【すぐ辞めたい】合わない仕事を我慢して続けるべき?→対策2選で【科学データをもとに解決】

【我慢】合わない仕事を辞めたい Uncategorized

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

もう限界…ぶっちゃけ、会社を辞めたい。。

いまの仕事が合わなすぎて、、これ以上ガマンできないよ…毎日の重圧に耐えられない。。

ボクが仕事を辞めたところで、会社は痛くもかゆくもないだろうし…ならいっそ、退職もアリか…?

…でも、当面の生活費の心配もあるし…転職がうまくいく保証もないから不安だし。。

どうしたらいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎仕事が合わなくてもガマンが当然?→解決策は『現状の分析』⁉︎
▶︎科学的な「2つの克服法」で【すべて解決】詳細は記事の後半

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【すぐ辞めたい】合わない仕事を我慢して続けるべき?→対策2選で【科学データをもとに解決】

【改善策】仕事が合わないときでも、我慢して続けるのが当然?→解決法は『現状の分析』⁉︎

 

【必見】本記事では、あなたの仕事の苦しみを克服すべく、科学的なデータをもとに、対策法をを発信していきます。

 

絶対に、だいじょうぶ
あなたの苦痛は、きっと解消していけますよ

 

わたしと一緒に、解決していきましょう。

 

 

さて、さきに結論ですが「合わない仕事がツラい…けど、我慢すべきか…?」を解決するカギは、『現状の分析』にアリ

 

↓以下のようなイメージで、あなたの職場にある問題点にフォーカスすることが、解決へと踏み出す “さいしょの一歩” 。

 

ビジネスマン②
ビジネスマン②

いつの間にか「仕事にガマンするのが当たり前」になってるけど、、なにが原因で働くのがつまらなくなってるんだろう? 会社とのミスマッチが起きている理由は、なんなんだ…?

 

というのも、心理学の研究によると、懸念点を “より客観的に” 把握できる人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

・ネガティブ思考が改善
・ストレス抵抗力が改善
・不安感、イライラが改善
・問題 解決スキルがアップ…など

(参考 文献ー『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、仕事が合わない原因を “より具体的に” 認識できる人のほうが、ストレスに強く、課題を解決しやすいのですね!

 

そこで↓以下8つを参考に、あなたの会社にある問題に目を向けて、克服の糸口を探っていくのがオススメです。

 

・気が合わない上司が教育 担当になり、職場の人間 関係が苦痛すぎる
・社内での意識 共有に乏(とぼ)しく、目的や目標にミスマッチがある
・性格に合わない営業職に配属され、人事のマネジメントに不信感がある
・役職に合わない業務を強いられ、心身ともにストレス フルに陥っている

 

・年功 序列の風土が強く、若さゆえに正当な評価を受けられていない
・サービス残業が多く、超過 労働が月40時間を超えててハードすぎる
・興味が湧かないルーティン ワークを回され、スキル アップが見込めない
・利益 偏重(へんちょう)な社風がキライで、会社 理念に疑念を抱いている…など

 

断言できます。

 

あなたの「仕事が合わなくて、毎日ガマンするのが苦しい…」を解消させる “第一歩” は、状況を分析することにアリですよ。

 

【科学で解説】「我慢」や「忍耐」も仕事に役立つ?

 

ただ一方で、↓以下のような考えもあるかもですね。

 

上司
上司

仕事の向き・不向きなんて、だれだって少なからず抱えてるものだ! ガマンや忍耐を通じてこそ、1人の社会人として大成できるはず! 職務をこなていくうちに自分の適性は分かるものだし、まずは目の前のことに集中すべき

 

たしかに、↑上記の意見にも一理アリです。

 

その証拠に、経営・経済学の研究にあるように、仕事は「さいしょは苦しく、後々にラクになっていくもの」なのだそう。

 

にゅー
にゅー

分かりやすくいうと、せっせと日々の業務をこなしていくうちに、そのうち「さいきん働くのが楽になったわ〜」となる傾向に!

 

専門的には『経験 効果(けいけん こうか)』とか『エクスペリエンス・カーブ(経験 曲線)』などと呼ばれる現象ですね。

 

図解すると、↓以下のとおり。

 

経験効果(曲線)

 

たとえば、まだサッカーを始めて1年 未満の中学生が、翌年にはワールドカップに出場…なんて、現実的ではありませんよね。

 

となれば、世間でいわれるように「まずは1年」「とりあえず3年」といった “根性論” を受け入れるのも、1つの方法かも。

 

【大悲報】「合わない職場」に居続けると…⁉︎

 

…しかし、です。

 

反対に「適性に合わない会社に居続けるデメリット」もまた、1つの “大きなリスク” と考えることもできる。

 

…そう思いませんか?

 

その証拠に、組織心理学の研究によると、↓以下のデータが確認されています。

 

仕事の責任や負担、役割が重すぎるとき、あるいは期待・価値観との不一致があるときほど、↓以下のデメリットを受けやすいことが分かった」

 

・抑うつ感が悪化
・マイナス思考が悪化
・モチベーションが悪化
・人生への絶望感が悪化
・ストレス抵抗力がダウン
・業務パフォーマンスがダウン
・感情コントロール力がダウン
・他人のことを信じられなくなる(猜疑心が悪化)…など

(参考 文献:『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、職場・会社とのミスマッチが大きいほど、メンタルの状態が悪化し、成果も上げられなくなるのですね。。

 

たとえるなら、合わない仕事に耐え続けることは、サッカーが得意なアスリートに、バスケを強要するようなもの。

 

サッカー選手に「お前はバスケの練習をすべきだ!」と口にするなんて、、おかしな話だと思いませんか?

 

なので、合わない仕事を我慢しつづけることもまた、1つの “どデカいリスク” なのです。

 

【朗報】「適性に合った仕事」に就くメリットとは?

 

反対に、べつの研究データによると、適性にマッチした仕事をする「幸福な社員」ほど、↓以下のメリットを受ける傾向に。

 

・病欠率が減少
・離職率が減少
・労働 生産性がアップ
・ストレス抵抗力がアップ
・売上をアップさせやすい
・健康レベルを維持しやすい
・良い対人 関係を築きやすい
・高収入、高賃金になりやすい
・業務パフォーマンスがアップ
・リーダー シップを発揮しやすい…など

(参考 文献ー『幸福 優位7つの法則 仕事も人生も充実させるハーバード式 最新 成功理論』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、日々の業務に幸せを感じられる人のほうが、メンタルが安定し、長期的な雇用を実現でき、かつ成果も上げやすいのです!

 

専門的には『幸福 優位性(こうふく ゆういせい)』と呼ばれる心理 傾向ですね。

 

科学データから見ると、わたしたち人間は「じぶんに合った仕事をするほうが、職業・経済的にも成功しやすい」ということ。

 

…さぁ、想像してみてください。

 

このさき40〜50年 以上にわたり、来る日も来る日も「仕事が合わなくてツラい…」と我慢しつづける “悲痛な未来” を。

 

やる気も情熱も湧かないまま、業務パフォーマンスも上がらずに、窓際 会社員へと追い込まれていく “孤独な末路” を。

 

「そんな苦痛すぎるキャリア、絶対に送りたくない」。

 

「現状を打開して、もっと明るい毎日を手にしたい」。

 

…そう思いませんか?

 

そこで、このさきでは「合わない仕事に我慢するのが、精神的にキツい…」を脱却すべく、科学的な「2つの克服法」を解説

 

▶︎価値観の再認識
▶︎逃げの一手を確保

 

にゅー
にゅー

「仕事が合わなくても、ガマンし続けるべき…?」と悩むときこそ、科学を味方に対策していきましょう!

 

【科学で改善】我慢は意味ナシ⁉︎合わない仕事に対処するには?→2つの克服法で【すべて解決】

 

さて、1つ目に紹介するのは『価値観の再認識』について。

 

…ここで1つ、あなたに質問させてください。

 

一般論に ありがちなやりがい・情熱といった世間の価値観とは別に、 “あなた個人” としての「働く目的」はありますか?

 

他人から押し付けられる「いち社会人としての振る舞い・義務」でなく、あなた “だけ” の生きる目標があるでしょうか?

 

じつは、心理学の研究によると、人生のゴール・価値観を明確化できている人ほど、↓以下のメリットを受ける傾向に。

 

▶︎心理・身体的なメリット
・共感 能力が上昇
・イライラ感が減少
・マイナス思考が減少
・長寿になりやすくなる
・不安感や恐怖感が改善
・ストレス抵抗力が改善
・ポジティブ気分が上昇
・主観的な幸福感が上昇
・自信が回復しやすくなる
・感情コントロール力が改善…など

 

▶︎経済的なメリット
・将来の収入がアップ
・長期的な貯金率がアップ…など

(参考 文献:『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』『最高の体調 ACTIVE HEALTH』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、あなたの価値観を深く理解することで、ストレス状態が改善し、経済的にも成功しやすくなるのですね!

 

たとえるなら、価値観をハッキリと見定めることは、ビジネスという海を泳ぐ “ガイド ライン” を手に入れるようなもの。

 

↓以下の記事では、認知 行動療法でも使われる『ACT』というテクニックを参考に、人生の目標を再設計していきます。

 

ぜひ ご参考くださいね。

 

 

【科学が証明】『逃げの一手』を確保すべし!

 

さて、さいごは『逃げの一手を確保』について お話します。

 

そして、ここからがメインテーマ。

 

あなただけに暴露しちゃいますが、、「仕事が合わなくて…」を克服できない人の9割 以上には、共通の “失敗パターン” が。

 

それは、無料 支援サービスの活用という、 “具体的な退避ツール” を備えられていないこと。

 

いいかえると、いまの職場で我慢することに囚われてしまい、視野が狭くなってしまっている。

 

分かりやすくいうと、八方ふさがりな状況に陥っているからこそ、メンタル的にも余裕がなくなっているのですね。

 

…きびしい指摘で、すみません。

 

しかし、確たる事実。

 

その証拠に、生理心理学の研究によると、↓以下のデータが実証されています。

 

脱出できないストレスフルな状態に置かれたマウス(実験 動物)ほど、↓以下のデメリットを受けやすいと分かった」

 

▶︎メンタルの問題
・抑うつ感が悪化
・無気力感が悪化
・問題 解決力がダウン
・決断力、判断力が低下
・記憶力、思考力が低下
・ストレス抵抗力が低下…など

 

▶︎身体の問題
・免疫力がダウン
・細胞の老化が悪化
・短命になる傾向が悪化…など

(参考 文献:『ストレスに負けない脳 心と体を癒すしくみを探る』『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』『生理心理学 第2版 脳のはたらきから見た心の世界』)

 

にゅー
にゅー

つまり、心身ともに「どこにも逃げ場がない…」と追い込まれるほど、メンタル・フィジカルの両面で悪影響が。。

専門的に『学習性 無力感(がくしゅうせい むりょくかん)』と呼ばれる心理 傾向ですね。

 

…ここで1つ、想像してみてください。

 

「キミ、もう明日から会社に来なくていいよ」

 

職場の上司から↑上記のように言われたとき、解放されたという気持ちと同時に「生活どうしよう…」とも思いませんか?

 

「いきなり仕事をクビにされたら、生活に困るんだけど…」と恐怖を感じないでしょうか?

 

…そう。

 

その感覚こそが「逃げ道をもっていない」ということ

 

いま、あなたが感じている恐怖・不安こそが、安全を確保する “脱出ルート” を準備できていない、という証明なのです。

 

なので、断言できます。

 

「合わない仕事に我慢するのがツラい…」と悩む あなたに不可欠なのは、転職サービスという “脱出 手段を用意すること” だと。

 

【まとめ】合わない仕事に我慢にし続けるのはNG⁉︎→たった1つの打開策は【あなた自身の選択】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話をきいてくれた あなたに、心から感謝します。

本当にありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「周囲の意見に合わせるデメリット」について。

 

研究データによると、周りの考えに同調しがちな「協調性が高い人」ほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだそう。

 

・昇進、昇給率がダウン
・将来的な収入がダウン
・組織の重役になれる確率がダウン
・管理職や社長職に就く割合がダウン…など

(参考 文献:『パーソナリティーを科学する 特性5因子であなたがわかる』)

 

なので、↓以下のような “枯れた人たちの意見” に流されやすい人ほど、キャリア選択に失敗し、経済的にも成功しにくくなるのですね。

 

「じぶんに合った仕事なんて、見つけられるわけない」。
「天職に就ける人なんて、結局はレアケースに過ぎない」。

 

…さぁ、頭のなかでイメージしてみてください。

 

このさきの仕事 人生で、あなたは どんな生活を送っていきたいですか?

 

あなたが望む5年、10年後のキャリア像には、どんな明るい未来が描かれているでしょうか?

 

人生を変えられるかどうかは、すべて今このときの『あなた自身の選択 次第』

 

あなたを苦痛から救い出せるのは、たった1つ『あなた自身の行動だけ』なのです。

 

にゅー
にゅー

未来を決めるのは、あなたの決断にアリですよ!

 

不要なガマンを乗り越え、未来を掴んでいきましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました