【真実】合わない仕事でも1年は続ける?辞めるべき?→対策2選で【科学データありで解決】

【転職後1年目】仕事が合わないUncategorized

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

もう耐えられない正直、会社辞めたい

まだ入社1年目だけど、いまの仕事に合わない気が毎日、出勤するのがツラいよ。。

仕事に悩む女性
仕事に悩む女性

でも、世間的には「1年は続けるべき」とか「3年はガマンして当然」とも言われるし。。

なにが正解なのか、もう分からないこのさき、どうすればいいんだろう

 

以上のような悩みにお答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【1年目の苦悩】仕事が合わない…→打開策は『問題点の把握』⁉︎
▶︎科学的な「2つの突破口」で【完璧に解決】詳細は記事の後半

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【真実】合わない仕事でも1年は続ける?辞めるべき?対策2選で【科学データありで解決】

【1年目の苦悩】仕事が合わないなら転職が吉?→打開策は『問題点の把握』にアリ⁉︎

 

【注意】当サイトでは、あなたのキャリアの悩みを改善すべく、科学的なデータをもとに、解決策を発信していきます。

 

大丈夫。
あなたの苦しみは、きっと解消できますよ。

 

わたしと一緒に、克服していきましょう。

 

 

さて、さきに結論ですが「まだ1年目だけど、仕事が合わない気が」を解決するキーワードは、『問題点の認識』

 

以下のようなイメージで、あなただけの「ミスマッチの原因」に目を向けることが、困難を乗り越える第一歩に。

 

ビジネスマン②
ビジネスマン②

もう限界毎日、高圧的な上司から罵詈雑言を浴びせられるだけの日々。。

怒られるために仕事してるんじゃないのにぜんぜん、仕事の努力が評価されてないよ。。

 

というのも、心理学の研究によると、懸念点を “より具体的に” 分析できる人ほど、以下のメリットを受ける傾向に。

 

・マイナス思考が改善
・問題解決スキルが改善
・不安、イライラ感が改善
・ストレス抵抗力がアップなど

(参考文献ー『超ストレス解消法イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、合わない理由を明確化できる人ほど、ストレス状態が改善し、苦境から抜け出しやすくなるのですね!

 

たとえるなら、原因を明らかにできないまま働くことは、姿の見えない幽霊を相手にたたかうようなもの。

 

そこで、以下5点を参考にしつつ、あなたなりの問題点を見つけ出すのが吉ですよ。

 

【ランキング】仕事の懸念点TOP
1.職場の人間関係に馴染めず、嫌いな人との関わりが苦痛すぎる
2.仕事の裁量権(自由)に乏しく、主体性をもって意欲的に働けずにいる
3.数ヶ月経っても「仕事のやりがい」を見出せず、退屈な毎日を送っている
4.適性や性格に合った作業を担当できず、職務的なミスマッチを痛感している
5.希望した部署に配属されず、ニガテな分野での業務を強(し)いられているなど

 

断言できます。

 

あなたの「仕事に向いてない環境が合ってないかも」を解決する初めの一歩は、『理由の明確化』にアリですよ。

 

【悲報】「合わない仕事」を続けるデメリットとは…

 

とはいえ、以下のような考えもあるかもしれません。

 

上司
上司

たった1年ごときで向き・不向きが理解できるだけないだろう!甘ったれるな!

全力で頑張って初めて、仕事の良し悪しが分かるもの!忍耐力をつけないと、将来が大変だぞ!

 

かなり厳しい言い分ですが、、たしかに上記にあるとおり、早期退職は「再就職のネック」となるリスクありです。

 

おそらく、採用面接でも「なぜ、1年未満で前職を辞めたんですか?」と追及される可能性“大”でしょう。

 

となれば、ここは1つ「給料=苦痛のガマン代」だと割り切って、いまの会社で働きつづけるのも一手かも。

 

しかし、です。

 

ただ一方で、合わない会社 or向いてない仕事を続けるリスクもまた、、あるように思いませんか?

 

その証拠に、産業心理学の研究によると、職場とのミスマッチが大きいときほど、以下のデメリットを受ける傾向に。

 

・無気力感が悪化
・マイナス思考が悪化
・人生の絶望感が悪化
・ストレス抵抗力がダウン
・労働パフォーマンスが悪化
・仕事のモチベーションが悪化
・感情コントロール力がダウン
・他人のことを信じられなくなるなど

(参考文献:『残酷すぎる成功法則ー9割間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、価値観が合わない会社に留まり続ける人ほど、メンタルが悪化し、業務 成果もダウンしやすくなるのですね。。

 

たとえるなら、適切な環境で頑張りつづけることは、羽のないペンギンが空を飛ぼうと努力するようなもの。

 

 “適材適所というコトバにもあるように、あなたに合った環境で働いてこそ、努力が報われるはずですよ。

 

【科学が証明】「人生の5つの後悔」とは?

 

ちなみに、心理学の研究によると、わたしたち労働者が人生を振り返るとき、↓以下5つの「後悔」をしがちなのだそう。

 

「起業する自信を持っていたら〜
「もっと学校で勉強しておけば〜
もっと早く会社を辞めておけば
「お金なんかのために仕事しなければ〜
他人の期待に応えるのでなく、本心に正直に生きておけば

(参考文献:『「幸せ」について知っておきたい5つのこと NHK「幸福学」白熱教室』『4021の研究データが導き出す科学的な適職』)

 

しかも、恐ろしいことに「仕事キャリアの後悔=人生レベルでの悔やみ」だと証明されています。

 

なので、将来的に「あのとき、思い切って退職しておけば」と考えても、時すでに遅し。

 

どれだけ後悔しても、時間は取り戻せませんから。

 

さぁ、ご自身の本音に向き合ってみてください。

 

あなたは、ほんとうに「いまの職場に残った方がいい」と感じているのでしょうか?

 

じつはもう、心は決まっていて、本心では「さっさと辞めたい」と考えていませんか?

 

あなた自身のホンネに向き合うことが、将来の後悔を減らす「たった1つの方法」ですよ。

 

【事実】低い仕事 満足度=離職率が悪化⁉︎

 

断言できます。

 

もしも、あなたが現在の職場に満足できていないなら、遅かれ早かれ「いまの仕事を辞めるはず」。

 

断定的な言い方をして、すみません。
けれど、事実です。

 

その証拠に、組織心理学の研究によると、以下のことが証明されています。

 

「現在の仕事 満足度の低さ=将来の離職率が悪化」

 

にゅー
にゅー

分かりやすくいうと、いまの会社に満足できていないなら、数年後には結局「退職することになる」のですね。。

 

もちろん、じっさいに仕事を辞めるのが3年後なのか、はたまた5年〜10年先になるのかまでは、分かりません。

 

しかし、です。

 

科学的なデータに照らしてみると、ありがちな「1年はガマン」「3年は続けるべき」といった主張は、意味ナシ。

 

あなたが「いまの環境に合わない」と感じているなら、そう遠くない未来に転職 or退職するはずだから。

 

むしろ、あなたに不要な職業スキルの獲得にコストを費やし、有限の時間をムダにするリスクすらありますよね。

 

さぁ、想像してみてください。

 

このさき、あなたが半年〜1年と仕事にガマンすることで、どれほどの時間とエネルギーを浪費されるだろうかと。

 

あるいは、やりたいことに割(さ)く時間も持てないまま、30代40代と年齢だけ重ねていく暗い未来を。

 

そんなキャリア人生、あんまりだと思いませんか?

 

そこで、このさきでは「まだ1年目だけど、仕事に不向きかも」を解消すべく、科学的な「2つの突破口」を解説

 

▶︎目標の明確化
▶︎撤退策の用意

 

にゅー
にゅー

「毎日がツラい…いまの会社に合ってない気が…」と苦しむときこそ、科学を味方に対策していきましょう!

 

【科学で解決】合わない仕事が苦痛で…→1年目の苦痛を乗り切るには?【2つの突破口で克服】

 

さて、1つ目に紹介するのは『目標の明確化』について。

 

じつは、心理学の研究によると、人生のゴールを自覚できている人ほど、以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

▶︎職業的なメリット
・注意、集中力が改善
・将来の年収がアップ
・長期的な貯蓄率がアップ
キャリア選択に成功しやすくなるなど

 

▶︎精神的なメリット
・共感力が改善
・社交力が改善
・幸福感がアップ
・恐怖、不安感が改善
・ネガティブ思考が減少
・モチベーションがアップ
・ストレス抵抗力がアップ
・対人関係が上向きやすくなるなど

 

▶︎身体的なメリット
・抗炎症作用が海鮮
・睡眠の質が改善されやすくなる
・ナチュラルキラー細胞が活発化するなど

(参考文献:『目的の力ー幸せに死ぬための「生き甲斐」の科学』『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』『最高の体調 ACTIVE HEALTH』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、将来のビジョンを見定めている人ほど、心身ともに安定し、経済的・キャリア的にも成功しやすくなる傾向に!

 

たとえるなら、あなた自身の価値観を再確認することは、ビジネスという海を渡る道しるべを手にするようなもの。

 

「どこに向かえばいいか?」を示すコンパスがあれば、合わない環境から抜け出す決意を固められるはず。

 

以下の記事では、認知行動療法でも利用される『ACT』というテクニックを参考に、あなたの価値観を深掘り。

 

また、転職成功率を“3.7倍”アップさせる『マイナス感情の吐き出し』についても、あわせて解説します。

 

ぜひご参照くださいね。

 

 

【科学が保障】『もしもの撤退策』を用意すべし!

 

さて、さいごは『撤退策の用意』について紹介していきます。

 

そして、ここから先がメインテーマ。

 

あなただけにお話しますが、、「仕事に不向きで」を克服できない人の95〜99%には、1つの失敗パターンが。

 

それは、転職 支援サービスの活用という“現実的な回避ツール” を、しっかりと確保できていないこと。

 

ここで1つ、ご自身の言動を振り返ってみてください。

 

「どうせ、ほかの会社に移っても上手くいくはずないし」と、さいしょから希望を捨ててしまっていないかと。

 

あるいは「じぶんに向いてる仕事なんて、どこを探しても見つからないはず」と、視野を狭めていないかと。

 

じつは、臨床心理学の研究によると「マイナス思考に囚われがちな人ほど、問題 対処スキルが低下しやすくなる傾向」に。

(参考文献:『後悔しない超選択術』『超ストレス解消法イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

専門的に『ネガティブバイアス(悲観的な思い込み)』とか『 視野 しや 狭窄 きょうさく』などと呼ばれる心理ですね。

 

分かりやすくいうと、強いストレス状態に置かれているときほど、かえって苦境から抜け出せなくなってしまう。。

 

でも、だいじょうぶ。

 

じつは、臨床心理学の研究によると「いくつもの解決策を用意できる人ほど、逆境を乗り越えやすくなる」のだとか。

(参考文献:『超ストレス解消法イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』『残酷すぎる成功法則ー9割間違える「その常識」を科学する』)

 

専門的に『逆境力』とか『不快情動(ふかいじょうどう)への耐性』などと呼ばれる心理傾向ですね。

 

かんたんにいうと、現状を打破する起死回生の一手を持てる人ほど、仕事の困難に立ち向かいやすくなるのです。

 

その証拠に、優秀なデキるビジネスパーソンはみな、じぶんだけの打開の一手を準備できているもの。

 

みんな口にしないだけで、転職成功率を高められるように、つねに逃げ道を用意しているものなのです。

 

そうでなくては、現代の厳しいビジネス環境を生き抜くことなんて、不可能に近いですから。。

 

さぁ、頭のなかに思い浮かべてみてください。

 

苦しい環境から抜け出す打開の一手を手に入れたあなたが、会社の束縛から解放される「自由な未来」を。

 

にゅー
にゅー

「いまの仕事に合ってないかも…」と感じるいまこそ、科学データを参照しつつ、行動していきましょう!

 

【結論】合わない仕事が辛い…→1年目の絶望から抜け出す打開策とは?【答:あなた自身の行動】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話をきいてくれたあなたに、心から感謝します。

どうもありがとう。

 

さいごに1つだけ、性格心理学の研究から「周囲の意見に合わせるデメリット」について。

 

研究結果によると、他人の考え・価値観に振り回されやすい人ほど、以下のデメリットを受けやすくなるのだそう。

 

・昇進、昇給率がダウン
・組織の重役になれる確率が悪化
・管理職や社長職に就く確率がダウン
・将来的な年収が“100万円 前後”もダウンなど

(参考文献:『残酷すぎる成功法則ー9割間違える「その常識」を科学する』『パーソナリティーを科学する特性5因子であなたがわかる』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、空気を読んでしまう「協調性の高い人」ほど、経済的・キャリア的に失敗しやすくなるのですね。。

 

なので、ありがちな「まずは1年」「とりあえず3年」といった世間の常識に従うほど、将来の可能性が潰えることに。。

 

さぁ、頭のなかで想像してみてください。

 

あなたが望むのは、社会のルールに縛られ、みずからのキャリアに絶望する暗い未来でしょうか?

 

それとも、あなた自身の価値観・信念に従い、じぶんの手で将来を切りひらく希望ある日々ですか?

 

だいじょうぶ。

 

ここまで、苦しい環境に耐えつづけてきた懸命なあなたなら、きっと明るい未来へと変えていけるはずですから。

 

わたしは、そう信じます。

 

にゅー
にゅー

このさきの人生を変えられるかどうかは、すべて今このときの『あなた自身の行動しだい』ですよ!

 

コメント