【職場で孤立】人間関係が苦手…→人と関わらない仕事+対策2選で【科学データとともに解決】

【仕事の人間関係が苦手】 Uncategorized

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む女性
仕事に悩む女性

もう限界…会社に行くのがツラい…。

職場の人間 関係が苦手すぎて、仕事が苦痛…ほかの人の顔色が気になって、業務に集中できない。。

 

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

もしかしたら、会社員に向いてないのかも…学生のころも、グループに溶け込めなかったし。。

まったく職場に馴染めない…このさき、40年 以上も働き続けなきゃなのに。。

どうしたらいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【10選】人間関係が苦手で、仕事が苦痛…→解決策は『在宅ワーク』⁉︎
▶︎科学的な「2つの突破口」で【すべて解決】詳しくは記事の後半

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【職場で孤立】人間関係が苦手…→人と関わらない仕事+対策2選で【科学データとともに解決】

【10選】人間関係が苦手なせいで、会社での仕事が苦痛…→解決策は『在宅ワーク』⁉︎

 

【注意】当サイトでは、あなたのキャリアの苦悩を打開すべく、科学的なデータをもとに、克服法を発信していきます。

 

大丈夫
あなたの苦しみは、絶対に解決できますから

 

わたしと一緒に、対策していきましょうね。

 

 

さて、さきに結論ですが「人間 関係が苦手すぎて、会社の仕事がツラい…」を解決するポイントは、『在宅ワーク』

 

↓以下10点のような「リモート ワーク可」の職種のなかから、あなたの適性に合った仕事を選ぶのがオススメ。

 

▶︎在宅 勤務OKな業種【10選】
・エンジニア
・プログラマー
・翻訳、作家業
・Webライター
・Webマーケター
・Webデザイナー
・デイトレーダー
・アフィリエイター
・Webサイト管理人
・YouTuber(動画 配信者)…など

 

ちなみに、わたしも現代人よろしく「Webライティング」と「Webマーケティング」を生業(なりわい)にしています。

 

以前は「ジュエリー製作者」という職人系の業務をしていましたが、会社を辞めてからはIT業界にどっぷり。

 

にゅー
にゅー

煩(わずら)わしい人間 関係から解放されて、自宅でひとり黙々とマイペースに仕事しています!

 

それに、2020年 現在では、コロナの影響もあって「人との距離が近い働き方」が危険視されるようになりましたね。

 

そこで、ネット社会になったことを活かして、できるだけ他人との関わりが小さい仕事がオススメです。

 

あなたが「人間 関係が苦手で…」と思い悩んでいるのなら、なおさら在宅ワークの実現を目指すべき。

 

なので、まずは↓以下の「クラウド ソージング サービス」を覗いてみて、できそうな仕事から始めるのが吉ですよ。

 

・シュフティ
・ランサーズ
・クラウドワークス
・SHINOBIライティング…など

 

【注意】「肉体 労働」や「内職の仕事」はNG⁉︎

 

…ただし、1つだけ注意点が。

 

↓以下のような「肉体 労働」や「内職」の仕事は…ぶっちゃけ、あまりオススメできません。

 

理由としては、スキル アップや昇給・昇格などの「将来性に欠ける働き方」だからです。

 

▶︎人間 関係の問題が少ない仕事ただし、おすすめできない)
・警備員
・清掃員
・農業家
・工場員
・新聞 配達員
・仕分け作業員
・ハンドメイド
・倉庫内 作業員
・トラック運転手
・タクシー運転手
・カスタマーサポート
・データ入力(事務職)
・自販機の補充スタッフ
・ポスティング スタッフ
・電気、水道、ガスの検針員…など

 

というのも、すでに「Uber」や「Googleカー」などの発展により、運送系サービスの未来は暗くなりつつありますね。

 

そして、工場・倉庫での仕事は機械に代替(だいたい)され、単純 作業の働き方じたいに “うま味” がない。

 

かんたんにいうと、↑上記はすべて低スキル・低賃金へと追いやられるリスク “大” だということ。

 

なので、たとえ人との関わりが少ない仕事だとしても、身体を動かす「肉体 労働」や、単純 作業の「内職」はNG。

 

コロナ・ショックのあおりを受けた現在では、もくもくと家で作業できる「在宅ワーク」がオススメですよ。

 

【大悲報】「対人関係の苦痛」に耐え続けると…⁉︎

 

とはいえ、↓以下のような反論もあるかもしれませんね。

 

上司
上司

人間 関係へのニガテ意識は、他人との関わりをとおしてしか解消できないぞ!

人付き合いを避けてばかりいると、客観性も育たないし…人脈(対人ネットワーク)も作れないだろう!

コミュ障だっていう自覚があるなら、人との関係性のなかで痛みや苦しみを経験して、克服すべき!

 

かなりキツい言い分ですが、、たしかに↑上記にあるとおり、人との関わりが減るデメリットがあるのもまた、確かな事実。

 

たとえば、わたしのように1人で完結する仕事をしていると、困ったときに頼れる・信じられる人は「自分だけ」。

 

「自己 責任」の精神のもと、あらゆる困難・失敗を一挙に引き受けなければいけない “リスク” が生まれますね。

 

「自由+責任」はセットですから、人付き合いで助けられていた部分を、すべて自分で対処しなきゃいけない恐怖アリ。

 

…しかし、です。

 

ただ一方で、苦手な人間 関係をズルズルと続け、わずらわしさを感じながら生きる “絶望” もまた、、あると思いませんか?

 

参考までに、厚生労働省の調査データによると、会社員とフリーランス(自由業)の自殺率を比べると、↓以下のとおり。

 

▶︎被雇用者(会社員)
9,7人/10万人
▶︎自営業者(フリーランスや社長など)
→ 2,1人/10万人

令和元年のデータ——会社員6,202人:自営業・経営者1,410人を参考)

(参考URL:厚生労働省 令和元年の自殺の状況

 

にゅー
にゅー

誤解をおそれずにいうと、、個人ビジネスをしている人よりも、一般的な労働者のほうが “約4.6倍” も自殺リスクが悪化する傾向に。。

 

分かりやすくいうと、会社の対人 関係の苦痛に耐え続けることは、 “自分で命を断つ” というリスクありだということ。

 

じつは、みずから「人生のコントロール権」を握れているフリーランス・企業の社長のほうが、圧倒的に “生きやすい” 。

 

なので、たとえ「収入が安定しない」「すべて自己 責任」などのリスクがあっても、人との関わりを減らすメリット “大” 。

 

ちなみに、ネット ワーキング(人脈)の活用には、関係が浅い「うすい繋がりの人」が重要だと分かっています。

 

その証拠に、社会 心理学の研究によると、キャリアの転機は『弱い紐帯(浅い関係)』が運んできてくれるのだそう。

(参考 文献:『友達の数は何人? ダンバー数とつながりの進化心理学』『コミュ障でも5分で増やせる 超人脈術』)

 

逆にいうと、インターネットやSNSでの繋がりを作っておけば、会社に所属しているとき以上に “チャンスあり” かも。

 

ありがたいことに、現代ではオンライン サロン・参加型サブスクなどを活用すれば、家にいながらにして人脈が広がる。

 

ともあれ、人間 関係が苦手で「他人と関わるのが苦痛」なら、きちんと対抗 手段を準備しておけばOK。

 

過度にリスクを怖がる必要もありませんし、将来を不安に感じる必要もナシですよ。

 

【警告】「他人からの監視」にさらされるデメリットとは?

 

ご注意ください。

 

他人の視線が気になったり、上司・先輩の監視のもとで働きつづけると、仕事キャリアに失敗するリスク “大” ですので。

 

…おどすような言い方で、すみません。

しかし、確たる事実。

 

その証拠に、組織 心理学の研究によると、他人に見張られるプレッシャーありの職場では、↓以下のデメリットを受ける傾向に。

 

・業務 生産性がダウン
・問題 解決力がダウン
・アイデア開発力が低下
・業務パフォーマンスが低下
・仕事のモチベーションがダウン
・失敗やミスを過度に恐れるようになる…など

(参考 文献:『社会心理学 有斐閣』『権力を握る人の法則 日本経済新聞 新報社』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、衆人 環視のもとで仕事しなきゃいけない人ほど、成果が上がりにくく、パフォーマンスが発揮できなくなるのですね。。

 

専門的には『社会的 抑制(しゃかいてき よくせい)』と呼ばれる心理 傾向ですね。

 

なので、人間 関係が苦手なタイプほど、会社 組織のような「集団の圧力」を苦痛に感じやすい傾向に。

 

…ここで1つ、冷静に考えてみてください。

 

現代は「寿命100年」とも呼ばれる “長寿の時代” 。

 

しかも、わたしたち20〜30代は「80歳くらいまで働き続ける」と、予測されていますね。

 

そして、想像してみてください。

 

このさき50年 以上にわたり、苦手でツラい人間 関係にガマンしながら、苦痛の毎日を送る “真っ暗な未来” を。

 

職場の社員たちに監視され、仕事の成果も上げられないまま、低賃金・低年収へと追いやられる “絶望の末路” を。

 

「そんな人生、絶対にイヤだ…」。

 

…そう感じませんか?

 

そこで、このさきでは「人間関係が苦手で、仕事が手につかない…」を解消すべく、科学的な「2つの突破口」を紹介

 

▶︎セルフ  コンパッション
▶︎次善策の確保

 

にゅー
にゅー

「職場の対人 関係が恐怖で、会社に行きたくない…」と苦しむ今こそ、科学を味方に対策していきましょう!

 

【科学で対処】会社の人間関係が苦手…→仕事で他人との関わりを避けるには?【突破口は2つ】

 

さて、1つ目に解説するのは『セルフ  コンパッションについて。

 

直訳すると、「じぶんに向ける優しさ」「みずからを受け入れる心」といった意味ですね。

 

…ここで1つ、あなたに質問させてください。

 

人間 関係での苦手 意識が災(わざわ)いして、ご自身のことを「ダメ人間」「社会 不適合者」だと責めていませんか?

 

あるいは、職場での居場所を感じられず、孤独・孤立感に悩まされ、じぶんへの自信を失くしていないでしょうか?

 

じつは、心理学の研究によると、ありのままの自分を受け止められない人ほど、↓以下のデメリットを受けやすい傾向に。

 

・自制心が悪化
・共感性が悪化
・衝動性が悪化
・抑うつ気分が悪化
・ネガティブ思考が悪化
・不安感や恐怖心が悪化
・ストレス抵抗力がダウン
・モチベーションがダウン
・学習(仕事)の成績がダウン
・自己コントロール感がダウン
・「成長に繋がる努力」を放棄しがちに
・自己 否定、自己 嫌悪に陥りやすくなる…など

(参考 文献:『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、じぶんに思いやりを向けられない人ほど、ストレス状態が悪化し、仕事の成果も上がりにくくなるのですね。。

 

また、社会 心理学の研究によると、自信がないときに「じぶんよりデキる人」と比較すると、メンタルが悪化しがちな傾向に。

(参考 文献:『新編 社会心理学 改訂版』)

 

専門的には『上方 比較(じょうほう ひかく)』とか『社会的 比較』などと呼ばれる心理 傾向です。

 

マジメで責任感の強い人ほど、窮地に立たされたとき「もっと努力しなきゃ…!」と考えがちですが、、科学的には “NG” 。

 

断言できます。

 

世界80万件 以上の研究データが示すように、ツラく苦しい現代を生き抜けるのは「じぶんを許せる人」だと。

 

↓以下の記事では、転職 成功率を “約3.7倍” にアップさせる『筆記 開示(ひっき かいじ)』という手法も、併せて解説。

 

ぜひ ご覧くださいね。

 

(まとめ記事へのリンク)

 

【科学が実証】『万が一の次善策』を確保せよ!

 

さて、さいごは『次善策の確保』について解説です。

 

そして、ここからがメインテーマ。

 

あなただけに暴露しますが、、「職場の人間 関係が苦手で…」を脱却できない人の9割 以上には、1つの “共通点” が。。

 

それは、無料 支援サービスの使用という、 “もしもに備えた脱出ツール” を用意できていないこと。

 

いいかえると、対人ストレスのせいで視野が狭くなり、ほかの解決策・打開策を考慮できなくなっているのですね。

 

…ストレートな言い方で、すみません。

けれど、確かな事実。

 

その証拠に、臨床 心理学の研究によると「マイナス感情に囚われがちな人ほど、問題 対処力が低下しやすい」のだとか。

(参考 文献:『後悔しない超 選択術』『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

専門的に『視野 狭窄(しや きょうさく)』とか『ネガティブ バイアス(悲観的な思い込み)』などと呼ばれる心理ですね。

 

残念なことに、、強いストレス状態にあるときほど、わたしたちは目の前の課題を解決できなくなってしまいがち。。

 

反対に、仕事キャリアでのニガテ意識を克服できるビジネス パーソンほど、じぶんだけの “逃げ道” を常備しているもの。

 

みんな口に出さないだけで、いつでも職場を変えられるように、 “第2、第3の刃” を備えているものなのです。

 

…そうでなくては、厳しいビジネスの世界で生き残れないでしょうから。。

 

その証拠に、心理学の研究によると「ネガティブな状況への対抗策を持てる人ほど、逆境を乗り越えやすくなる傾向」に。

(参考 文献:『ネガティブな感情が成功を呼ぶ』『事実はなぜ人の意見を変えられないのか』『悪いヤツほど出世する 日本経済新聞 出版』)

 

専門的に『逆境力』とか『不快 情動(ふかい じょうどう)への耐性』などと呼ばれる心理 傾向ですね。

 

分かりやすくいうと、仕事の大失敗やトラウマを乗り切れる人に共通するのは、常に “逃げの一手” を用意していること。

 

↓下図のイメージですね。

 

複数の打開策・解決策

 

対人 関係でのイジメやコミュニケーション不安など、人生で直面する「困難」を克服するには、ぜったいに “退路” が必要。

 

なので、断言できます。

 

いまの あなたに不可欠なのは、苦境から抜け出すべく「具体的な撤退ツールを備えること」なのだと。

 

にゅー
にゅー

「人間 関係が苦手で、仕事に行くのがツラい…」と感じるいまこそ、科学データを参考に動き始めましょう!

 

【まとめ】仕事の人間関係が苦手…→会社の人付き合いを回避するには?【答:あなた自身の選択】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話を聴いてくださった あなたに、心から感謝します。

本当に、ありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「他人の顔色をうかがうデメリット」について。

 

研究データによると、周りの空気を読んでしまう「協調性の高い人」ほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだとか。

 

・昇進、昇給率がダウン
・将来的な収入がダウン
・組織の重役になれる確率がダウン
・管理職や社長職に就く割合がダウン…など

(参考 文献:『パーソナリティーを科学する 特性5因子であなたがわかる』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、ほかの人の視線を気にしてしまう人のほうが、将来的な年収が低下し、キャリア的にも失敗しやすい傾向に。。

 

…さぁ、頭のなかでイメージしてみてください。

 

会社 組織という集団に同調し、将来のキャリアの可能性をフイにする “真っ暗な未来” を。

 

反対に、職場になじめない自分を受け入れ、あらたなスタートを切る “希望ある未来” を。

 

あなたが望むのは、どんな人生でしょうか?

 

このさきの運命を明るくできるかどうかは、すべて今このときの『あなた自身の選択しだい』です。

 

でも、きっと大丈夫。

 

ここまで、わたしの話を傾聴してくださった聡明な あなたなら、ぜったいに前向きな未来を掴んでいけるはず

 

にゅー
にゅー

わたしは、そう強く信じます!

 

人生の決定権は、あなたの手の中にありますよ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました