【絶望】仕事ができないせいで、働くのがしんどい…→克服法2選で【科学データありで解決】

【しんどい】仕事できない

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

 

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

もう限界…仕事ができなさすぎて、毎日がしんどい…。

頭の回転が遅くて要領も悪いせいで、無能 扱いされてて毎日がツラい。。

ミスと失敗を連発して、上司に怒られるだけの日々…もう、何のために働いてるのか。。

おなじことを何回も質問して、教育 担当にも呆れられてるし…仕事の覚えが悪すぎて。。

ストレス過多で死にそう…どうしたらいいんだろう…。

 

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【真実】仕事ができなくて、毎日がしんどい…→『自己 否定』を回避せよ⁉︎
▶︎科学的な「2つの改善策」で【完璧に克服】くわしくは記事の後半にて

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【絶望】仕事ができないせいで、働くのがしんどい…→克服法2選で【科学データありで解決】

【もう限界】毎日しんどい…仕事ができない自分が情けない…→『自己否定の回避』が急務⁉︎

 

【必読】当記事では、あなたのキャリアの苦しみを解消すべく、科学データをもとに、改善策を発信していきます。

 

だいじょうぶ
あなたの仕事の悩みは、きっと解決できますから

 

わたしと一緒に、対策していきましょうね。

 

 

さて、さきに結論ですが「仕事ができなさすぎて、毎日がしんどい…」を解決するカギは、『自己否定の回避』にアリ

 

↓以下のような「ちゃんと業務ができない自分は、ダメ人間で…」というマイナス思考を止めることが、 “さいしょの一歩” 。

 

NGパターン

ビジネスマン②
ビジネスマン②

毎日、仕事でミスしてばかり…今日も先輩にメチャクチャ叱られた。。できない自分が情けなくて、悔しくて、しんどくて…会社のお荷物なのがツラい。。社会人として、恥ずかしい。。

 

じつは、心理学の研究によると「自分は無能で…」とレッテル貼りしがちな人ほど、かえって成果が上がりにくくなる傾向に。

 

にゅー
にゅー

分かりやすくいうと、仕事ができないことを自己 嫌悪しがちな人のほうが、むしろ業務パフォーマンスを低下させるのです。。

(参考 文献:『ステレオ タイプの科学ー「社会の刷り込み」は成果にどう影響し、わたしたちは何ができるのか』)

 

専門的に『ステレオタイプ脅威(きょうい)』と呼ばれる心理ですね。

 

たとえば、研究 結果によると「女性=理数系がニガテ」「黒人=IQが低い」といった思い込みのせいで、学習 成績がダウン。

 

あらかじめ作られた“自分へのマイナス イメージ” のせいで、本当にパフォーマンスが発揮できなくなる…と確認されています。

 

そして、いちど形成された先入観が災いして「①仕事ができない→②成果が上がらない→①に戻る…」という悪循環に。。

 

なので、あなたが取るべきファースト ステップは「自己 否定をストップすること」。

 

周りになんと指摘されようが、こっぴどく責められようが、あなただけは「あなた自身の味方」でいるのが吉ですよ。

 

【厳禁】「自己 否定」に囚われる末路とは…⁉︎

 

ご注意ください。

 

あなたが「自分は仕事ができない無能 社員で…」と自己 否定に陥るほど、さらに業務パフォーマンスは悪化

 

さらに悪いことに、メンタルが崩壊する危険性 “大” です。

 

…おどすような言い方で、すみません。

けれど、事実です。

 

その証拠に、心理学の研究によると、日常的に自己 嫌悪に囚われがちな人ほど、↓以下のデメリットを受ける傾向に。

 

▶︎心理的なデメリット
・抑うつ気分が悪化
・マイナス思考が悪化
・早死にリスクが悪化
・不安感、恐怖心が悪化
・ストレス レベルが悪化
・完璧 主義の傾向が悪化
・自暴 自棄になりやすくなる
・自己 否定、自己 嫌悪が悪化…など

 

▶︎職業的なデメリット
・職場内の生産性がダウン
・キャリア選択に失敗しやすくなる
・社内で「無能」だと誤解されがちに
・昇進、昇給のチャンスを逃しやすくなる…など

 

▶︎対人 関係のデメリット
・恋人と破局しやすくなる
・家庭が崩壊しやすくなる
・友人 関係を壊しやすくなる
・他人を信じられなくなる(or 盲目的になる)…など

(参考 文献:『パーソナリティーを科学する 特性5因子であなたがわかる』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、自信を喪失して自己 批判しがちな人のほうが、ストレス状態が悪化し、人間 関係・仕事・人生すべてに悪影響が。。

 

【危険】「脳内 反省会」を くり返すと。。

 

…ここで1つ、あなたに質問させてください。

 

会社に向かうとき、なんども何度も「今日もまたイヤな1日が始まる…朝から しんどい…」と考え込んでいませんか?

 

あるいは、仕事ができない自分に対して、くり返し「何をやってもダメで…」と思い詰めていないでしょうか?

 

…もしも、答えが「Yes」なら、、要注意。

 

というのも、心理学の研究によると、ネガティブ思考を何度も反復しがちな人ほど、↓以下のデメリットを受ける傾向に。

 

・幸福度がダウン
・社交力がダウン
・睡眠の質が悪化
・対人 関係が悪化
・抑うつ気分が悪化
・不安、焦燥感が悪化
・仕事 満足度がダウン
・問題 解決力がダウン
・ストレス抵抗力がダウン
・自尊心(自信)がダウン
・学習、仕事 成績がダウン
・人生のコントロール感がダウン…など

(参考文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、頭のなかで脳内 反省会をしがちな人のほうが、メンタルが悪化し、業務 成果も上がりにくくなるのですね。。

 

専門的には『反復 思考』とか『反芻(はんすう)思考』などと呼ばれる心理 傾向ですね。

 

なので、くり返し何度も「自責の念」「自己 卑下」に陥るのは、、科学的に “NG” 。

 

責任感が強くてマジメな人ほどハマりやすい “罠(トラップ)” なので、、どうか お気をつけくださいね。

 

【努力でカバー?】仕事ができない人の特徴+改善策8つ

 

ただ一方で、↓以下のような意見もあるかもですね。

 

上司
上司

仕事ができなくて悩むくらいなら、努力量でカバーすればいいだろう! 「でも…」「だって…」と言い訳する前に、やるべきことをやれ!

 

たしかに↑上記にあるとおり、要領が悪くて作業が遅い人ほど、改善の見込みを立てられず「負のループ」にハマっている場合も。

 

具体的には、↓以下12点のようなケースですね。

 

【仕事ができない人の特徴】
・自分で責任を取らず、他人のせいにしがち
・失敗から学ばず、そのまま放置してまっている
・職務に取り組むまえから、すでに半ば諦めている
・タスク管理が徹底できず、業務に余裕が持ててない

 

・進捗(しんちょく)状況を具体的に申告できてない
・〆切や期限を意識できず、仕事の質にこだわりすぎ
・ミスの再発 防止策を立てず、詰めが甘くなっている
・完璧 主義から脱出できず、作業スピードが遅くなりがち

 

・実力を過大 評価して「自分はできる!」と勘違いしてる
・事前の情報 収集をサボり、ハプニングが起きてから焦る
・マイペースを崩さず、周囲と歩調を合わせて協力できない
・報連相(ホウレンソウ)が足りず、自己 判断で動いている…など

 

となれば、↓以下のような10つの方法で対策するのも一手かもしれません。

 

・速やかな質問を心がける
・今後のキャリア設計を見直す
・デスクの周辺を整理 整頓する
・スケジュールに優先 順位を付ける
・ムダな作業 時間を減らして効率化
・TO DOリストを作ってタスク管理
・事前 準備として資料 探しを徹底化
・即レスでコミュニケーションを取る
・将来の「なりたい自分像」をイメージ
・勇気を出して周りにサポートを求める…など

 

【真実】「メモ」や「TODOリストの作成」はNG⁉︎

 

…しかし、1つだけ反論を。

 

「仕事ができなくて…」から抜け出せないのは、 ”正しい改善法“ で教育されていないから…という可能性もあると思いませんか?

 

その証拠に、たとえば「TO DOリストの徹底化」は、自己 嫌悪や完璧 主義を悪化させる ”最悪の手段“ だと分かっています。

(参考 文献:『スタンフォードの自分を変える教室』)

 

にゅー
にゅー

科学的には、リストを作り込み過ぎることで、かえって「完璧にTO DOを実行できなかった…」と自己 否定しやすくなるのだそう。

 

おなじように、メモを取りすぎることは、ノートに書き込むことばかりに集中し、むしろパフォーマンスを悪化させることに。。

 

…さぁ、イメージしてみてください。

 

このさき40〜50年 以上にわたり、間違った方向に向かって突きすすみ、周囲から非難されつづける“真っ暗な未来” を。

 

「仕事ができなくてしんどい…」と苦しみ、解決策も見出せないまま、先輩や同僚からも見放される“ネガティブな末路” を。

 

そんな人生、ぜったいにイヤだ。

なんとしてでも、克服したい。

 

…そう思いませんか?

 

そこで、このさきでは「仕事がしんどい…できない自分がツラい…」を解決すべく、科学的な「2つの改善策」を解説

 

▶︎セルフ コンパッション
▶︎撤退 手段の用意

 

にゅー
にゅー

「仕事ができなさすぎて、毎日がしんどい…」と苦しむときこそ、科学を味方に対処していきましょうね!

 

【憂鬱を解消】仕事がしんどい…できない自分が悔しい…→科学的な改善策2選で【完璧に克服】

 

さて、1つ目に紹介するのは『セルフ コンパッション』について。

 

直訳すると「自分への優しさ」「自己 受容」といった意味ですね。

 

じつは、脳科学・心理学の研究によると、あなた自身に「思いやりの心」を向けることは、↓以下のメリットに影響するのだとか。

 

・自制心が改善
・共感性が改善
・衝動性が改善
・やる気がアップ
・抑うつ気分が改善
・ネガティブ思考が改善
・仕事(学習)成績が改善
・ストレス抵抗力がアップ
・自己コントロール感がアップ
・「成長に繋がる努力」をしやすくなる
・自己 否定、自己 嫌悪に陥りにくくなる…など

(参考 文献:『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、じぶんを受け入れる心を持つことで、ストレスに強く、メンタルが安定し、むしろ成果を上げやすくなるのです!

 

研究 結果によると「甘えちゃダメだ…!」と厳しく考える人よりも、自己 受容できる人のほうがテスト成績がアップする傾向に。

 

なので、仕事に悩んでしんどい思いをしている今こそ、自己 否定よりも「じぶんへの思いやり」を最優先すべき。

 

断言できます。

 

現代の科学がしめす「激動の時代を生き残れる人」は、歯を食いしばってガムシャラに努力する人じゃない。

 

むしろ…さいごに勝つのは、みずからに優しくできる「思いやりの人」なのだと。

 

そして、↓以下の記事では転職 成功率を “約3倍アップ” させる『マイナス感情の吐き出し』についても、あわせて解説。

 

(まとめ記事へのリンク)

 

ぜひ ご参考くださいね。

 

【科学が実証】『撤退 手段』を用意すべし⁉︎

 

さて、さいごは『撤退 手段の用意』について紹介です。

 

そして、ここから先が本番

 

あなただけに暴露しますが、、「仕事がしんどくて…」を脱出できない人の97〜99%には、共通の“失敗パターン” が。。

 

それは、無料 支援サービスの応用という、“具体的な退避ツール” を確保できていないこと。

 

いいかえると、いまの職場で頑張ること “だけ” に注目してしまい、ほかの解決策に目を向けられなくなっている。

 

シンプルに、視野が狭まっているのですね。

 

…きびしい指摘で、すみません。

しかし、事実の1つ。

 

その証拠に、臨床 心理学の研究によると、マイナス思考に囚われがちな人ほど、問題 対処力がダウンしやすいのだそう。

(参考 文献:『後悔しない超 選択術』『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

専門的に『ネガティブ バイアス(悲観的な思い込み)』とか『視野 狭窄(しや きょうさく)』などと呼ばれる心理ですね。

 

つまり、「仕事ができなくて…」と思い悩んでいるときほど、かえって他の解決策を検討できなくなってしまう。。

 

反対に、べつの研究データによると、ネガティブな状況に対処する手段を持てる人ほど、逆境を乗り越えやすい傾向に。

(参考 文献:『ネガティブな感情が成功を呼ぶ』『事実はなぜ人の意見を変えられないのか』)

 

専門的に『逆境力』とか『不快 情動(ふかい じょうどう)への耐性』などと呼ばれる心理ですね。

 

その証拠に、キャリアの悩みを払拭できるビジネス パーソンは みんな、じぶんだけの “抜け道” を準備できているもの。

 

みんな口に出さないだけで、いつでも「職場を変える」という選択ができるよう、 “緊急策” を持っているものなのです。

 

だからこそ、ストレスに打ちのめされることなく、高い仕事パフォーマンスを発揮できるというもの。

 

なので、断言できます。

 

いまのあなたに必要なのは、不遇な環境から飛び出すべく、 “逃げ道” を確保することなのだと。

 

その証拠に、生理心理学の研究データによると、↓以下のことが実証されています。

 

回避できないストレス環境に置かれたマウス(実験 動物)ほど、↓以下のデメリットを受けやすい傾向にあった」

 

▶︎メンタルへの悪影響
・問題 解決力が悪化
・ネガティブ思考が悪化
・モチベーションが悪化
・決断力、判断力が悪化
・記憶力、思考力が悪化
・ストレス抵抗力が悪化…など

 

▶︎フィジカルへの悪影響
・免疫力が低下
・細胞の老化が進行
・短命になりやすくなる…など

(参考 文献:『ストレスに負けない脳 心と体を癒すしくみを探る』『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』『生理心理学 第2版 脳のはたらきから見た心の世界』)

 

にゅー
にゅー

かんたんにいうと「もう、どこにも逃げられない…」という絶望感のせいで、メンタル・フィジカルともに悪化することに。。

 

専門的に『学習性 無力感(がくしゅうせい むりょくかん)』と呼ばれる心理です。

 

…さぁ、イメージしてみてください。

 

これからも ずっと、マイナス イメージを持たれた職場で働くことが、どれだけの “精神的な苦痛” を生み出すかを。

 

じつは、心理学の研究によると、いちど作られた「無能」「仕事ができない」といった印象は、99%の確率で “挽回 不可能”

(参考 文献:『権力を握る人の法則』『影響力の武器 なぜ、人は動かされるのか』)

 

だったら、汚名 返上にコストを費やすよりも、新天地で「新しい自分」に生まれ変わることを目指すほうが、よほど合理的。

 

…そう思いませんか?

 

【0円で未来を変える!】支援サービスの応用法とは?

 

にゅー
にゅー

そこで、ここまで話を聞いてくれた あなたにだけ、特別 扱いで「科学データに基づいた “秘伝” 」を お伝えしちゃいます

 

わたしが強くオススメするのは、転職サイトやエージェントに登録 “だけ” しておくというテクニックです。

 

というのも、臨床 心理学の研究によると「現実的な対処法を手にする “だけ” でも、ストレスに強くなる」のだそう。

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

専門的には『コーピング レパートリー』と呼ばれ、心理カウンセリングの場面でも利用される技法の1つですね。
なので、効果のは確証 済み

 

たとえるなら、各種 支援サービスを “精神 安定剤” として活用するようなものでしょうか。

 

とくに、大手の支援サイトでは、↓以下すべてが0円で受けられるので、困ったときの“打開の一手” になること間違いナシ

 

▶︎専門スタッフの現実的なアドバイス
▶︎書類 添削、相談サービスで迅速に対応
▶︎ブラック企業を除外した求人のみを紹介
▶︎あなただけの “非” 公開求人を紹介してくれる
▶︎面接の日程 調整、労働 条件の交渉を肩代わり…など

 

ただ一方で、「でも…求人 紹介を迫られるの怖いし…ゴリゴリ営業されそうで、ちょっと…」という懸念があるかも。

 

しかし、大丈夫です

どうか、ご安心を。

 

億が一にでも、サービス内容に不満足だったときは、ちゃちゃっとスマホを2〜3タップして「利用 停止」でOK

 

45秒もあればスパッと完了できちゃいますから、時間的なコストは最小限で済みますよ。

 

それに、サービス登録は3分でできますので、このさきの長い職業 人生を生き抜く「自己 投資」としては、コスパ最強かと。

 

登録プロセスは超かんたん

 

当記事の終わりにリンクを貼っておきますから、サイトに飛んで必要 事項を入力するだけで完了できちゃいます。

 

とってもシンプルかつ手軽ですよ。

 

そして、それぞれの無料サイトやエージェント8社 以上をテスト・検討した結果、、わたしの結論は“大手が最強”

 

たとえるなら、大手サービスを活用することは、総勢1,000名 以上もの専属スタッフを “協力者” にするようなもの。

 

大手エージェント サービス “だけ” が持っている非公開な情報もありますから、あなただけの “味方” として使い倒すのが吉です。

 

とうぜんですが、、大手 支援サイトのメリットを実感できるのは、じっさいに登録してみた人だけ

 

各種サービスの信頼性+安定感をリアルに体験できるのは、登録プロセスを終了させた“限られた人たちだけ” だということ。

 

ぶっちゃけていうと、以上のメリットがある “起死回生の一手” を備えておかないなんて、、あまりにももったいない

 

ほんとうに、もったいないこと。

 

ぜひ、ここまで話を聞いてくださった賢明な あなたには、大手サービスの信用+安心を体感して欲しい

 

心から、そう強く思います。

 

にゅー
にゅー

「働くのがしんどい…仕事ができないのがツラい…」と感じるいまこそ、科学データを参考に動き出しましょう!

 

【まとめ】仕事ができないせいで、毎日がしんどい…→たった1つの解決策は【あなた自身の行動】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話をきいてくれた あなたに、心からの感謝を。

本当にありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「現状 維持に留(とど)まるデメリット」について。

 

研究データによると、行動を後回しにしがちな人ほど、仕事キャリアに失敗し、業務 成果が上がりにくくなるのだそう。

(参考 文献:『ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか』)

 

…ここで1つ、想像してみてください。

 

「後でやろう」「明日やればいい」と決断を先延ばしにするほど、あなたの将来が“悲痛な未来” で満たされることに。。

 

反対に、いますぐ行動に起こすことで、あなたは“希望ある未来” を手にできます。

 

さぁ、あなたが望むのは、どちらでしょうか?

 

このさきの運命を変えられるかどうかは、すべて今このときの『あなた自身の選択 次第』です。

 

にゅー
にゅー

人生の決定権は、あなた自身の手の中にアリですよ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました