【部署異動が吉?】仕事が合わないなら転職もアリ?→対処法2選で【科学データありで解決】

【部署異動もアリ?】仕事が合わない

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む女性
仕事に悩む女性

もう限界…合わない仕事が苦痛すぎて。。

これ以上ガマンできないよ…転職もアリだけど、まずは部署 異動を申請すべきかなぁ…?

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

ぶっちゃけ、いまの職場に向いてるとは思えない…いっそ、退職して会社 辞めたいレベル。。

どうすればいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【限界】仕事が合わない…異動すべき?→突破口は『懸念点の把握』にアリ⁉︎
▶︎科学的な「2つの打開策」で【完璧に克服】くわしくは記事の後半にて

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【部署異動が吉?】仕事が合わないなら転職もアリ?→対処法2選で【科学データありで解決】

【限界】仕事が合わない…部署異動で解決すべき?→突破口は『懸念点の把握』にアリ⁉︎

 

【必見】当サイトでは、あなたのキャリアの悩みを解消すべく、科学的なデータをもとに、解決策を発信していきます。

 

大丈夫。
あなたの苦しみは、きっと克服できますから。

 

わたしと一緒に、対策していきましょう。

 

 

さて、さきに結論ですが「仕事が合わない気が…部署 異動を打診すべき…?」を解決するカギは、『懸念点の把握』

 

↓以下のようなイメージで、あなたが直面している「仕事の問題点」に目を向けることが、問題 解決の第一歩ですよ。

 

ビジネスウーマン
ビジネスウーマン

もうイヤだ…パワハラ上司のストレスに耐えられない。。

ホント、ウチの職場の人間 関係サイアク過ぎ…こんなのもう、イジメだよ。。

社内のだれも助けてくれないし、先輩に至ってはフルシカトだし。。

 

じつは、心理学の研究によると、原因を “より具体的に” 掘り下げられる人ほど、↓以下のメリットを受けやすい傾向に。

 

・ネガティブ思考が改善
・ストレス抵抗力が改善
・不安感やイライラが改善
・問題 解決スキルがアップ…など

(参考 文献ー『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、合わない理由を明確化できる人ほど、メンタルが安定し、困難を乗り越えられるようになるのですね!

 

たとえるなら、問題を明らかにできないまま働くことは、お化けを相手に戦うようなものです。

 

 “幽霊の正体みたり、枯れ尾花” とも言うように、あなたを苦しめる原因を特定して初めて、対策できるというもの。

 

…そこで、です。

 

↓以下のランキング7選を参考にしつつ、あなただけの「合わない原因」にフォーカスするのがオススメ。

 

【ランキング】仕事が合わない理由【7つ】
1.社内の同僚やデキる社員と比較され、精神的に落ち込んでいる
2.職場の雰囲気や社風に馴染めず、孤独・孤立感に苦しめられている
3.単調な作業ばかりを任されるせいで、将来のキャリア アップが不安
4.適性のない仕事ばかりを割り振られ、じぶんの能力を活かせずにいる
5.ルーティン ワークの毎日に飽き飽きし、自分の成長を実感できずいる
6.ノルマを達成しても給料に反映されず、会社からの評価に納得できない
7.似たような業務ミスを くり返して、おなじことで何度も上司に怒られている…など

 

断言できます。

 

「仕事が合わない…部署 異動で解決できる…?」という悩みを克服する初めの一歩は、『問題の明確化』にアリですよ。

 

【警告】「仕事のミスマッチ」を放置し続けると…⁉︎

 

とはいえ、↓以下のような考えもあるかもしれません。

 

上司
上司

いまの仕事が合わないから「部署を変えたい」だなんて、、甘ったれるな!

忍耐力のないヤツは、どこに配属されても一緒だ! 人事から低評価を受けても知らんぞ

異動を打診するまえに、まずは目の前の作業に集中! ワガママは、成果を出してからにしろ!

 

かなりキツい意見ですが、、たしかに↑上記にあるとおり、仕事が合わないたびに異動していたら、キリがないのも事実。

 

くわえて、念願かなって配置 転換できたとしても、異動先の部署がマッチするかどうかは…神のみぞ知る、ですよね。

 

となれば、ここは1つ「仕事=生活費を得る手段」だと捉えなおして、いまの環境に耐えてみるのも一手かも。

 

…しかし、です。

 

ただ一方で、向いてない職場に留まりつづける “リスク” もまた、、あるように感じませんか?

 

その証拠に、産業 心理学の研究によると、仕事のミスマッチを放置しがちな人ほど、↓以下のデメリットを受ける傾向に。

 

・無気力感が悪化
・マイナス思考が悪化
・人生の絶望感が悪化
・ストレス抵抗力がダウン
・労働パフォーマンスが悪化
・仕事のモチベーションが悪化
・感情コントロール力がダウン
・他人のことを信じられなくなる…など

(参考 文献:『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、合わない会社に居続ける社員ほど、ストレス状態が悪化し、業務 成果もダウンしやすくなるのですね。。

 

たとえるなら、不向きな環境で頑張りつづけることは、犬や猫が空を飛ぼうと努力するようなものです。

 

 ”適材 適所“ とも言われるように、陸の生き物は大地のうえで生きてこそ、本領を発揮できるというもの。

 

…さぁ、イメージしてみてください。

 

このさき45〜50年 以上にわたり、いまの苦痛な職場に耐えつづける “絶望的な日々” を。

 

合わない仕事のせいでスキル アップも見込めず、低賃金・低年収へと追い詰められる “暗い未来” を。

 

…そんな人生、あまりにツラ過ぎると思いませんか?

 

そこで、このさきでは「仕事が合わない…部署 異動すべき?」を解消すべく、科学的な「2つの打開策」を解説

 

▶︎価値観の明確化
▶︎脱出ルートの用意

 

にゅー
にゅー

「向いてない仕事のせいで、毎日がツラい…」と苦しむときこそ、科学を味方に対策していきましょう!

 

【解決】合わない仕事=部署異動すべき?転職が吉?→科学的な2つの打開策で【すべて克服】

 

さて、1つ目に紹介するのは『価値観の明確化』について。

 

…ここで1つ、ご自身について振り返ってみてください。

 

あなたには、生涯をとおして実現したいと思える「やりたいこと」や「人生の目標」がありますか?

 

あるいは、やりがいや情熱を傾けられるような「生きる目的」や「大事な価値観」を お持ちでしょうか?

 

じつは、心理学の研究によると、人生のゴールを見定めている人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

▶︎精神的なメリット
・幸福感が改善
・共感スキルが改善
・社交スキルが改善
・恐怖、不安感が減少
・ネガティブ思考が改善
・モチベーションが改善
・ストレス抵抗力が改善
・良い対人 関係を築きやすくなる…など

 

▶︎職業的なメリット
・注意、集中力がアップ
・将来的な年収がアップ
・長期的な貯蓄率が改善
仕事キャリアで成功しやすくなる…など

(参考 文献:『目的の力ー幸せに死ぬための「生き甲斐」の科学』『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』『最高の体調 ACTIVE HEALTH』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、追求したいことを明確化できている人ほど、仕事ストレスに強く、経済的・キャリア的に成功しやすい傾向に!

 

たとえるなら、あなたの大切な価値観を把握することは、ビジネスという海を渡る “道しるべ” を手にするようなもの。

 

「どこに向かって進めばいいか?」を明らかにしてくれる “ガイドライン” があれば、職場のミスマッチも防げるはず。

 

そこで、です。

 

↓以下の記事では、認知 行動療法でも利用される『ACT』という手法を参考に、あなたの価値観に迫っていきます。

 

また、転職 成功率を “3.7倍” も改善させる『ネガティブ感情の暴露』についても、科学データとともに解説。

 

ぜひ ご参照くださいね。

 

 

【科学が実証】『脱出ルート』を用意すべし!

 

さて、さいごには『脱出ルートの用意』についてです。

 

そして、ここから先がメインテーマ。

 

あなただけに打ち明けると、、「仕事が合わなくて…」から脱却できない人の96〜99%には、1つの “共通点” が。。

 

それは、転職 支援サービスの利用という “現実的な撤退ツール” を、きちんと確保できていないこと。

 

…ここで一度、ご自身のことを思い返してみてください。

 

「どうせ、ほかの会社に移っても同じようなものだろうし…」と、さいしょから諦めていないでしょうか?

 

あるいは「きっと、採用してくれる企業が無いはずだし…」と、みずから選択の幅を狭めていませんか?

 

じつは、臨床 心理学の研究によると「強いストレス環境にある人ほど、問題 解決スキルが低下しやすくなる」のだそう。

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』『後悔しない超 選択術』)

 

専門的に『視野 狭窄(しや きょうさく)』とか『ネガティブ バイアス(悲観的な考え)』などと呼ばれる心理ですね。

 

残念なことに、、わたしたちはメンタル的に追い込まれているときほど、かえって困難に立ち向かなくなってしまう。。

 

反対に、向いてない仕事をスパッと断ち切れるビジネス パーソンほど、じぶんだけの ”逃げの一手“ を備えているもの。

 

みんな口に出さないだけで、いつでも転職 or 退職という選択ができるように、常に ”逃げ道“ を準備しているものなのです。

 

その証拠に、心理学の研究によると「ストレス状況への対抗策を確保できる人ほど、逆境を乗り越えやすくなる」のだとか。

(参考 文献:『ネガティブな感情が成功を呼ぶ』『事実はなぜ人の意見を変えられないのか』『悪いヤツほど出世する 日本経済新聞 出版』)

 

専門的に『逆境力』とか『不快 情動(ふかい じょうどう)への耐性』などと呼ばれる心理 傾向ですね。

 

分かりやすくいうと、わたしたち労働者にこそ、支援サービスの活用という ”起死 回生の一手“ が欠かせないということ。

 

たとえるなら、複数の打開策を準備することは、魔王に立ち向かうべく、 “たくさんの武器” を備えておくようなもの。

 

断言できます。

 

いまの あなたに不可欠なのは、不遇な職場 環境から脱出すべく「退避 手段を用意すること」なのだと。

 

にゅー
にゅー

「仕事が合わないせいか、生きるのが苦痛で…」と感じる今こそ、科学データを参考に動き出しましょう!

 

【結論】仕事が合わない…→部署異動でミスマッチを解消すべき?【唯一の解決策=あなたの行動】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話をきいてくれた あなたに、心から感謝します。
本当にありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「先延ばしのデメリット」について。

 

研究データによると、決断を先送りにしがちな人ほど、将来の収入がダウンし、キャリア選択に失敗しやすいのだそう。

(参考 文献:『ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか』)

 

いま思えば、わたしが「あのとき、行動して正解だった…」と感じるのは、すべて『みずからの意思で動いたこと』。

 

反対に、ズルズルと思い悩んでしまったときほど、後々に “手痛いミス” を受けた暗い過去アリ。。

 

…さぁ、頭のなかでイメージしてみてください。

 

あなたが望むのは、行動を後回しにして、5年後…10年後に後悔しつづける “暗い未来” ですか?

 

それとも、あなた自身の決断とともに、将来のキャリアを切り開いていく “希望の未来” でしょうか?

 

だいじょうぶ。

 

ここまで、ツラい職場に耐えてこられた懸命な あなたなら、きっと人生を明るく変えていけるはずですから。

 

にゅー
にゅー

わたしは、そう強く信じます!

 

このさきの運命を変えられるのは、いまこの時の『あなた自身の行動だけ』ですよ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました