【体力が限界】仕事がしんどい…身体が保たない…→2つの改善策で【科学データをもとに解決】

【体力的に】仕事がしんどい

 

にゅー
にゅー

こんにちは! にゅーです。

 

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

はぁ…体力が続かなくて、仕事がしんどい。。

立ちっぱなし・歩きっぱなしの時間も多いし…足もガクガクで、ぜんぜん疲れが取れない。。

残業も長いし…夜 家につくころには、倒れるようにベッドに潜り込むだけの毎日…ツラい。。

休みの日は、一日中 寝てるだけだし、、楽しいことをする時間も気力もない。。

「身体的な疲れは、メンタルにも来る」っていうけど、、マジだったんだな。。

このさき、どうしたらいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【科学が実証】仕事が体力的にしんどい…→『現状の見直し』が解決の一手⁉︎
▶︎科学的な「2つの突破口」で【すべて解決】くわしい内容は記事の後半

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【体力が限界】仕事がしんどい…身体が保たない…→2つの改善策で【科学データをもとに解決】

【科学が実証】体力的に仕事がしんどい…→解決のカギは『現状の見直し』⁉︎【データあり】

 

【注意】当記事では、あなたの仕事の苦しみを解消すべく、科学的なデータをもとに、改善策を発信していきます。

 

きっと、大丈夫
あなたのキャリアの悩みは、ぜったいに解決できますよ

 

わたしと一緒に、対策していきましょうね。

 

 

さて、さきに結論ですが「体力的に仕事がしんどい…ストレスが限界…」を解決するキーワードは、『現状の見直し』

 

↓以下のようなイメージで、しんどい仕事の「原因の把握+対処法の立案」をセットで考えだすのが吉です。

 

ビジネスマン①
ビジネスマン①

いまの仕事、体力的にしんどいんだよなぁ。。3K(キツい・危険・汚い)ってわけじゃないけど…立ち仕事だからヒザはガクガクだし、勤務 時間も長い。。…上司に相談してみようかなぁ…?

ビジネスウーマン
ビジネスウーマン

ウチの会社、タイム スケジュールが不規則だから、業務に振り回されてる感じがして疲れるのよね。。ヒールのせいで足も痛いし…まずは、仕事の靴をスニーカーに変えてみようかしら…?

 

というのも、心理学の研究によると、問題点を “客観的に” 分析できる人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

・問題 解決力がアップ
・ストレス抵抗力がアップ
・不安感、イライラ感が改善
・ネガティブ、マイナス思考が改善…など

(参考 文献ー『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、原因を “具体的に” 分析できる人のほうが、メンタルが安定し、問題に対処しやすくなるのですね!

 

そこで、↓以下8つを参考にしつつ、あなたの仕事の懸念点をピックアップして、いまの働き方を見直していくのがオススメ。

 

・会社の方針に共感できず、不要なストレスが蓄積
・長時間 労働が続いていて、プライベートが犠牲に
・稼働 時間が長く、疲労が次の日の業務にまで影響
・高圧的な先輩のせいで、業務に集中できずイライラ

 

・パワハラ上司の扱いが面倒で、心身ともに疲れぎみ
・サービス残業が多いせいで、きちんと睡眠が取れない
・仕事じたいが退屈なのに、ハードワークを強要される
・社内に信頼できる同期がおらず、メンタル的にもキツい…など

 

あるいは、↓以下の「体力的にキツい職業」や「精神的にツラい仕事」を参照し、ご自身の環境に当てはめて再考するのも一手。

 

▶︎フィジカル的にキツい職業
・ものづくり系
・農業系
・水産系
・航空系
・運送系
・建築系
・小売系
・医療、福祉系
・美容、ファッション系…など

 

▶︎メンタル的にツラい仕事
・金融系
・教育系
・サービス系
・マスコミ系
・IT、情報 通信系
・ホテル、レジャー系…など

 

「体力的に仕事がしんどくて…」を解決するファースト ステップは、状況の見つめ直しにアリですよ。

 

【警告】慢性的な仕事ストレスを放置すると…⁉︎

 

ご注意ください。

 

慢性的な仕事ストレスを放置することは、あなたの心身に悪影響となるリスク“大” ですので。

 

…おどうような言い方で、すみません。

しかし、確かな事実です。

 

その証拠に、生理学の研究によると、慢性ストレスを抱えがちな社員ほど、↓以下の「心身の不調」に影響するのだそう。

 

▶︎メンタルの不調
・笑顔が消える
・もの忘れが多くなる
・日中の集中力がダウン
・イライラしやすくなる
・やる気が起きず無気力に
・不安、恐怖感が悪化する
・感情コントロールが下手に
・趣味や好きなことをしても気分が晴れない…など

 

▶︎フィジカルの不調
・夜に眠れなくなる
・立ちくらみがする
・急な頭痛が増える
・朝 起きれなくなる
・めまいが激しくなる
・お腹の調子が悪くなる
・カラダの疲れが取れない
・頭がボーッとして働かない
・ときどき吐き気に襲われる
・まぶたが持ち上がらなくなる
・肩、腰、背中のコリがヒドい
・始業 時間ギリギリ or 遅刻が増える…など

 

…ここで1つ、振り返ってみてください。

 

ここ最近で「朝、起きるのが苦痛すぎて…」と感じたのは、いつのことだったか…覚えていますか?

 

夢の中でも「仕事をしている自分の姿」を見るようになったのは、いつ頃からだったか…思い出せるでしょうか?

 

さらに悪いことに、心理学の研究によると、職場ストレスを溜め込む社員ほど、↓以下のデメリットを受ける傾向に。

 

▶︎メンタル面
・幸福度が低下
・マイナス思考が悪化
・イライラ、不安感が悪化
・ストレス抵抗力がダウン…など

 

▶︎仕事面
・仕事の満足度が低下
・モチベーションが低下
・思考力、記憶力が低下
・判断力、決断力が低下…など

 

▶︎フィジカル面
・免疫力が悪化
・脳 機能が低下
・短命になりやすくなる
・ストレス ホルモン—『コルチゾール』の値が悪化…など

(参考 文献:『ストレスに負けない脳 心と体を癒すしくみを探る』『ストレスの脳科学 予防のヒントが見えてくる』『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、精神的・体力的な負担を解消できずにいると、メンタルやフィジカル、それから仕事面にまで悪影響が。。

 

【真実】「ストレスの発散」が効果アリ、だけど…

 

そこで、体力的・精神的な負担を解消すべく「ストレス対処」を実行するのが吉

 

たとえば、↓以下12点のような感じで。

 

・近場を散歩する
・気が済むまで寝る
・おいしいものを食べる
・カラオケに歌いに行く

 

・感動系の映画で涙を流す
・温かい湯船でリラックス
・プチ旅行にでかけてみる
・森林浴で心を洗いながす

 

・アロマを焚(た)いてみる
・運動して気分をリフレッシュ
・お笑い動画で思いっきり笑う
・SNSで「おなじ悩みを持つ人」を探す…など

 

 “病は気から” ともいうように、精神的なストレスが身体的な不調を招くこともあります。

 

なので、まずはストレスの発散にフォーカスするのも一手。

 

…しかし、です。

 

じつは、↑上記はいずれも “その場しのぎのストレス対策”でしかありません。

 

科学的に効果アリな方法は、、ごくわずかなのです。

 

たしかに、たとえば「エクササイズ」や「スポーツ」などには根拠が示されています。

 

けれど、一方で「身体がキツいときに運動なんて…」とも思いませんか?

 

「ただでさえ体力が限界でしんどいのに、さらにエネルギーを使うなんて、さすがに無理だよ…」と。

 

そこで、このさきでは「仕事が体力的にしんどくて…」を解消すべく、科学データをもとに「2つの突破口」を解説

 

▶︎ネガティブ感情の吐き出し
▶︎選択肢の幅を広げる

 

にゅー
にゅー

「体力的にしんどい…仕事がキツい…」と苦しむときこそ、科学を味方に対策していきましょう!

 

【効果を保証】体力・精神的に仕事がしんどい…→科学的な2つの突破口で【すべて解決】

 

さて、1つ目に紹介するのは『ネガティブ感情の吐き出し』について。

 

じつは、心理学の研究によると、習慣的に仕事のグチや不満を暴露できる人ほど、↓以下のメリットを受ける傾向に。

 

・イライラ感が改善
・マイナス思考が改善
・不安感、焦燥感が改善
・ポジティブ気分が改善
・ストレス抵抗力が改善
・感情コントロール力が改善
・仕事のモチベーションがアップ
・再 就職率が14%→53%にアップ…など

(参考文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』『マンガで分かる心療 内科ー第5巻』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、定期的にストレスを解消できる人のほうが、メンタルが安定し、しかも転職 成功率も “約3倍” にアップするのだとか!

 

専門的に『エモーショナル ディスクロージャー』と呼ばれるテクニックですね。

 

たとえるなら、あなたが抱えるマイナス感情を吐露することは、パンパンに詰まった風船を “ガス抜き” するようなもの。

 

なので、親しい友人や家族、それから信頼できる職場の同僚などに、あなたの悩みを打ち明けるのも一手ですよ。

 

体力的にツラいときこそ、仕事ストレスをガンガン吐き出していきましょうね。

 

くわしい内容は↓以下の記事で解説していますので、ぜひ ご覧くださいね。

 

(まとめ記事へのリンク)

 

【科学で解決】『選択肢の幅』を拡大せよ⁉︎

 

さて、さいごに解説するのは『選択肢の幅を広げる』について。

 

そして、ここからが本題

 

あなただけに打ち明けますが、、「仕事がしんどくて…」を脱却できない人の97〜99%には、1つの“共通点” が。。

 

それは、「自分が選べる仕事は、世のなかに数多くある」という事実に気付いていないこと。

 

つまり、ほかの解決策に意識できなくなってしまっている。

 

シンプルに、視野が狭くなっているのですね。

 

…キビしい言い方ですみません。

けれど、事実です。

 

その証拠に、臨床 心理学の研究によると「強いストレス状態にあるときほど、問題 解決力がダウンしやすい」のだとか。

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

専門的に『視野 狭窄(しや きょうさく)』と呼ばれる心理 傾向ですね。

 

なので、仕事のせいで「体力的にしんどくて…」と苦しんでいるときのほうが、かえって解決策を考え出せなくなる。。

 

反対に、ほかの研究データによると、いくつもの選択肢を検討できる人ほど、問題 対処しやすくなるのだそう。

(参考 文献:『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』『無理なく限界を突破する心理学 突破力』)

 

専門的には『クリティカル シンキング(批判的な思考)』と呼ばれるテクニックです。

 

そこで、いまの体力的にキツい仕事を卒業する “キッカケ” を掴むべく、↓以下のような対策を講じるのも一手ですね。

 

・キャリア系の本を読む
・友人、知人に相談する
・職種、業界について研究
・就職、転職イベントに参加
・職業カウンセリングにトライ
・無料の支援サービスを活用してみる…など

 

【3分で人生を変える⁉︎】無料サイトの活用法とは?

 

にゅー
にゅー

そこで、ここまで話をきいてくれた あなたにだけ、特別 待遇で「科学データに基づいた “秘伝” 」を お伝えしちゃいます

 

わたし個人的に強くオススメなのは、「大手 支援サービスの活用」

 

というのも、ひとり孤独に「仕事が体力的にキツい…」「働くのに疲れた…」と悩み続けるのは、、あまりにもツラいもの。

 

たとえるなら、大荒れの海に1人、ポツンと放り込まれるようなものですので。

 

…さぁ、イメージしてみてください。

 

なに1つとして、信じられる人も頼れるものも無い。

 

疲労が溜まっていき、体力が奪われていくだけの日々。

 

…そんな生活、まっぴらだと思いませんか?

 

「抜け出したい」。
「ストレスから解放されたい」。

 

…そう思いませんか?

 

そこで、大手の転職サイトを活用し、1,000名 以上も専門アドバイザーを、あなただけの “味方” に引き込むのが吉

 

高度な教育を受けた有能なスタッフたちを、あなた専属の “協力者” として使い倒すのが、賢い選択だと断言できます。

 

その証拠に、臨床 心理学の研究によると「具体的な対処法を手にする “だけ” でも、ストレス抵抗力がアップする」のだそう。

 

専門的には『コーピング レパートリー』と呼ばれ、認知 行動療法でも使われる手法のの1つ。
なので、効果は実証 済みですよ。

 

たとえるなら、各種 無料サービスを “メンタル安定剤” として、応用するようなものでしょうか。

 

ただ一方で「ゴリゴリ営業かけられそうで、ちょっと…へんな求人を紹介されそうで怖い…」という懸念があるかもですね。

 

でも、大丈夫

どうか、ご安心ください

 

もしも、万が一にでもサービス内容に満足できなかったら、ちゃちゃっとスマホを2〜3タップして「利用 終了」でOK

 

わずか45秒でスパッと完了できちゃうので、あなたの貴重な お時間を費やす必要ナシですよ。

 

それに、サービス登録“だけ” しておけば、いつでもあなたの好きなタイミングで利用 可能に。

 

心配はいりません

 

ここまで、わたしの話に真剣に耳を貸してくれた あなたにm、ぜったい「損」はさせませんから。

 

それに、転職エージェントを活用すれば、 “非” 公開 求人をコアにして情報 収集ができます。

 

なので、適職を見つけられる確率も大幅にアップすること確実ですよ。

 

ほかにも、↓以下すべての内容が0円で利用できるので、キャリア選択における“起死 回生の一手” になること請け合い

 

▶︎メンドクサイ採用 手続きを すべて代行
▶︎第3者 視点で あなたのPRポイントを指摘
▶︎専属スタッフに面接・書類 対策を一任できる
▶︎ブラック企業を除いた求人だけを探してくれる…など

 

サービス登録は超カンタン

 

当記事の終わりにリンクを貼っておきますので、必要 事項を入力するだけ。

 

登録は5分でOKですし、以上のメリットがある支援サービスを使わないなんて、、もったいない

 

ほんとうに、もったいないこと

 

いうまでもなく、各種 転職サービスの信頼感+安定感を実感できるのは、登録プロセスを終了させた“限られた人たちだけ”

 

ぜひ、ここまで話を聞いてくださった聡明な あなたには、大手 転職エージェントの信用+安定を体験して欲しい

 

心から、そう強く思います。

 

にゅー
にゅー

「仕事がしんどい…体力的にツラい…」と感じるいまこそ、科学データを参考に動き出していきましょう!

 

【まとめ】体力的にしんどい…→「身体が保たないキツい仕事」を卒業するには?【行動あるのみ】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話を聞いてくださって、本当にありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「人生の後悔」について。

 

研究 結果によると、わたしたち人間が人生を悔やむとき、↓以下「5つの後悔」をする傾向にあるのだそう。

 

あんなに働きすぎなければ〜…」
お金のために、あんなに働き過ぎなければ〜…」
「家族・友だちとの関係を大切にしていたら〜…」
「もっと、じぶんが幸せになることを許しておけば〜…」
他人の期待に応えるのでなく、もっと正直に生きておけば〜…」

(参考 文献:『4021の研究データが導き出す 科学的な適職』『「幸せ」について知っておきたい5つのこと NHK「幸福学」白熱 教室』)

 

とくに「仕事キャリアの後悔=人生レベルでの悔やみ」だと証明されています。

 

…さぁ、頭のなかに思い浮かべてみてください。

 

このさき40〜50年 以上にわたって、いまの体力的にキツい仕事を…カラダを壊さずに続けられるのかと。

 

いま無理をして働きつづけることが、あなた自身の将来的な後悔に つながっていないかと。

 

明るい未来を掴めるかどうかは、すべて今この瞬間の『あなた自身の選択しだい』

 

…あなたが望むのは、どんな未来でしょうか?

 

ここまで、わたしの話を聞きすすめるという『行動』を起こせたあなたなら、きっと運命を変えられるはず

 

にゅー
にゅー

人生の決定権は、あなたが握っていますよ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました