【転職もアリ?】仕事のモチベーションが右肩下がり…→対策2選で【科学的にすべて解決】

【転職】仕事のモチベーション

 

にゅー
にゅー

こんにちは! にゅーです。

 

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

もう限界…会社に行くのがツラい…。

仕事のモチベーションが上がらない…いっそ、転職して現状をリセットしたいくらい。。

やりがいも情熱も感じられない毎日、、なんのために働いてるのか、もう分からない。。

仕事に悩む女性
仕事に悩む女性

やる気がないままだと、業務にも集中できないし…スキル アップも見込めないだろうし。。

このさき、どうすればいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【やる気ゼロ】モチベーションを改善したい…→『現状の把握』で解決⁉︎
▶︎科学的な「2つの突破口」で【すべて克服】くわしくは記事の後半

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【転職もアリ?】仕事のモチベーションが右肩下がり…→対策2選で【科学的にすべて解決】

【やる気ゼロ】仕事のモチベーションを改善したい…→転職の前にすべきは『現状の把握』⁉︎

 

【必読】当サイトでは、あなたのキャリアの悩みを解決すべく、科学的なデータをもとに、打開策を発信していきます。

 

だいじょうぶ
あなたの苦しみは、かならず解消できますよ

 

わたしと一緒に、克服していきましょう。

 

 

さて、さきに結論ですが「仕事のモチベーションが下がる一方…」を解決するポイントは、『現状の把握』にアリ

 

↓以下のようなイメージで、やる気ダウンの原因となっている「問題点」に目を向けることが、解決の一手に。

 

どうして、モチベーションが維持できないんだろう?」
なぜ、転職したいほど仕事に意義を見いだせないのか?」

 

じつは、心理学の研究によると、職場の懸念点を “より具体的に” 認識できる人ほど、↓以下のメリットを受ける傾向に。

 

・問題 解決力がアップ
・ストレス抵抗力がアップ
・不安感、イライラ感が改善
・ネガティブ、マイナス思考が改善…など

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、モチベーション低下の理由を “客観的に” 分析できる人のほうが、課題に対処しやすく、メンタルも安定しやすいのですね!

 

かんたんにいうと、わたしたちは「キチンと原因が理解できれば、苦難を乗り越えられるようになる」。

 

そこで、↓以下10点を参考にしつつ、あなたのヤル気をダウンさせている “元凶” を探るのが吉です。

 

・職場に尊敬できない先輩しかおらず、対人 関係に難アリ
・上司とソリが合わず、今後のキャリア アップに不穏の影が
・長時間 労働のせいでストレス フルで、働く意欲が湧いてこない
・成果を上げても正当に認められず、会社の「評価 制度」に不満アリ
・仕事 内容に見合った給料をもらえず、報酬と労働量がアンバランス
・希望の配属先に回されなかったため、やりたい仕事が担当できずにいる
・自社の製品、サービスに魅力を感じられず、仕事する意義が感じられない
・社内にライバルや競争 相手がおらず、たがいに切磋 琢磨できる関係がない
・おなじ業務の くり返しで、マンネリ化したルーティンワークに飽きている
・スキル アップが見込める仕事ではないため、将来に漠然とした不安がある…など

 

断言できます。

 

「モチベーションが保てない…いっそ転職したい…」を克服する “さいしょの一歩” は、『現状の認識』にアリだと。

 

【警告】「仕事とのミスマッチ」を放置すると…⁉︎

 

…ここで1つ、あなたに質問させてください。

 

5年…10年後の未来に、いまの会社で働いている「自分像」がイメージできますか?

 

反対に、「現在の仕事 × 将来のキャリア像」にミスマッチが生じていないでしょうか?

 

というのも、心理学の研究によると「現在 × 未来」に不一致がある人ほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだそう。

 

・衝動的な言動が悪化
・ストレス抵抗力が悪化
・不安、イライラ感が悪化
・借金やクレカの負債額が増加
・将来的な貯金額が “25%” もダウン
・自己コントロール力(自制心)がダウン…など

(参考 文献:『スタンフォードの自分を変える教室』『最高の体調 ACTIVE  HEALTH』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、未来が “現在の延長線” にないと感じている人ほど、メンタルが悪化し、金銭的にも失敗しやすくなる傾向に。。

 

専門的には『自己 連続性の不一致』とか『連続性の不一致』と呼ばれる心理ですね。

 

反対に、↓下図のように「現在の自分 × 未来の自分像」がマッチしている人では、以上のデメリットすべてが反転するのだとか。

 

【自己連続性の一致】

 

さらに、ほかの研究データによると、職場とのミスマッチを放置しがちな社員ほど、↓以下のデメリットを受ける傾向に。

 

・抑うつ感が悪化
・マイナス思考が悪化
・モチベーションが悪化
・人生への絶望感が悪化
・ストレス抵抗力がダウン
・業務パフォーマンスがダウン
・感情コントロール力がダウン
・他人のことを信じられなくなる…など

(参考 文献:『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、合わない仕事に従事しつづける人のほうが、労働 意欲がダウンし、成果も上げられなくなるのですね。。

 

なので、もしも「いまの会社で、このさきも働き続けるイメージが持てない…」と感じているなら、、要注意。

 

いっそ、現在のモチベーションの低さを「転職のサイン」と解釈するのも、現状を打破する手段の1つかもですね。

 

【悲報】仕事 満足度の低さ=離職率が悪化⁉︎

 

とはいえ、↓以下のような反論もあるかもしれませんね。

 

上司
上司

やる気が湧かないから「会社を転職したい」なんて、、甘ったれるな!

モチベーション管理は、社会人の必須スキル! 文句を言う前に、頭を使って対策を練るべき!

やる気が上がらないままだと、このさきの出世・昇進にも悪影響するぞ! シッカリ改善すべし!

 

かなり厳しめの意見ですが、、たしかに↑上記にあるとおり、モチベーションを保てずにいると、仕事にも支障が出るもの。

 

とくに、枯渇したエネルギーを取り戻すには、シッカリと「運動」や「休養」の時間を取ることが先決。

 

となれば、↓以下のような対策を取るのも一手かもですね。

 

・気が済むまで「とにかく寝る」
・キャリア系の本を読んで「内省」する
・配置 転換を打診して、仕事に「変化」を加える…など

 

…しかし、です。

 

ただ一方で、情熱・やりがいを感じられないまま、いまの会社に残りつづける “リスク” もまた、、あると思いませんか?

 

その証拠に、組織 心理学の研究データによると、↓以下のことが確認されています。

 

「仕事 満足度の低さ=将来の離職率が悪化」

(参考 文献:『幸せな選択 不幸な選択行動科学で最高の人生をデザインする』)

 

にゅー
にゅー

分かりやすくいうと、いまの会社への満足度が低い人ほど、将来的に退職・離職する確率が高まるということ。。

 

なので、モチベーションを保てない職場に居続けることは、このさきのキャリアの汚点となる危険性 “大”

 

…ここで1つ、冷静に考えてみてください。

 

現代は「人生100年」とも呼ばれ、わたしたち20〜30代は、80才くらいまで働くと予測される “長寿の時代” 。

 

そして、想像してみてください。

 

このさき35〜45年 以上にわたり、つまらない仕事にガマンし続ける “苦痛の未来” を。

 

スキル アップや昇進・昇給も期待できないまま、窓際 社員へと追い込まれていく “絶望的な末路” を。

 

「そんなキャリア人生、あまりにもツラ過ぎる…」。

 

「現状から抜け出して、明るい未来を掴みたい」。

 

…そう思いませんか?

 

そこで、このさきでは「仕事のモチベーションが上がらない…」を打開すべく、科学的な「2つの突破口」を解説

 

▶︎価値観の再確認
▶︎撤退策の準備

 

にゅー
にゅー

「やる気が出ない…いっそ転職したいレベル…」と苦しむときこそ、科学を味方に対策していきましょう!

 

【やる気を改善】仕事のモチベーションが上がらない…転職すべき?→2つの突破口で【すべて解決】

 

さて、1つ目に解説するのは『価値観の再確認』について。

 

…ここで1つ、ご自身について振り返ってみてください。

 

あなたには、人生を賭(か)けて達成したいと思える「生きる目的」や「将来の目標」がありますか?

 

あるいは、心の底から情熱・やりがいを感じる「人生のゴール」や「やりたいこと」を お持ちでしょうか?

 

というのも、心理学の研究によると、生きる目標を見定めている人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

▶︎精神的なメリット
・幸福感が改善
・共感スキルが改善
・社交スキルが改善
・マイナス思考が改善
・恐怖、不安感が減少
モチベーションが改善
・ストレス抵抗力が改善
・良い対人 関係を築きやすくなる…など

 

▶︎職業的なメリット
・注意、集中力がアップ
・将来的な年収がアップ
・長期的な貯蓄率が改善
・仕事キャリアで成功しやすくなる…など

 

▶︎身体的なメリット
・抗 炎症作用が改良
・睡眠の質が良くなる
・ナチュラルキラー細胞が活発化…など

(参考 文献:『目的の力ー幸せに死ぬための「生き甲斐」の科学』『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』『最高の体調 ACTIVE HEALTH』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、じぶんの夢を明確化できている人のほうが、心身ともに健康で、やる気も改善し、経済的にも成功しやすい傾向に!

 

たとえるなら、あなたの価値観を再設計することは、キャリアという荒波を泳ぐ “道しるべ” を手に入れるようなもの。

 

↓以下の記事では、認知 行動療法でも使われる『ACT』という技法を参考に、あなたの価値観に迫っていきます。

 

ぜひ ご参照くださいね。

 

(まとめ記事へのリンク)

 

【科学が実証】『もしもの撤退策』を準備せよ!

 

さて、さいごは『撤退策の準備』について お話します。

 

そして、ここからが本番。

 

あなただけに暴露しますが、、「仕事のモチベーションが…」を脱却できない人の9割 以上には、1つの “共通点” が。

 

それは、転職 支援サービスの利用という、 “具体的な回避ツール” を確保できていないこと。

 

いいかえると、いまの仕事に留まることに囚われ、ほかの解決策・打開策を検討できなくなっている。

 

シンプルに、視野が狭くなっているのですね。

 

…キツい言い方で、すみません。

けれど、確かな事実。

 

その証拠に、臨床 心理学の研究によると「強いストレス状態にある人ほど、問題 解決力がダウンしやすい」のだそう。

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

専門的には『視野 狭窄(しや きょうさく)』と呼ばれる心理ですね。

 

反対に、適切にモチベーション管理できるビジネス パーソンほど、じぶんだけの “逃げ道” を備えられているもの。

 

みんな口に出さないだけで、いつでも転職 or 退職できるように、万が一の “退却路” を用意しているものなのです。

 

…そうでなくては、現代のような厳しいビジネス環境を乗りきるのは、、不可能に近い。

 

その証拠に、心理学の研究によると「ストレス状況への対抗策を持てる人ほど、逆境を乗り越えやすくなる傾向」に。

(参考 文献:『ネガティブな感情が成功を呼ぶ』『事実はなぜ人の意見を変えられないのか』『悪いヤツほど出世する 日本経済新聞 出版』)

 

専門的に『逆境力』とか『不快 情動(ふかい じょうどう)への耐性』などと呼ばれる心理ですね。

 

かんたんにいうと、キャリア選択を成功に導けるのは、ストレス フルな環境に対処できる “打開の一手” を準備できる人。

 

なので、断言できます。

 

いまの あなたに必要なのは、不適切な職場から脱すべく「退却 手段を手に入れること」なのだと。

 

にゅー
にゅー

「仕事のヤル気が出ない…モチベ管理ができない…」と感じるいまこそ、科学データを参照に行動していきましょう!

 

【まとめ】仕事のモチベーション皆無…いっそ転職したい…→唯一のやる気改善法は【あなたの行動】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話をきいてくれた あなたに、心から感謝します。

本当に、ありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「現状 維持のデメリット」について。

 

研究 結果によると、決断を先送りにしがちな人ほど、将来のキャリア選択に失敗し、年収もダウンしやすいのだそう。

(参考 文献:『ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか』)

 

いま思えば、わたし自身が「あのとき動いて正解だった…」と感じるのは、いずれもが『すぐに起こした行動』。

 

反対に、ダラダラと思い悩みつづけていたときこそ、かえって状況が悪化していったように思います。。

 

…さぁ、頭のなかで想像してみてください。

 

このまま行動を先延ばしにして、将来のキャリアに絶望し続ける “真っ暗な未来” を。

 

反対に、現状に光明を見出すべく、勇気を持って動き出す “可能性ある未来” を。

 

あなたが望むのは、どちらの人生でしょうか?

 

このさきの運命を変えられるかどうかは、すべて今この瞬間の『あなた自身の選択しだい』です。

 

でも、きっと大丈夫。

 

ここまで、わたしの話を聞いてくださった懸命な あなたなら、ぜったいに前向きな未来へと変えていけるはず

 

にゅー
にゅー

わたしは、そう信じています!

 

キャリアの決定権は、あなたが握っていますよ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました