【給料安すぎ】仕事のモチベーションが上がらない…→対処法2選で【科学的にすべて解決】

【給料が安すぎ】仕事のモチベーションが低下Uncategorized

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

もうイヤだ…うちの会社、給料 少なすぎ。。

こんな安い報酬じゃ、仕事のモチベーションなんて上がりっこないよ…ぜんぶ生活費に消えていくし。。

仕事に悩む女性
仕事に悩む女性

給与が低いわりには、労働量が多くてストレス過多だし…ぜんぜん割りに合ってない。。

このさき40年 以上、ずっと低年収に甘んじなきゃなのかなぁ…いっそ転職したい、けど。。

どうしたらいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【不満】給料が安すぎて…→モチベーション改善は『現状の認識』にアリ⁉︎
▶︎科学的な「2つの克服法」で【すべて解決】くわしくは記事の後半

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【給料安すぎ】仕事のモチベーションが上がらない…→対処法2選で【科学的にすべて解決】

【仕事への不満】給料が安すぎで…→モチベーション改善のコツは『現状の認識』にアリ⁉︎

 

【必見】当記事では、あなたのキャリアの悩みを解消すべく、科学的なデータをもとに、解決策を発信していきます。

 

だいじょうぶ
あなたの苦しみは、きっと解消できますよ

 

わたしと一緒に、克服していきましょうね。

 

 

さて、さきに結論ですが「給料が安すぎて、仕事のモチベーションが…」を解決するカギは、『現状の認識』にアリ

 

…ここで1つ、ご自身について振り返ってみてください。

 

あなたが所属している会社では、いまだに「年功 序列」や「終身 雇用」の社風が敷(し)かれていないでしょうか?

 

あるいは、上司や先輩から「いまは報われなくとも、将来的には安泰」という “幻想” を、 吹聴 ふいちょうされていませんか?

 

問題 解決の “さいしょの一歩” は、あなたが直面している「職場の悪環境」に目を向けること。

 

というのも、心理学の研究によると、事実・データをもとに問題を把握できる人ほど、↓以下のメリットを受ける傾向に。

 

・ストレスに強くなる
・問題 対処力がアップ
・不安、イライラ感が改善
・マイナス思考、抑うつ感が改善…など

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、懸念点を “より客観的に” 把握できる人のほうが、ストレス状態が改善し、課題を解決しやすくなるのですね!

 

なので、モチベーション低下の原因となる「給料が低い理由」を深掘りできれば、対策を講じられるように。

 

たとえば、わたしたち労働者の給料が低い原因の1つが、企業が「会社の貯金(内部 留保)」を貯め込んでいること。

 

ようは、会社が景気 悪化や業績の傾きに備え、 “必要 以上に” お金をプールしていることが、お金の巡りを悪くしている。

 

なので、会社が貯金をセッセと貯めているかぎり、わたしたち労働者の給料は安くなる一方で、上がる見込みはない。。

 

キビシイ現実ですが、、断言できます。

 

「給料が低いせいで、仕事のモチベーションが…」を打開するファースト ステップは、『問題の分析』にアリですよ。

 

【真実】給料の高低=業界 選びが “すべて” ⁉︎

 

そして、もう1点。

 

…ここで1つ、あなたに質問させてください。

 

あなたが所属している業界は、今後も「発展の見込みがある」と言えるでしょうか?

 

あるいは、昨今のTV業界のように、 既得 きとく 権益 けんえき “だけ” が得をしがちな体系になっていませんか?

 

ここだけの話、、伸び代のある業界・会社に移動するだけで、お金回りは何倍にも膨(ふく)れ上がります。

 

たとえば、↓以下の参考サイトにあるように、業態を変えるだけで、年収に“2倍 以上” の開きが出ることも。。

 

1位:コンサルティング業界
▶︎平均 収入1,040万円
20位:ジュエリー業界
▶︎平均 給与430万円

(参考サイト:【2020年最新版】業界・業種別平均年収ランキング【令和版】

 

残念なことに、、低迷している業界で頑張ったところで、給料が上がる期待はできない。

となれば、モチベーションも下がる一方なはず。

 

ちなみに、かつて宝飾品 業界でクラフトマン(製作者)として働いていた私は、業種 選びの大切さを痛感しています。

 

にゅー
にゅー

悲しいことに、、新卒で入社したときの初任給が、14〜16万で “当たり前” の世界でしたから。。

 

ただ一方で、↓以下のような反論もあるかもしれません。

 

上司
上司

しかし、大きな業界・企業に属してさえいれば、いつかチャンスが転がり込んでくるはず!

伸び代のある業界に移ったところで、中小企業のような小さい会社だと “安定” は無いだろう!

それに、転職してばかりいると、履歴書に傷がついて将来のキャリア形成が難しくなるぞ!

 

たしかに↑上記にあるとおり、昇給・昇進の見込みが立たないからとはいえ、安易に職場を変えるのはリスクかもですね。

 

【朗報?】若いうちの転職=将来の “年収アップ” ⁉︎

 

…しかし、です。

 

一方で、若いころの多様な転職 経験が、将来的な “給料アップ” に影響する、と考えることも…可能だと思いませんか?

 

その証拠に、組織 心理学の研究によると、↓以下のデータが確認されています。

 

「20〜30代といったキャリア早期の転職 経験は、将来の “年収アップ” に影響する傾向にあると分かった」

(参考 文献:『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

分かりやすくいうと、若いうちに転職を重ねたビジネス パーソンのほうが、後々に年収が高くなりやすいのですね!

 

たしかに、さまざまな企業・業界にトライした人のほうが、多様な経験・他種のスキルを手に入れそうな感じがしますよね。

 

反対に、1つの会社・業態で現状 維持しがちな人のほうが、ビジネス経験に乏しい “低収入の社員” になる恐れが。。

 

…さぁ、想像してみてください。

 

このさき45〜50年 以上にわたり、満足できる給料ももらえないまま、生活への不満を抱え続ける “暗い未来” を。

 

仕事のモチベーションも維持できないまま、割りに合わない責任・プレッシャーだけが増えていく “悲痛な末路” を。

 

「そんなキャリア人生、苦痛でしかない…」。

 

…そう感じませんか?

 

そこで、このさきでは「給料が低いせいで、モチベーションが…」を打開すべく、科学的な「2つの克服法」を解説

 

▶︎マイナス感情の暴露
▶︎複数の解決策を用意

 

にゅー
にゅー

「収入が上がらないせいで、仕事のヤル気が…」と苦しむときこそ、科学を味方に対処していきましょう!

 

【科学で解決】会社の給料が上がらない…→仕事のモチベーションを改善する【2つの克服法とは?】

 

さて、1つ目に紹介するのは『マイナス感情の暴露』について。

 

…ここで1つ、ご自身の言動を思い返してみてください。

 

給料への不満・会社に対するストレスを、シッカリと日常的に発散できているでしょうか?

 

反対に、年収が上がらないというフラストレーション(欲求 不満)を、心のうちに溜め込んでいませんか?

 

じつは、心理学の研究によると、定期的に仕事のグチ・不満を吐き出せる人ほど、↓以下のメリットを受けやすい傾向に。

 

・イライラが改善
・焦り、不安感が改善
・ネガティブ思考が改善
・ポジティブ気分が改善
・ストレス抵抗力がアップ
・感情コントロール力がアップ
・仕事のモチベーションがアップ
・再 就職率が”14%→53%“にアップ…など

(参考文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』『マンガで分かる心療 内科ー第5巻』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、習慣的に職場ストレスを解消できる人のほうが、メンタルが安定し、転職 成功率も ”約3.7倍“ にアップするのだそう!

 

ちなみに、ほかの研究データによると、ストレスが少ない人のほうが、お金をムダ遣いする割合が改善されるのだとか。

(参考 文献:『MIND OVER MONEY 193の心理研究でわかったお金に支配されない13の真実』『「好き」を「お金」に変える心理学』)

 

たとえるなら、あなたの心に溜まった淀(よど)みを吐き出すことは、風船の ”ガス抜き“ をするようなもの。

 

↓以下の記事では、長期的な年収アップや、貯金率の改善にも役立つ『価値観の再設計』についても、あわせて解説です。

 

ぜひ ご覧くださいね。

 

(まとめ記事へのリンク)

 

【余談】「給料アップ=モチベーション改善」だが…?

 

…ここで、1つだけ余談を。

 

じつは、組織 心理学の研究によると、給料アップがモチベーションに影響するケースは、2パターンあるのだそう。

 

まとめると、↓以下のとおりですね。

 

▶︎単調でつまらない業務
→給料アップ=モチベーションが”改善“ 
▶︎創造的で楽しい仕事 内容
→給料アップ=モチベーションが”ダウン“ 

(参考 文献:『不合理だからうまくいく 行動経済学で「人を動かす」』)

 

楽しい仕事に「給料アップ」が持ち込まれると、心の内側から湧き上がるヤル気(内発的 動機付け)が阻害される傾向に。

 

専門的に『アンダー マイニング効果』とか『抑制 効果』などと呼ばれる心理 傾向ですね。

 

反対に、ルーティン ワークに従事しているときは、追加で報酬がもらえると、モチベーションが改善されるのだそう。

 

つまり、収入アップという “ごほうび” がある状態(外発的 動機付け)では、退屈な仕事のやる気がアップするのですね。

 

…さぁ、ご自身の仕事について振り返ってみてください。

 

あなたが担当している仕事は、報酬アップ=モチベーション改善に結びついた「単調な業務」ですか?

 

それとも、追加の給料=やる気ダウンに影響する「ユニークな仕事 内容」でしょうか?

 

科学データに照らして、ご自身の職務が「給料アップ+モチベーション改善」に関連するか、再考してみてくださいね。

 

【科学が実証】『複数の解決策』を用意せよ!

 

さて、さいごに お話するのは『複数の解決策を用意』について。

 

そして、ここから本題です。

 

あなただけに打ち明けますが、、「仕事のやる気が…」を脱却できない人の96〜99%には、共通の“失敗パターン” が。

 

それは「じぶんに選択できる打開策は、たくさん世の中にある」という真実に気づけていないこと。

 

かんたんにいうと、給料をアップさせるための選択肢に乏しく、複数の解決策を検討できずにいるのですね。

 

…キビシイ指摘で、すみません。

しかし、確かな事実。

 

その証拠に、臨床 心理学の研究によると「ストレス状態にある人ほど、問題 解決力がダウンしやすくなる」のだそう。

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

専門的には『視野 狭窄(しや きょうさく)』とか『ネガティブ バイアス(悲観的な思い込み)』などと呼ばれる心理ですね。

 

残念なことに、、職場ストレスを受けているときほど、かえって給料アップの “打開策” を考えつけない傾向に。。

 

反対に、ほかの研究データによると「いくつもの選択肢を考慮できる人ほど、問題 対処力がアップしやすい」のだとか。

(参考 文献:『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』『無理なく限界を突破する心理学 突破力』)

 

専門的には『クリティカル シンキング』とか『批判的な思考』などと呼ばれるテクニックです。

 

つまり、わたしたちは「数多くの克服法を持っていたほうが、現状 打破しやすくなる」ということ。

 

ちなみに、年商15億円 以上を稼ぐメンタリストのDaiGoさんは、批判的な思考を↓以下のように紹介しています。

 

「ボクたち凡人が、天才を出し抜ける “たった1つの科学的な方法” 」。

 

そこで、↓以下のような方法で「選択の幅を広げる」のがオススメです。

 

・キャリア関連の本を読む
・職種、業界について研究
・伸びている業界に移動する
・職業カウンセリングにトライ
・副業OKな会社への転職を検討
・無料の支援サービスを活用する…など

 

にゅー
にゅー

「給料が安すぎて、仕事のモチベーションが…」と感じるいまこそ、科学データを参考に動き出していきましょう!

 

【まとめ】給料が低くて、仕事のモチベーションが上がらない…→唯一の突破口は【あなたの行動】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話をきいてくれた あなたに、心から感謝します。

本当にありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「決断を先延ばしにするデメリット」について。

 

研究データによると、現状 維持に甘んじやすい人ほど、将来的な給料がダウンし、キャリア選択にも失敗しやすい傾向に。

(参考 文献:『ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか』)

 

いま振り返ると、わたしが「あのとき、動きだして正解だった…」と感じるのは、すべて『即断 即決で起こした行動』。

 

決断に迷って躊躇(ちゅうちょ)してしまったときほど、後々に “最悪の事態” を招いてしまった暗い過去アリ。。

 

…さぁ、頭のなかでイメージしてみてください。

 

仕事のモチベーションも高い年収も望めないまま、あなた自身のキャリアに絶望する “真っ暗な未来” を。

 

反対に、明るい将来を手に入れるべく、いますぐ動き始める “可能性ある未来” を。

 

あなたが欲しいのは、どちらの人生でしょうか?

 

このさきの未来を変えられるかどうかは、いまこの瞬間の『あなた自身の行動しだい』

 

でも、きっと大丈夫。

 

ここまで、わたしの話に耳を傾けてくれた懸命なあなたなら、ぜったいに前向きな運命を掴めるはずですから。

 

少なくとも、わたしは そう信じています。

 

にゅー
にゅー

未来を決めるのは、あなた自身の選択ですよ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました