【絶望】仕事で評価されない→やる気・モチベーション改善術2選で【科学データをもとに解決】

【評価されない仕事】モチベーションUncategorized

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

もう嫌だ…会社に行くのがツラい…。

仕事で成果を上げても、だれにも評価されない…こんな毎日じゃ、モチベーションが上がらないよ。。

仕事に悩む女性
仕事に悩む女性

努力を認められないことが、こんなに苦しいだったなんて…メンタル的にキツ過ぎる。。

インセンティブもなければ、昇給・昇進も見込めないし…このさきの将来が不安すぎて。。

どうすればいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【悔しい】仕事で評価されない…→突破口は『未来のキャリア像』⁉︎
▶︎科学的な「2つの改善策」で【すべて解決】詳細は記事の後半

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【絶望】仕事で評価されない→やる気・モチベーション改善術2選で【科学データをもとに解決】

【悔しい】評価されないせいで、仕事のモチベーションが…→突破口は『将来の自分像』⁉︎

 

【必読】当記事では、あなたのキャリアの苦しみを解消すべく、科学的なデータをもとに、打開策を発信していきます。

 

大丈夫
あなたの仕事の悩みは、きっと解決できますよ

 

わたしと一緒に、対策を練っていきましょう。

 

 

さて、さきに結論ですが「評価 不足のせいで、仕事のやる気が…」を解決するカギは、『将来のキャリア像』にアリ

 

…ここで1つ、イメージしてみてください。

 

5年…10年後の未来を考えたとき、いまの職場で働いている「あなた自身の姿」が想像できるでしょうか?

 

あるいは、仕事で評価されない現状のまま、ご自身のキャリア形成に「前向きなイメージ」が持てますか?

 

じつは、心理学の研究によると「現在 × 未来」の自己像に不一致がある人ほど、↓以下のデメリットを受けやすい傾向に。

 

・ストレスに弱くなる
・衝動的な行動が悪化
・イライラ、不安感が悪化
・借金やクレカの負債額が悪化
・将来的な貯金額が“25%” も低下
・自己コントロール力(自制心)が低下…など

(参考 文献:『スタンフォードの自分を変える教室』『最高の体調 ACTIVE  HEALTH』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、将来のキャリアが「現在の延長線に無い」と感じる人ほど、メンタルが悪化し、金銭的にも失敗しやすくなるのですね。。

 

専門的には『連続性の一致』とか『自己連続性の一致』と呼ばれる心理 傾向です。

 

ちなみに、組織 心理学の研究によると、フィードバックが得られない職場ほど、社員のモチベーションが低下する傾向に。

(参考 文献:『4021の研究データが導き出す 科学的な適職』『幸せな選択 不幸な選択行動科学で最高の人生をデザインする』)

 

分かりやすくいうと、会社・上司から評価されない環境なほど、仕事へのやる気や達成感が損なわれやすくなるのです。

 

なので、わたしたち労働者にとって「会社で認められないこと」は、業務パフォーマンスに関わる “死活 問題” 。

 

職場へのネガティブ感情を抱え込むことで、適切に成果・実績を上げられなくなる危険“大” なのです。

 

断言できます。

 

「会社から評価されなくて、仕事のモチベーションが…」を克服する “第一歩” は、『将来のキャリア像』にアリですよ。

 

【大悲報】社内 評価 ≠ 圧倒的な仕事パフォーマンス⁉︎

 

とはいえ、↓以下のような言い分もあるかもしれません。

 

上司
上司

会社の仕事は「分業」と「役割 分担」が前提なんだから、いち個人が評価されないなんて当然だ!

みんな苦しい思いしながら、それでもガマンして働いてるんだ! 泣き言をいうんじゃない!

社内で認められたいなら、ほかの人の “倍 以上” も努力して、シッカリと実績を出すのが先決

 

かなり筋肉質な意見ですが、、たしかに↑上記にあるとおり、じゅうぶんな成果を上げれば、社内 評価がアップする期待 “大” 。

 

となれば、ここは1つ「会社に認められるまで、実績を挙げることに徹する」のも一手かもですね。

 

…しかし、です。

 

ただ一方で、そもそも論として「仕事の成果・実績」が、社内 評価と “無関係” だという可能性も…あると思いませんか?

 

その証拠に、組織 心理学の研究によると、社内で評価されるためには、↓以下3点が重要だと証明されています。

 

・上司に気に入られること
・社内 政治を渡り歩けること
・社内外のネットワークを築けること…など

(参考 文献:『権力を握る人の法則 日本経済出版社』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、上司に可愛がられる「社内 政治が上手な人」のほうが、人脈を築きやすいうえ、職場 評価も高まりやすい傾向に…!

 

しかも、研究データによると、社内外で「価値ある人脈」を築ける人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだとか。

 

・離職率が“42%” も改善
・昇進率が“43%” もアップ
・人事 評価が“35%” もアップ…など

 

また、出世しやすい「有力な部門・部署」に配属される人ほど、将来的な年収が“約6%” もアップするのだそう。

(参考 文献:『権力を握る人の法則 日本経済出版社』)

 

にゅー
にゅー

反対に、高い実績を出す “デキる社員” ほど、直属の上司から「可愛げのないヤツ」として疎(うと)まれる傾向に。。

 

…以上のように、科学データに照らしてみると、会社から評価されるかどうかは、仕事の成果・実績とは “無関係” 。

 

むしろ、組織内で「立ち回りが上手い人」のほうが、人事や上司から評価されやすく、昇進・昇給もしやすいのですね。

 

…さぁ、頭のなかで思い浮かべてみてください。

 

このさき45年 以上も「頑張ってるのに、まったく評価されない…」と悩みつづける “暗い未来” を。

 

悔しさ・理不尽さに歯ぎしりしながら、不公平な人事 評価に失望する “悲しすぎる末路” を。

 

…そんなキャリア、あんまりだと思いませんか?

 

そこで、このさきでは「正当に評価されないせいで、仕事のやる気が…」を解消すべく、科学的な「2つの改善策」を解説

 

▶︎価値観の見直し
▶︎複数の視点を持つ

 

にゅー
にゅー

「社内 評価が不満で、モチベーションが上がらない…」と悩むときこそ、科学を味方に対策していきましょう!

 

【やる気アップ】仕事で評価されない…→モチベーションを改善させる【2つの突破口とは?】

 

さて、1つ目に紹介するのは『価値観の見直し』について。

 

…ここで1つ、あなたに質問させてください。

 

あなたには、会社から評価されないこととは無関係に、人生で成し遂げたい「夢」や「ゴール」がありますか?

 

あるいは、高いモチベーションを維持できるような「働く目的」や「大切な価値観」を お持ちでしょうか?

 

というのも、心理学の研究によると、生きる目的を明確化できている人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

▶︎精神的なメリット
・幸福感がアップ
・社交性がアップ
・共感力がアップ
・マイナス思考が改善
・恐怖、不安感が改善
・記憶力の低下を防ぐ
モチベーションが改善
・ポジティブ気分が改善
・ストレス抵抗力がアップ
・良い対人 関係を築きやすくなる…など

 

▶︎職業的なメリット
・注意、集中力が改善
・将来的な収入がアップ
・長期的な貯蓄率がアップ
・キャリア選択に成功しやすくなる…など

 

▶︎身体的なメリット
・抗 炎症作用が改善
・不眠になりづらくなる
・ナチュラルキラー細胞が活性化…など

(参考 文献:『目的の力ー幸せに死ぬための「生き甲斐」の科学』『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』『最高の体調 ACTIVE HEALTH』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、人生の目標を設定できている人のほうが、心身ともに健康で、経済的・キャリア的にも成功しやすいのですね!

 

もちろん、スキル アップや知識・経験を増やすことを、モチベーション対策の1つにするのも一手です。

 

能力アップにフォーカスできれば、あなた自身の「将来のため」と割り切って、仕事できるようになるかもですから。

 

ただ一方で、認知 行動療法でも活用され、科学的な根拠アリの『価値観の再認識』に目を向けるのもオススメ。

 

たとえるなら、あなたの価値観を深く知ることは、キャリアという荒波を泳ぐ “羅針盤” を手に入れるようなもの。

 

↓以下の記事では、転職 成功率を“3.7倍” もアップさせる『マイナス感情の吐き出し』についても、あわせて解説。

 

ぜひ ご参照くださいね。

 

(まとめ記事へのリンク)

 

【科学が証明】『複数の視点』を持つべし!

 

さて、さいごは『複数の視点を持つ』について解説です。

 

そして、ここからさきが本番。

 

あなただけに暴露しますが、、「仕事のやる気が…」を克服できない人の96〜98%には、1つの“失敗パターン” が。

 

それは、「じぶんに選べる解決策は、世のなかに数多くある」という事実に気づけていないこと。

 

分かりやすくいうと、仕事で評価されないというストレスに囚われ、ほかの打開策に目を向けられなくなっている。

 

シンプルに、視野が狭くなっているのですね。

 

…ストレートな言い方で、すみません。

しかし、確たる事実。

 

その証拠に、臨床 心理学の研究によると「強いストレスを受けているときほど、問題 解決力がダウンしやすい」のだとか。

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

専門的には『視野 狭窄(しや きょうさく)』と呼ばれる現象ですね。

 

残念なことに、、ストレス状態にあるときほど、かえって視野が狭まり、目のまえの課題に対処できなくなる傾向に。。

 

反対に、ほかの研究データによると「複数の視点を持てる人ほど、問題 解決スキルがアップしやすくなる」のだそう。

(参考 文献:『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』『無理なく限界を突破する心理学 突破力』)

 

専門的には『批判的な思考』とか『クリティカル シンキング』などと呼ばれるテクニックです。

 

つまり、多角的な視点で見れる人のほうが、仕事で評価されない現状を突破しやすくなるのですね。

 

そこで、↓以下のように「べつの視点・考え方」で、今後のキャリア選択を捉え直してみるのも一手。

 

「評価されない環境に留まるのを辞めて、じぶんを認めてくれる職場に移動すべきかも?」
「モチベーションを下げる会社を離れて、正しい評価 制度のある企業に転職すべきかも?」
「お金のためにイヤイヤ働くんじゃなくて、公平・平等さを重んじる場所を探すべきかも?」

 

にゅー
にゅー

「仕事で評価されないせいで、モチベーションが…」と感じるいまこそ、科学データを参考に行動していきましょう!

 

【まとめ】「評価されない仕事」へのモチベーション対策とは?→解決法は【あなた自身の選択】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話をきいてくれた あなたに、心から感謝を。

本当にありがとう。

 

さいごに1つだけ、性格 心理学の研究から「他人の意見を鵜呑(うの)みにするデメリット」について。

 

研究 結果によると、周りの考え・価値観に合わせがちな「協調性の高い人」ほど、↓以下のデメリットを受ける傾向に。

 

・昇進、昇格率がダウン
・将来の年収が”約100万円“ もダウン
・組織内で管理職、重役に就ける確率がダウン
・世間的な財務 信用度(クレジット・スコア)がダウン…など

(参考 文献:『パーソナリティーを科学する 特性5因子であなたがわかる』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、職場での評価・評判に振り回されがちな人ほど、経済的・職業的にミスりやすい傾向に。。

 

…さぁ、想像してみてください。

 

高いモチベーションも期待できないまま、出世や昇進・昇給のチャンスからも見放される “悲痛の未来” を。

 

まともなスキルアップも見込めないまま、低収入・低賃金へと追いやられていく “不幸すぎる末路” を。

 

このさきの運命を明るくできるかどうかは、すべて今この瞬間の『あなた自身の選択しだい』です。

 

でも、だいじょうぶ。

 

ここまで、わたしの話に耳を貸してくださった賢明なあなたなら、きっと前向きなキャリアへと変えていけるはず。

 

わたしは、そう強く信じます。

 

にゅー
にゅー

人生の決定権は、あなたの手の中にありますよ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました