されるマイナス思考に気付くことが、あなたの仕事 疲れを解消する “第一歩” 。

 

…ここで1つ、振り返ってみてください。

 

ここさいきん、就業中に「もう家に帰って、ゆっくりしたい…」と考えたことはありませんでしたか?

 

いっそ休みたい…」「他人と関わりたくない…」と思い悩んだことはなかったでしょうか?

 

心身ともに疲れていると、仕事中に関係ないことばかり考えて、注意が散漫(さんまん)になりがち。

 

結果、職務に集中できなくなり、「会社辞めたい…」「出勤するのツラい…」と考え続ける “負のループ” にハマることに。。

 

その証拠に、臨床 心理学の研究によると、頭の中でネガティブ思考が繰り返されると、↓以下のデメリットがあるのだそう。

 

・幸福度がダウン
・社交力がダウン
・睡眠の質が悪化
・対人 関係が悪化
・抑うつ気分が悪化
・不安、焦燥感が悪化
・仕事 満足度がダウン
・問題 解決力がダウン
・ストレス抵抗力がダウン
・自尊心(自信)がダウン
・学習、仕事 成績がダウン
・人生のコントロール感がダウン…など

(参考文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、脳内がマイナス思考に支配されることで、メンタルが悪化し、業務 成績までダウンする傾向に。。

 

専門的には『反復 思考』とか『反芻(はんすう)思考』などと呼ばれる心理ですね。

 

反復(反芻)思考に陥ると、なにもしていないとき・休日でリラックスできるときでも、悲観的な考えが “自動的に” 浮かびがち。

 

…さぁ、考えてみてください。

 

せっかくの休みの日。
思う存分、楽しいことができるはずなのに、どこか “心ここに在らず” な状態に陥ってしまう “不合理すぎる恐怖” を。

 

仕事と人生の満足度が下がり、すべてに無気力になるせいで、友人や家族・恋人まで失ってしまう “悲しい末路” を。

 

そんな人生、絶対にイヤだ。

ストレスから解放されて、もっと有意義に生きていたい。

 

…そう思いませんか?

 

【科学的に効果アリ】「問題点の把握」に努めよ⁉︎

 

そこで、まずは『問題点の把握』にフォーカスするのが吉

 

↓以下のイメージですね。

 

「仕事 疲れの根本的な原因はなんだろう?」
「どうして働くことに絶望してるんだろう?」…など

 

というのも、心理学の研究によると、事実・データに基づいた判断ができる人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

・ネガティブ思考が改善
・ストレス抵抗力が改善
・不安感、イライラが改善
・問題 解決スキルがアップ…など

(参考 文献ー『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』『マンガで やさしく分かる認知 行動療法』)

 

にゅー
にゅー

つまり、ものごとを “客観的かつ具体的” に見れる人のほうが、ストレスに強く、問題を解決しやすい傾向に!

 

なので、↓以下を参照しつつ「職場の問題点」の理解に努めるのが良しですよ。

 

・労働 内容と給料のバランスが見合ってない
・残業 時間が多過ぎて、自分を大切にできてない
・上司のワガママに振り回され、イライラしている
・先輩 社員のパワハラ、モラハラに疲れ切っている
・仕事で怒られ続きで、モチベーションが下がってる
・ルーチン ワークが退屈で、やりがいを見出せてない
・就業 時間が長く、職場に拘束されて私生活が犠牲に
・不向きな業務ばかり回されて、ミスマッチが生じてる…など

 

「原因の把握」に焦点を当てるだけでも、あなたのメンタルは確実に改善されるはずですよ。

 

そして可能なら、↓以下のように「積極的な休息」を設けるのも一手。

 

・気が済むまで寝る
・運動の時間を作る
・じっくり湯船に浸かる
・プチ旅行でリフレッシュ
・短期 or 長期の休職を願い出る
・食事や買い物で「自分へのごほうび」を用意…など

 

…しかし、ただでさえ仕事のせいで精神的に余裕がないのに、、リラックス時間を作るのは難しいはず。

 

【断言】名言に触れる=メンタルの改善に⁉︎

 

そこで、偉人や著名人たちの「名言」に触れることで、落ち込んだメンタルを回復させるのが吉
即効性があってオススメです。

 

「いや、、名言って…たかが言葉でしょ?」と侮るなかれ。

 

じつは、心理学の研究によると、格言や含蓄あるフレーズを読む(聴く)ことには、↓以下のメリットがあるのだそう。

 

・自制心が改善
・衝動的な言動が改善
・ストレス抵抗力がアップ
・自己 肯定感(自信)がアップ…など

(参考 文献ー『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、歴史人たちのコトバに接することで、ストレスに強く、メンタルが安定しやすくなるのです!

 

専門的には『アクセプタンス ワードセラピー』と呼ばれるテクニックですね。

 

認知 行動療法でも使われ、心理カウンセリングに利用されることもある方法の1つ。

 

参考までに、↓以下に「疲れたときに効くコトバ」を ご用意しておきました。

ぜひ ご参考くださいね。

 

「傷つくために、生まれてきたんじゃない」。
「涙を拭いて。これからじゃないか」。
安室 奈美恵(日本の歌手。『Get Myself Back』より)

 

「苦しみは成長から生まれる副産物。それだけで終わってしまうことはありません」。
アイリス・マードック(アイルランドの哲学者、作家)

 

「あなたは、あなたであればいい」。
マザー・テレサ(カトリック教会の修道女)

 

「たとえ100人の専門家が “あなたには才能がない” と言ったとしても、その人たち全員が間違っているかもしれないでしょう?」。
マリリン・モンロー(アメリカの女優、モデル)

 

さいごに1つだけ、わたしが仕事で苦しんでいたとき、活を入れてくれたウチの おばあちゃんの名言を。

 

苦痛に耐えていれば報われるなんて、幻想だよ。 人生を楽しく生きるコツは、いますぐ幸せになることさ」。

 

…厳しくも、優しい一言だと思いませんか?

さすが年の功、といったところ。

 

そして、このさきでは「もう耐えられない…仕事に疲れた…」を克服すべく、科学的な「3つの打開策」を紹介

 

▶︎価値観の見直し
▶︎マイナス感情の暴露
▶︎選択肢の幅を広げる

 

にゅー
にゅー

「働くことに疲れた…いっそ会社 辞めたい…」と苦しむときこそ、科学を味方に対処していきましょう!

 

【効果アリ】もう仕事に疲れた…これ以上働きたくない…→科学的な3つの打開策で【完璧に解決】

 

さて、1つ目に解説するのは『価値観の見直し』について。

 

じつは、心理学の研究によると、みすからの価値観をキチンと把握できる人ほど、↓以下のメリットを受ける傾向に。

 

▶︎心理・身体的なメリット
・共感力がアップ
・イライラ感が減少
・マイナス思考が減少
・長寿になりやすくなる
・不安感や恐怖感が改善
・ストレス抵抗力が改善
・ポジティブ気分が上昇
・主観的な幸福感が上昇
・自信が回復しやすくなる
・感情コントロール力が改善…など
▶︎経済的なメリット
・将来の収入がアップ
・将来的な貯蓄率が改善…など

(参考 文献:『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』『最高の体調 ACTIVE HEALTH』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、じぶんの価値観を深く理解できている人のほうが、メンタルが安定し、金銭的にも成功しやすいのですね!

 

なので、あなたが人生レベルで追求する「より大きな人生の意味・意義」を見直すのが吉。

 

また、べつの研究データによると、生きる意味・人生の目標を持てる人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだとか。

 

▶︎精神的なメリット
・幸福感が向上
・社交性が向上
・共感力が向上
・抑うつ傾向が改善
・恐れ、不安感が改善
・記憶力の低下を防ぐ
・ポジティブ気分が上昇
・ストレス抵抗力が上昇
・良い対人 関係が築きやすくなる…など
▶︎職業的なメリット
・集中力がアップ
・仕事のモチベーションが改善
キャリア選択に成功しやすくなる…など
▶︎身体的なメリット
・抗 炎症作用が改善
・不眠になりづらくなる
・ナチュラルキラー細胞が活性化…など

(参考 文献:『目的の力ー幸せに死ぬための「生き甲斐」の科学』)

 

にゅー
にゅー

つまり、人生の目的を設定できる人のほうが、メンタル・フィジカルともに健康で、仕事の成果も上がりやすいのです!

 

じつは、世のビジネス パーソンの97〜99%が陥りがちな “大損失” が、人生の「最終的な到達点」を定めていないこと。

 

たとえるなら、あなた自身の価値観・人生の目的地を知ることは、キャリアという海を渡る “ナビゲーター” を持つようなもの。

 

なので、あなただけ持つ “普遍的な価値” にフォーカスするのがオススメですよ。

 

①3つのフレーズをピックアップ

 

そこで、このさきでは認知 行動療法でも使われる『ACT』というテクニックを参考に、あなたの価値観に迫っていきます。

 

まずは↓下図を参考に、直感的に「3つのワード」を探して出してみてください。

 

価値観リスト

 

さて、選べましたか?

 

もちろん、↑上図に適切なキーワードがなければ、あなたオリジナルのものを選んでもOK。

 

②3つのフレーズを「点数 付け」

 

次に、↓下図のようなイメージで、さきほど選択した3つのフレーズを「10点 満点」で評価してみてください。

 

価値観を「数値化」して、強度を明確にする作業ですね。

 

価値観リストの数値化

 

これで、あなたの価値観に “優先 順位” が付けられましたね。

 

もっとも数値が高かったものが、あなたの「最高レベルの価値観」です。

 

③仕事 × 価値観でリンクさせる

 

…さぁ、さいごは少しだけ難易度 高めです。

 

ラストは、これまでのプロセスで明らかになった「あなた自身の価値観」を、現在の仕事を結びつけて考えていきましょう。

 

ちょっと難しいはずなので、↓以下のイメージを参考にして「仕事 × 価値観」を解釈し直してみてくださいね。

 

ビジネスウーマン
ビジネスウーマン

私は『心の余裕』が大切。…だけど、いまの仕事ではオーバー ワーク気味。。正直にいうと、もう疲れが限界に達してる気がする。。

ビジネスマン①
ビジネスマン①

ボクは『誠実さ』が重要かな。だから、労働力を酷使するブラック企業には、ぜったいに入社したくない…!断固 反対だぞ!

 

はい、お疲れさまです。

これで、すべてのプロセスが完了しました。

 

以上に解説した手法は、専門的に『ジョブ クラフティング』『ワーキング アイデンティティー』と呼ばれています。

 

価値観と仕事観とを結びつけて再解釈する、科学的に効果アリなテクニックの1つですね。

 

メリットとしては、↓以下のとおり。

 

・離職率が改善
・仕事 満足度がアップ
・モチベーションがアップ
・問題 解決スキルがアップ
・業務パフォーマンスが改善
・やりがいを感じやすくなる
・仕事に情熱を持ちやすくなる
・ポジティブな感情や行動が増加…など

(参考 文献:『4021の研究データが導き出す 科学的な適職』)

 

「働くことに疲れた…」と疲労感に襲われるいまこそ、あなた自身の “より大きな目標” を定めるのが吉ですよ。

 

【1日8分でOK】『マイナス感情の暴露』で克服⁉︎

 

さて、2つ目に解説するのは『マイナス感情の暴露』について。

 

じつは、心理学の研究によると、定期的に仕事のグチや不満を吐き出す人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

・イライラ感が改善
・マイナス思考が改善
・不安感、焦燥感が改善
・ポジティブ気分が改善
・ストレス抵抗力が改善
・感情コントロール力が改善
・仕事のモチベーションがアップ
・再 就職率が14%→53%にアップ…など

(参考文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』『マンガで分かる心療 内科ー第5巻』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、習慣的にストレスを吐露できる人のほうが、メンタルが安定し、なんと転職 成功率も “約3倍” アップするのだとか!

 

専門的には『エモーショナル ディスクロージャー』と呼ばれる技法。

 

たとえるなら、ネガティブ感情を溜め込むことは、バケツに水を注ぎつづけるようなもの。

いつか絶対に、堪えきれずに溢(あふ)れ出すはず。。

 

ですので、仕事に疲れ切っているときこそ、あなた1人で抱え込んではいけない

 

なので、↓以下の方法を参考に「感情の暴露」を実行していくのがオススメ。

 

・仕事の苦痛を「紙に書き出す」
・独り言で「グチを言葉にする」
・会社の不満を「友だちに話す」
・職務のツラさを「家族と共有」
・専門のカウンセラーに「相談」
・芸術作品で自分を「表現する」…など

 

もっとも手軽で効果アリなのは、1日 当たり8〜20分くらい「仕事のストレスについて紙に書き出す」という方法。

 

用意するのは紙とペン“だけ” なので、最強に お手軽です。

 

専門的には『エクスプレッシブ ライティング(筆記 開示)』と呼ばれる手法ですね。

 

もちろん、親しい友人や家族など、あなたが信頼を置いている人に話すのも効果的アリ。

 

一方で、あなた自身の本音を抑え込むのは…科学的に “最悪の方法”

 

じつは、心理学の研究によると、本心を隠してしまう人ほど、メンタルの状態が悪化すると証明されています。

 

日本 文化にありがちな「言いたいことを口にしない=美徳」という価値観とは、まるで “正反対” ですね。

 

なので、↓以下の方法を参考に「正直、いまの環境に限界を感じていて…」と打ち明けるのも一手ですよ。

 

・人事に「部署 異動」を打診する
・上司に「配置 替え」を願い出る
・責任者に「休暇の取得」を申請する…など

 

断言できます。

 

仕事 疲れを克服する “さいしょの一歩” は、あなたの気持ちを吐き出すことにあるのだと。

 

【打開策】「視野を広げること」に注力せよ⁉︎

 

さて、さいごに解説するのは『視野を広げること』について。

 

…さぁ、ここからが本題です。

 

あなただけに お話しますが、、「仕事に疲れた…もう無理…」を脱却できない人は みんな、共通の “失敗パターン” に陥りがち。。

 

それは、「1つの職場でガマンし続ける必要はない」という事実に気付けていないこと。

 

メンタル・フィジカル的に疲れているせいで、ほかの解決策に目を向けられずにいる。

シンプルに、視野が狭くなっているのです。

 

…厳しい意見で すみません。

しかし、事実です。

 

その証拠に、臨床 心理学の研究によると「強いストレス状態にあるときほど、問題 解決スキルが低下しやすい傾向」に。

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

専門的には『視野 狭窄(しや きょうさく)』と呼ばれる心理 現象。

 

反対に、べつの心理学の研究によると、多角的に選択肢を検討できる人ほど、問題 解決スキルがアップするのだとか。

(参考 文献:『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』)

 

専門的には「クリティカル シンキング(批判的な思考)」と呼ばれる思考法ですね。

 

そこで、↓以下のような方法で「選択肢の幅を広げる」のも一手です。

 

・キャリア系の本を読む
・友人、知人に相談する
・職種、業界について研究
・リモート可の職場を探す
・就職、転職イベントに参加
・職業カウンセリングにトライ
・電車 通勤がない仕事を検討する
・転職 支援サービスを利用してみる…など

 

【3分で人生を変える】無料サービスの活用法とは?

 

そこで、個人的に強くオススメなのは、「大手 転職サービスの活用」

 

というのも、ひとり孤独に「仕事がツラい…」「働くのに疲れた…」と苦しみ続けるのは、、あまりにも苦痛すぎる。。

 

たとえるなら、大荒れの海に1人、ポツンと放り込まれるようなものですから。

 

…さぁ、イメージしてみてください。

 

信じられる人も、頼れるものも何1つない “悲しい末路” を。
不安と恐怖に囚われ、なにも行動できなくなる “暗い未来” を。

 

そんな状況、死んでも お断り。

絶対に、抜け出したい。

 

…そう思いませんか?

 

そこで、大手の転職サービスを利用して、1,000名 以上も専属スタッフを “支援者” として引き込むのが吉

 

高い教育を受けた専門アドバイザーたちを、あなただけの “協力者” として使い倒しちゃうのがオススメですよ。

 

一方で、「でも、転職サービスってゴリゴリ営業されそうで怖い…ヘンな求人 紹介されそうだし…」という心配があるかも。

 

しかし、大丈夫

心配 無用ですよ。

 

かりに、サービス内容に満足できなかったら、ちゃちゃっとスマホを2〜3タップして「利用 停止」で問題ナシ
45秒もかからず完了です。

 

それに、サービス登録“だけ” しておけば、いつでもあなたの好きなタイミングで利用 可能に。

 

とくに、大手の転職サービスでは、↓以下すべてがタダで受けられるので、困ったときの“緊急 手段” に使えること確実

 

▶︎メンドクサイ採用 手続きを すべて代行
▶︎第3者 視点で あなたのPRポイントを指摘
▶︎あなただけの “非” 公開求人を紹介してくれる
▶︎専属スタッフに面接・書類 対策を一任できる
▶︎ブラック企業を除いた求人だけを探してくれる…など

 

そして、支援サービス8社 以上を比較・検討した結果、わたしの結論は“大手が最強”

 

…ここで1つ、考えてみてください。

 

↓以下2つのいずれかのサービスを利用するとき、どちらが安全に使えそうだと思いますか?

 

▶︎実績・サービス内容ともに不明瞭な会社
→求人数は数百〜数千 件くらい
▶︎知名度、サービスの充実度すべてが保証された大手 企業
→ “非” 公開 求人を含め6万〜11万 件の求人数

 

きっと、あらゆる点で信頼性が確保された巨大サービスのほうが、どこぞの知らん会社よりも安全に活用できるはず。

 

…というか、知名度の低い転職サービスを使うなんて、、ちょっと不安に感じませんか?

 

そして、登録はカンタンです。

 

当記事の終わりにリンクを貼っておきますから、住所・指名などの必要 事項を入力するだけ。

 

とてもシンプルですよね。

 

サービス登録は3分でOKかつ無料なので、あなたの貴重な時間・お金を節約できるのも魅力の1つ。

 

正直にいうと、以上のメリットがある大手サービスを使わないなんて、、あまりにももったいない

もったいなさ過ぎる

 

いうまでもなく、大手 転職サービスのメリットを体験できるのは、じっさいに行動して登録してみた人だけ

 

ぜひ、あなたにも大手の信頼性+安定性を実感して欲しく思います。

 

ほかの労働者たちよりも一歩、二歩さきを進むべく、支援サービスを “活路” にするのが吉ですよ。

 

にゅー
にゅー

「仕事に疲れた…いっそ休みたい…」と感じるいまこそ、科学的な方法を参考に行動していきましょう!

 

【結論】仕事に疲れた…もう耐えられない→たった1つの解決法は【あなた自身の行動にアリ】

 

さて、今回は以上です。

ここまで話を聞いてくださって、本当にありがとう。

 

さいごに1つだけ、産業 心理学の研究から「行動を先延ばしにするデメリット」について。

 

研究データによると「決断を先送りにしがちな人ほど、キャリア選択に失敗しやすく、将来の収入も下がりやすい」のだそう。

(参考 文献:『ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか』)

 

早い話が「ものごとを後回しにする=悪」だということ。

 

…さぁ、想像してみてください。

 

現状 維持に甘んじていると、あなたの仕事キャリアに “暗い影” を落とす危険が。。

 

イヤイヤ働き続けたさきには、失業・経済 不安といった “末路” が待ち受けているかも。。

 

決断しましょう。

行動しましょう。

 

あなたを救える(助けられる)のは、『あなた自身の行動』だけ。

 

あなたの人生を明るくできるのは、他ならぬ『あなた自身の決断』なのです。

 

にゅー
にゅー

望む未来を手にすべく、いますぐ動き始めましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました