【アラフォー】仕事人生に疲れた…→40代から逆転する対策2選で【科学データありで解決】

【40代】仕事に疲れたUncategorized

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

もう、仕事してばかりの人生に疲れた…。

学校を卒業してから、ずーっと働きづめの日々…正直、もう毎日がストレスで生きるのがツラい。。

40代のアラフォーになって初めて、こんなに苦しくなるなんて…もう、ずーっと家で寝ていたい。。

仕事に悩む女性
仕事に悩む女性

さいきん、何に対しても意欲が持てない…もうずいぶん、ドキドキワクワクした気持ちになってない。。

楽しいことなんて、なに1つ無い…毎日が無味乾燥としたままで、わたしの人生は終わるのかなぁ…?

このさき、どうしたらいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【疲れた】40代が希望を取り戻すには?→『自己 犠牲の回避』が打開策⁉︎
▶︎科学的な「2つの突破口」で【すべて解決】くわしくは記事の後半にて

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【アラフォー】仕事人生に疲れた…→40代から逆転する対策2選で【科学データありで解決】

【もう疲れた】40代が仕事・人生の希望を取り戻すには?→『自己犠牲の回避』が打開策⁉︎

 

【必読】本サイトでは、あなたの仕事の悩みを解決すべく、科学的な根拠にもとづいて、対策法を発信していきます。

 

だいじょうぶ。
あなたの苦しみは、きっと解消できますよ。

 

わたしと一緒に、克服していきましょう。

 

 

さて、さきに結論ですが「もう、働くことに疲れた…生きるのがツラい…」を解決するカギは、『自己 犠牲の回避』

 

…ここで1つ、ご自身の言動を思い返してみてください。

 

頭のなかで「もっと頑張らなきゃ…!」「今よりも努力しなきゃ…!」と考え、じぶんをムリに追い詰めていませんか?

 

あるいは「責任ある立場だし、年齢的にも弱音を吐いてちゃダメだろう…」と、本音を押しころしていないでしょうか?

 

…もしも、答えが「Yes」なら、、要注意。

 

じつは、脳科学・心理学の研究によると、ストレスを過度に溜め込みやすい人ほど、↓以下のデメリットを受ける傾向に。

 

▶︎メンタルの不調
・笑顔が失くなる
・もの忘れが悪化
・日中の集中力がダウン
・イライラしやすくなる
・訳もなく泣きたくなる
・やる気が起きず無気力に
・不安、恐怖感が悪化する
・生きる気力が湧かなくなる
・感情コントロールが下手になる
・趣味や好きなことをしても気分が晴れない…など

 

▶︎フィジカルの不調
・夜に眠れなくなる
・急な頭痛が増える
・めまいが激しくなる
・食欲が湧かなくなる
・朝 起きられなくなる
・カラダの疲れが取れない
・頭がボーッとして働かない
・ときどき吐き気に襲われる
・まぶたが持ち上がらなくなる
・肩、腰、背中のコリがヒドくなる…など

 

たとえるなら、必要 以上にメンタルを追い込むことは、あなたを追い詰める “害虫” を、頭のなかに住まわせるようなもの。

 

とくに、仕事にマジメで責任感が強い人ほど、性格的にプレッシャーを感じやすく、じぶんを追い詰めてしまいがち。

 

そして、無理して頑張りつづけ、ガマンが限界になったところで燃え尽きる…という “大惨事” に陥ってしまうのですね。

 

専門的に『メランコリー親和型 性格』と呼ばれパーソナリティー特徴です。

 

ちなみに、心理学の研究によると、義務感を行動 原理にしてしまう人ほど、幸福度がダウンしやすくなるのだそう。

(参考 文献:『「幸せをお金で買う」5つの授業』

 

にゅー
にゅー

かんたんにいうと、やりたくない仕事を強(し)いられているときほど、人生に絶望しやすくなってしまうのですね。。

 

そこで、あなたが優先すべきは「自己 犠牲を止めること」。

 

仕事がツラいなら「もう嫌だ!」と、声をあげていい。

 

人生に疲れたなら「もう休みたい…!」と、本音を口に出していい。

 

悲鳴をあげている心に “GOサイン” を出して、あなた自身に「休むこと」を許してあげるのが吉ですよ。

 

 “人生は、死ぬまでのヒマ潰し” とも言いますから。

 

【中年の危機】40代こそ「悩みを相談」すべき⁉︎

 

ここだけの話ですが、、発達 心理学の研究によると、40代半ばになるほど「人生への絶望感」が悪化しやすい傾向に。

(参考 文献:『発達心理学 健やかで幸せな発達をめざして』)

 

専門的には『中年の危機』とか『中年期の危機』などと呼ばれる心理ですね。

 

なので、どうか1人で苦痛を抱え込まないで。

 

あなたには、おなじ苦しみ・苦悩をともにする “同志” がいるのですから。

 

そこで、もし気が進むのなら、あなたが抱えている不安や心配ごとを、身近な友だち・家族に打ち明けてみてください。

 

というのも、生理心理学の研究によると、他人に苦しみを “共感” してもらうことで、体内では『オキシトシン』が分泌

 

オキシトシンは「幸福ホルモン」とも呼ばれ、ストレス抵抗力を高める効果がある…と証明されている物質の1つです。

(参考 文献:『スタンフォードのストレスを力に変える教室』『ストレスに負けない脳 心と体を癒すしくみを探る』)

 

なので、人生や仕事に疲れたとき “こそ” 、あえてガマンせずにマイナス感情を吐き出してみてくださいね。

 

…ただ一方で、↓以下のような意見もあるかもしれません。

 

ビジネスマン②
ビジネスマン②

悩みを打ち明けるのが効果アリなのは分かったけど…正直に言うと、かなり抵抗あるな。。

周りから「メンタルが弱いヤツ」って思われたらイヤだし…弱みを握られるみたいで、ちょっと。。

 

たしかに↑上記にあるとおり、家族や友人などに相談することには、かなりの勇気が必要とされますよね。

 

そこでオススメなのは、ネット上で “仲間” を見つけること。

 

TwitterやYahoo!知恵袋などのSNSを使えば、近しい知り合いに悟られることなく、あなたの悩みを打ち明けられますよ。

 

そして、じゅうぶんにマイナス感情を暴露したら、スッと関係を断ち切る or 身を引くなりすればOK。

 

リアルの人間 関係にありがちな「しがらみ」や「億劫さ」に囚われることなく、ライトにストレス発散できちゃいます。

 

それから、このさきでは「もう40代…仕事にも人生にも疲れた…」を解消すべく、科学的な「2つの突破口」を解説

 

▶︎セルフ コンパッション
▶︎脱出 手段の用意

 

にゅー
にゅー

「気づけばアラフォー…毎日、生きるのがツラい…」と苦しむときこそ、科学を味方に対策していきましょう!

 

【40代逆転法】仕事に疲れた…→人生の苦悩を乗り切るには?科学的な突破口2選で【すべて解決】

 

さて、1つ目に お話するのは『セルフ コンパッション』についてです。

 

意味としては「じぶんを許す心」「自己 受容」といった感じ。

 

じつは、心理学の研究によると、ありのままの気持ちを受け止められる人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

・自制心がアップ
・共感性がアップ
・抑うつ気分が減少
・衝動的な言動が減少
・モチベーションが改善
・ネガティブ思考が改善
・ストレス抵抗力が改善
・自己コントロール感が改善
・仕事(学習)成績がアップ
・逆境に耐えられるようになる
・「成長に繋がる努力」ができるように
・自己 否定、自己 嫌悪にハマりにくくなる…など

(参考 文献:『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、自然体の自分を受け入れられる人ほど、ストレス状態が改善し、仕事の成果も上がりやすくなるのですね!

 

たとえるなら、心身ともにリラックスするのを「許す」ことは、花壇の花に “水やり” をしてあげるようなもの。

 

どれだけ美しい花であっても、きちんと世話をしてあげないと枯れてしまいますよね。

 

↓以下の記事では、転職 成功率を“3.7倍” にアップさせる『筆記 開示』と呼ばれる手法についても、あわせて解説。

 

仕事や人生に疲弊している今こそ、ぜひ ご参考くださいね。

 

 

【科学が保障】『脱出 手段』を用意すべし⁉︎

 

さて、さいごには『脱出 手段の用意』について お話していきます。

 

そして、ここからさきが本題。

 

あなただけに暴露しますが、、「仕事に疲れた…」から抜け出せない人の9割 以上には、共通の “失敗パターン” が。。

 

それは、無料 支援サービスの利用という“具体的な脱出ツール” を、きちんと備えられていないこと。

 

いいかえると、いまの職場に留まることだけに囚われてしまい、ほかの選択肢・解決策を検討できなくなっている。

 

シンプルに、八方ふさがりな状態に追い込まれているのですね。

 

…キツい言い方で、すみません。
けれど、確かな事実。

 

反対に、仕事ストレスを克服できるビジネス パーソンは みんな、万が一のために “退避 手段” を確保しているもの。

 

みんな口に出さないだけで、いつでも職場を変えられるよう “起死 回生の一手” を備えているものなのです。

 

反対に、なんの逃げ道も準備できないまま、厳しいビジネスの世界を生き抜こうだなんて、、あまりにも無謀な賭け。

 

…そう思いませんか?

 

その証拠に、心理学の研究によると「ネガティブな状況への対抗策を持てる人ほど、逆境に打ち勝ちやすくなる」のだそう。

(参考 文献:『ネガティブな感情が成功を呼ぶ』『事実はなぜ人の意見を変えられないのか』『悪いヤツほど出世する 日本経済新聞 出版』)

 

専門的に『逆境力』とか『不快 情動(ふかい じょうどう)への耐性』などと呼ばれる心理です。

 

分かりやすくいうと、転職 or 退職を可能にする “逃げの一手” を持つことが、現状を打ち破るカギになるのですね。

 

…さぁ、頭のなかでイメージしてみてください。

 

現状から抜け出す “打開の一手” を手に入れた あなたが、会社の拘束から解放される「希望ある未来」を。

 

専門のエージェント・アドバイザーたちを “味方” にした あなたが、明るい未来を手にする「可能性ある日々」を。

 

にゅー
にゅー

「もう気付けば40代…仕事に疲れた…」と感じるいまこそ、科学データを参考に動いていきましょう!

 

【まとめ】仕事に疲れた40代が人生を変えるには?→たった1つの解決策は【あなた自身の行動】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話を聞いてくださった あなたに、心から感謝します。
ほんとうに、ありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「人生の5つの後悔」について。

 

研究 結果によると、わたしたちビジネス パーソンが人生を振り返るとき、↓以下「5つの悔やみ」を抱きがちなのだそう。

 

あんなに働きすぎなければ〜…」
お金のために、あんなに働き過ぎなければ〜…」
「家族・友だちとの関係を大切にしていたら〜…」
「もっと、じぶんが幸せになることを許しておけば〜…」
他人の期待に応えるのでなく、もっと正直に生きておけば〜…」

(参考 文献:『4021の研究データが導き出す 科学的な適職』『「幸せ」について知っておきたい5つのこと NHK「幸福学」白熱 教室』)

 

とくに、「仕事キャリアの悔やみ=人生レベルでの後悔」だと実証されています。

 

…ここで1つ、思い浮かべてみてください。

 

いま、あなたは「人生の分岐点」に立っています。

 

片方の道は、このまま現状 維持に甘んじて、ゆるゆると絶望していく “真っ暗な未来” 。

 

もう一方には、行動したのちに掴める “希望ある未来” への道が。

 

あなたが欲しいのは、どちらの未来でしょうか?

 

あなたを苦境から救い出してくれるのは、たった1つ『あなた自身の行動』だけ。

 

このさきの未来を変えられるかどうかは、すべて今このときの『あなた自身の行動しだい』なのです。

 

だいじょうぶ。

 

ここまで、わたしと一緒に苦しみと向き合ってきた聡明な あなたなら、ぜったいに明るい人生を歩んでいけるはず。

 

わたしは、そう信じます。

 

にゅー
にゅー

未来を決めるのは、あなた自身ですよ!

 

コメント