【辛い】仕事に疲れた…→新卒社員の疲労を解消する2つの改善策で【科学データをもとに解決】

【新卒社員】仕事に疲れた

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

もう限界…いっそ会社 辞めたいレベル…。

新卒1年目だけど、慣れない業務に忙殺されるばかりで、働くことに疲れた…仕事に疲れちゃったよ。。

学生のころとは違って、趣味に割ける時間もないし…ストレスが溜まっていく一方。。

仕事に悩む女性
仕事に悩む女性

疲労のせいか、土日は1日じゅう寝てばかりだし…まったく有意義な過ごし方ができてない。。

ストレスから解放される時間がないせいで、休みの日も仕事のことを考えてばかり…もうイヤだ。。

どうしたらいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【仕事に疲れた】新卒1年目の打開策は『問題点の認識』にアリ⁉︎
▶︎科学的な「2つの突破口」で【すべて解決】詳細は記事の後半にて

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【辛い】仕事に疲れた…→新卒社員の疲労を解消する2つの改善策で【科学データをもとに解決】

【仕事に疲れた】新卒1年目だけど、会社で働くのが苦痛で…→打開策は『問題点の認識』⁉︎

 

【必読】本サイトでは、あなたの仕事の苦しみを解決すべく、科学的な根拠をもとに、克服策を発信していきます。

 

だいじょうぶ。
あなたの悩みは、かならず解消できますから。

 

わたしと一緒に、克服していきましょうね。

 

 

さて、さきに結論ですが「新卒1年目だけど、もう仕事に疲れた…」を解決するポイントは、『問題点の認識』にアリ

 

↓以下のようなイメージで、あなたを苦しめる「原因の把握」に目を向けることが、現状から抜け出す “さいしょの一歩” 。

 

なぜ、仕事がツラいをと感じているのか?」
「疲れが解消されない原因は、どこにあるのか?

 

というのも、心理学の研究によると、懸念点を “より具体的に” 分析できる人ほど、↓以下のメリットを受ける傾向に。

 

・マイナス思考が改善
・問題 解決スキルが改善
・不安、イライラ感が改善
・ストレス抵抗力がアップ…など

(参考 文献ー『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、疲労の原因を “より客観的に” 見極められる人ほど、メンタルが安定し、困難に対処しやすくなるのですね!

 

たとえるなら、理由も分からないまま働きつづけることは、姿の見えない亡霊・お化けを相手にするようなもの。

 

そこで、↓以下12点を参考にしつつ、あなたが直面している「職場の問題」を深掘りするのがオススメ。

 

【職務的な問題】
▶︎職場での人間 関係が苦痛で、人付き合いをストレスに感じている
▶︎信頼できる上司や先輩がおらず、業務的なサポートを受けられずにいる
▶︎とにかく業務量が多すぎて、長時間 労働やサービス残業で疲弊している
▶︎日々の業務にやりがいや情熱を見出せず、漠然と将来を不安に感じている
▶︎嫌いな人やニガテな人とも付き合わなきゃなので、精神的に消耗している
▶︎慣れない作業に振り回されるせいで、家に帰ってもリラックスできずにいる…など

 

【個人的な問題】
▶︎目の疲れや気だるさなど、体調に悪影響が出はじめている
▶︎理想と現実とのギャップに直面し、じぶんへの自信を失っている
▶︎休日や晴れの日でも、仕事のことを考えて気分が落ち込んでいる
▶︎心身ともに疲労感MAXで、緊張やプレッシャーを解消できずにいる
▶︎仕事のストレスのせいか、頭がボーッとして判断力や注意力が低下ぎみ
・社会人になって「自由な時間」が減ったため、好きなことや趣味に没頭できずにいる…など

 

断言できます。

 

「もう働くことに疲れた…会社に行きたくない…」を解決するファースト ステップは、『問題の明確化』にアリですよ。

 

【警告】「会社のために働くデメリット」とは…⁉︎

 

とはいえ、↓以下のような考えもあるかもしれませんね。

 

上司
上司

新卒 社員が「仕事に疲れた」だなんて、、甘えにも程があるぞ! 忍耐力が無さすぎる!

会社にとっては「新入 社員=コスト」なんだから、組織に貢献すべく努力するのが当然

生きるためには お金が必要なんだから、いっそ「給料=苦痛のガマン料」と割り切るべき!

 

かなりキツい意見ですが、、たしかに↑上記にあるとおり、新人は「利益を生み出す存在じゃない」という見方もアリ。

 

となれば、わたしたち労働者は「会社のために働く」という義務感・使命感を持って、仕事に臨むべきなのかも。

 

…しかし、です。

 

ただ一方で「企業の利益のため」と割り切って仕事する “リスク” もまた、、あるように思いませんか?

 

その証拠に、組織 心理学の研究によると、義務感でイヤイヤ働かされる社員ほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだそう。

 

・幸福度が悪化
・労働 生産性が悪化
・目標の達成率が悪化
・モチベーションが悪化
・業務パフォーマンスが悪化…など

(参考 文献:『その科学があなたを変える』『「幸せをお金で買う」5つの授業』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、苦痛に耐えながら仕事する人のほうが、やる気や幸福度が下がりやすく、成果も上がりにくくなるのですね。。

 

ちなみに、ブラック企業ほど「新卒=会社のために働くべき」という価値観を植え付けようとするので、、要注意。

 

また、べつの研究によると、他人のために行動しすぎる「ギバー(与える人)」ほど、人生レベルで失敗しやすい傾向に。

(参考 文献:『GIVE &TAKE「与える人」こそ成功する時代』)

 

分かりやすくいうと、会社に利用されがちな「都合のいい人」ほど、経済的・キャリア的で成功できなくなることに。。

 

…さぁ、頭のなかで想像してみてください。

 

このさき40〜50年 以上も、会社 組織にコキ使われつづける “ツラ過ぎる毎日” を。

 

ベッドから起き上がることすら苦痛で、遊びを楽しむ余裕すら持てない “暗い未来” を。

 

…そんな人生、あんまりだと思いませんか?

 

そこで、このさきでは「働くことに疲れた…身も心もボロボロ…」を打開すべく、科学的な「2つの突破口」を解説

 

▶︎ネガティブ感情の吐き出し
▶︎逃げの一手を備える

 

にゅー
にゅー

「もう限界…仕事の疲れから解放されたい…」と苦しむときこそ、科学を味方に対処していきましょう!

【限界】もう仕事に疲れた…→新卒社員が持つべき「2つの突破口」とは?【科学的にすべて解決】

 

さて、1つ目に紹介するのは『ネガティブ感情の吐き出し』について。

 

…ここで1つ、あなたに質問させてください。

 

友達や家族などの信頼できる人に、仕事のグチや不満を打ち明けられているでしょうか?

 

…反対に、ストレスを溜め込んでしまい、精神的に余裕のない日々を送っていませんか?

 

じつは、心理学の研究によると、定期的にマイナス感情を暴露できる人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

・イライラ感が減少
・マイナス思考が減少
・不安感や恐怖心が改善
・ストレス抵抗力が改善
・ポジティブ気分がアップ
・感情コントロール力が向上
・仕事のモチベーションが向上
・再 就職率が “27.3%→68.4%” に改善…など

(参考文献:『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』『サーチ・インサイド・ユアセルフー仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、習慣的にネガティブ感情を吐き出せる人ほど、ストレス状態が改善し、 “約2.5倍” も転職に成功しやすくなる傾向に!

 

専門的には『エモーショナル ディスクロージャー』と呼ばれ、心理カウンセリングでも利用される手法の1つ。

 

なので、効果のほどは お墨つきですよ。

 

たとえるなら、必要 以上にストレスを溜め込むことは、ダムが決壊するレベルまで水を注ぎ込むようなもの。

 

↓以下の記事では、1日8分で実践できる『筆記 開示』について、科学データとともに紹介しています。

 

また、他人との比較から抜け出し、自信を回復させる『セルフ コンパッション』についても、あわせて解説。

 

ぜひ ご参考くださいね。

 

 

【科学が証明】『逃げの一手』を備えるべし!

 

さて、さいごに解説するのは『逃げの一手を備える』について。

 

そして、ここからがメイン テーマ。

 

あなただけに打ち明けますが、、「仕事に疲れた…」から脱出できない人の97〜99%には、共通の “失敗パターン” が。

 

それは、無料 支援サービスの利用という “現実的な撤退ツール” を、きちんと準備できていないこと

 

…ここで1つ、ご自身について振り返ってみてください。

 

「どうせ、ほかに採用してくれる会社なんて無いだろうし…」と、将来の可能性を低く見積りすぎていないだろかと。

 

あるいは「きっと、新卒 社員は “3年ガマン” って引き止められるだけだし…」と、初めから希望を捨てていないかと。

 

じつは、臨床 心理学の研究によると「ネガティブ思考に囚われがちな人ほど、問題 対処力が低下しやすくなる」のだそう。

(参考 文献:『後悔しない超 選択術』『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

専門的に『ネガティブ バイアス(悲観的な思い込み)』と呼ばれる心理 傾向ですね。

 

残念なことに、、ストレス フルな環境に置かれている人ほど、かえって困難を乗り越えられなくなるということ。。

 

でも、だいじょうぶ。

 

じつは、ほかの心理学の研究によると「いくつもの選択肢を用意できる人ほど、逆境を乗り越えやすくなる」のだそう。

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

分かりやすくいうと、複数の解決策・打開策を確保できる人ほど、仕事の苦しみから脱出できようになるのです。

 

その証拠に、仕事ストレスを克服できるビジネス パーソンほど、万が一に備えて “逃げ道” を用意しているもの。

 

みんな口に出さないだけで、いつでも職場を変えられるように、しっかりと “退避策” を準備しているものなのです。

 

…さぁ、イメージしてみてください。

 

現状から抜け出す “打開の一手” を手にした あなたが、会社の束縛から解放される「安心 安全な未来」を。

 

にゅー
にゅー

「新卒1年目の新人だけど、もう仕事に疲れた…」と感じるいまこそ、科学データを参考に動き出しましょう!

 

【まとめ】毎日の仕事に疲れた…→新卒1年目が取るべき解決法とは?【答:あなた自身の行動】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話を聞いてくださって、本当にありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「5つの人生の後悔」について。

 

研究データによると、わたしたちが生涯を振りかえるとき、↓以下5つの「強い悔やみ」を抱きがちなのだとか。

 

「起業する自信を持てていたら〜…」
「もっと学校で勉強しておけば〜…」
もっと早めに会社を辞めておけば〜…」
お金なんかのために仕事しなければ〜…」
「直感にしたがって正直になっておけば〜…」

(参考 文献:『4021の研究データが導き出す 科学的な適職』)

 

そして、恐ろしいことに「仕事キャリアの後悔=人生 規模での悔やみ」だと証明されています。

 

…さぁ、冷静に考えてみてください。

 

あなたが望むのは、いまの会社で消耗しつづける “絶望の未来” でしょうか?

 

それとも、あなた自身の手でキャリアを勝ち取る “可能性ある未来” ですか?

 

だいじょうぶ。

 

ここまで、わたしと一緒に理解をすすめてきた聡明な あなたなら、ぜったいに明るい人生へと変えていけるはず。

 

にゅー
にゅー

わたしは、そう信じます!

 

このさきの運命を変えられるかどうかは、すべて今このときの『あなた自身の行動しだい』ですよ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました