【しんどい】泣くほど辛い仕事でも続けるべきか?→2つの突破口で【科学データありで解決】

【辛い】仕事がしんどい

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む女性
仕事に悩む女性

もう無理…毎日、生きるだけで辛い…。

仕事がしんどいせいで、いつも泣いてばかり…家に1人でいると、涙が止まらなくて。。

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

会社に行きたくないよ…いい大人が泣くだなんて情けない、けど…出勤したくない。。

将来が怖いよ…どうすればいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【泣くほど辛い】仕事がしんどい…→改善策は『問題点の認識』にアリ⁉︎
▶︎科学的な「2つの打開策」で【すべて克服】くわしくは記事の後半にて

 

…と、話に入るまえに1つだけ、↓以下の “残酷な真実” を覚えていただきたく思います。

 

「辛い仕事にガマンして幸せになれるほど、現代 社会は甘くない」。

(参考 文献:『言ってはいけない 残酷すぎる真実』『日本人の9割が知らない遺伝の真実』『繁栄 明日を切り拓くための人類10万年史』)

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【しんどい】泣くほど辛い仕事でも続けるべきか?→2つの突破口で【科学データありで解決】

【泣くほど辛い】しんどい仕事が原因で、毎日が憂鬱…→改善策は『問題点の認識』⁉︎

 

【必読】本サイトでは、あなたの仕事の悩みを解決すべく、科学的な根拠にもとづいて、克服策を発信していきます。

 

ぜったいに、大丈夫。
あなたの苦しみは、きっと解消できますよ。

 

わたしと一緒に、対策していきましょう。

 

 

さて、さきに結論ですが「仕事がしんどい…毎日、生きるのが辛い…」を解決するキーワードは、『問題点の認識』

 

↓以下のようなイメージで、あなただけの「しんどい原因」を見つることが、このさきのキャリアを決める “分かれ道” に。

 

ビジネスマン②
ビジネスマン②

もう限界…職場の人間 関係がサイアク過ぎて、仕事に行くのがシンドイよ。。

高圧的な上司から、パワハラまがいの扱いを受ける毎日…ぶっちゃけ、いっそ会社 辞めたい。。

いまの仕事で「半年〜1年後の自分」をイメージするなんて…とてもじゃないけど無理だよ。。

 

というのも、心理学の研究によると、懸念点を明確化できる社員ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

・ストレス状態が改善
・問題 対処スキルが改善
・不安や恐怖、イライラ感が改善
・ネガティブ思考、抑うつ感が改善…など

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、しんどい理由を “より具体的に” 分析できる人ほど、メンタルが安定し、困難を乗り越えやすくなる傾向に!

 

たとえるなら、原因を明らかにできないまま働くことは、姿の見えない相手と戦うようなものです。

 

 「幽霊の正体見たり、枯れ尾花」とも言うように、あなたを苦しめる “お化け” を特定するのが吉ですよ。

 

そこで、↓以下の計12点を参照しつつ、あなた独自の「仕事が辛い理由」にフォーカスするのがオススメ。

 

【仕事 内容の問題】
・業務 内容が合ってない
・やりたい仕事に就けてない
・業務量のバランスがおかしい
・職務に やりがいを見いだせない…など

 

【対人関係の問題】
・職場で孤立ぎみ
・社内でイジメがある
・上司や先輩とソリが合わない
・職場に “非” 協力的な人が多い…など

 

【社風・企業文化の問題】
・業務スケジュールが厳しい
・昇給や昇進に不安を感じる
・会社の将来性に期待できない
・職場の給料 形態が不公平すぎる…など

 

断言できます。

 

あなたの「しんどい仕事が原因で、生きるのが辛い…」を解決する最初の一歩は、『問題の明確化』にアリですよ。

 

【朗報】「適性に合った仕事」に就くメリットとは?

 

ただ一方で、↓以下のような意見もあるかもしれません。

 

上司
上司

仕事がしんどいなんて、みんな一緒! じぶんだけが辛いだなんて、ただの甘えだぞ!

毎日が泣くほど苦しいなら、 じぶんなりのストレス対策を見つけるべき! 現実と向き合え!

 

かなり厳しい意見ですが、、たしかに↑上記にあるとおり、どこの職場でも、一定レベルの「しんどさ」はあるもの。

 

それに、転職が成功する保証はありませんし、採用先で「前職が辛くて…」という志望 理由が通用する見込みは薄い。

 

となれば、ここは1つ「仕事=生活費を得る手段」だと割り切って、いまの会社にガマンするのも一手かもですね。

 

…しかし、です。

 

ただ一方で、しんどい職場から抜け出し、あなたにマッチした仕事に就く “メリット” もまた、、あると思いませんか?

 

その証拠に、産業 心理学の研究によると、適性に合った会社で働く社員ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだとか。

 

・抑うつ感が改善
・マイナス思考が改善
・モチベーションが改善
・人生への絶望感が改善
・ストレス抵抗力が改善
・業務パフォーマンスが改善
・感情コントロール力が改善
・他人を信用できるようになる…など

(参考 文献:『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、価値観や能力にマッチした職場で働く人ほど、ストレス状態が改善し、成果も上がりやすくなるのですね!

 

たとえるなら、合わない職場でムリして働き続けることは、ニワトリが海の中を泳ごうと頑張るようなものです。

 

 “適材 適所” と言われるように、あなたに最適な環境を選んでこそ、本来の力量が発揮できるというもの。

 

なので、辛くてしんどい仕事に耐え続けるより、あなたの適性にマッチした職場で働くほうが、圧倒的なメリットあり。

 

断言できます。

 

苦痛にガマンして時間を浪費するよりも、あなた自身を受け入れてくれる職場に移るほうが、明らかに合理的なのだと。

 

【警告】「慢性ストレス」を溜め込むデメリット…

 

ご注意ください。

 

しんどい仕事にガマンし続けたさきにあるのは、あなたの心身の不調という“最悪のリスク” かもしれません。

 

…脅すような言い方で、すみません。

しかし、たしかな事実です。

 

その証拠に、生理学の研究データによると、慢性ストレスを溜め込みがちな人ほど、↓以下のデメリット受ける傾向に。

 

▶︎精神的な不調
・笑顔が減る
・理由なく涙が出る
・やる気が湧かない
・まぶたが重くなる
・生きる気力が失くなる
・イライラしやすくなる
・自己 否定、自己 嫌悪が悪化
・不安や焦りが止まらなくなる…など

 

▶︎身体的な不調
・頭が痛くなる
・食欲がなくなる
・夜に眠れなくなる
・息苦しくなりやすい
・動悸が止まらなくなる
・疲れが回復しにくくなる
・疲労が溜まりやすくなる
・肩、首、背中のコリや痛み…など

 

…さぁ、ご自身について振り返ってみてください。

 

「この頃、朝 起きるのが辛くなってきた…」と、睡眠の質に悩むことが増えていないでしょうか?

 

あるいは「さいきん、腰痛がヒドくなってきたな…」と感じる瞬間が、以前と比べて悪化していませんか?

 

なので、どうしても仕事がしんどいときは、辛い気持ちをガマンすることなく、休職 or 部署 異動を打診するのも一手。

 

…ここで1つ、冷静に考えてみてください。

 

現代は「寿命100年」とも言われ、わたしたち20〜30代が “80歳 前後” まで働くと予測される時代です。

 

そして、頭のなかで想像してみてください。

 

このさき40年 以上も辛い仕事にガマンし、しんどい毎日を過ごし続ける “絶望の未来” を。

 

泣くほど苦しい職場に耐えつづけ、自信も笑顔も失われていく “真っ暗な日々” を。

 

…そんなキャリア人生、あんまりだと思いませんか?

 

そこで、このさきでは「辛い仕事のせいで、生きるのがしんどい…」を解消すべく、科学的な「2つの打開策」を解説

 

▶︎マイナス感情の発散
▶︎脱出 手段の確保

 

にゅー
にゅー

「働くのがしんどい…毎日がツラい…」と思い悩むときこそ、科学を味方に対処していきましょう!

 

【克服】仕事が辛い…泣くほどしんどい職場に耐えるべき?→科学的な打開策2選で【すべて解決】

 

さて、1つめに紹介するのは『マイナス感情の発散』についてです。

 

…ここで1つ、あなたに質問させてください。

 

ここ最近、きちんと「仕事のストレス」を吐き出せているでしょうか?

 

反対に、しんどい毎日にガマンし続け、ネガティブ感情を溜め込んでいませんか?

 

じつは、心理学の研究によると、定期的に職場のグチや不満を暴露できる人ほど、↓以下のメリットを受けやすい傾向に。

 

・不安や恐怖心が改善
・マイナス思考が改善
・ストレス抵抗力が改善
・ポジティブ気分が改善
・仕事のモチベーションが改善
・イライラ感が減りやすくなる
・感情コントロール力がアップ
・再 就職率が“27.3%→68.4%” に改善

(参考文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』『サーチ・インサイド・ユアセルフー仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法』『後悔しない超 選択術』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、習慣的にマイナス感情を発散できる人ほど、ストレス状態が改善し、 “2.5倍” も転職に成功しやすくなるのです!

 

たとえるなら、あなたの心に澱(よど)みを溜め込むことは、バケツから溢れるまで水を注ぎ込むようなもの。

 

そこで、あなたが「信頼できる」と思う友人や家族、または職場の上司などに悩みを打ち明けるのも一手です。

 

じつは、生理学の研究データによると、他人に苦しみを「共感」してもらうことで、体内では『オキシトシン』が分泌。

 

オキシトシンは「幸福ホルモン」とも呼ばれ、ストレスを改善させる効果がある物質だと、証明されています。

(参考 文献:『スタンフォードのストレスを力に変える教室』『ストレスに負けない脳 心と体を癒すしくみを考える』)

 

なので、仕事がしんどい…辛い…と感じているときこそ、積極的に「悩みを吐き出すこと」が効果的ですよ。

 

あるいは、心療 内科や心理カウンセリングなどを受けて、専門家のチカラを借りるのも1つの手段ですね。

 

…そこで、です。

 

↓以下の記事では、1日8分で実践できる『エクスプレッシブ ライティング』について、科学データとともに解説。

 

くわえて、低下した自尊心(自信)を回復させる効果アリの『セルフ コンパッション』についても、あわせて紹介。

 

ぜひ、ご参考くださいね。

 

 

【科学が実証】『もしもの脱出 手段』を確保せよ!

 

さて、さいごに解説するのは『脱出 手段の確保』についてです。

 

そして、ここからさきが本題。

 

あなただけに暴露しますが、、「仕事がシンドくて…」から抜け出せない人の94〜98%には、1つの “失敗パターン” が。

 

それは、無料 支援サービスの利用という“現実的な撤退ツール” を、きちんと備えられていないこと。

 

…ここで1つ、ご自身の言動を振り返ってみてください。

 

「きっと、しんどい仕事からは逃れらないし…」と諦め、いまの会社に “生殺与奪の権” を握られていないかと。

 

あるいは「どうせ、ほかの職場に移ってもうまくいかないだtろうし…」と、さいしょから希望を捨てていないかと。

 

ここだけの話、、わたしたち労働者に不可欠なのは、いつでも職場を辞められるという「コントロール感」を持つこと。

 

ざっくり言うと、コントロール感とは「人生の主導権は、じぶんが握っている」という感覚のことですね。

 

というのも、心理学の研究によると、コントロール感に乏しい人ほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだとか。

 

▶︎経済的なデメリット
・将来の収入がダウン
・昇給、昇進率がダウン
・仕事の満足度がダウン
・業務(学習)成績がダウン
・労働パフォーマンスがダウン
・社内の対人 関係が悪化しやすくなる…など

 

▶︎心理的なデメリット
・自制心が悪化
・幸福感が悪化
・抑うつ感が悪化
・マイナス思考が悪化
・注意、思考力が悪化
・決断、判断力が悪化
・ストレス耐性が悪化
・挫折に打たれ弱くなる
・モチベーションが悪化
・不安や恐怖を感じやすくなる…など

(参考 文献:『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』『スタンフォードの自分を変える教室』『ストレスの脳科学 予防のヒントが見えてくる』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、人生のコントロール感が小さい人ほど、メンタルが悪化し、経済的・キャリア的にも失敗しやすくなる傾向に。。

 

専門的に『コントロール感の喪失』とか『自己コントロール感の欠如(けつじょ)』などと呼ばれる心理ですね。

 

なので、断言できます。

 

いまのあなたに欠かせないのは、不遇な環境から脱出すべく、 “具体的な逃げ道” を手に入れることなのだと。

 

…さぁ、想像してみてください。

 

各種 転職サービスを味方につけた あなたが、辛くてしんどい職場から解放される「安心・安全な未来」を。

 

にゅー
にゅー

「辛い仕事のせいで、生きるのがしんどい…」と悩むときこそ、科学データを参考に動き出しましょう!

 

【結論】仕事がしんどい…→泣くほど辛い会社から卒業する脱出法とは?【答:あなた自身の選択】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話をきいてくれた あなたに、心から感謝します。
どうもありがとう。

 

さいごに1つだけ、パーソナリティー心理学の研究から「周りの意見に合わせるデメリット」について。

 

研究データによると、周りの空気に流されがちな「協調性の高い人」ほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだとか。

 

・昇進、昇給率がダウン
・組織の重役になれる確率が悪化
・管理職や社長職に就く確率がダウン
・将来的な年収が“100万円 前後” もダウン…など

(参考 文献:『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』『パーソナリティーを科学する 特性5因子であなたがわかる』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、他人の考え・価値観に受け入れてしまいがちな人ほど、キャリア的・経済的な成功を手に入れられない傾向に。。

 

なので、「逃げる=甘え」「退職=根性なし」といった精神論に同調しがちなほど、将来の可能性が閉ざされることに。。

 

…さぁ、イメージしてみてください。

 

あなたが欲しいのは、周囲から批判されることを恐れ、泣くほど苦しい毎日に耐え続ける “苦痛の未来” ですか?

 

それとも、周りの意見・価値観を押し切って、あなただけの明るいキャリアを掴む “希望ある未来” でしょうか?

 

だいじょうぶ。

 

ここまで、わたしと一緒に理解を進めてきた聡明なあなたなら、きっと前向きな人生を歩めるはずですから。

 

にゅー
にゅー

わたしは、そう信じています!

 

このさきの運命を変えられるかどうかは、すべて今この瞬間の『あなた自身の選択しだい』。

 

望む未来を、あなた自身の手で手に入れていきましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました