【失敗と絶望】仕事も人間関係もうまくいかない…→2つの克服法で【科学データをもとに解決】

【仕事も人間関係もうまくいかない】 Uncategorized

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

もう無理…さいきん、何もかもがダメだ…。

会社の仕事も、職場の人間 関係もうまくいかない…毎日が苦痛だらけで、生きるのがツラい。。

仕事に悩む女性
仕事に悩む女性

業務的なミスが多いせいで、上司には怒られてばかりだし…いっそ逃げ出せたら、楽になれるのに。。

頭では「逃げてばかりじゃNG」って分かってるけど、、ダメな現実に向き合うのが怖くて。。

どうしたらいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎仕事も対人 関係もうまくいかない…→優先すべきは『自己否定の回避』⁉︎
▶︎科学的な「2つの改善策」で【すべて解決】くわしくは記事の後半

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【失敗と絶望】仕事も人間関係もうまくいかない…→2つの克服法で【科学データをもとに解決】

【もう限界】会社の仕事も人間関係もうまくいかない…→優先すべきは『自己否定の回避』⁉︎

 

【必見】当サイトでは、あなたのキャリアの苦悩を解決すべく、科学的なデータをもとに、打開策を発信していきます。

 

きっと、大丈夫
あなたの苦しみは、かならず克服できますよ

 

わたしと共に、対策していきましょうね。

 

 

さて、さきに結論ですが「仕事も人間 関係もうまくいかなくて…」を打開するポイントは、『自己 否定の回避』

 

業務的なミス・失敗に落ち込み、ネガティブ思考の “罠” にハマってしまわないかに、注意を向けるべき。

 

…ここで1つ、あなたに質問させてください。

 

ここ最近、昼夜 問わず「なにをしてもうまくいかなくて…」というマイナス思考で、頭がいっぱいになっていませんか?

 

あるいは、朝 起きるときも「どうせ、今日も怒られるんだろうな…」と、脳内が不安・恐怖で占拠されてないしょうか?

 

…もしも、答えが「Yes」なら、、要注意。

 

じつは、心理学の研究によると、じぶんへの自信を失いやすい人ほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだそう。

 

▶︎心理的なデメリット
・抑うつ気分が悪化
・マイナス思考が悪化
・早死にリスクが悪化
・不安感、恐怖心が悪化
・ストレス レベルが悪化
・完璧 主義の傾向が悪化
・自暴 自棄になりやすくなる
・自己 否定、自己 嫌悪が悪化…など

 

▶︎職業的なデメリット
・職場内の生産性がダウン
キャリア選択に失敗しやすくなる
・社内で「無能」だと誤解されがちに
・昇進、昇給のチャンスを逃しやすくなる…など

 

▶︎対人 関係のデメリット
・恋人と破局しやすくなる
・家庭が崩壊しやすくなる
・友人 関係を壊しやすくなる
・他人を信じられなくなる(or 盲目的になる)…など

(参考 文献:『パーソナリティーを科学する 特性5因子であなたがわかる』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、自己 肯定感(自信)を喪失しやすい人のほうが、人間関係・キャリア選択・メンタルのすべてに悪影響が。。

 

なので、ここで1つだけ…わたしと お約束ください。

 

会社の仕事・対人 関係ともにうまくいかなかったとしても、 “自己 嫌悪のループ” に陥るのだけは、、どうか避けてほしい。

 

何もかもがうまくいかなくても、あなただけは「あなた自身の味方」でいてあげて欲しい。

 

あなたの「仕事も人間関係も、全部うまくいかなくて…」を解決する “初め一歩” は、『自己否定の回避』にアリですよ。

 

【科学で対策】『ポジティブ再解釈』で対処せよ⁉︎

 

とはいえ、↓以下のような意見もあるかもしれませんね。

 

ビジネスウーマン
ビジネスウーマン

自己 嫌悪がダメなのは分かったけど、、具体的な改善策がないと、おなじ毎日の くり返しだわ。。

いまの苦痛を乗り切る方法があったら、きっと自分を責めずに済むと思うんだけど。。

 

たしかに↑上記にあるとおり、言葉 少なに「自己 否定=辞めるべき」といわれても、、対策のしようがないですよね。

 

そこで、科学的にオススメなのが『ポジティブ “再” 解釈』の実践です。

 

「仕事も人間 関係もうまくいかない…」というネガティブな現実を受け入れ、前向きに捉えなおすのが吉。

 

↓以下のイメージですね。

 

ビジネスマン①
ビジネスマン①

さいきん、何もかもがうまくいかない…ボクの人生、いまがドン底だよ。。

…でも、いっそポジティブに「失意のどん底=あとは階段を昇るだけ」と考えるのもアリかもだな…?

たしかにツラいのは事実だけど、ネガティブ感情を真っ正面から受け止める必要なんてないよな…!

 

じつは、臨床 心理学の研究によると、苦痛をポジティブに “再” 解釈できる人ほど、↓以下のメリットを受ける傾向に。

 

・抑うつ気分が改善
・ストレス抵抗力が改善
・人生の満足度がアップ
・モチベーションがアップ
・業務パフォーマンスがアップ
・仕事(学習)成績が “17〜22%” アップ…など

(参考 文献:『参考文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』『後悔しない選択術』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、うまくいかない現実を前向きに捉え直せる人のほうが、メンタルが安定し、成果も上げやすくなるのですね!

 

専門的には『リフレーミング』とか『リアプレイザル』などと呼ばれ、心理カウンセリングでも利用される方法の1つ。

 

なので、科学的な効果は保証 済みですよ。

 

反対に、ネガティブ思考から抜け出せなくなる人ほど、上記すべてがデメリットに変換されてしまうと分かっています。

 

…ここで1つ、想像してみてください。

 

このさき40〜50年にわたり、うまくいかない毎日に絶望し続ける “不幸すぎる未来” を。

 

仕事も人間関係もうまくいかず、低賃金・低年収へと追いやられていく ”悲痛な末路“ を。

 

「そんな人生、あまりにもツラ過ぎる…」。

 

「現状を打破して、いまの苦しみから逃れたい」。

 

…そう感じませんか?

 

そこで、このさきでは「何もかもうまくいかなくて…」を解消すべく、科学的な「2つの改善策」を解説です。

 

▶︎セルフ コンパッション
▶︎退却路の確保

 

にゅー
にゅー

「人間 関係も仕事もうまくいかない…」と苦しむときこそ、科学を味方に対処していきましょう!

 

【科学で解決】職場の人間関係も、仕事もうまくいかない…→2つの改善策で【すべて克服】

 

さて、1つめに紹介するのは『セルフ  コンパッション』について。

 

ざっくり言うと「じぶんへの優しさ」とか「慈(いつく)しみの心」といった意味ですね

 

じつは、心理学の研究によると、みずからに思いやりを向けられる人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

・自制心が改善
・共感性が改善
・衝動性が改善
・やる気がアップ
・抑うつ気分が改善
・ネガティブ思考が改善
・モチベーションが改善
・ストレス抵抗力がアップ
・業務(学習)成績がアップ
・自己コントロール感がアップ
・「成長に繋がる努力」をしやすくなる
・自己 否定、自己 嫌悪に陥りにくくなる…など

(参考 文献:『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、ありのままの自分を受け入れられる人のほうが、メンタル的に安定し、仕事でも成果を上げやすくなる傾向に!

 

たとえば、人間 関係で陥りがちな “落とし穴” の1つが、気が合わない人・苦手な人とも仲良くなろうとすること。

 

世間的には「会社の対人 関係は、円滑にすべき!」と言われますが、、科学的には “大きな間違い” 。

 

なので、あなたのキラいな人は、すなおに「嫌ってもいい」。

 

あるいは、相性が悪いと感じる人とは、いっそ「コミュニケーションを取らなくてもいい」のです。

 

あなた自身に「無理なことは、ムリ」とGOサインを出してあげることが、セルフ コンパッションの “さいしょの一歩” 。

 

世界80万件 以上の研究データが示すように、激動の現代を生き残れるのは「じぶんに優しくできる人」。

 

↓以下の記事では、転職 成功率を “約3.7倍” も改善させる『エクスプレッシブ ライティング』についても、併せて解説。

 

ぜひ ご覧くださいね。

 

(まとめ記事へのリンク)

 

【科学が実証】『万が一の退却路』を確保せよ!

 

さて、さいごは『退却路の確保』について お話します。

 

そして、ここからがメインテーマ。

 

あなただけに打ち明けますが、、「何もうまくいなくて…」を克服できない人の9割 以上には、1つの “共通点” が。。

 

それは、転職 支援サービスの利用という、 “具体的な脱出ツール” を用意できていないこと。

 

いいかえると、ほかの解決策に目を向けられず、現状を打破する “逃げ道” を持てなくなっている。

 

シンプルに、視野が狭くなっているのですね。

 

…率直な意見で、すみません。

けれど、事実です。

 

その証拠に、臨床 心理学の研究によると「マイナス思考に囚われがちな人ほど、問題 対処力が低下しやすくなる」のだそう。

(参考 文献:『後悔しない超 選択術』『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

専門的に『ネガティブ バイアス(悲観的な思い込み)』とか『視野 狭窄(しや きょうさく)』などと呼ばれる心理ですね。

 

反対に、負のループを断ち切れる賢明なビジネス パーソンほど、じぶんだけの “こころの安全 基地” を備えているもの。

 

みんな口に出さないだけで、転職 or 退職という起死回生の一手が打てるように、 “退避 手段” を準備しているものなのです。

 

その証拠に、臨床 心理学の研究によると「複数の解決策を用意できる人ほど、逆境を乗り越えやすくなる」のだそう。

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

イメージ的には、↓以下のような感じでしょうか。

 

複数の選択肢・解決策

 

ことわざにもあるとおり、 “備えあれば憂いなし” 。

 

なので、断言できます。

 

いまの あなたに不可欠なのは、万が一に備えた「現実的な脱出ルートの確保」なのだと。

 

にゅー
にゅー

「仕事も人間 関係も上手くいかなくて…」と感じるいまこそ、科学データを参照しつつ行動していきましょう!

 

【まとめ】仕事も人間関係もうまくいかない…→悪循環を抜け出す突破口とは?【答:あなたの行動】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話を聴いてくださった あなたに、心から感謝を。

どうもありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「周りの意見に流されるデメリット」について。

 

研究 結果によると、周囲の顔色をうかがいがちな「協調性の高い人」ほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだとか。

 

・昇進、昇格率がダウン
・将来の年収が ”約100万円“ もダウン
・組織内で管理職、重役に就ける確率がダウン
・世間的な財務 信用度(クレジット・スコア)がダウン…など

(参考 文献:『パーソナリティーを科学する 特性5因子であなたがわかる』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、他人の考え・価値観に同調しがちな人のほうが、将来的な収入がダウンし、キャリア的にも失敗しやすい傾向に。。

 

なので、ありがちな「会社の人間 関係=良好にすべき」という世間のルールを受け入れるほど、人生の “大損失” を招く危険が。

 

…さぁ、頭のなかに思い浮かべてみてください。

 

あなたは今、2つの道の真ん中に立っています。

 

一方の道には、嫌いな人にもガマンして接し、ツラい仕事・人間 関係に耐えつづける “苦痛の未来” が。

 

もう片方の道には、あなた自身の気持ちに正直になり、仕事も対人 関係も改善されていく “可能性ある未来” が。

 

あなたが望むのは、どちらの道でしょうか?

 

このさきの人生を変えられるかどうかは、いまこの瞬間の『あなた自身の選択しだい』です。

 

きっと、大丈夫。

 

ここまで、わたしの話を傾聴してくれた聡明な あなたなら、ゼッタイに明るい未来を掴めるはずですから。

 

わたしは、そう強く信じます。

 

にゅー
にゅー

運命を分けるのは、あなた自身の決断ですよ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました