【職場の違和感】合わない仕事場は直感的に分かる?→対処法2選で【科学データをもとに解決】

【直感】合わない仕事 Uncategorized

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む女性
仕事に悩む女性

なんとなくだけど、、職場に違和感がする…。

言語化しづらいんだけど、モヤモヤするというか…たぶん、いまの仕事は合わない気が。。

このまま会社に留まりつづけると、、なんか悪いことがありそうな…嫌な予感がするんだよね。。

…でも、まだ入社1日目だから “杞憂(思い過ごし)” って可能性もあるし…いや、でも。。

どうしたらいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎直感的な「職場の違和感」の正体とは?→『なんとなく』は【大正解⁉︎】
▶︎科学的な「2つの打開策」で【すべて解決】詳細は記事の後半にて

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【職場の違和感】合わない仕事は直感的に分かる?→2つの対処法で【科学データをもとに解決】

【合わない職場】直感的な「仕事場の違和感」の正体とは?→『なんとなく』は大正解⁉︎

 

【注意】当記事では、あなたのキャリアの苦しみを解消すべく、科学データをもとに、改善策を発信していきます。

 

だいじょうぶ
あなたの悩みは、かならず解決できますから

 

わたしと共に、対策していきましょうね。

 

 

さて、さきに結論ですが「いまの職場、なんとなく違和感が…モヤモヤする」を解決するカギは、『直感を信じる』にアリ

 

あなたが感じている「不穏(ふおん)な感じ」や「モヤモヤした気持ち」などは、科学的に見ても “大正解” なのです。

 

というのも、脳科学・心理学の研究によると、わたしたち人間が持つ『直感』は、約70%の確率で “正しい” のだそう。

 

しかも、直感的な判断にかかる時間は “約0.01秒” だとされており、ほぼ一瞬で「良いか悪いか?」を区別できるのだとか。

(参考 文献:『ネガティブな感情が成功よ呼ぶ』)

 

…ここで1つ、振り返ってみてください。

 

いま思い返すと、面接のときに「この採用 担当、なんとなく変な感じがするな…」という気持ちになりませんでしたか?

 

あるいは、職場に足を踏み入れたとき、直感で「この会社の人たちとは、仲良くできなさそう…」と感じなかったでしょうか?

 

また他には、↓以下のような「おかしな感じ」を察知しなかったかと。

 

・かんしゃく持ちのお局さまが、現場を取り仕切っている
・いくつかの派閥(はばつ)があり、社内に対立 構造がある

 

・他力 本願なムードがあり、じぶんの仕事を放棄する社員が多い
・出社の直前にシフト時間を知らされたり、やたら社内 通知が遅い

 

・職場に入って5〜10分で、管理職が担当するような業務を回される
・月170時間を超えた労働なのに、福利 厚生(雇用 保険とか)の話を聞かされてない…など

 

ご注意ください。

 

科学データに照らしてみると、あなたが抱いている「心のモヤモヤ」や「違和感」の正体は、脳が知らせる “危険 信号” 。

 

約20万年 以上にわたって、わたしたちヒト(ホモ・サピエンス)が獲得してきたのが、直感という “緊急アラート” なのです。

(参考 文献:『心理学エレメンタルズ 進化心理学 入門』『最高の体調 ACTIVE HEALTH』)

 

わたしたちの『直感』は、けっしてスピリチュアル的な話でなく、科学的な根拠アリの “現実的なもの” 。

 

なので、あなたの「なんとなく」や「虫の知らせ」は、想像よりもずっと “正しい答え” だと言えます。

 

【危険】「合わない職場・仕事」を続けると…⁉︎

 

とはいえ、↓以下のような反論もあるかもしれません。

 

上司
上司

会社に入って初日で、職場の真価が分かるわけないだろう! どんな職種・業種であれ、まずは「仕事場に合わせる努力」をすべきだ!まだ研修 期間中の新人なのに、、忍耐力が足りなさすぎだぞ!

 

たしかに、↑上記の意見にあるとおり、すべての直感・違和感が正しいとは言えませんよね。

 

「時間が経つにつれて、仕事に馴染んでいくもの」と考えることもできますし、1日で判断は早すぎる…というのも分かります。

 

…しかし、です。

 

ただ一方で、たとえ直感的だとしても、いまの「合わないと感じる職場」に居続けるデメリットもまた…あると思いませんか?

 

その証拠に、組織 心理学の研究によると、会社とのミスマッチを放置しがちな人ほど、↓以下のデメリットを受ける傾向に。

 

・抑うつ感が悪化
・マイナス思考が悪化
・モチベーションが悪化
・人生への絶望感が悪化
・ストレス抵抗力がダウン
・業務パフォーマンスがダウン
・感情コントロール力がダウン
・他人のことを信じられなくなる…など

(参考 文献:『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、合わない仕事を続けてしまいがちな社員ほど、メンタルが悪化し、作業パフォーマンスもダウンしやすいのですね。。

 

なので、世間の「まずは半年」「とりあえず1年」といった声を盲信してしまうと、、あとに残るのは “ストレスだけ” かも。

 

くり返しですが、あなたが感じている「居心地の悪さ」や「不快な印象」は、進化的に獲得されてきた “警報器” 。

 

…さぁ、冷静に考えてみてください。

 

あなたの視界の端にライオン・毒グモなどの「捕食者」が横切ったとき、現状 維持に留まっていると…どうなるでしょうか?

 

直感的に「ヤバい!」「逃げたほうがいい!」と感じる状況を無視して、合わない環境に居続けると…どうなると思いますか?

 

そして、イメージしてみてください。

 

このさき40〜50年 以上も、合わない職場・向いてない仕事に残りつづける “不幸すぎる未来” を。

 

相性が合わない会社に留まり、モヤモヤした不安・恐怖にさらされ続ける “悲劇的な末路” を。

 

「そんなキャリア、絶対にイヤだ」。

 

…そう思いませんか?

 

そこで、このさきでは「直感的に、いまの職場に合わない気が…」を解決すべく、科学的な「2つの打開策」を紹介

 

▶︎ネガティブ感情の把握
▶︎逃げ道の確保

 

にゅー
にゅー

「合わない仕事場のせいで、精神的にキツい…」と苦しむときこそ、科学を味方に対策していきましょう!

 

【違和感を解消】直感的に合わない仕事・職場を克服するには?→打開策2選で【科学的に解決】

 

さて、1つ目に解説するのは『ネガティブ感情の把握』について。

 

…ここで1つ、ご自身の気持ちを振り返ってみてください。

 

あなたが感じている「違和感」や「直感的にイヤな感じ」を、明確にコトバで説明できますか?

 

あるいは「恐怖=80点」「不安=70点」といったように、客観的な “数値” として認識できているでしょうか?

 

じつは、心理学の研究によると、心のモヤモヤを「言語化・数値化」できる人ほど、↓以下のメリットを受ける傾向に。

 

▶︎メンタル的なメリット
・衝動的な言動が減少
・問題 対処力がアップ
・ネガティブ思考が減少
・イライラや不安が減少
・自尊心(自信)が改善
・ストレス抵抗力がアップ
・感情コントロール力がアップ
・自己コントロール力がアップ
・恐怖感が “平均18.1%” も減少
・身体的なストレス反応が “平均27.5%” も低下…など

 

▶︎職業・経済的なメリット
・将来的な収入がアップ
・仕事(学習)成績がアップ…など

(参考 文献:『サーチ・インサイド・ユアセルフー仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法』『ネガティブな感情が成功を呼ぶ』『マンガでやさしくわかる認知行動療法』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、直感的な「なんとなく」を明確化できる人ほど、ストレス状態が改善し、キャリア的にも成功しやすくなるのですね!

 

専門的には『感情のラベリング』とか『情動(じょうどう)ラベリング』などと呼ばれるテクニックですね。

 

たとえるなら、直感としての「イヤな感じ」や「悪い予感」を明らかにすることは、お化けの姿を確かめるようなもの。

 

“幽霊の正体 見たり枯れ尾花(かれおばな)” という ことわざにもあるとおり、違和感を見破れば、メンタルは安定します。

 

くわしい内容は↓以下の記事で解説していますので、合わない職場に苦しむいまこそ、ぜひ ご参考くださいね。

 

 

 

【科学が証明】『逃げ道の確保』に注力せよ!

 

さて、さいごに解説するのは『逃げ道の確保』について。

 

そして、ここからがメイン テーマ。

 

あなただけに打ち明けますが、、「仕事場が合わなくてツラい…」を脱却できない人の97〜99%には、1つの “共通点” が。

 

それは、無料 支援サービスの利用という、 “現実的な脱出ツール” を準備できていないこと。

 

つまり、いまの職場に留まるべきかどうかの踏ん切りがつけられず、ほかの解決策に目を向けられなくなっている。

 

いいかえると、直感を信じて「行動に移す勇気」を持てていないのですね。

 

…キツい言い方で、すみません。

けれど、事実です。

 

その証拠に、臨床 心理学の研究によると、マイナス感情に囚われがちな人ほど、問題 対処力が下がりやすいのだそう。

(参考 文献:『後悔しない超 選択術』『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

専門的に『ネガティブ バイアス(悲観的な思い込み)』とか『視野 狭窄(しや きょうさく)』などと呼ばれる心理です。

 

…ここで1つ、周囲を見回してみてください。

 

あなたの周りに「仕事 辞めたい…」「職場を変えたい…」とグチをこぼしつつも、結局は退職に踏みだせない人がいませんか?

 

「いつか辞めよう…」「退職するタイミングが来たら…」と悩み、数ヶ月…数年…と長い時間を過ごしている社員がいないかと。

 

断言できます。

 

不遇な環境を抜けだす “さいしょの一歩” は、あなた自身の手で「具体的な退却ルートを確保すること」にあると。

 

その証拠に、心理学の研究によると「ストレス フルな状況に対処する手段を持てる人ほど、逆境を乗り越えやすくなる」のだそう。

(参考 文献:『ネガティブな感情が成功を呼ぶ』『事実はなぜ人の意見を変えられないのか』『悪いヤツほど出世する 日本経済新聞 出版』)

 

専門的には『逆境力』とか『不快 情動(ふかい じょうどう)への耐性』などと呼ばれる心理 傾向ですね。

 

なので、あなたのキャリアの悩みを克服する “第一歩” は、なによりもまず「逃げの一手を備えること」にアリですよ。

 

【まとめ】気が合わない職場・仕事場を卒業したい…→信じるべきは【直感+あなた自身の選択】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話をきいてくれた あなたに、心から感謝します。

ほんとうに、ありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「現状 維持に留まるデメリット」について。

 

研究データによると、決断を先送りにしがちな人ほど、キャリア選択に失敗し、将来的な収入もダウンしやすいのだそう。

(参考 文献:『ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか』)

 

…さぁ、想像してみてください。

 

行動を後回しにすればするほど、未来の可能性は閉ざされ、低賃金・貧困・孤立…などといった “悲痛の未来” が現実に。

 

反対に、いますぐ動き出すことで手に入るのは、あなたの自身の安定した生活・穏やかな毎日といった “明るい未来” 。

 

あなたが望むのは、どちらの未来でしょうか?

 

あなたを救ってくれるのは、唯一『あなた自身の行動』だけ。

じぶんの身は、自分で守るしかないのです。

 

でも、だいじょうぶ。

 

ここまで、わたしの話を聞きすすめるという『行動』に移せた あなたなら、きっと人生を明るくしていけるはずですから。

 

にゅー
にゅー

わたしは、そう信じていますよ!

 

未来を決めるのは、あなたです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました