【辞めたい】仕事のモチベーション・やる気が全くない→対策2選で【科学データをもとに解決】

【仕事のモチベーションが全くない】Uncategorized

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

もう限界…会社に行くのがツラい…。

モチベーションが全くないせいで、毎日の仕事が苦痛すぎて…働くことに意義を見出せない。。

仕事に悩む女性
仕事に悩む女性

朝 起きたときから憂鬱で、家に帰ったらベッドに直行…夜は仕事の夢ばかり見るし、、もう嫌だ。。

…でも、いま退職したらキャリアに傷がつくし、転職できる保証もないし…将来が不安だわ。。

どうしたらいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎仕事のモチベーションが全くない…→改善のコツは『問題点の分析』⁉︎
▶︎科学的な「2つの打開策」で【完璧に克服】詳細は記事の後半にて

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【辞めたい】仕事のモチベーション・やる気が全くない→対策2選で【科学データをもとに解決】

【退職が吉?】仕事のモチベーションが全く湧かない…→やる気改善のコツは『問題点の分析』⁉︎

 

【注意】当サイトでは、あなたのキャリアの苦しみを解決すべく、科学データをもとに、打開策を発信していきます。

 

きっと、大丈夫
あなたの苦しみは、ぜったいに解消できますから

 

わたしと一緒に、対策していきましょうね。

 

 

さて、さきに結論ですが「働くモチベーションが全くない…」を解決するキーワードは、『問題点の分析』にアリ

 

↓以下のような感じで、あなたのやる気を奪う「職場の懸念点」にフォーカスすることが、問題 解決の “第一歩” に。

 

ビジネスマン②
ビジネスマン②

仕事のモチベーションが全く湧いてこない。。

やりたい業務も担当できず、退屈な単純 作業をこなす毎日…こんな現状じゃ、やる気が出るわけない。。

じぶんの人生を無駄にしてる感じがして、ぜんぜん生きてる実感が持てない…時間がもったいないよ。。

 

じつは、心理学の研究によると、現状を “より具体的に” 把握できる人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

・ストレス状態が改善
・問題 対処スキルが改善
・不安や恐怖、イライラ感が改善
・ネガティブ思考、抑うつ感が改善…など

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、モチベーション低下の理由を分析できる人のほうが、メンタルが安定し、問題を解決しやすくなるのですね!

 

かんたんにいうと、わたしたちは「やる気を下げる原因が理解できれば、乗り越えられるようになる」。

 

そこで、↓以下6点を参考に、あなたが直面する「仕事の問題点」に目を向けるのが吉です。

 

・違法まがいのサービス残業が蔓延しており、心身ともに疲れぎみ
・単調な作業を くり返してばかりで、働く意義を感じられずにいる
・じゅうぶんな給料がもらえず、金銭的なストレスを抱え込んでいる
・いま仕事を「自分に向いていない」と感じ、業務に集中できていな
・スキル アップが見込めない作業ばかりで、将来への不安を抱えている
・尊敬できる上司や信頼できる先輩がおらず、社内にロール モデルがいない…など

 

断言できます。

 

あなたの「働くモチベーションが、全くない…毎日が苦痛…」を打開する “初めの一歩” は、『現状の把握』にアリだと。

 

【悲報】「合わない仕事」を続けると…⁉︎

 

とはいえ、↓以下のような考えもあるかもしれませんね。

 

上司
上司

仕事のやる気が出ないから「辞めたい」だなんて、、甘ったれにも程がある!

みんな大なり小なり、モチベーション問題を抱えているもの! お金のためにガマンして働いてるんだ!

もっと明確な目的 意識を持って、日々の業務にとりくむべき! “石のうえにも3年” だぞ!

 

かなりキツい意見ですが、、たしかに↑上記にあるとおり、目 的 意識が低いままだと、モチベーションも上がらないもの。

 

反対に、仕事にやりがい・情熱を感じられ、将来的なキャリアを “より具体的に” イメージできる人ほど、労働 意欲も高い。

 

その証拠に、心理学の研究によると「現在の自分 × 未来の自分像」が一致している人ほど、↓以下のメリットを受ける傾向に。

 

・衝動的な言動が改善
・ストレス抵抗力が改善
・不安、イライラ感が改善
・借金やクレカの負債額が少なくなる
・将来的な貯金額が“25%” もアップ
・自己コントロール力(自制心)が改善…など

(参考 文献:『スタンフォードの自分を変える教室』『最高の体調 ACTIVE  HEALTH』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、いまの仕事が「将来のキャリアに繋がっている」と感じる人ほど、メンタルが安定し、金銭的にも成功しやすいのですね!

 

図解すると、↓以下のようなイメージ。

 

【自己連続性の一致】

 

…しかし、です。

 

ただ一方で、嫌いな仕事・向いてない業務を続けてしまう “リスク” もまた、、あると思いませんか?

 

というのも、組織 心理学の研究によると、職場のミスマッチを放置しがちな人ほど、↓以下のデメリットを受ける傾向に。

 

・無気力感が悪化
・マイナス思考が悪化
・人生の絶望感が悪化
・ストレス抵抗力がダウン
・労働パフォーマンスが悪化
仕事のモチベーションが悪化
・感情コントロール力がダウン
・他人のことを信じられなくなる…など

(参考 文献:『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、あなたに合わない仕事を続けてしまうほど、ストレス状態が悪化し、成果も挙げられなくなるのですね。。

 

…さぁ、想像してみてください。

 

このさきもずっと、仕事をする意味を見出せないまま、鬱々とした毎日を送る “絶望的な未来” を。

 

能力アップや昇給・昇進も期待できず、低スキル・低賃金へと追い詰められていく “悲痛な末路” を。

 

「そんなキャリア、ぜったいにイヤだ…」。

 

…そう思いませんか?

 

そこで、このさきでは「やる気が全くない…いっそ仕事 辞めたい…」を突破すべく、科学的な「2つの打開策」を紹介

 

▶︎価値観の見直し
▶︎脱出法の用意

 

にゅー
にゅー

「全然、仕事のモチベーションが湧いてこない…」と悩むときこそ、科学を味方に対策していきましょう!

 

【科学で解決】モチベーションが全くない…→仕事のやる気を回復させる【2つの打開策とは?】

 

さて、1つ目に お話するのは『価値観の見直し』について。

 

…ここで1つ、あなたに質問させてください。

 

あなたには、生涯を賭(と)して成し遂げたいと思える「人生の目標」や「生きる目的」がありますか?

 

あるいは、人生を賭けて追求したいと感じられる「生きがい」や「大切な価値観」を お持ちでしょうか?

 

じつは、心理学の研究によると、生きる目標を明確化できている人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

▶︎精神的なメリット
・幸福感が改善
・共感スキルが改善
・社交スキルが改善
・マイナス思考が改善
・恐怖、不安感が減少
モチベーションが改善
・ストレス抵抗力が改善
・良い対人 関係を築きやすくなる…など

 

▶︎職業的なメリット
・注意、集中力がアップ
・将来的な年収がアップ
・長期的な貯蓄率が改善
・仕事キャリアで成功しやすくなる…など

 

▶︎身体的なメリット
・抗 炎症作用が改良
・睡眠の質が良くなる
・ナチュラルキラー細胞が活発化…など

(参考 文献:『目的の力ー幸せに死ぬための「生き甲斐」の科学』『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』『最高の体調 ACTIVE HEALTH』)

 

にゅー
にゅー

吹き出し>まとめると、人生のゴールを設定できている人のほうが、メンタルが安定し、経済的・キャリア的にも成功を収めやすい傾向に!

 

ここだけの話、、世の会社員の98%が陥りがちな “大失敗” の1つが、じぶんの「働く目的」を理解していないこと。

 

たとえるなら、あなたの価値観を明確にすることは、ビジネスという大海を泳ぐための “案内板” を手にするようなもの。

 

行き先を示してくれる “ガイド ライン” があれば、キャリア選択への悩みを最小限に抑えられること確実ですよ。

 

↓以下の記事では、心理カウンセリングでも利用される『ACT』という手法を参考に、あなたの価値観に迫っていきます。

 

ぜひ ご参考くださいね。

 

(まとめ記事へのリンク)

 

【科学が証明】『万が一の脱出法』を用意せよ!

 

さて、さいごに お話するのは『脱出法の用意』について。

 

そして、ここから先がメインテーマ。

 

あなただけに打ち明けますが、、「モチベーションが皆無で…」を克服できない人の97〜99%には、1つの“共通点” が。

 

それは、無料 転職サービスの活用という、“現実的な撤退ツール” を備えられていないこと。

 

分かりやすくいうと、1つの職場に留まることに囚われ、転職 or 退職といった打開策を検討できなくなっている。

 

シンプルに、視野が狭まっているのですね。

 

…ド直球な言い方で、すみません。

けれど、確たる事実。

 

その証拠に、心理学の研究によると「マイナス思考に囚われがちな人ほど、問題 対処力がダウンしやすくなる」のだそう。

(参考 文献:『後悔しない超 選択術』『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

専門的に『ネガティブ バイアス(悲観的な思い込み)』と呼ばれる心理 傾向ですね。

 

残念なことに、、ストレス環境に追い込まれているときほど、かえって課題に対処できなくなってしまう傾向に。。

 

反対に、モチベーション問題を脱却できるビジネス パーソンほど、万が一に備えた “撤退 手段” を用意しているもの。

 

みんな口にしないだけで、いつでも職場を変えられるように、もしものために “事前策” を準備しているものなのです。

 

その証拠に、心理学の研究によると「ネガティブな状況への対抗 手段を持てる人ほど、逆境を克服しやすくなる」のだとか。

(参考 文献:『ネガティブな感情が成功を呼ぶ』『事実はなぜ人の意見を変えられないのか』『悪いヤツほど出世する 日本経済新聞 出版』)

 

専門的に『逆境力』とか『不快 情動(ふかい じょうどう)への耐性』などと呼ばれる心理 傾向ですね。

 

なので、断言できます。

 

いまのあなたに不可欠なのは、不遇な職場 環境から抜け出せるよう「回避ルートを確保すること」なのだと。

 

にゅー
にゅー

「モチベーションが皆無…会社に行きたくない…」と感じる今こそ、科学データを参考に動き出していきましょう!

 

【まとめ】仕事のやる気が全くない…→モチベーションを取り戻す秘策とは?【答:あなたの行動】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話を聞いてくださって、本当にありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「人生の5つの後悔」について。

 

研究データによると、わたしたちが人生を振り返るとき、↓以下5タイプの「強烈な悔やみ」を抱きやすいのだそう。

 

「起業する自信を持っていたら〜…」
「もっと学校で勉強しておけば〜…」
もっと早く会社を辞めておけば〜…」
お金なんかのために仕事しなければ〜…」
「直感にしたがって正直になっておけば〜…」

(参考 文献:『4021の研究データが導き出す 科学的な適職』)

 

いま思えば、わたしが「あのとき、行動して正解だった…」と感じるのは、すべて「みずからの意思で動いたこと」。

 

反対に、他人の考えに同調したときや、周りの空気に合わせてしまったときほど、 “手痛いミス” を受けた記憶アリ。。

 

…さぁ、想像してみてください。

 

あなたはいま、人生の分かれ道に立っています。

 

一方の道には、このさきも退屈な仕事にガマンし続け、人生にも絶望しかねない “苦痛の未来” が。

 

もう一方には、行動とともに新しいキャリアを切りひらき、希望ある日々を送る “可能性の未来” が。

 

あなたが欲しいのは、どちらの未来でしょうか?

 

このさきの人生を明るくできるかどうかは、すべて今このときの『あなた自身の行動しだい』

 

あなたを窮地から救いだしてくれるのは、たった1つ『あなた自身の選択だけ』なのです。

 

でも、だいじょうぶ。

 

ここまで、わたしの話に耳を貸してくれた懸命なあなたなら、きっと前向きな未来へと変えていけるはずですから。

 

にゅー
にゅー

わたしは、そう信じます!

 

あなたの未来は、あなた自身の手にありますよ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました