【辞めたい】仕事が合わない時も我慢して続けるべき?→対策4選で【科学データありで解決】

【合わない仕事】Uncategorized

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

はぁ…会社に行くのが苦痛すぎて…。

合わない仕事を続けるだけの毎日…これ以上、ガマンできないよ。。

もう耐えられない、、ストレスが限界…働くことが、こんなにツラいなんて。。

…でも、まだ入社して1年 未満だから「甘えだ!」「逃げだ!」って批判されるかも。。

それに、確実に転職できる保証もないし…お金の心配もあるから、将来的にも不安だし。。

どうしたらいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【もう無理】合わない仕事を辞めたい=甘え?→『原因の分析』で解決⁉︎
▶︎科学的な「4つの打開策」で【すべて克服】くわしい内容は記事の後半

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【辞めたい】仕事が合わない時も我慢して続けるべき?→対策4選で【科学データありで解決】

【もう無理】合わない仕事を辞めたい=甘えか?→解決策は『原因の分析』⁉︎【データあり】

 

【注意】当記事では、あなたの仕事の悩みを解決すべく、科学的なエビデンスをもとに、対策法を発信していきます。

 

大丈夫です
あなたの苦しみは、きっと解消できますから

 

わたしと一緒に、克服していきましょうね。

 

 

さて、さきに結論ですが「仕事が合わなくても、ガマンして続けるべき…?」を解決するカギは、『原因の分析』にアリ

 

↓以下のようなイメージで、職場とのミスマッチが生じている理由に目を向けることが、問題を解決する “さいしょの一歩” に。

 

なぜ、いまの働き方に納得できていないのか?」
「仕事が合わないと感じる問題点は、なんだろう?

 

じつは、心理学の研究によると、懸念点を “より客観的に” 把握できる人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

・問題 解決力がアップ
・ストレス抵抗力がアップ
・不安感、イライラ感が改善
・ネガティブ、マイナス思考が改善…など

(参考 文献ー『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、問題点を事実・データをもとに認識できる人のほうが、メンタルが安定し、課題に対処しやすくなるのです!

 

そこで、↓以下10点を参照しつつ、仕事とのミスマッチを起こしている原因の究明がオススメ。

 

・いまの仕事では、やりたいことを実現できる見込みがない
・上司の怒号やお局さまの陰口など、社内の人間 関係に難アリ
・毎日ルーティンワークばかりで、つまらない業務 内容に退屈ぎみ
・高圧的な先輩にパワハラされ、会社に行くことが怖くなっている
・ほかの社員の意識が低く、職場のモチベーション格差が苦痛すぎる
・スキルアップの機会に乏(とぼ)しく、将来のキャリア形成が不安
・希望していた部署に配属されず、ニガテ分野の仕事を強制されている
・会社が求人 広告費をケチっているせいで、人手 不足で過剰 労働を強いられている
・成果が正当に評価されず、能力に対する報酬(給料)が見合ってない
・年功 序列が強い古い社風で、若い社員に昇給 or 昇進のチャンスがない…など

 

断言できます。

 

「仕事が合わなくて…」を打開する “ファースト ステップ” は、なによりもまず『理由の明確化』にアリですよ。

 

【科学で解説】「我慢」や「忍耐」にも一理アリ?

 

とはいえ、↓以下のような考えもあるかもですね。

 

上司
上司

まだ1年〜3年 未満の新人なのに、会社が合わないから辞めたいなんて…甘ったれるな!向き・不向きなんて、仕事をこなしていくうちに分かっていくもの! 見切りをつけるのが早すぎると、、キャリア選択に後悔するぞ!

 

かなりキツい意見ですが、、たしかに↑上記にも一理アリです。

 

その証拠に、経営・経済学の研究によると、仕事は「初めこそツラいけど、後々に楽になっていくもの」なのだそう。

 

にゅー
にゅー

さらに詳しくいうと、日々の業務に勤(いそ)しむうちに、労働に費やすコストが軽くなっていくということ!

 

専門的には『エクスペリエンス・カーブ(経験 曲線)』とか『経験 効果(けいけん こうか)』などと呼ばれる現象ですね。

 

図解すると、↓以下のとおり。

 

経験効果(曲線)

 

なるほど確かに、テニスを始めたばかりの中学生が、翌年にはグランド スラムで優勝できた…なんてミラクルは、ありえない。

 

現実的には、何年もコツコツ努力したテニス プレーヤーたちが、必死の思いでアスリートとしての階段を登っていますよね。

 

となれば、世間で言われる「まずは1年」「3年は継続すべし」といった考えにも、一見の価値アリかもしれません。

 

なので、もしも自助 努力で改善できる見込みがあるなら、いちど血ヘド吐く思いでチカラを注いでみるのも一手ですね。

 

【悲報】「合わない会社」に居続けると…⁉︎

 

…しかし、です。

 

ただ一方で、「石の上にも3年」という一般論を間に受け、合わない職場に居続けるデメリットもまた…あると思いませんか?

 

その証拠に、組織 心理学の研究によると、会社とのミスマッチを放置しがちな社員ほど、↓以下のデメリットを受ける傾向に。

 

・抑うつ感が悪化
・マイナス思考が悪化
・モチベーションが悪化
・人生への絶望感が悪化
・ストレス抵抗力がダウン
・業務パフォーマンスがダウン
・感情コントロール力がダウン
・他人のことを信じられなくなる…など

(参考 文献:『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、不向きな仕事を続けてしまう人ほど、メンタルが悪化し、業務 成果も上げられなくなるのですね。。

 

たとえるなら、 “不” 適切な環境にガマンすることは、サッカー選手が野球のグラウンドで練習しつづけるようなもの。

 

一流のアスリートになりたいなら、ピッチ(サッカー グラウンド)のうえで努力すべき。

 

…そう思いませんか?

 

さぁ、想像してみてください。

 

現代は「寿命100年」とも言われる時代で、わたしたち20〜30代の定年は “75才 前後” まで伸びると予測されています。

 

このさき48万8,000時間も、適性の合わない仕事に苦しみつづけることが、どれだけの “苦痛の未来” となるのか。

 

ミスマッチのせいで成果も上げられず、周りから後ろ指を差されつづけることが、どれほどの “孤独” と “絶望” を生むか。

 

そんな人生、絶対にイヤだ。

 

現状を打破して、明るい未来を掴みたい。

 

…そう思いませんか?

 

そこで、このさきでは「仕事が合わなくて、毎日がツラい…」を解消すべく、科学的な「4つの打開策」を紹介です。

 

▶︎価値観の見直し
▶︎マイナス感情の把握
▶︎ネガティブ感情の暴露
▶︎複数の解決策を手に入れる

 

にゅー
にゅー

「もう限界…職場のミスマッチから抜け出したい…」と悩むときこそ、科学を味方に対策していきましょう!

 

【科学で対処】仕事が合わないなら、辞めるべき?我慢が吉?→4つの打開策で【すべて解決】

 

さて、1つ目に解説するのは『価値観の見直し』について。

 

…ここで1つ、あなたに質問させてください。

 

「人生の目標」や「生きる目的」を強く意識しながら、仕事に対処できていますか?

 

あるいは、命を賭(と)して守るべき「使命」「価値観」を持って、ふだんから生活できているでしょうか?

 

じつは、心理学の研究によると、みずからの価値観を明確化できている人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

▶︎精神的なメリット
・幸福感がアップ
・社交性がアップ
・共感力がアップ
・マイナス思考が改善
・恐怖、不安感が改善
・記憶力の低下を防ぐ
・モチベーションが改善
・ポジティブ気分が改善
・ストレス抵抗力がアップ
・良い対人 関係を築きやすくなる…など

 

▶︎職業的なメリット
・注意、集中力が改善
・将来的な収入がアップ
・長期的な貯蓄率がアップ
キャリア選択に成功しやすくなる…など

 

▶︎身体的なメリット
・抗 炎症作用が改善
・不眠になりづらくなる
・ナチュラルキラー細胞が活性化…など

(参考 文献:『目的の力ー幸せに死ぬための「生き甲斐」の科学』『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』『最高の体調 ACTIVE HEALTH』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、人生のゴール・生きる指針を定めている人ほど、メンタル・フィジカルともに安定し、経済的にも成功しやすいのです!

 

たとえるなら、あなたの価値観を深く知ることは、ビジネスという厳しい海を泳ぎきる “道しるべ” を手にするようなもの。

 

「仕事が合わなくて、心身ともにキツイ…」と感じているいまこそ、あなた自身の “コンパス” を再確認するのが吉ですよ。

 

①3つのワードを「選択」

 

このさきでは、認知 行動療法でも使われる『ACT』というテクニックを参照しつつ、あなたの価値観に迫っていきましょう。

 

まずは、1つ目。

 

手始めに、↓下図を参考にして直感的にコレだ!と思う「3つのワード」を選んでみてください。

 

価値観リスト

 

さて、見つけられましたか?

 

もちろん、↑上図に適切なフレーズがないときは、あなた独自のものをチョイスしてもOKですよ。

 

②3つのフレーズを「採点」

 

つぎに、2つ目。

 

↓下図のようなイメージで、さきほどピックアップした3つのキーワードを「10点 満点」で評価してみてください。

 

価値観リストの数値化

 

これで、あなたの価値観に “優先 順位” が付けられました。

 

以上のプロセスは、専門的に「数値化」と呼ばれ、ものごとを客観視するときに使われる手法の1つ。

 

イチバン点数が高かったものが、あなたにとっての「最上の価値」です。

 

③仕事 × 価値観を「リンク」させる

 

さて、ラストは「価値観 × いまの仕事」をリンクさせていきましょう。

 

ちょっと難しいかもなので、↓以下を参考にしつつ、あなたの「仕事 × 価値観」を結びつけて、再解釈してみてください。

 

ビジネスウーマン
ビジネスウーマン

わたしは『安心』が大切。…だから、いまの職場の「成果 主義」なところは、あんまり性に合わないのよね…利益 偏重(へんちょう)すぎる職場は、ちょっと。。

ビジネスマン①
ビジネスマン①

ボクは『好奇心』が大事かな。いまの会社は単純 作業も多いけど、きちんとした教育 制度があるから…わりと満足できてる、かなぁ。。

 

さて、これにて終了です。

お疲れさまでした。

 

以上に紹介した方法は、専門的に『ジョブ クラフティング』とか『ワーキング アイデンティティー』と呼ばれる技法。

 

「価値観 × 現在の仕事」を結びつけて考え直す、科学的に効果アリな手法の1つだとされています。

 

メリットとしては、↓以下のとおり。

 

・離職率が改善
・仕事 満足度がアップ
・モチベーションがアップ
・問題 解決スキルがアップ
・業務パフォーマンスが改善
・やりがいを感じやすくなる
・仕事に情熱を持ちやすくなる
・ポジティブな感情や行動が増加…など

(参考 文献:『4021の研究データが導き出す 科学的な適職』)

 

断言できます。

 

あなた自身の価値観を見つめなおすことが、このさきのキャリアを生き抜く “打開の一手” になると。

 

【ストレスが4分の1も解消】マイナス感情の把握とは?

 

さて、2つ目に お話するのは『マイナス感情の把握』について。

 

じつは、心のうちに渦巻(うずま)いているネガティブな気持ちに気付けることは、科学的なストレス対策として “超” 優秀。

 

世界のIT企業とされる「Google社」でも、社内 研修の1つとして取り入れられているくらいです。

 

その証拠に、心理学の研究によると、じぶんのマイナス思考を認識できる人ほど、↓以下のメリットを受ける傾向に。

 

▶︎メンタル的なメリット
・衝動的な言動が減少
・問題 対処力がアップ
・ネガティブ思考が減少
・イライラや不安が減少
・自尊心(自信)が改善
・ストレス抵抗力がアップ
・感情コントロール力がアップ
・自己コントロール力がアップ
・恐怖感が“平均18.1%” も減少
・身体的なストレス反応が“平均27.5%” も低下…など

 

▶︎職業・経済的なメリット
・将来的な収入がアップ
・仕事(学習)成績がアップ…など

(参考 文献:『サーチ・インサイド・ユアセルフー仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法』『マンガでやさしくわかる認知行動療法』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、自分 自身のマイナス感情に気付ける人のほうが、ストレス状態が改善し、キャリア的にも成功しやすいのです!

 

専門的には『情動ラベリング』と呼ばれ、心理カウンセリングの場面でも活用される方法の1つですね。

 

【実践】キーワードは「感情リスト」と「数値化」

 

それでは、さっそく実践していきましょう。

 

まずは、↓下図を参考に「いまの自分の気持ちを表してるな〜…」と感じるコトバを、3つほど抜き出してみてくださいね。

 

感情リスト

 

さて、選べましたか?

 

そして2つ目に、↓下図のようなイメージで、あなたが選んだ3つのフレーズを「上限100点」で点数づけしてみてください。

 

【感情の把握】

 

はい、お疲れさまでした。

 

以上は「感情リスト」と「数値化」を活用した情動ラベリングの手法。

 

研究データによると、わたしたち人間は、無意識の感情のうち「約10〜15%しか自覚できない」と言われています。

 

にゅー
にゅー

慢性ストレスが「サイレント・キラー」と呼ばれるゆえんですね。。

 

なので、仕事ストレスを乗り切る “第一歩” は、まずは「あなた自身のネガティブ感情に気づくこと」にアリですよ。

 

【転職 成功率が2.5倍⁉︎】ネガティブ感情の暴露

 

さて、3つ目に解説するのは『ネガティブ感情の暴露』についてです。

 

じつは、脳科学・心理学の研究によると、仕事のグチや不満を吐き出せる人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだとか。

 

・不安や焦りが減少
・ネガティブ思考が減少
・イライラしにくくなる
・モチベーションがアップ
・ストレス抵抗力がアップ
・ポジティブ気分がアップ
・感情コントロール力がアップ
・再 就職率が“27.3%→68.4%” に改善

(参考文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』『サーチ・インサイド・ユアセルフー仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法『後悔しない超 選択術』)

 

にゅー
にゅー

とめると、習慣的にマイナス感情を吐露できる人のほうが、ストレスに強く、転職 成功率も “約2.5倍” にアップするのだとか!

 

専門的には『エモーショナル ディスクロージャー』と呼ばれ、心理セラピーでも活用されるテクニックの1つですね。

 

たとえるなら、心に溜まったストレスを吐き出すことは、パンパンになった風船の空気を “ガス抜き” してあげるようなもの。

 

なので、↓以下を参考に「ネガティブ感情の暴露」を実行していくのがオススメです。

 

・仕事の苦痛を「紙に書き出す」
・独り言で「グチを言葉にする」
・会社のグチを「友だちに話す」
・職場の苦しみを「家族と共有」
・専門のカウンセラーへ「相談」
・芸術作品で自分を「表現する」…など

 

もっとも手軽なのは、1日あたり8〜20分くらい「ストレスについて紙に書き出す」という方法です。

 

準備するのは紙とペン“だけ” ですから、最強に お手軽。

 

専門的には『エクスプレッシブ ライティング(筆記 開示)』と呼ばれ、認知行動療法でも利用される技法の1つです。

 

科学が示す “答え” は、日本的な「ガマン=美徳」とする価値観とは正反対。

 

仕事でのストレスは、溜め込むのでなく「吐き出す」が正解ですよ。

 

【科学が保証】『複数の解決策』を持つべし!

 

さて、さいごは『複数の解決策を手に入れる』について。

 

そして、ここからが本記事のメインテーマ。

 

あなただけに打ち明けますが、、「仕事が合わなくて…」を脱却できない人の97〜99%には、1つの“共通点” が。。

 

それは、「自分に選択できる解決策は、たくさん世の中にある」という事実に気づいていないこと。

 

いいかえると、いまの会社に留まること “だけ” に意識が向いてしまい、ほかの可能性について検討できなくなっている。

 

かんたんにいうと、視野が狭まっているのですね。

 

…きびしい言い方で、すみません。

けれど、事実です。

 

その証拠に、臨床 心理学の研究によると「強いストレス状態にあるときほど、問題 解決力がダウンしやすい」のだそう。

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

専門的には『視野 狭窄(しや きょうさく)』とか『ネガティブ バイアス(悲観的な考え)』と呼ばれる心理 傾向ですね。

 

残念なことに、、仕事でストレス フルになればなるほど、現状から抜け出しにくくなってしまうということ。。

 

反対に、ほかの研究データによると、いくつもの選択肢を考慮(こうりょ)できる人ほど、問題 対処力が高まる傾向に。

(参考 文献:『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』『無理なく限界を突破する心理学 突破力』)

 

専門的に『クリティカル シンキング(批判的な思考)』と呼ばれる考え方です。

 

そこで、↓以下を参照して「選択肢の幅を広げる」のも一手ですね。

 

・キャリア系の本を読んでみる
・スキル アップできる資格を取る
・社内で実績を作り、地位を上げる
・上司や人事に「部署 異動」を打診

 

・有給を取って「考える時間」を設ける
・結果につながるようインプットを増やす
・適職テストで自己分析し、やりがいを発掘
・支援サービスを活用し、キャリア転換にトライ…など

 

にゅー
にゅー

「ぶっちゃけ、いまの仕事は合ってない気が…」と感じるときこそ、科学データを参考に動いていきましょう!

 

【まとめ】もう辞めたい…仕事が合わない気が…→たった1つの打開策は【あなた自身の行動】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話をきいてくれた あなたに、心から感謝します。

どうもありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「5つの人生の後悔」について。

 

研究 結果によると、わたしたちが自分の人生を振り返るとき、↓以下の「5つの大きな悔やみ」をしがちなのだそう。

 

「起業する自信を持っていたら〜…」
「もっと学校で勉強しておけば〜…」
もっと早く会社を辞めておけば〜…」
お金なんかのために仕事しなければ〜…」
「直感にしたがって正直になっておけば〜…」

(参考 文献:『4021の研究データが導き出す 科学的な適職』)

 

しかも、ほとんどのビジネス パーソンにとって「仕事キャリアの後悔=人生レベルでの悔やみ」だと分かっています。

 

…さぁ、頭の中に思い浮かべてみてください。

 

現状 維持に甘んじて、このさきの将来に絶望しつづける “真っ暗な未来” を。

 

反対に、性に合わない仕事を乗り越えて、仕事への情熱・やりがいへと向かっていく “明るい未来” を。

 

あなたが欲しいのは、どちらでしょうか?

 

あなたを苦境から救ってくれるのは、たった1つ『あなた自身の行動』だけ。

 

人生を変えられるかどうかは、すべて今この瞬間の『あなた自身の選択 次第』です。

 

でも、だいじょうぶ。

 

ここまで、わたしの話に耳を貸してくださった誠実なあなたなら、きっと前向きな運命に変えていけるはずですから。

 

わたしは、そう信じます。

 

にゅー
にゅー

望む未来を、あなた自身の手で掴んでいきましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました