【大失敗】性格的に合わない仕事に就いて、ガチ後悔…→対策2選で【科学データありで解決】

【性格的に合わない仕事】

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

もうストレスが限界…これ以上、耐えられない…。

性格的に合わない仕事に就いてしまったばかりに、会社に行くのが苦痛すぎる。。

せっかく、自分の弱点を克服したいと思って就職した会社なのに…こんな結果になるなんて。。

上司や先輩から怒鳴られるだけの毎日…スキルも身に付けられないし、、自分が情けない。。

…でも、いま辞めたら「逃げグセがつくぞ!」って言われそうだし。。

どうしたらいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎仕事が性格的に合わなくて…→「ガマンはNG」な理由を【科学で解説】
▶︎科学データありの「2つの打開策」で【すべて解決】詳細は記事の後半

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【大失敗】性格的に合わない仕事に就いて、ガチ後悔…→対策2選で【科学データありで解決】

【ミスマッチ】いまの仕事が性格的に合わない…→「ガマンはNG」な理由を【科学で解説】

 

【注意】当記事では、あなたのキャリアの悩みを解決すべく、科学データをもとに、対処法を発信していきます。

 

だいじょうぶ
あなたの苦しみは、きっと解消できますから

 

わたしと一緒に、対策していきましょうね。

 

 

さて、さきに結論ですが「性格的に合わない仕事がツラい…」を解決するキーワードは、『無理にガマンしないこと』

 

というのも、合わない仕事をイヤイヤ続けたところで、成果は上がらないばかりか、離職率を悪化させるリスク “大” だから。

 

…おどすような言い方で、すみません。

しかし、確かな事実です。

 

その証拠に、組織 心理学の研究によると、↓以下のデータが証明されています。

 

仕事 満足度の低さ ≒ 将来の退職率が悪化

 

にゅー
にゅー

まとめると、いまの仕事に満足できていない人ほど、将来的に会社を辞める可能性 “大” だということ。。

 

…さぁ、ご自身について振り返ってみてください。

 

ほんとうは「1つのことをコツコツこなすタイプ」なのに、会社の都合で高度なコミュニケーションを強要されていませんか?

 

あるいは、人目を気にしやすい性格・気質なのに、臨機 応変でフレキシブルな顧客 対応を強制されていないでしょうか?

 

断言できます。

 

適性にマッチしない仕事をつづけても、このさきのキャリアが報われる確率は「極めて低い」と。

 

科学的に見ても “ガマンは禁物” なのです。

 

【悲報】「給料=ガマン料」と考えると…⁉︎

 

さらに、産業 心理学の研究によると「給料=仕事のガマン料」と捉えがちな社員ほど、↓以下のデメリットを受ける傾向に。

 

・幸福度が悪化
・労働 生産性が悪化
・目標の達成率が悪化
・モチベーションが悪化
・業務パフォーマンスが悪化…など

(参考 文献:『その科学があなたを変える』『「幸せをお金で買う」5つの授業』)

 

にゅー
にゅー

まとめると「給料=労働の対価」と考えてイヤイヤ仕事する人のほうが、労働 意欲がダウンし、成果も上げられなくなるのですね。。

 

なので、世間にありがちな↓以下の意見は、、全力スルーでOKです。

 

上司
上司

お金をもらってるんだから、個人の好みうんぬんで仕事の良し悪しを決めるな! 対価として給料を頂いている以上、誠意をもって働くべきだ!

 

とくに、日本で働いていると「お金をもらう=苦痛をともなうこと」と解釈されがちですよね。

 

…しかし、です。

 

仕事のモチベーションも湧かず、パフォーマンスも発揮できない環境では、将来的に直面するのは “リストラ” の4文字かも。。

 

なので、あなたが「性格的に合わない仕事で…」と感じているなら、給料のことは抜きにして考えるのが吉ですよ。

 

【危険】「合わない仕事」を続ける末路とは…

 

ただ一方で、↓以下のような意見もあるかもですね。

 

上司
上司

性格的に合わないからって、かんたんに仕事を辞めようと思うんじゃない! 少なくとも、いまの会社で成長できたことを1つでも見つけて、実績を作ってからにしろ! “石のうえにも3年” の精神で、努力すべきだ!

 

たしかに↑上記の意見にあるとおり、仕事に就いて早々に辞めていては、自制心・忍耐力などにマイナスかもしれません。

 

それに、企業から低評価の烙印(らくいん)を押されるリスクもありますし。

 

…しかし、反対に「仕事とのミスマッチを放置する “不利益” 」に目を向けるという視点もある、と。

そう思いませんか?

 

その証拠に、組織 心理学の研究によると、向いてない職場に居続ける社員ほど、↓以下のデメリットを受ける傾向に。

 

・抑うつ感が悪化
・マイナス思考が悪化
・モチベーションが悪化
・人生への絶望感が悪化
・ストレス抵抗力がダウン
・業務パフォーマンスがダウン
・感情コントロール力がダウン
・他人のことを信じられなくなる…など

(参考 文献:『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、性格的に合わない仕事を続けてしまいがちな人ほど、メンタルが悪化し、疑心 暗鬼(ぎしん あんき)になりやすいのですね。。

 

たとえるなら、合わない会社に留まることは、バレー選手が野球のグラウンドで活躍しようとするようなもの。

 

バレー選手が輝けるのは、バレーコートの上。

 

野球のグラウンドが似合うのは、野球アスリートだけ。

 

…そう思いませんか?

 

ここで1つ、想像してみてください。

 

人生の3分の1を「仕事の時間」として費やすにも関わらず、このさき40年 以上もイヤイヤ働き続ける “真っ暗な未来” を。

 

「とりあえず1年」「まずは3年」といった世間の思い込みのせいで、キャリアの可能性が閉ざされていく “悲しい末路” を。

 

「そんな人生、あまりにも苦痛すぎる…」。
「もっと、本領を発揮できる環境が欲しい…」。

 

…そう感じませんか?

 

そこで、このさきでは「性格的に合わない仕事がツラくて…」を克服すべく、科学的な「2つの打開策」を解説です。

 

▶︎価値観の見直し
▶︎退避ルートの確保

 

にゅー
にゅー

「職場とのミスマッチがツラい…もう限界…」と苦しむときこそ、科学を味方に対策していきましょう!

 

【科学で克服】性格的に合わない仕事が苦痛で…→ミスマッチを解消する【2つの打開策とは?】

 

さて、1つ目に解説するのは『価値観の見直し』について。

 

「性格的に合わない」「適性にマッチしてない」と感じてしまう原因の1つは、会社の方針 × 価値観に不一致があるからかも。

 

そこで、仕事のミスマッチを解消すべく、あなた自身の「働く目的」や「人生の価値観」の理解にフォーカスするのが吉。

 

その証拠に、心理学の研究によると、生きる目標・ゴールが明確な人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

▶︎心理・身体的なメリット
・イライラ感が改善
・長生きしやすくなる
・共感スキルがアップ
・人生の満足度がアップ
・不安感、恐怖感が改善
・ネガティブ思考が改善
・自尊心(自信)が改善
・ストレス抵抗力が改善
・ポジティブ気分がアップ
・感情コントロール力がアップ…など

 

▶︎経済的なメリット
・将来的な収入がアップ
・長期的な貯蓄率が改善…など

(参考 文献:『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』『最高の体調 ACTIVE HEALTH』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、仕事する意味・働く目的を明確化できている人のほうが、心身ともに安定し、経済的にも成功しやすいのです!

 

↓以下の記事では、認知 行動療法でも使われる『ACT』というテクニックを参考に、あなたの価値観に深く迫っていきます。

 

科学的に実証された方法の1つですので、ぜひ ご参考くださいね。

 

 

 

【科学が証明】『退避ルート』を確保すべし⁉︎

 

さて、さいごには『退避ルートの確保』について解説です。

 

そして、ここからが本題。

 

あなただけに暴露しますが、、「性格的に合わない仕事がツラい…」を克服できない人の9割 以上には、1つの “共通点” が。

 

それは、無料 支援サービスの活用という、 “具体的な回避ツール” を備えられていないこと。

 

いまの会社に留まることという考えから抜けきれず、ほかの解決策・可能性に目を向けられなくなっている。

 

かんたんにいうと、視野が狭くなっているのですね。

 

…きびしい指摘で、すみません。

しかし、確たる事実。

 

その証拠に、臨床 心理学の研究によると「ストレス環境にある人ほど、問題 解決スキルが下がりやすい」のだそう。

(参考 文献:『後悔しない超 選択術』『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

専門的には『視野 狭窄(しや きょうさく)』とか『ネガティブ バイアス(悲観的な思い込み)』と呼ばれる心理 傾向です。

 

分かりやすくいうと、精神的に追い込まれて、マイナス思考になっているときほど、かえって問題に対処できなくなることに。。

 

反対に、ほかの研究データによると、ネガティブな状況に対処する手段を持てる人ほど、逆境を乗り越えやすい傾向に。

(参考 文献:『ネガティブな感情が成功を呼ぶ』『事実はなぜ人の意見を変えられないのか』)

 

専門的に『逆境力』とか『不快 情動(ふかい じょうどう)への耐性』などと呼ばれる心理ですね。

 

そこで、最優先すべきは『コントロール感』。

 

会社 組織や上司などに振り回されることなく、みずから「人生のハンドルを握っている感覚があるか?」が大切なのです。

 

その証拠に、心理学の研究によると、コントロール感を失いがちな人ほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだそう。

 

▶︎心理的なデメリット
・自制心が悪化
・幸福感がダウン
・抑うつ感が悪化
・マイナス思考が悪化
・注意、思考力が悪化
・決断、判断力が悪化
・ストレス耐性がダウン
・挫折に打たれ弱くなる
・モチベーションが悪化
・不安や恐怖を感じやすくなる

 

▶︎経済的なデメリット
・将来の収入がダウン
・昇給、昇進率がダウン
・仕事の満足度がダウン
・業務(学習)成績がダウン
・労働パフォーマンスがダウン
・社内の対人 関係が悪化しやすくなる…など

(参考 文献:『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』『スタンフォードの自分を変える教室』『ストレスの脳科学 予防のヒントが見えてくる』)

 

にゅー
にゅー

まとめると「じぶんの意思で仕事を選べない…」という閉塞感により、メンタルが悪化し、経済的にも成功できなくなることに。。

 

専門的には『コントロール感の欠如(けつじょ)』とか『自己コントロール感の喪失(そうしつ)』などと呼ばれる心理ですね。

 

…さぁ、イメージしてみてください。

 

「性格に合わない仕事のせいで、毎日の出社がツラすぎる…」といった精神的なストレス。

 

できるなら、いますぐ苦痛から解放されたい。
よりよい環境を選び、人生を明るくしていきたい。

 

…そう思いませんか?

 

断言できます。

 

いまの あなたに必要なのは、不遇な環境を打開する “起死回生の一手” を手に入れることにあると。

 

【まとめ】性格的に合わない仕事を卒業するには?→たった1つの解決法は【あなた自身の選択】

 

さて、今回は以上です。

ここまで話を聞いてくださって、本当にありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学のデータから「周囲の意見に合わせるデメリット」について。

 

研究 結果によると、他人の考えに振り回されがちな「協調性が高い人」ほど、↓以下のデメリットを受ける傾向に。

 

・昇進、昇給率がダウン
・将来的な収入がダウン
・組織の重役になれる確率がダウン
・管理職や社長職に就く割合がダウン…など

(参考 文献:『パーソナリティーを科学する 特性5因子であなたがわかる』)

 

にゅー
にゅー

つまり「まずは1年」「とりあえず3年」といった価値観・風潮に負けやすい人ほど、かえって経済的に失敗しやすいのですね。。

 

…ここで1つ、冷静に考えてみてください。

 

世間の常識や社会のルールを鵜呑(うの)みにしたところで、あなたのキャリアが成功する見込みは…ごくわずか。

 

あなたが歩みたいのは、ご自身にマッチしない環境で、不適切な努力を強いられ続ける “苦痛の未来” ですか?

 

それとも、適性に合った最高の職場で、自他ともに認められながら楽しく働く “明るい未来” でしょうか?

 

…さぁ、人生の決定権は、あなたが握っています

 

大丈夫です。

 

ここまで、わたしの話に真摯(しんし)に耳を貸してくれたあなたなら、きっと運命を変えていけるはずですから。

 

わたしは、そう信じています。

 

にゅー
にゅー

望む未来を手にすべく、いますぐ選択していきましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました