【仕事の無茶振り】会社辞めたい…もうガマンできない…→2つの対策で【科学的に解決】

仕事の努力が実らない

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事がツラい人
仕事がツラい人

もうイヤだ…仕事辞めたい…。

上司の無茶振りに耐えられない…なんで自分だけ、こんな目に。。

もう毎日ヘトヘト…ストレスも限界だし、出勤するのも苦痛。。

こんな理不尽に耐えて、いったい何の意味が…会社員ツラ過ぎ。。

どうしたらいいんだろう…対処法があったら知りたい…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【拒否すべき?】仕事の無茶振り→「ガマンはNG」⁉︎【データあり】
▶︎科学的な “2つの突破口” で【完全に解決】※くわしくは記事の後半

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【仕事の無茶振り】会社辞めたい…もうガマンできない…→2つの対策で【科学的に解決】

【拒否すべき?】仕事辞めたい…無茶ぶりがツラい…→「ガマンはNG」⁉︎【データで解説】

 

さて、さきに結論ですが、仕事の無茶振りに耐えるのは、科学的に見て「NG」

 

なぜなら、わたしたち労働者は「断る勇気」を持たねば、会社や上司に “利用されるだけ” ですので。

 

…厳しい言い方で すみません。

でも、事実です。

 

そもそも「仕事の要求」「業務の無茶ぶり」などは、どこかのタイミングで拒否しないと、エスカレートする傾向に

 

↓以下のイメージですね。

 

上司①
上司①

けっこうムリな要求だったけど…アイツ、期限までに仕事 終わらせてきたな。 じゃあ次は、もっと多めに指示 出しても良さそうだな

 

なので、「仕事がデキる良い人」や「お願いを断れない人」ほど、先輩・上司から業務を押し付けられがち。

 

とくに注意してほしいのが、「仕事の無茶ぶり=成長に つながる」という論理で、業務を押し付けてくる上司がいるとき。

 

断言できますが、、限界を超えた仕事量は、今後の成長に “悪影響” などころか、業務パフォーマンスを下げる危険が。。

 

その証拠に、心理学の研究データでは、↓以下のことが明らかにされています。

 

ストレス仕事の負担量アンバランスなときほど、業務パフォーマンスが低下しやすい傾向にある」

 

つまり、過剰な業務量を押し付けられるほど、あなたの生産性が右肩下がりになるということ。。

 

図解すると、↓以下のとおり。

 

ヤーキーズ・ドッドソンの法則

 

ですので、「成長」「やりがい」といったコトバに惑わされちゃダメ。
反論してこない部下は、「やりがい搾取」の格好の餌食です。

 

↓以下のようなワードで仕事を無茶ぶりしてくる上司がいる場合、、要注意です。

 

「あとは任せた」
「やればできる」
「期待してるぞ」
「お前ならできる」
「オレが新人のときは」
「オレは乗り越えてきた」
「これくらいやって当たり前」…など

 

↑上記はいずれも、「部下のマネジメント」や「適切な指示」に乏しく、 “” 効率な業務 命令。

 

大切なのは、自身の力量を把握したうえで、成果を上げられる業務 “だけ” にフォーカスすること。
けっして、無茶ぶりに耐えることじゃない

 

そこで、対策としてオススメなのは、適切な言い回しで仕事を断る『アサーション』というテクニックを活用すること。

 

たとえば、↓以下のイメージですね。

 

ビジネスマン①
ビジネスマン①

すみません。。いまは他の仕事で手一杯で…お手伝いしたいところですが、別の方にお願いできればと思います

 

ポイントは、じぶんと相手の感情を尊重しつつ、代わりの『代替案』を提示しつつ、ハッキリ断ること。

 

仕事を頼まれた直後に「ムリです! できません!」と言われたら、あいてもムッとするはず。

 

なので、即座に断るのでなく、あいてと “交渉” するのが吉。

 

ちなみに、心理学の研究データによると、↓以下のことも確認されています。

 

あいてに選択権・決定権を持たせるほうが、説得の成功率が “約2倍” にアップする」

 

なので、アサーションの技術で互いを尊重しつつ「あなたの決断は?」と問いかけ、あいてに選択を ゆだねるのが吉

 

ぜひ、次に仕事を無茶振りされたときに、アサーションを活用しつつ、勇気を持って拒否してみてください。

 

…ただし、1つだけ問題が。

 

そもそも論で恐縮ですが、、アサーション心理学の技法「論理的に話せる相手」が前提になっています。

 

なので、「うるさい! さっさとやれ!」いった感じで、独裁的な上司・先輩には、残念ながら対応 不可

 

当然、「部下の手柄はオレのもの」「失敗は後輩の責任」といったサイコパスな上司・先輩にも、通用しないでしょう。

 

むしろ、直情的な相手にアサーションを使うと、↓以下のように自体が悪化する恐れも。。

 

「反抗してきやがって…!」
「目にもの言わせてやる!」

 

なので、論理が通じない相手を説得するのは「時間のムダ」。

 

…では、わたしたち労働者は、どう対処すればいいのか?

 

そこで、このさきでは「仕事辞めたい…無茶ぶりがツラい…」を脱却すべく、科学的な対処法を「2つ」紹介。

 

▶︎マイナス感情の吐き出し
▶︎撤退ルートの確保

 

みゅー
みゅー

「上司の無茶振りのせいでイライラする…」と苦しむいまこそ、科学データとともに対処していきましょう!

 

【断言】仕事辞めたい…→「業務の無茶ぶり」を克服するには?【対策2選で完全に解決】

 

さて、1つ目に解説するのは『マイナス感情の吐き出し』について。

 

じつは、心理学の研究によると、習慣的にグチや不満を口に出す人のほうが、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

・イライラ感が減少
・マイナス思考が減少
・不安感、焦燥感が減少
・モチベーションの改善
・ポジティブ気分がアップ
・ストレス抵抗力がアップ
・感情コントロール力がアップ
・転職 成功率が14%→53%にアップ…など

 

みゅー
みゅー

つまり、習慣的にストレスを暴露する人のほうが、メンタルが安定し、なんと再 就職率も “約3倍” にアップするのだとか!

 

なので、あなたの心という風船が破裂するまえに、マイナス感情を表現するのが吉
メンタルが追い詰められてからでは… 遅いですので。

 

くわしくは↓以下の記事で解説していますので、ぜひ ご参考くださいね。

 

(まとめ記事へのリンク)

 

さて、さいごに紹介するのは『撤退ルートの確保』という方法。

 

…さぁ、ここからが本題です。

 

あなただけに暴露しますが、、「無茶ぶりがツラい…会社に行きたくない…」を克服できない人には、1つの “共通点” が。

 

それは、転職 or 退職に至るまでの、 “具体的な退却ツール” を準備できていないこと。

 

「いまの職場で頑張る」という先入観が災いして、ほかの解決策に目を向けられなくなっている
視野が狭くなっているのです。

 

その証拠に、臨床 心理学の研究によると「強いストレス環境にあるときほど、問題解決力がダウンしやすい」のだそう。

 

専門的には『視野 狭窄(しや きょうさく)』と呼ばれる心理ですね。

 

反対に、業務の無茶ぶりを適切に回避できるビジネス パーソンは みんな、じぶんだけの “逃げ場” を用意しているもの。

 

 “逃げ道” を持っていれば、上司から仕事の無茶ぶりを受けても、断固として拒否できます。
「転職(退職)する」という “抜け道” が使えるので。

 

断言できます。

 

いまのあなたに必要なのは、劣悪な職場から抜け出す “脱出ルート” だと。

 

その証拠に、生理心理学の研究データによると、↓以下のことが確認されています。

 

回避 不能なストレス環境に置かれたマウス(実験 動物)ほど、↓以下のデメリットを受けやすいことが分かった」

 

▶︎メンタルの問題
・抑うつ感の増加
・無気力になりやすい
・問題 解決力がダウン
・決断力、判断力がダウン
・記憶力、思考力がダウン
・ストレス抵抗力がダウン…など
▶︎身体の問題
・免疫力がダウン
・脳 機能がダウン
・細胞の老化が進行
・寿命が短くなりやすい…など

 

みゅー
みゅー

まとめると、「もう逃げられない…」という絶望感により、メンタル・フィジカルともに悪化しやすくなることに。。

 

思えば、「パワハラ・モラハラ上司」や「サービス残業の強要」などが苦痛なのは、いずれも “回避できないから” かも。

 

反対に、「残業を拒否する」「無茶ぶりを断る」といった選択ができたら、どれだけ気楽に働けることか。。

 

…そう思いませんか?

 

ここで1つ、冷静になって考えてみてください。

 

上司や先輩から押し付けられた、無茶な仕事量をこなしたところで、あなたにメリットがありましたか?

 

昇進や昇給、それから優秀な部署に異動が決まった…など、目に見えるカタチで “具体的な利益” をもらえたでしょうか?

 

ハッキリいいますが、、部下に仕事を押し付けて得するのは、上司や経営者といった上の立場の人間だけ

 

「甘い蜜を吸える人」だけなのです。

 

はたらくだけ働かせて、使いものにならなくなったら解雇…という行為を平気でやっているのが、日本のブラック企業。

 

…となれば、このさきに待ち受けているのは、会社に支配されつづける “暗い未来” かも。

 

…そんな未来、ぜったいに お断りですよね?

 

みゅー
みゅー

そこで、ここまで話をきいてくれた あなたにだけ、特別 扱いで「転職サービスを応用した “起死 回生の一手” 」を伝授しちゃいます!

 

個人的にイチオシなのは、転職エージェント・サイトに登録 “だけ” 済ませておくこと。

 

転職サービスが使える=いつでも職場を辞められる!」という安心感が、あなたを仕事ストレスから救ってくれるはず。

 

その証拠に、臨床 心理学の研究によると、「対処法を持つ “だけ” でも、ストレス抵抗力がアップする」のだそう。

 

専門的には『コーピング レパートリー』と呼ばれるテクニックですね。

 

みゅー
みゅー

ここだけの話ですが、、わたしが会社員をしていたときは、つねに「転職サービスの活用」という “逃げ道” を備えていました…(笑)

 

その安心感たるや、、「もっと早く使っておけばよかった…」と後悔するレベル。
なので ぜひ、あなたにも体感して欲しく思います。

 

ただ一方で、「営業かけられるのヤダし…へんな求人 紹介されたりしないかな…」という心配があるかも。

 

でも、大丈夫。

まったく心配 無用

 

もし、億が一にでもサービス内容に満足できなければ、スマホを2〜3タップして「利用 停止」でOK。
60秒もかかりません

 

とくに、大手の転職サイト・エージェントでは↓以下すべてが無料なので、もしもの “駆け込み寺” に使えること確実

 

▶︎専門スタッフの現実的なアドバイス
▶︎書類 添削、相談サービスで迅速に対応
▶︎ブラック企業を除外した求人のみを紹介
▶︎面接の日程 調整、労働 条件の交渉を肩代わり…など

 

登録には5分もかかりません
そして何より、タダで利用できるサービスですから、「使い倒してやる!」くらいの気持ちでOK。

 

むしろ、大手サービスを活用せずに転職をすすめるなんて、、もったいない

あまりにも、もったいなさ過ぎる

 

わずか5分足らずの時間と引き換えに、このさきずっと活用できる対処法が手に入るなら安いもの。

 

…そう思いませんか?

 

みゅー
みゅー

「仕事の無茶ぶりがキツい…もう仕事辞めたい…」と感じるいまこそ、科学データを参照しつつ、対策していきましょう!

 

【結論】無茶ぶりがツラい…仕事辞めたい…→たった1つの解決法は【あなた自身の行動】

 

さて、今回は以上です。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「周りに合わせることのデメリット」について。

 

研究データによると、「性格が協調的な人ほど、将来の年収が下がりやすい」のだそう。

 

同調 圧力に負ける=収入ダウン」ということですね。

 

なので、上司や先輩からの無茶ぶりに応えてしまうほど、あなたの経済的な成功が遠のいていくことに。。

 

…さぁ、イメージしてみてください。

 

このさきもずっと、上司・会社からの無茶振りをガマンし、ストレスとお金の問題に苦しみ続けますか?

 

そんな生活に、あなたのメンタルは耐えられるでしょうか?

 

仕事のストレスとは無縁の生活…送りたいとは思いませんか?

 

あなたを苦境から救い出してくれるのは、『あなた自身の行動』だけ

 

にゅー
にゅー

明るい未来を掴むべく、いますぐ動き出していきましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました