【もう限界】合わない仕事が原因で体調不良に…不調の改善法2選で【科学データをもとに解決】

【体調不良】仕事が合わない

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む女性
仕事に悩む女性

もう無理…職場ストレスに耐えられない…。

仕事が合わないせいか、さいきん体調 不がヒドくて…朝は起きれないし、夜も眠れない。。

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

…でも、お金に余裕があるじゃないから、すぐに退職はキツい…職を転々とするのも、マイナスだし。。

どうしたらいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【辞めたい】仕事が合わない…→体調 不良の克服策は『問題点の分析』⁉︎
▶︎科学的な「2つの改善策」で【すべて解決】くわしくは記事の後半

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【もう限界】合わない仕事が原因で体調不良に…不調の改善法2選で【科学データをもとに解決】

【辞めたい】合わない仕事が体調不良の理由?→克服策は『問題点の分析』にアリ⁉︎

 

【注意】当サイトでは、あなたの仕事の悩みを解消すべく、科学的なデータをもとに、解決策を発信していきます。

 

きっと、大丈夫。
あなたの苦しみは、かならず克服できますから。

 

わたしと一緒に、対策していきましょうね。

 

 

さて、さきに結論ですが「仕事が合わないせいか、体調 不良が…」を解決するキーワードは、『問題点の分析』

 

↓以下のような感じで、あなたが直面している「ミスマッチの原因」に目を向けるのが吉です。

 

なにが問題で、体調が悪くなってしまうのか?」
「カラダを壊すほどの原因は、どこにあるんだろう?」

 

というのも、心理学の研究によると、問題を明確化できる人ほど、↓以下のメリットを受けやすくなるのだそう。

 

・マイナス思考が改善
・問題 解決スキルが改善
・不安、イライラ感が改善
・ストレス抵抗力がアップ…など

(参考 文献ー『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、原因を “より具体的に” 深掘りできる人ほど、ストレス状態が改善し、困難に対処できるようになるのですね!

 

たとえるなら、合わない理由を明らかにしないまま働くことは、姿の見えない “お化け” を相手に戦うようなもの。

 

そこで、↓以下7つを参考にしつつ、あなただけの「仕事の問題」にフォーカスするのがオススメです。

 

【ランキング】職場の問題【全7選】
1.高圧的な上司のパワハラが横行し、労働 環境がブラックぎみ
2.斜陽 産業の会社なので、将来的な不況や業績ダウンに懸念 要素アリ
3.マジメに働いて成果を出してるにも関わらず、仕事で正当に評価されない
4.信頼できる上司や同僚がおらず、誰にも仕事のグチや不満を相談できない
5.業務 内容に面白み・やりがいを感じられず、スキル アップに期待が持てない
6.職場の人間 関係に馴染めず、社内でのコミュニケーションに不和が生じている
7.アイデアや企画が1つも受け入れられず、社風・会社 理念とのミスマッチを感じている…など

 

断言できます。

 

あなたの「さいきん体調が悪い…仕事に合ってないのかも…」を打開する第一歩は、『原因の明確化』にアリですよ。

 

【警告】「慢性ストレス」に耐え続けると…⁉︎

 

ご注意ください。

 

合わない仕事にガマンし続けることは、あなたの体調 不良を引き起こすリスク “大” ですので。

 

…脅すような言い方で、すみません。

けれど、たしかな事実です。

 

その証拠に、生理心理学の研究によると、慢性ストレスを溜め込みがちな人ほど、↓以下の不調に影響しやすい傾向に。

 

▶︎メンタルの不調
・笑顔が失くなる
もの忘れが悪化
・日中の集中力がダウン
・イライラしやすくなる
・訳もなく泣きたくなる
・やる気が起きず無気力に
・不安、恐怖感が悪化する
・感情コントロールが下手に
・生きる気力が湧かなくなる
・趣味や好きなことをしても気分が晴れない…など

 

▶︎フィジカルの不調
・夜に眠れなくなる
・立ちくらみがする
・急な頭痛が増える
・めまいが激しくなる
・朝 起きられなくなる
・お腹の調子が悪くなる
・頭がボーッとして働かない
・ときどき吐き気に襲われる
・まぶたが持ち上がらなくなる
・肩、腰、背中のコリがヒドくなる…など

 

たとえるなら、仕事ストレスによる体調 不良は、あなたの脳が “危険シグナル” を発しているようなもの。

 

…さぁ、ご自身について振り返ってみてください。

 

朝 起きるとき、異常なまでに「カラダが重い…」と感じていないでしょうか?

 

あるいは、なかなか仕事の疲れが取れずに、憂鬱な休日を過ごしていませんか?

 

お気をつけください。

   

「ノドが乾く前に、水を飲め」とも言われるように、本格的な体調 不良の “前” に対処すべきですよ。

 

【注意】「給料=ガマン料」と考えるデメリットとは?

 

とはいえ、↓以下のような考えもあるかもしれません。

 

上司
上司

いくら仕事が合わないからって「会社を辞めたい」だなんて、、ただの甘え!

会社員になれば、多少の体調 不良はガマンしてでも出社するもの! 根性が足りないぞ!

それに、転職したところで「自分に合った環境」が見つかる保証なんて、どこにも無いぞ!

 

かなりキツい言い分ですが、、たしかに↑上記にあるとおり、いまの仕事を辞めたところで、

 

となれば、ここは1つ「仕事=生活費を得る手段」と割り切って、いまの職場に残るのも一手かもしれません。

 

…しかし、です。

 

ただ一方で、お金のために仕事を続ける “リスク” もまた、、あるように思いませんか?

 

その証拠に、組織 心理学の研究によると「給料=ガマン代」と考えがちな人ほど、↓以下のデメリットを受ける傾向に。

 

・幸福度が悪化
・労働 生産性が悪化
・目標の達成率が悪化
・モチベーションが悪化
・業務パフォーマンスが悪化…など

(参考 文献:『その科学があなたを変える』『「幸せをお金で買う」5つの授業』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、お金のためにイヤイヤ働く人ほど、業務 成果も上がらず、人生の幸福度も下がりやすくなるのですね。。

 

たとえるなら、ツラい労働を強制されることは、刑務所にブチ込まれ、奴隷のように働かされるようなもの。

 

…ここで1つ、冷静に考えてみてください。

 

現代は「人生100年」とも言われ、わたしたち20〜30代の定年が “80才 前後” まで伸びると予測される時代。

 

そして、頭のなかで想像してみてください。

 

まともなスキル・キャリア アップも望めないまま、合わない職場で苦しつづける “真っ暗な日々” を。

 

…そんな人生、あまりにも苦痛だと思いませんか?

 

そこで、このさきでは「合わない仕事のせいで、体調 不良が…を打開すべく、科学的な「2つの改善策」を紹介

 

▶︎価値観の再認識
▶︎撤退ルートの準備

 

にゅー
にゅー

「働くのが苦痛すぎて、体調を崩しそう…」と苦しむときこそ、科学を味方に対策していきましょう!

 

【科学で克服】合わない仕事のせいで、体調不良が…→科学的な2つの改善策で【すべて解決】

 

さて、1つ目に紹介するのは『価値観の再認識』について。

 

ここだけの話、、会社員の9割が陥りがちな “大きなミス” の1つのが、じぶんの価値観を明確化できていないこと。

 

「人生の目的」や「本当にやりたいこと」を把握できていないからこそ、会社とのミスマッチに苦しんでしまうのです。

 

その証拠に、産業心理学の研究によると、↓以下のデータが確認されています。

 

「業務の負担が重すぎるとき、仕事が期待・価値観との不一致があるときほど、↓以下のデメリットを受けやすくなる」

 

・抑うつ感が悪化
・マイナス思考が悪化
・モチベーションが悪化
・人生への絶望感が悪化
・ストレス抵抗力がダウン
・業務パフォーマンスがダウン
・感情コントロール力がダウン
・他人のことを信じられなくなる…など

(参考 文献:『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、価値観に合わない職場に居続ける人ほど、ストレス状態が悪化し、業務 成果も上がりにくくなるのですね。。

 

そこで重要なのが、あなた自身の価値観をハッキリさせておくこと。

 

たとえるなら、あなたの目標・目的を見定めることは、キャリアという海を泳ぐための “目印” を手にするようなもの。

 

「どこに向かっていけばいいのか?」を示してくれる “案内図” があれば、道に迷わずに済みますよね。

 

↓以下の記事では、心理カウンセリングでも利用される『ACT』という技法を参考に、あなたの価値観を深掘りします。

 

ぜひ ご覧くださいね。

 

 

【科学が実証】『万が一の撤退ルート』を準備せよ!

 

さて、さいごに お話するのは『撤退ルートの準備』についてです。

 

そして、ここから先が本題。

 

あなただけに打ち明けますが、、「仕事が合わなくて…」を克服できない人の9割 以上には、共通の “失敗パターン” が。

 

それは、転職 支援サービスの利用という “具体的な脱出ツール” を、シッカリと備えられていないこと。

 

「もうダメだ…」というマイナス思考に囚われてしまい、ほかの選択肢に目を向けられなくなっている。

 

分かりやすくいうと、視野が狭くなっているのですね。

 

…ストレートな指摘で、すみません。

けれど、たしかな事実です。

 

その証拠に、臨床 心理学の研究によると「ネガティブ思考に囚われがちな人ほど、問題 対処力がダウンしやすい傾向」に。

(参考 文献:『後悔しない超 選択術』『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

専門的に『ネガティブ バイアス(悲観的な思い込み)』とか『視野 狭窄(しや きょうさく)』などと呼ばれる心理です。

 

…ここで1つ、想像してみてください。

 

「もう明日からキミ、ウチの会社に来なくていいから」。

 

上司から↑上記のように言われたら、仕事から解放されたという気持ちと同時に「生活どうしよう…」とも思いませんか?

 

「いきなりクビを宣告されたら、どうやって明日から生きていけば…」と、心底 恐ろしく感じないでしょうか?

 

…そう。

 

その感覚こそが「逃げ道を持てていない」ということ。

 

いま、あなたが感じている恐怖・不安感こそが、身の安全を確保する “退避 手段” を備えられていないことの証明。

 

ちなみに、転職 活動は「在職中に進める」が正解。

 

というのも、金銭的・時間的な余裕がないときほど、わたしたち人間は “選択ミス” を犯しがちだから。

 

その証拠に、心理学の研究によると、時間・お金の余裕が少ないときほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだそう。

 

・業務パフォーマンスがダウン
・問題 解決スキルが ”45%“ もダウン
・脳の情報 処理スキルが ”20%“ もダウン
・IQ(知能)が一時的に ”9〜10pt“ もダウン…など

(参考 文献:『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』『後悔しない超選択術』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、時間的・金銭的なプレッシャーが強いときほど、間違った選択をしやすく、困難から抜け出せなくなる傾向に。。

 

なので、断言できます。

 

いまの あなたに必要なのは、苦痛な職場から抜け出す「現実的な退避ルートの確保」なのだと。

 

にゅー
にゅー

「いまの仕事が合わない…向いてない…」と感じるときこそ、科学データを参照し動いていきましょう!

 

【結論】合わない仕事が原因で体調不良に…→不向きな職場から卒業するには?【行動だけが正義】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話を聞いてくださって、本当にありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「決断を先送りにするデメリット」について。

 

研究データによると、現状 維持に甘んじやすい人ほど、将来の年収が下がり、キャリア選択にも失敗しやすいのだそう。

(参考 文献:『ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか』)

 

いま思えば、わたしが「あのとき動いて正解だった…」と感じるのは、いずれも『すぐに即断 即決で起こした行動』。

 

反対に、周囲の視線を気にして躊躇したときほど、後々に “手痛いミス” を食らってしまった過去アリ。。

 

…さぁ、頭のなかに思い浮かべてみてください。

 

周りからの「甘え」「逃げ」といった批判に怯え、キャリアの可能性すら失ってしまう “暗い未来” を。

 

反対に、思いきって行動に起こし、あなた自身の手で将来を切りひらく “希望ある未来” を。

 

あなたが望むのは、どちらの人生でしょうか?

 

だいじょうぶ。

 

ここまで、わたしと共に理解をすすめてきた聡明な あなたなら、ぜったいに明るい未来へと変えていけるはずですから。

 

にゅー
にゅー

わたしは、そう強く信じています!

 

人生の決定権は、あなたが握っていますよ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました