【精神的に疲れた】仕事・会社を休みたいときの理由+対処法2選で【科学データありで解説】

【休みたい】仕事に疲れたUncategorized

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

もう限界…とにかく、仕事に疲れた。。

毎日7時間は寝てるはずなのに、まったく疲労感が解消されない…いっそ、会社を休みたいくらい。。

正直、上司にイヤな顔されるのが怖いけど…でも、このまま働き続けたらヤバい気がする。。

仕事に悩む女性
仕事に悩む女性

朝 起きても、ぜんぜん仕事に行く気になれない…もう、メンタル的に耐えられないわ。。

…でも、わたしが急に休んだら周りに迷惑がかかるかも…いま進めてるプロジェクトもあるし。。

どうすればいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎仕事を休みたい理由は『体調不良』が吉⁉︎【終業前の連絡が最適解】
▶︎科学的な「2つの打開策」で【すべて解決】詳細は記事の後半にて

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【精神的に疲れた】仕事・会社を休みたいときの理由+対処法2選で【科学データありで解説】

【事実】仕事に疲れた…→会社を休みたい理由は『体調不良』が最適解⁉︎【始業前の連絡が吉】

 

【必見】当サイトでは、あなたの苦しみを解決すべく、科学的な根拠にもとづいて、対策案を発信していきます。

 

だいじょうぶ。
あなたの仕事の悩みは、かならず解消できますから。

 

わたしと一緒に、克服していきましょうね。

 

 

さて、さきに結論ですが「もう働くことに疲れた…会社を休みたい…」を解決するキーワードは、↓以下の2点にアリ。

 

▶︎休む理由は「体調 不良」が吉
▶︎「始業前」の連絡が最適解

 

まず1つ目は、「仕事を休みたい理由=体調 不良が吉」について解説です。

 

じつは、心理学の研究によると、言い訳して責任 逃れをしがちな人ほど、かえって周囲から非難を浴びやすい傾向に。

(参考 文献:『不合理だからうまくいく 行動経済学で「人を動かす」』『第1感「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい』)

 

そこで、仕事を休むときは「体調が優れなくて…」と、 “正直に話すこと” をポイントにするのがオススメ。

 

それから、休むときのコツとしては、↓以下を参考に「刺激が少ない環境」を作って、できるだけ情報を遮断するのが吉。

 

・テレビを観ない
・自然が多いところで散歩
・SNSやニュースを閲覧しない
・スマホやパソコンを遠くに置く…など

 

…とくに、ストレス耐性が低くなっているときほど、ビンカンに刺激に反応しやすいですので。。

 

次に、2つ目のキーワードは「始業前の連絡」についてです。

 

人事や上司に休みの相談をするときは、始業の “10分前” を目安にするなど、規則に沿って連絡するのがベター。

 

そして、明日の出勤時には「1日 休ませてもらったおかげで、だいぶ回復できました!」と、普段どおり接すればOK。

 

あるいは、「先日は、急に休んでしまって すみません。おかげさまで、体調が良くなりました」と報告するのが吉です。

 

さいごに、もう一度おさらいしましょう。

 

▶︎休む理由は『体調 不良』が吉
▶︎始業前に連絡するのが最適解

 

【科学が証明】休むことを “許す” のが正解⁉︎

 

とはいえ、マジメで誠実な あなたは「会社を休む=社会人として許されない」と考え、罪悪感を抱くかもしれませんね。

 

とくに、わたしたち日本人には↓以下のような価値観が強いため、休息を取ることを「甘え」「逃げ」だと捉えがち。

 

▶︎無理して働く=尊いこと
▶︎周りに認められるべく努力すべき
▶︎心身ともに限界でも、休むなんて言語 道断…など

 

そこでオススメなのが、あなた自身に「休んでもOK」と “GOサイン” を与えてあげること。

 

休むことを“許す” のですね。

 

じつは、臨床 心理学の研究によると、心理的な 葛藤 かっとうが強い人ほど、かえってストレス状態が悪化しやすくなるのだそう。

 

分かりやすくいうと「仕事を休みたいけど、でも…」と躊躇してしまうほど、うまく休息モードに切り替えられない。

 

たとえるなら、限界を超えて頑張りつづけることは、喉が乾き切ったあとに水を与えられるようなものです。

 

 “時すでに遅し” とも言われるように、体調を崩してから休むのでは「遅すぎる」 。

 

反対に、脳科学・心理学の研究によると、ありのままの気持ちを受け入れられる人ほど、↓以下のメリットを受ける傾向に。

 

・自制心が改善
・共感性が改善
・衝動性が改善
・やる気がアップ
・抑うつ気分が改善
・ネガティブ思考が改善
・モチベーションが改善
・ストレス抵抗力がアップ
・仕事(学習)成績がアップ
・自己コントロール感がアップ
・「成長に繋がる努力」をしやすくなる
・自己 否定、自己 嫌悪に陥りにくくなる…など

(参考 文献:『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

つまり「休みたいんだから、休んでいいんだ!」と正直になれる人ほど、ストレスに強く、メンタルが安定しやすいのですね!

 

なので、あなたが心の底から「働くことに疲れた…」と感じているなら、むしろ堂々と仕事を休んだほうがいい。

 

あるいは、「休むこと=悪いことじゃない」と解釈し直すのも一手ですね。

 

たとえるなら、あなた自身の気持ちに正直になることは、花壇の花々に “水やり” をしてあげるようなもの。

 

どれだけキレイな花を咲かせようとも、きちんと世話をしてあげないと枯れてしまいますよね。

 

そして、このさきでは「もう仕事に疲れた…会社に行きたくない…」を解消すべく、科学的な「2つの打開策」を解説

 

▶︎目標の再設計
▶︎逃げ道の確保

 

にゅー
にゅー

「働くのがツラい…いっそ仕事を休みたい…」と苦しむときこそ、科学を味方に対策していきましょう!

【克服法】会社を休みたい…→仕事に疲れたときは「科学的な2つの打開策」で【すべて解決】

 

さて、1つ目に解説するのは『目標の再設計』について。

 

ここだけの話、、95〜98%の会社員が陥りがちな “大失敗” の1つが、将来について考えるのを先送りにしていること。

 

毎日の仕事で疲れてしまっているせいで、未来のキャリア像について思考する “心の余裕” がなくなっているのですね。

 

ただ一方で、「ただでさえ疲れてるのに、将来のことなんて考えたくないよ…」と感じるかもしれません。

 

たしかに、慢性ストレスが蓄積しているときは、頭を空っぽにしてリラックスするのが先決ですよね。

 

…しかし、です。

 

じつは、心理学の研究によると、人生の目標を明確化できている人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

▶︎職業的なメリット
・注意、集中力が改善
・将来的な収入がアップ
・長期的な貯蓄率がアップ
キャリア選択に成功しやすくなる…など

 

▶︎精神的なメリット
・幸福感がアップ
・社交性がアップ
・共感力がアップ
・マイナス思考が改善
・恐怖、不安感が改善
・記憶力の低下を防ぐ
・モチベーションが改善
・ポジティブ気分が改善
・ストレス抵抗力がアップ
・良い対人 関係を築きやすくなる…など

 

▶︎身体的なメリット
・抗 炎症作用が改善
・不眠になりづらくなる
・ナチュラルキラー細胞が活性化…など

(参考 文献:『目的の力ー幸せに死ぬための「生き甲斐」の科学』『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、生きる目的を見極められている人ほど、心身ともに健康的で、仕事キャリアでも成功しやすくなるのですね!

 

逆にいうと、価値観を設定できてないからこそ、かえって仕事で疲れやすく、精神的に疲労しやすくなるということ。

 

その証拠に、脳科学・心理学の研究によると、将来への漠然とした不安は、ストレス状態を悪化させる傾向に。

(参考 文献:『最高の体調 ACTIVE HEALTH』)

 

なので、出勤できなくなるほどの疲れから抜け出せたら、ぜひ「あなたが心から求めていること」に向き合うのが吉。

 

たとえるなら、あなた自身の人生のゴールを明確にすることは、キャリアという海を泳ぐ “羅針盤” を手にするのと同義。

 

「どこに向かって歩いていけばいいか?」を示してくれる “コンパス” があれば、道に迷わずに進めそうですよね。

 

…そこで、です。

 

↓以下の記事では、認知行動療法でも活用される『ACT』という技法を参考に、あなたの価値観に迫っていきます。

 

また、仕事の疲れやストレスを溜め込まずに、科学的に発散する『筆記 開示』という技法についても、あわせて解説。

 

ぜひ、お手に取ってご覧くださいね。

 

 

【科学が実証】『もしもの逃げ道』を確保せよ⁉︎

 

さて、さいごには『逃げ道の確保』について紹介です。

 

そして、ここからさきがメインテーマ。

 

あなただけに暴露しますが、、「仕事に向いてない…」を克服できない人の9割 以上には、共通の “失敗パターン” が。。

 

それは、転職 支援サービスの利用という、“具体的な脱出ツール” を備えられていないこと。

 

「もうダメだ…」というマイナス思考に囚われてしまい、ほかの解決策に目を向けられなくなっている。

 

分かりやすくいうと、視野が狭くなっているのですね。

 

…ストレートな指摘で、すみません。

けれど、確かな事実。

 

その証拠に、臨床 心理学の研究によると「ネガティブ思考に囚われがちな人ほど、問題 対処力がダウンしやすい傾向」に。

(参考 文献:『後悔しない超 選択術』『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

専門的に『ネガティブ バイアス(悲観的な思い込み)』とか『視野 狭窄(しや きょうさく)』などと呼ばれる心理ですね。

 

…ここで1つ、イメージしてみてください。

 

「もうキミ、明日からウチの会社に来なくていいから」。

 

上司から↑上記のように言われたら、解放されたという気持ちと同時に「生活どうしよう…」とも思いませんか?

 

「いきなりクビを宣告されたら、どうやって明日から生きていけば…」と、とても恐ろしく感じないでしょうか?

 

…そう。

 

その感覚こそが「逃げ道を持っていない」ということ。

 

いま、あなたが感じている恐怖・不安感こそが、身の安全を確保する “緊急 手段” を備えられていないことの証明。

 

なので、断言できます。

 

いまのあなたに必要なのは、ストレス環境から抜け出す「現実的な退避ルートの用意」なのだと。

 

にゅー
にゅー

「もう仕事に疲れた…いっそ会社を休みたい…」と感じるいまこそ、科学データを参照しつつ行動していきましょう!

 

【まとめ】働くことに疲れた…→仕事を休みたいときの解決法とは?【答:あなた自身の行動】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話をきいてくれた あなたに、心から感謝します。
どうもありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「決断を先延ばしにするデメリット」について。

 

研究データによると、現状 維持に甘んじやすい人ほど、将来的な給料がダウンし、キャリア選択にも失敗しやすい傾向に。

(参考 文献:『ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか』)

 

思い返すと、わたしが「あのとき、動いて正解だった…」と感じるのは、すべて『即断 即決で起こした行動』でした。

 

決断に迷って躊躇(ちゅうちょ)してしまったときほど、後々に “最悪の事態” を招いてしまった暗い過去アリ。。

 

…さぁ、頭のなかでイメージしてみてください。

 

満足した年収も望めないまま、あなた自身のキャリアに絶望する “真っ暗な未来” を。

 

反対に、明るい将来を手に入れるべく、いますぐ動き始める “可能性ある未来” を。

 

あなたが欲しいのは、どちらの人生でしょうか?

 

このさきの未来を掴めるかどうかは、いまこの瞬間の『あなた自身の行動しだい』

 

でも、きっと大丈夫。

 

ここまで、ツラい仕事に耐えてきた懸命なあなたなら、ぜったいに前向きな運命へと変えられるはずですから。

 

少なくとも、わたしは そう信じています。

 

にゅー
にゅー

未来を決めるのは、あなた自身の行動ですよ!

 

コメント