【警告】仕事辞めたい…楽になりたい…→ガマンは逆効果⁉︎対策2選で【科学的に解決】

毎日が絶望…
にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事がツラい人
仕事がツラい人

はぁ…仕事やめたい…。

まいにち毎日、ツラい業務のくり返し。。

もう楽になりたいよ。。

でも、「会社を辞めたいなんて甘えだ!」って言われるのも怖い。。

それに、退職しても再就職できるか分からないし。。

どうしたらいいんだろう。。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎仕事辞めたい 甘え【楽になろう】
▶︎科学的な “2つの対策” で【完全に解決】

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【警告】仕事辞めたい…楽になりたい…→ガマンは逆効果⁉︎対策2選で【科学的に解決】

【もう楽になりたい】「仕事辞めたい≠甘え」。本心を押し殺すのはNG⁉︎【データで解説】

 

【注意】当記事は、「仕事辞めたい…もう楽になりたい…」と、人生のドン底を味わっている人に向けて、発信しています。

 

なので、「いまの状況から抜け出したい…!」という場合 “のみ” 、このさきの話を聞き進めてくださいね。

 

 

さて、さきに結論ですが、「仕事辞めたい…」という気持ちは、けっして「甘え」でも「逃げ」でもありません。

 

というかむしろ、仕事がツラ過ぎて楽になりたいなら、ぜひともラクになるべき。

 

もう これ以上、朝の通勤ラッシュで「いっそのこと線路に飛び出せば、ラクになれるかな…」と苦しむ必要はありませんよ。

 

いまの あなたに必要なのは、嫌いな仕事を「イヤだ!」と声をあげて断る勇気

 

あなたの仕事キャリアを幸せにするべく、「じぶんを大切にする勇気」を持つのが吉。

 

ただ一方で、「仕事を辞めたいなんて、社会人としてどうなの?」という道徳・常識的な非難もあるかもしれませんね。

 

いちおう反論しておくと、「そんなの甘えで〜…」とか「社会人だから〜…」などの道徳的な お説教は、スルーでOK。

 

その証拠に、パーソナリティー心理学の研究にによると、↓以下のことが明らかにされています。

 

「倫理・道徳や常識といった社会のルールに合わせがちな『協調性が高い人』ほど、将来的な収入が “ダウン” しやすい」

 

みゅー
みゅー

つまり、「会社を辞めたいなんて甘えで〜…」といった意見に従順な人ほど、年収が下がりやすいのですね。。

 

なので、周囲の考えに流されがちな人ほど、お金も貯まらず、経済的な余裕を手に入れられなくなる恐れが。

 

すると結果的に、「はたらけど働けど、楽にならず」という状況に陥るリスクが爆増するはず。

 

さらに怖いのが、仕事ストレスの増加で『心身の不調』に見舞われる危険性が高まること。

 

というのも、生理学の研究によると、慢性的なストレスを我慢することで、↓以下のデメリットに影響するのだそう。

 

心理的なデメリット
・笑顔が減る
・理由なく涙が出る
・イライラしやすい
・やる気が湧かない
・生きる気力がない
・ネガティブになりやすい
・不安や焦りが止まらない
・自己 否定、自己 嫌悪がヒドい…など
身体的なデメリット
・頭が痛い
・眠れない
・食欲がない
・生理の乱れ
・疲れが取れない
・動悸が止まらない
・疲労が溜まっている
・息苦しくなりやすい
・肩、首、背中のコリや痛み…など

 

なので、「もう仕事辞めたい…」の気持ちをガマンすることは、むしろ心身に悪影響。
 “逆効果” となる恐れが。

 

ハッキリ言って、「社会人になったら、そうカンタンに仕事を辞めれない」なんて “幻想” にすぎません。

 

どこの馬の骨が作ったフレーズか分かりませんが、、シンプルに「転職(退職)する勇気を奪っているだけ」でしょう。
なので、変化を恐れることなく、一歩先に踏み出すのが吉。

 

くり返すように、いまの あなたに必要なのは「勇気」。

じぶんの本心に正直に生きる「勇気」ですよ。

 

ちなみに、「仕事辞めたい…」の気を紛らわせる方法の1つとして、「宇宙から見たら、会社なんてちっぽけだ」と捉えるのもアリ。

 

↑上記は、心理学で『相対化』と呼ばれるテクニックで、じぶんの状況を “客観視” するときに効果的。

 

「周囲の状況」と「ネガティブ感情」とを切り離して考えることは、メンタルの安定に役立つと証明されています。
根拠ありでオススメですよ。

 

ほかには、↓以下のようなストレス対処法に頼るのもアリ。

 

・自然に触れる
・読書してリラックス
・友人や同僚と雑談する
・お笑い動画で思いっきり笑う
・SNSを使って同じ悩みの人と繋がる…など

 

まずは、仕事ストレスを減らすことにフォーカスすべきですので。

 

ただし、↑上記を行うとき注意点が、1つだけあります。

それは、「その場しのぎの解決策」になってしまいがちだということ。

 

短期的にネガティブ気分が改善しても、 “根本的に” 仕事ストレスに対処できなければ、「仕事辞めたい…」を脱却できません。

 

そこで このさきでは、「もう楽になりたい…会社に行きたくない…」を抜け出すべく、科学データありの対策を「2つ」紹介。

 

みゅー
みゅー

「もう楽になりたい…仕事がツラい…」と思い悩んでいる今こそ、科学を味方につけて対応していきましょう!

 

【断言】仕事辞めたい…→楽になりたいときこそ『科学的なストレス対策』で突破せよ【2選】

 

さて、さきに結論ですが、「仕事辞めたい…もう楽になりたい…」を克服するストレス対策として、↓以下の2つが効果的。

 

▶︎感情の吐き出し
▶︎逃げ道の確保

 

まず1つ目に紹介するのは、『感情の暴露』という方法。

 

じつは、「仕事辞めたい…」といったネガティブ感情を吐き出す習慣のある人ほど、↓以下のメリットを受けやすい傾向に。

 

・イライラ感が改善
・マイナス思考が改善
・不安、焦燥感が改善
・モチベーションの改善
・ポジティブ気分がアップ
・ストレス抵抗力がアップ
・感情コントロール力がアップ
・転職 成功率が14%→53%にアップ…など

 

みゅー
みゅー

かんたんにいうと、定期的に本心を吐露する人ほど、メンタルが安定しやすく、再就職率も “約3倍” にアップするのです…!

 

とくに、「信頼できる人」への相談や、仕事ストレスを打ち明けることは、生理学的にもオススメ。

 

親しい人に苦しみを分かち合ってもらうことで、「幸福ホルモン」で知られる『オキシトシン』が分泌され、ストレス抵抗力が向上します。

 

くわしくは↓以下の記事で解説しているので、ぜひ ご参考くださいね。

 

(まとめ記事へのリンク)

 

そして、さいごに紹介するのは、『逃げ道の確保』という対策案。

 

ここだけの話ですが、、「もう限界…仕事辞めたい…」から脱出できない人には、1つの “共通点” があります。

 

それは、転職 or 退職という「具体的な解決策」を持っていないこと。

 

言い換えると、「どうせ仕事辞められないし…」を脱却する “退避ルート” を準備していないことに、根本的な問題が。。

 

反対に、仕事ストレスを乗り越えているビジネス パーソンは みんな、万が一の “退路” を用意できています。

 

断言します。
もしものときの “退却路” を確保できないビジネス パーソンは、このさき絶対に生き残れません

 

このさき40〜50年 以上も続く労働 人生において、どうしようもなくなったときの “こころの避難所” は、必要 不可欠。

 

…ここで1つ、想像してみてください。

 

袋小路に追いこまれ、なす術なく暴力を振るわれ続ける人。
反対に、シッカリ “退路” を用意して、未然に回避できる人。

 

いったい どちらのほうが、不安や悩みの少ない「安定した人生」を送れそうですか?

 

…答えは、あきらかですよね?

 

仕事ストレスと無縁の生活を手にしたいなら、「逃げの一手を備えておくこと」は、絶対 条件。

 

その証拠に、生理心理学の研究によると、↓以下のデータが明らかにされています。

 

「脱出できないストレスフルな環境に置かれたマウス(実験 動物)ほど、↓以下のデメリットを受けやすい傾向にある」
メンタルの問題
・抑うつ感の増加
・無気力になりやすい
・問題 解決力がダウン
・決断力、判断力がダウン
・記憶力、思考力がダウン
・ストレス抵抗力がダウン…など
身体の問題
・免疫力がダウン
・脳 機能がダウン
・細胞の老化が進行
・寿命が短くなりやすい…など

 

みゅー
みゅー

まとめると、「もうダメだ…逃げられない…」という閉塞感が強まるほど、メンタルが悪化し、カラダも壊しやすくなるのです。。

 

思えば、「社長の指示は絶対」「休日 出勤の命令」などが苦痛なのは、拒否する・断るなどの『自由』が奪われているからかも。。

 

…さぁ、イメージしてみてください。

 

いまのまま、なに1つ「生き延びる方法」を持たず、このさき15,000日 以上も仕事におびえ続ける生活を。

 

…どう考えても「苦痛」そのものですよね?
「逃げ出したい…」「苦しみから逃れたい…」と考えるのが、ふつうの反応でしょう。

 

…仕事の苦しみと無縁の生活、手にしたいと思いませんか?

 

みゅー
みゅー

そこで、ここまで話を聞いてくれた あなたにだけ、特別に「科学データに基づいた “回避ルート” 」を お教えします!

 

個人的にイチオシなのは、転職サイトやエージェントに登録 “だけ” 済ませておくこと。

 

というのも、心理学の研究によると、「実行できる解決策を持つ “だけ” でも、ストレス解消 効果が期待できる」のだそう。

 

専門的には『コーピング レパートリー』と呼ばれるテクニックで、認知行動療法でも使われています。

なので、効果は お墨つき。

 

たとえるなら、各種の転職サービスを “メンタル安定剤” として利用するようなもの。

 

とくに、大手が提供するサービスでは、↓以下すべてがタダで受けられるので、万が一の “緊急 手段” として活用できること確実。

 

▶︎面接の日程 調整、労働 条件の交渉などを代行
▶︎専門スタッフによる現実的なアドバイスあり
▶︎書類 添削、相談サービスなどで迅速に対応
▶︎ブラック企業を除外した求人だけを紹介…など

 

登録は5分でOKですし、時間的なコストがかからないのも魅力。

 

ハッキリ言いますが、↑上記の良質なサポートが受けられる無料サービスを使い倒さないのは、、あきらかに「損」。
「大損」もいいところです。

 

ただ一方で、↓以下のような意見もあるかもしれません。

 

上司①
上司①

1つの会社で頑張ってこそ、スキルは身につくものだろう! 安易に転職 or 退職なんて考えるんじゃない! 「石の上にも3年」だぞ!

 

たしかに、↑上記のように「忍耐=能力アップ」という日本的な価値観があることは、理解しています。
忍耐力は大切ですよね。

 

…しかし一方で、組織心理学の研究では、↓以下のことが明らかにされています。

 

「仕事が合っていないとき、あるいは業務が自分の期待や価値観と一致していないときほど、↓以下のデメリットを受けやすくなる」
・他人に疑い深くなる
・無気力の傾向が悪化
・ネガティブ思考が悪化
・人生への絶望感が悪化
・ストレス抵抗力がダウン
・モチベーションがダウン
・感情コントロール力がダウン
・業務パフォーマンスがダウン…など

 

みゅー
みゅー

かんたんにいうと、「合わない仕事・会社」を続けても、メンタルが悪化するばかりか、仕事面でも成功できなくなるのだそう。。

 

なので、間違った方向で努力することは “逆効果” 。
「仕事辞めたい…」を行動に移すことは、 “戦略的撤退” とも言えますね。

 

「もう楽になりたい…会社に行きたくない…」と感じる今こそ、転職サービスを “生存 戦略” として活用すべきですよ。

 

【事実】もう楽になりたい…仕事辞めたい…→唯一の解決策は『あなた自身の行動』【すぐ動こう】

 

さて、今回は以上です。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「人生の後悔」について。

 

時を重ねるにつれて、わたしたち人間は、「過去に行動しなかったこと」を強く悔やんでしまう傾向にあるのだそう。

 

以前に やってしまったミスや失敗よりも、です。

 

…さぁ、イメージしてみてください。

 

いま、この瞬間に動き出さずにいることは、「未来の後悔」に直結しているはず。

 

このまま、ズルズルと「仕事辞めたい…」と悩み続けながら、苦痛にまみれた人生を送り続けますか?

 

それとも、 “起死回生の一手” を持って、人生に希望を見出しますか

 

あなたが動き出すべきは、 “いま、このとき”

 

あなた自身の『行動』で、未来を作り替えていきましょう

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました