【もう限界】仕事ができないせいで、人間関係が辛い…→対策2選で【科学的にすべて解決】

【仕事ができない】せいで、人間関係が悪化 Uncategorized

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

もう嫌だ…会社に行くのが苦痛すぎて…。

仕事ができないせいで、職場の人間 関係が悪化する一方…努力しても、ぜんぜん改善できない。。

仕事に悩む女性
仕事に悩む女性

作業スピードは遅いし、アドバイスされたことも覚えられない…きちんとメモも取ってるのに。。

上司・先輩に怒られるだけの毎日で…もう、会社に必要とされてないんじゃ、、悔しくて、涙が。。

どうしたらいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【絶望の毎日】仕事ができないせい…→改善策は『自己 嫌悪の回避』⁉︎
▶︎科学的な「2つの打開策」で【完璧に解決】記事の後半で詳細を解説

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【もう限界】仕事ができないせいで、人間関係が辛い…→対策2選で【科学的にすべて解決】

【絶望の毎日】仕事ができなくて、会社の人間 関係が悪化…→改善策は『自己 嫌悪の回避』⁉︎

 

【必読】当サイトでは、あなたの仕事の苦しみを解消すべく、科学的なデータをもとに、打開策を発信していきます。

 

ぜったいに、大丈夫。
あなたの苦痛は、きっと解決できますから

 

わたしと一緒に、克服していきましょう。

 

 

さて、さきに結論ですが「業務が遅いせいで、職場の人間 関係にヒビが…」を改善するカギは、『自己 嫌悪の回避』

 

「仕事ができない」というコンプレックスを理由に、あなた自身を否定してしまわないよう注意すべき。

 

…ここで1つ、ご自身について振り返ってみてください。

 

会社でミスをして上司に怒られた後、家に帰る道すがら “ひとり反省会” を開いていないでしょうか?

 

あるいは、仕事が遅いことを指摘され、頭の中で「じぶんはダメ人間だ…」と、自己 批判に陥っていませんか?

 

…もしも、答えが「Yes」なら、、要注意。

 

じつは、心理学の研究によると、自信 喪失してメンタルが不安定になりがちな人ほど、↓以下のデメリットを受ける傾向に。

 

▶︎心理的なデメリット
・抑うつ気分が悪化
・早死にリスクが悪化
・不安、恐怖心が悪化
・ネガティブ思考が悪化
・ストレス抵抗力が悪化
・自暴 自棄になるやすくなる
・完璧 主義になりやすくなる
・自己 否定、自己 嫌悪に陥りやすい…など

 

▶︎仕事面のデメリット
・離職率が悪化
・労働 生産性がダウン
・業務パフォーマンスがダウン
キャリア選択に失敗しやすくなる
・昇進、昇給の機会を得られなくなる
・職場で「無能」だと誤解されやすくなる…など

 

▶︎人間 関係のデメリット
・家庭が崩壊しやすくなる
・友だち関係が壊れやすくなる
・パートナーと破局しやすくなる
・他人を信じられなくなる(or 盲目的になる)…など

(参考 文献:『パーソナリティーを科学する 特性5因子であなたがわかる』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、自己 嫌悪にハマりやすい人のほうが、人間 関係・キャリア選択・メンタルすべてに悪影響が出るのだそう。。

 

…どうか1つだけ、わたしと約束してください。

 

たとえ、どれだけ社内で居場所を失くそうとも、あなただけは「あなた自身の味方」でいてあげて欲しい。

 

どれほど、周りから仕事ができないと非難されようとも、あなただけは「自分への批判」を向けないでほしい。

 

あなたの「作業が遅いせいで、職場の人間 関係が…」を打開する “はじめ一歩” は、『自己 嫌悪の回避』にアリですよ。

 

【悲報】仕事の汚名 返上は ”99%不可能“ ⁉︎

 

とはいえ、↓以下のような反論もあるかもしれませんね。

 

上司
上司

仕事ができないなら、ほかの人の倍 以上も努力すべきだ! 泣き言をいうな!

会社は「利益・結果を出す場所」であって、学校じゃないんだ! 物覚えが悪いなら、じぶんなりに工夫しろ!

会社員を続けていきたいなら、改善するために何ができるかを頭つかって考え出せ!

 

かなりキツい言い分ですが、、たしかに↑上記にあるとおり、マイナス思考に陥ったところで、問題は解決しないのも事実。

 

となれば、業務 時間内に作業を終わらせるべく、↓以下のような対策を講じて、汚名 返上を図るのも一手かもですね。

 

・スケジュールに優先 順位を付ける
・得意な作業 “だけ” に集中して取り組む
・オリジナルの「失敗メモ」を作って再発 防止
・上司や先輩に「改善のフィードバック」を求める…など

 

…しかし、です。

 

 “信頼を失うのは一瞬、取り戻すは一生” というコトバにあるとおり、職場での名誉を挽回するのは、、科学的にも困難。

 

その証拠に、心理学の研究によると、いちど形成された評価は “約6ヶ月〜1年” も持続し、巻き返しは「ほぼ不可能」

(参考 文献:『権力を握る人の法則』『影響力の武器 なぜ、人は動かされるのか』)

 

かんたんにいうと、社内で作られた「仕事ができないヤツ」というマイナス イメージは、99%撤回されないのです。

 

なので、ここは1つ「会社=給料をもらう場所」だと割り切って働くのも、社会を生き抜く “処世術” かもですね。

 

【危険】「慢性ストレス」に耐え続けると…⁉︎

 

ご注意ください。

 

慢性的な仕事ストレスは、あなたの脳の機能をダウンさせ、記憶力・思考力を奪っていく危険性 “大” ですので。

 

…おどすような言い方で、すみません。

しかし、確かな事実。

 

その証拠に、生理心理学の研究によると、慢性ストレスを抱えがちな人ほど、↓以下のデメリットを受けやすい傾向に。

 

▶︎身体的なデメリット
・免疫力が低下
・早死にリスクが悪化
・『海馬』が萎縮(いしゅく)
記憶力がダウン
・『前頭 前野』が萎縮
思考力や判断力がダウン…など

 

▶︎心理的なデメリット
・幸福度がダウン
・ストレス抵抗力が悪化
・ネガティブ思考が悪化
・不安、イライラ感が悪化…など

 

▶︎職業的なデメリット
・仕事 満足度がダウン
・モチベーションがダウン…など

(参考 文献:『ストレスに負けない脳 心と体を癒すしくみを探る』『ストレスの脳科学 予防のヒントが見えてくる』『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、仕事ストレスに耐え続ける人のほうが、心身ともに悪化し、脳の機能にも悪影響が出やすくなるのですね。。

 

なので、職場での人間 関係が悪化し、ストレスを受け続けるほど、さらに仕事ができなくなるという “悪循環” に。。

 

…さぁ、冷静に考えてみてください。

 

現代は「人生100年」とも呼ばれ、わたしたち20〜30代は80才くらいまで働くと予測される “長寿命の時代” 。

 

そして、イメージしてみてください。

 

「作業が遅くてドン臭いヤツ」というレッテルを貼られたまま、45年 以上も仕事し続ける “恐怖の未来” を。

 

対人 関係の問題を克服できないまま、会社から「お荷物 扱い」され続ける “不幸すぎる末路” を。

 

そんな人生、ぜったいにイヤだ。

 

現状から抜け出して、明るい未来を手にしたい。

 

…そう思いませんか?

 

そこで、このさきでは「仕事ができないせいで、職場の人間 関係が…」を抜け出すべく、科学的な「2つの打開策」を紹介

 

▶︎セルフ コンパッション
▶︎逃げの一手を準備

 

にゅー
にゅー

「作業が遅いせいで、対人 関係に亀裂(きれつ)が…」と苦しむときこそ、科学を味方に対処していきましょう!

 

【科学で解消】会社の仕事ができなくて、人間関係が苦痛に…→2つの打開策で【完璧に克服】

 

さて、1つ目に お話するのは『セルフ コンパッション』についてです。

 

意味としては、「じぶんへの優しさ」「みずからを受け入れる心」といったニュアンスですね。

 

冒頭で解説したとおり、もっとも避けるべきは「自己 否定に陥ること」。

 

反対に、いますぐにでも あなたに実践して欲しいのが「思いやりを向けること」。

 

その証拠に、脳科学・心理学の研究によると、ありのままの自分を受け入れられる人ほど、↓以下のメリットを受ける傾向に。

 

・自制心がアップ
・共感性がアップ
・抑うつ気分が減少
・衝動的な言動が減少
・モチベーションが改善
・ネガティブ思考が改善
・ストレス抵抗力が改善
・自己コントロール感が改善
・仕事(学習)成績がアップ
・逆境に耐えられるようになる
・「成長に繋がる努力」ができるように
・自己 否定、自己 嫌悪にハマりにくくなる…など

(参考 文献:『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、あなた自身に優しさを向けることで、ストレス状態が改善し、業務パフォーマンスも改善されやすくなるのです!

 

日本では「じぶんに厳しくする=美徳」と考えられがちですが、、科学的には “大きな間違い” 。

 

のべ80万件 以上もの研究データが示すとおり、もっともメンタルが安定するのは、自分 自身に「優しくなれる人」。

 

わずか1分で『セルフ コンパッション』を実行するコツについては、↓以下の記事で解説しています。

 

ぜひ ご参考くださいね。

 

(まとめ記事へのリンク)

 

【科学が証明】『逃げの一手』を準備せよ!

 

さて、さいごは『逃げの一手を準備』について解説していきます。

 

そして、ここから先がメインテーマ。

 

あなただけにコッソリ暴露すると、、「仕事ができなくて…」を脱却できない人の8割 以上には、1つの “共通点” が。

 

それは、転職 支援サービスの利用という、 “現実的な脱出ツール” を備えられていないこと。

 

いいかえると、いまの職場に留まることに囚われ、ほかの打開策を検討できなくなってしまっている。

 

シンプルに、視野が狭まっているのですね。

 

…ストレートな言い方で、すみません。
けれど、確たる事実。

 

反対に、人間 関係の悪化を “未然に” 防げるビジネス パーソンほど、あらかじめ “万が一の逃げ道” を用意しているもの。

 

みんな口にしないだけで、八方ふさがりに陥らないように、転職 or 退職を可能にする “次善の策” を備えているものなのです。

 

…そうでもしないと、現代の厳しいビジネス界を生き残るなんて、、不可能に近い。

 

そう感じませんか?

 

その証拠に、生理心理学の研究によると、↓以下のデータが確認されています。

 

回避 不能なストレス環境に置かれたマウス(実験 動物)ほど、↓以下のデメリットを受けやすいことが分かった」

 

▶︎メンタルの問題
・抑うつ感が悪化
・無気力感が悪化
・マイナス思考が悪化
・問題 解決力がダウン
・決断力、判断力が低下
・記憶力、思考力が低下
・ストレス抵抗力が悪化
・自信(自尊心)が悪化…など

 

▶︎身体の問題
・免疫力がダウン
・細胞の老化が進行
・睡眠の質が悪くなる
・短命になる傾向が悪化…など

(参考 文献:『ストレスに負けない脳 心と体を癒すしくみを探る』『オプティミストはなぜ成功するか』『生理心理学 第2版 脳のはたらきから見た心の世界』)

 

にゅー
にゅー

まとめると「もう、どこにも逃げられない…」という絶望感が悪化するほど、メンタル・フィジカルともに悪影響が。。

 

専門的には『学習性 無力感(がくしゅうせい むりょくかん)』と呼ばれる心理 状態ですね。

 

なので、断言できます。

 

いまの あなたに欠かせないのは、不遇な環境から退避すべく「退却ルートを確保すること」だと。

 

にゅー
にゅー

「仕事ができないせいで、人間 関係が悪化して…」と悩むいまこそ、科学データを参考に行動していきましょう!

 

【まとめ】仕事ができない…→職場の人間関係を改善する対策法とは?【答:あなた自身の行動】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話を聞いてくださって、本当にありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「現状 維持に甘んじるデメリット」について。

 

研究 結果によると、決断を先送りにしがちな人ほど、メンタルが悪化し、キャリア選択にもミスりやすいのだそう。

(参考 文献:『ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか』)

 

いま振り返ると、わたしが「あのとき動いて良かった…」と思うのは、すべてが『すぐに起こした行動』でした。

 

新卒 入社した会社を3日で病気 退職したあと、人生のドン底だった私を支えてくれたのは、つねに『過去の行動 実績』だった。

 

…さぁ、想像してみてください。

 

このまま劣悪な職場 環境に留まり、じぶんの将来にすら絶望する “真っ暗な未来” を選択するのか。

 

それとも、勇気を出して行動に起こし、あなた自身の可能性を切り拓く “希望ある未来” を選ぶのか。

 

あなたが欲しいのは、どちらの人生でしょうか?

 

このさきの運命を明るくできるかどうかは、いまこの瞬間の『あなた自身の選択しだい』です。

 

でも、きっと大丈夫。

 

ここまで、わたしの話を傾聴してくれた懸命な あなたなら、ぜったいに前向きな人生へと変えていけるはず

 

にゅー
にゅー

わたしは、そう信じていますよ!

 

未来を決めるのは、あなたの自身の行動 次第です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました