【辛い】仕事が合わない…→転職後1ヶ月で辞めてOK?対策2選で【科学データをもとに解決】

【転職後1ヶ月】仕事が合わない

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む女性
仕事に悩む女性

もう限界…会社に行くのが憂鬱。。

まだ転職して1ヶ月だけど、いまの仕事に合わない気が…ツラ過ぎて、業務中も涙が出そう。。

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

…でも、たった1ヶ月で仕事を辞めたいだなんて、さすがに「早すぎる」って怒られるかも。。

どうしたらいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【1ヶ月目の苦痛】仕事が合わない…→突破口は『直感を信じること』⁉︎
▶︎科学的な「2つの改善策」で【すべて克服】くわしくは記事の後半

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【辛い】仕事が合わない…→転職後1ヶ月で辞めてOK?対策2選で【科学データをもとに解決】

【1ヶ月目の苦痛】合わない仕事に耐えられない…→突破口は『直感を信じること』⁉︎

 

【必読】本サイトでは、あなたの仕事の悩みを解決すべく、科学的な根拠にもとづいて、克服策を発信していきます。

 

きっと、大丈夫。
あなたの苦しみは、かならず解消できますから。

 

わたしと一緒に、対策していきましょう。

 

 

さて、さきに結論ですが「入社1ヶ月目だけど、仕事が合わなくて…」を解決するカギは、『直感を信じること』

 

…ここで1つ、振り返ってみてください。

 

この1ヶ月間をとおして、いまの職場から「イヤな雰囲気」や「息苦しさ」を感じなかったでしょうか?

 

あるいは、業務 内容に「違和感」を覚えたり、なんとなく「社風が合わない」と思いませんでしたか?

 

じつは、心理学の研究によると、わたしたちが持つ『直感』の的中率は、70〜90%の精度を誇るのだそう。

(参考 文献:『ネガティブな感情が成功を呼ぶ』『権力を握る人の法則 日本経済新聞 出版社』)

(参考サイト:『直感力を鍛える メンタリストDaiGo オフィシャル ブログ』

 

なので、あなたが心から「もう無理…」「耐えられない…」と感じるなら、たとえ入社1ヶ月でも関係ありません。

 

科学データに照らしてみると、あなたが抱いている「心のモヤモヤ」や「違和感」の正体は、脳が知らせる “危険 信号” 。

 

…むしろ、本音を隠してガマンしつづけることのほうが、デメリットが大きいとすら言えます。

 

その証拠に、生理心理学の研究によると、慢性ストレスを溜め込みがちな人ほど、↓以下のデメリットを受ける傾向に。

 

▶︎メンタル面
・幸福度が低下
・マイナス思考が悪化
・イライラ、不安感が悪化
・ストレス抵抗力がダウン…など

 

▶︎仕事面
・仕事の満足度が低下
・モチベーションが低下
・思考力、記憶力が低下
・判断力、決断力が低下…など

 

▶︎フィジカル面
・免疫力が悪化
・脳 機能が低下
・短命になりやすくなる
・ストレス ホルモン—『コルチゾール』の値が悪化…など

(参考 文献:『ストレスに負けない脳 心と体を癒すしくみを探る』『ストレスの脳科学 予防のヒントが見えてくる』『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、仕事ストレスを我慢しがちな人ほど、メンタル・フィジカルともに悪影響を受けやすくなるのですね。。

 

なので、断言できます。

 

「入社して1ヶ月だけど、仕事に合わない気が…」を克服する第一歩は、あなた自身の『直感』を信じることですよ。

 

【科学が証明】「問題点の把握」で解決すべし⁉︎

 

…ここで1つ、あなたに質問させてください。

 

あなたは、いまの仕事が「合わない」と感じる理由を、明確に分析できていますか?

 

あるいは、現在の会社に「向いてない」と感じる原因を、具体的に認識できているでしょうか?

 

というのも、心理学の研究によると、懸念点を “より客観的に” 把握できる人ほど、↓以下のメリットを受ける傾向に。

 

・ネガティブ思考が改善
・ストレス抵抗力が改善
・不安感、イライラが改善
・問題 解決スキルがアップ…など

(参考 文献ー『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、ミスマッチの理由を明確化できている人ほど、ストレス状態が改善し、問題に対処しやすくなるのですね!

 

たとえるなら、原因を分析しないまま働き続けることは、姿の見えない お化けを相手にするようなもの。

 

実体のない “敵” を相手に たたかうのは、、さすがに骨が折れますよね。

 

そこで、↓以下を参照しつつ、あなただけの「仕事の問題点」にフォーカスするのが吉ですよ。

 

【5選】仕事に合わない理由【ランキング】
・職場の人間 関係に馴染めず、社内グループに溶け込めていない
・仕事ストレスを我慢しているせいか、体調に悪影響が出始めている
・業務 内容に不満があり、自分が希望するやりたいことと一致してない
・会社のピリピリした雰囲気がニガテで、社風が合わないと感じている
・教育 担当の上司とソリが合わず、コミュニケーションの不和が生じている
・福利 厚生がととのっておらず、ブラック企業レベルの賃金 体系になっている…など

 

ちなみに、入社して1ヶ月なら「試用 期間中の退職」という扱いになるので、履歴書にキズがつく心配はありませんよ。

 

断言できます。

 

「まだ1ヶ月目だけど、いまの仕事に合ってないかも…」を解消する第一歩は、『原因の明確化』にアリですよ。

 

【悲報】「合わない仕事」に耐え続ける末路とは…

 

ただ一方で、↓以下のような意見もあるかもしれません。

 

上司
上司

たった1ヶ月で仕事の向き・不向きが分かるわけないだろう! 甘ったれるな!

早期 退職すると再就職も難しくなるし、将来が大変なことになるぞ! 少なくとも、半年は耐えるべき!

 

かなりキツめの反論ですが、、たしかに↑上記にあるとおり、転職してすぐ退職すると、履歴書にキズがつく恐れあり。

 

となれば、ここは「1年を目安に」「とりあえず3年」といった感じで、目標の期限を設けるのも一手かも。

 

…しかし、です。

 

ただ一方で、合わない仕事にガマンし続ける “リスク” もまた、、あるように思いませんか?

 

その証拠に、産業 心理学の研究によると、向いてない会社に居続ける人ほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだそう。

 

・抑うつ感が悪化
・マイナス思考が悪化
・モチベーションが悪化
・人生への絶望感が悪化
・ストレス抵抗力がダウン
・業務パフォーマンスがダウン
・感情コントロール力がダウン
・他人のことを信じられなくなる…など

(参考 文献:『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、職場のミスマッチを放置しがちな人ほど、ストレス状態が悪化し、業務 成果も上がらなくなるのですね。。

 

たとえるなら、 “不” 適切な環境で働きつづけることは、サメやイルカが空を飛ぼうと努力するようなもの。

 

 “適材 適所” とも言われるように、海の生き物なら水中で生活してこそ、本領を発揮できるものですよね。

 

…さぁ、冷静に考えてみてください。

 

現代は「人生100年」とも言われ、わたしたち20〜30代が “80才 前後まで働く” と推測される長寿の時代。

 

そして、想像してみてください。

 

合わない職場に耐えつづけ、まともなスキルアップも見込めないまま、低賃金・低年収へと落ちていく “暗い未来” を。

 

…そんなキャリア人生、あんまりだと思いませんか?

 

そこで、このさきでは「入社して1ヶ月。合わない仕事が苦痛で…」を解消すべく、科学的な「2つの改善策」を解説

 

▶︎価値観の明確化
▶︎打開の一手を準備

 

にゅー
にゅー

「仕事が合わない…いっそ、会社 辞めたい…」と苦しむときこそ、科学を味方に対策していきましょう!

 

【克服策】1ヶ月でも合わない仕事は辞めるべき?→科学的な2つの改善策で【すべて解決】

 

さて、1つ目に紹介するのは『価値観の明確化』について。

 

ここだけの話、、転職に失敗する人の95〜98%が陥りがちな “落とし穴” が、人生の目的を設定できていないこと。

 

できるなら、次の転職は「ぜったいに成功させたい!」と思いますよね。

 

少なくとも、1ヶ月で辞めるようなミスマッチは回避したい。

 

あるいは、半年…1年…と、可能なかぎり「長く勤められる職場」に出会いたい。

 

…そう思いませんか?

 

そこで、あなた自身の価値観を明確にしておくことがオススメです。

 

じつは、心理学の研究によると、キャリアの目的を見定められる人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

▶︎職業的なメリット
・注意、集中力が改善
・将来的な収入がアップ
・長期的な貯蓄率がアップ
キャリア選択に成功しやすくなる…など

 

▶︎精神的なメリット
・幸福感がアップ
・社交性がアップ
・共感力がアップ
・マイナス思考が改善
・恐怖、不安感が改善
・記憶力の低下を防ぐ
・モチベーションが改善
・ポジティブ気分が改善
・ストレス抵抗力がアップ
・良い対人 関係を築きやすくなる…など

 

▶︎身体的なメリット
・抗 炎症作用が改善
・不眠になりづらくなる
・ナチュラルキラー細胞が活性化…など

(参考 文献:『目的の力ー幸せに死ぬための「生き甲斐」の科学』『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』『最高の体調 ACTIVE HEALTH』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、人生の目標を見極められる人ほど、心身ともに健康的で、キャリア的にも成功しやすくなるのですね!

 

たとえるなら、あなた自身の価値観を明確にすることは、ビジネスという海を泳ぐ “コンパス” を手に入れるようなもの。

 

「どこに向かって進めばいいか?」を示してくれる “目印” があれば、キャリアという道に迷わずに済むはずですよ。

 

↓以下の記事では、認知行動療法でも使われ『ACT』というテクニックを参考に、あなたの価値観を深掘りしていきます。

 

また、転職 成功率を “3.7倍” アップさせる『エクスプレッシブ ライティング』という手法についても、あわせて解説。

 

ぜひ ご参照くださいね。

 

 

【科学が保証】『打開の一手』を準備すべし⁉︎

 

さて、さいごに お話するのは『打開の一手を準備』についてです。

 

そして、ここから先がメインテーマ。

 

あなただけに暴露しますが、、「仕事が合わない…」から脱却できない人の95〜97%には、1つの “失敗パターン” が。

 

それは、無料 支援サービスの活用という、 “具体的な脱出ツール” を備えられていないこと。

 

…ここで1つ、ご自身について振り返ってみてください。

 

「入社して1ヶ月で会社を辞めたら、人生 詰んだも同然…」といった感じで、間違った思い込みをしていないかと。

 

「早期 退職した人間なんて、どこの会社も雇ってくれないはず…」と、みずから可能性を狭めていないだろうかと。

 

じつは、臨床 心理学の研究によると「マイナス思考に囚われがちな人ほど、問題 解決力ダウンしやすくなる傾向」に。

(参考 文献:『後悔しない超 選択術』『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

専門的に『ネガティブ バイアス(悲観的な思い込み)』とか『視野 狭窄(しや きょうさく)』などと呼ばれる心理 傾向。

 

残念なことに、、わたしたちはストレス状態にあるときほど、かえって苦境から抜け出せなくなってしまうのです。

 

反対に、ネガティブな状況を打破できるビジネス パーソンほど、みんな “もしもの逃げ道” を確保できているもの。

 

みんな口にしないだけで、いつでも職場を変えられるように、万が一に備えて “退却 手段” を持っているものなのです。

 

その証拠に、臨床 心理学の研究によると「複数の解決策を用意できる人ほど、逆境を乗り越えやすくなる」のだとか。

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

↓下図のようなイメージですね。

 

複数の選択肢・解決策

 

ちなみに、わたしは個人 事業主として働いている今でも、常に「3つの支援サービス」を “逃げの一手” として活用。

 

というのも、いつまでも自分のビジネスで食べていけるなんて、だれも保証してくれないからです。

 

にゅー
にゅー

タダで利用できる大手サービスを “次善の策” に残しておくことで、緊急 事態に備えているわけですね!

 

ことわざにもあるとおり、 “備えあれば憂いなし” 。

 

なので、断言できます。

 

いまの あなたに必要なのは、不適切な会社から脱すべく「現実的な回避ツールを設けること」なのだと。

 

ちなみに、転職 活動は「在職中に進めておく」が正解。

 

というのも、宙ぶらりんで仕事を探し始めるよりも、あらかじめ準備を進めておくほうが、心の余裕が持てるからです。

 

にゅー
にゅー

「入社して1ヶ月だけど、仕事が合わないかも…」と悩む今こそ、科学データを参考に動き出しましょう!

 

【結論】合わない仕事を1ヶ月で退職するのはアリ?→たった1つの解決策は【あなた自身の選択】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話をきいてくれた あなたに、心から感謝します。

ほんとうに、ありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「人生の5つの悔やみ」について。

 

研究データによると、わたしたちが自分の生涯を振りかえるとき、↓以下「5つの後悔」に苦しみがちなのだそう。

 

「起業する自信を持っていたら〜…」
「もっと学校で勉強しておけば〜…」
もっと早く会社を辞めておけば〜…」
お金なんかのために仕事しなければ〜…」
「直感にしたがって正直になっておけば〜…」
(参考 文献:『4021の研究データが導き出す 科学的な適職』)

 

そして、恐ろしいことに「キャリア選択の後悔=人生レベルでの悔やみ」だと証明されています。

 

…さぁ、頭のなかに思い浮かべてみてください。

 

いまの会社に留まりつづけることが、このさきの ”将来の後悔“ に影響していないだろうかと。

 

現状 維持に甘んじることが、このさき40年 以上も続く ”キャリアの後悔“ に関係していないかと。

 

あなたを苦痛から救ってくれるのは、たった1つ『あなた自身の行動』だけ。

じぶんの身は、自分で守るしかありません。

 

でも、きっと大丈夫。

 

ここまで、わたしの話に耳を傾けてくれた聡明な あなたなら、ぜったいに前向きな人生へと変えていけるはず

 

にゅー
にゅー

わたしは、そう強く信じます!

 

明るい未来を掴めるかどうかは、すべて今このときの『あなた自身の選択しだい』ですよ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました