【警告】会社に行きたくない…→「暇すぎる仕事」の末路は?対策2選で【科学的に解決】

明るい未来を手にするには?
にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事がツラい人
仕事がツラい人

はぁ…もう仕事に行きたくない…。

毎日、ヒマ過ぎて死にそう…きっと明日も、退屈に過ごすんだろうなぁ。。

やることがない会社に勤めるのって、こんなに苦痛なのか…つまんな過ぎるだろ。。

さいきん、仕事が暇すぎて頭もボーッとしてるし…回転が遅い気がする。。

社会人だから耐えるべきかもだけど…でも、これじゃあ何のために就職したのか。。

社内ニートつら過ぎ…どうしたらいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【危険】仕事が暇すぎて行きたくない…→『脳の劣化』に注意⁉︎【データあり】
▶︎科学的な “2つの打開策” で【完全に解決】※くわしくは記事の後半

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【警告】会社に行きたくない…→「暇すぎる仕事」の末路は?対策2選で【科学的に解決】

【危険】仕事が暇すぎて行きたくない…→『脳の劣化』に注意せよ⁉︎【データで解説】

退屈と無関心

 

さて、さきに結論ですが、「仕事が暇すぎて行きたくない…」で注意すべきは、あなたの『脳の劣化』。

 

じつは、科学的な研究によると「退屈な仕事」や「ルーチン ワーク」を続けると、脳 機能が衰えていくと証明されています。

 

…脅かすような言い方で、すみません。

でも、事実です。

 

その証拠に、産業心理学の研究によると、「退屈な業務」を続ける人ほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだそう。

 

【心身への悪影響】
・免疫力が低下
・早死リスクが悪化
・抑うつ気分が悪化
・問題 解決力がダウン
・モチベーションがダウン
・記憶力がダウン(『海馬』の機能が低下)
・集中力がダウン(『前頭 前野』の機能が低下)…など
【仕事への悪影響】
・欠勤率が悪化
・昇給しにくくなる
・仕事満足度が低下
・労働 生産性がダウン
・仕事の成功率がダウン
・将来的な収入がダウン
・業務パフォーマンスがダウン…など

 

みゅー
みゅー

まとめると、ヒマ過ぎる仕事を続けるほど、メンタル・フィジカルともに悪影響が出るほか、脳 機能も低下することに。。

 

…ここで1つ、あなたに質問させてください。

 

あまりにも仕事がヒマ過ぎて、「時間が経つのが遅い…」と苦痛に感じたことはありませんでしたか?

 

あるいは、退屈な業務にウンザリして、時間を潰すことばかりが、頭に浮かんではいないでしょうか?

 

とくに、マジメで責任感が強い人ほど、ヒマな時間を「苦行」だと感じやすいもの。

 

ただ一方で、「ヒマな仕事で給料もらえるとか、最高じゃん! 羨ま死刑!」という意見もあるかもですね。

 

たしかに、ブラック労働が蔓延る日本の仕事 環境では、「暇で給料をもらえる仕事」のほうが珍しい。

 

となれば、第3者から見ると「仕事が暇すぎる=羨ましい」と解釈されるのも、止むなしかもです。

 

…ただし、1つだけ反論を。

 

わたしたち社会人は「会社=はたらく場所」という認識ですから、家でヒマするのとはワケが違う

 

断言できます。

 

ヒマ過ぎる仕事」は、わたしたち人の心を “ころす” のだと。

 

…さぁ、イメージしてみてください。

 

このままヒマな仕事を続けたところで、ぜったいにスキル・経験は身につきません

 

となれば、周りの友人や同期にも差をつけられ、あなた1人だけが孤独・孤立感で苦しむことに。
やりがい・成長も感じられず、疎外感だけが つのっていく。

 

…そんな暗い未来に、あなたは耐えられるでしょうか?

 

「ワーカ ホリック(仕事 中毒)」と言われる人たちが、わき目も振らずに働き続けるのは、ひとえに “居場所が欲しい” から。

 

↓以下のように「貢献感」や「承認 欲求」を満たしたいがために、一心 不乱にビジネスをし続けるのです。

 

「じぶんは誰かに必要とされている…!」
「働くことで、じぶんの居場所があると思える…!」

 

反対に、わたしたち人間にとって『孤独』は、もっとも避けるべき問題

 

その証拠に、心理学の研究データによると、孤立感が悪化しがちな人ほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだそう。

 

・幸福度が低下
・仕事満足度が低下
・ネガティブ感情が悪化
・ストレス抵抗力がダウン
・早死にリスクが “32%” 増加
・肥満と同レベルの炎症 作用…など

 

みゅー
みゅー

つまり、「誰にも必要とされてない…」という苦しみは、メンタルを悪化させ、なんと寿命を縮める危険もあるのだとか。。

 

なので、↓以下の「ヒマな仕事を乗り切る方法」で対処するのも一手。

 

・部署 異動を申請
・上司に相談してみる
・手伝そうな仕事を探す
・ファイルや書類の整理
・業務マニュアルを作成
・資格 勉強の時間に使う
・有給やズル休みで休暇を取る
・ネットサーフィンで情報 収集…など

 

…とはいえ、毎日「仕事ありませんか〜?」と伺うのは、さすがにキツいですよね。

 

それに、仕事 時間を べつのことに使う罪悪感もアリ。

後ろめたさで、逆にメンタルが追い込まれるかも。。

 

そこで、このさきでは「仕事がヒマすぎる…会社に行きたくない…」を克服すべく、科学的な対策を「2つ」解説。

 

▶︎価値観の把握
▶︎逃げの一手を確保

 

みゅー
みゅー

「暇な時間がが苦痛すぎる…もう会社 辞めたい…」と苦しむときこそ、科学を味方に解決していきましょう!

 

【解決】仕事に行きたくない…→「暇すぎる仕事」を脱却するには?【科学的な克服法2選】

 

さて、1つ目に紹介するのは『価値観の把握』について。

 

じつは、仕事・会社のミスマッチの多くは、価値観を “客観的に” 理解できてないことが原因。
もちろん、「ヒマな業務」についても同様

 

その証拠に、心理学の研究によると、じぶんの価値観を認識している人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

▶︎心理・身体的なメリット
・共感 能力がアップ
・イライラしにくくなる
・長寿になりやすくなる
・不安感や恐怖感が低下
・ストレス抵抗力がアップ
・ポジティブ気分がアップ
・主観的な幸福感がアップ
・自信が回復しやすくなる
・感情コントロール力がアップ
・マイナス思考になりにくくなる…など
▶︎経済的なメリット
・将来的な収入がアップ
・長期的な貯蓄率がアップ…など

 

みゅー
みゅー

まとめると、あなたの価値観を深く知ることで、メンタルが安定し、経済的にも成功しやすくなるのです!

 

たとえるなら、みずからの強み・長所を知ることは、人生という海に出るための “コンパス” を手にするようなもの。

 

行き先を示す “案内板” があれば、ツラい困難も乗り越えられるもの。

 

あくまで1つの参考例ですが、「安定」や「安心」が最上の価値になっている人は、多少ヒマな仕事でも耐えられる傾向に。

 

さて、さいごに お話するのは『逃げの一手を確保』について。

 

…さぁ、ここからが本番です。

 

あなただけにコッソリ暴露すると、、仕事に行きたくない…」を克服できない人には みんな、ある1つの “共通点” が。。

 

それは、転職サービスの活用という、 “具体的な脱出ツール” を用意できていないこと。

 

言い換えると、「仕事辞めたい…けど、いまの職場でガマンするしか…」と、ほかの解決策を検討できずにいる。

 

シンプルに、視野が狭くなっているのです。

 

その証拠に、臨床心理学の研究データによると、「ストレス環境にある人ほど、問題 解決力がダウンしやすい」のだそう。

 

専門的には『視野 狭窄(しや きょうさく)』と呼ばれる現象。

 

反対に、職場ストレスを脱却できるビジネス パーソンは みんな、じぶんだけの “起死 回生の一手” を確保しているもの。

 

みんな口に出さないだけで、いつでも転職 or 退職できるよう “退避策” を準備しているものなのです。

 

断言できます。

 

 “退却ルート” を用意できなければ、いまの退屈な職場で枯れ死んでいくだけだと。

 

その証拠に、生理心理学の研究データによると、↓以下のことが確認されています。

 

脱出 不可能なストレス環境に置かれたマウス(実験 動物)ほど、↓以下のデメリットを受けやすい傾向にあった」

 

▶︎メンタルの問題
・抑うつ気分が悪化
・問題 解決力がダウン
・決断力、判断力がダウン
・記憶力、思考力がダウン
・無気力になりやすくなる
・ストレス抵抗力がダウン…など
▶︎フィジカルの問題
・免疫力が低下
・細胞の酸化が進行
・短命になりやすくなる…など

 

みゅー
みゅー

かんたんにいうと、「どこにも逃げ場がない…」という絶望感に囚われるほど、メンタル・フィジカルともに悪影響が。。

 

…さぁ、想像してみてください。

 

「もうイヤだ…仕事に行きたくない…」という憂うつ・不安感
できるなら、すぐにでもストレスから解放されたい。
退屈な日々から脱して、もっと人生に やりがいを感じたい。

 

…そう思いませんか?

 

みゅー
みゅー

そこで、ここまで話を聞いてくださった あなたにだけ、特別 扱いで「科学データに基づいた “裏ワザ” 」を伝授します!

 

わたしが強くオススメするのは、転職サイトやエージェントに登録 “だけ” 済ませておくという方法。

 

というのも、臨床 心理学の研究によると「対処法を手に入れる “だけ” でも、ストレスに強くなる」のだそう。

 

専門的には『コーピング レパートリー』と呼ばれ、認知行動療法というセラピーでも使われる技法の1つ。

 

なので、効果のほどは保証 済みです。

 

わたしが思うに、転職(退職)に踏み出せないのは、↓以下2つの「難点」があるからかと。

 

・良い転職先に出会えるか分からない
・採用プロセスにコストが かかり過ぎる

 

そこで、一気に転職 活動を進めるのでなく、まずは “小さなハードル” から飛び越えるのがオススメ。
精神的な負担も最小限で済むので。

 

とくに、大手が提供するサービスでは、↓以下すべてが0円で利用できるので、もしもの “緊急 手段” に使えること間違いナシ

 

▶︎専門スタッフの現実的なアドバイス
▶︎書類 添削、相談サービスで迅速に対応
▶︎ブラック企業を除外した求人のみを紹介
▶︎面接の日程 調整、労働 条件の交渉を肩代わり…など

 

ただ一方で、「営業トークされるの怖いし…いきなり鬼電・鬼メールされたら…」という懸念もあるかもですね。

 

でも、大丈夫。

心配 無用です。

 

もしも、万が一にでもサービスに満足できなければ、スマホを2〜3タップして「利用 停止」で問題ナシ。

 

60秒もかかりませんので、ササッと完了です。

 

サービス登録はカンタン
記事の終わりにリンクを貼っておきますので、必要 事項を入力するだけ。

 

とてもシンプルですよね。

 

登録は5分でOKですし、以上のメリットがある “退路” を備えておかないのは、、正直もったいない
いくらなんでも、もったいなさ過ぎる

 

そして、転職サービス8社 以上をテスト・比較した結果、わたしの結論は “大手が最強”

 

たとえるなら、大手サービスを利用することは、1,000名 以上もの専属アドバイザーを “協力者” にするようなもの。

 

いってみれば、転職サービスを使うことは、あなただけの “味方” を作ることと同義なのです。

 

みゅー
みゅー

ここだけの話、、わたしが「仕事に行きたくない…」と苦しんでいたときは、常に大手の支援サービスを “活路” にしていました…(笑)

 

その安定感たるや、「もっと早く利用しておけば良かった…」と後悔するレベル。

 

なので ぜひ、あなたにも大手 転職サービスの信頼+安心感を体験してほしい

 

当記事での話を聞きすすめてくれた聡明な あなたには、より良質な “大手の転職サービス” が最適

 

みゅー
みゅー

「仕事がヒマ過ぎて行きたくない…」と感じるいまこそ、科学データを参照しつつ、動き始めましょう!

 

【結論】仕事がヒマ過ぎる…会社に行きたくない…→たった1つの解決策は【あなた自身の行動】

 

さて、今回は以上です。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「現状 維持のデメリット」について。

 

研究 結果によると、「決断を先延ばしにしがちな人ほど、ストレスに弱く、将来の年収も下がりやすい」のだそう。

 

ここで1つ、イメージしてみてください。

 

行動を後回しにするほど、あなたの未来の可能性が閉ざされていく

 

となれば、現状 維持のさきに待ち受けるのは、人生に絶望するという “暗い未来” かも。。

 

…さぁ、いまこそ決断の時。

 

行動するなら「いま、この瞬間」です。

 

あなたを窮地から救ってくれるのは、『あなた自身の行動』だけ。

 

みゅー
みゅー

望む未来を手にすべく、いますぐ動き出しましょう

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました