【仕事の真実】職場の人間関係はどうでもいい、けど…?対策2選で【科学データありで解決】

【仕事の人間関係=どうでもいい】

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

会社の人間 関係なんて、どうでもいいよね…。

職場は「利益を出す組織 or お金を稼ぐ場所」だから、ムダな対人 関係を作りたくないんだけど。。

仕事に悩む女性
仕事に悩む女性

1人で過ごしてると、社内の人から声をかけられてウザい…もっと割り切って働きたい。。

友だち作りしたくて、仕事してるんじゃないのに…でも、周りから「冷たい人」と思われるのも、ねぇ。。

どうしたらいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎仕事の人間関係なんて、どうでもいい?→『割り切って働く』でOK
▶︎科学的な「2つの打開策」で【完璧に解決】詳細は記事の後半

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【仕事の真実】職場の人間関係はどうでもいい、けど…?対策2選で【科学データありで解決】

【大正解】仕事の人間関係なんて、どうでもいい?→職場では『割り切って働く』でOK!

 

【必読】当サイトでは、あなたのキャリアの悩みを解消すべく、科学的なデータをもとに、打開策を発信していきます。

 

だいじょうぶ
あなたの苦悩は、きっと解決できますよ

 

あなたと同じく「仕事の関係=どうでもいい」と考える私と一緒に、対策していきましょうね。

 

 

さて、さきに結論ですが「仕事の人間関係なんて、どうでもいいのに…」への答えは、『割り切って働く』が大正解

 

あなたの「職場の関係=どうでもいい」という考えのとおり、会社の人たちとは “ドライに接する” が吉です。

 

その証拠に、心理学の研究によると「仕事=生活費を得る手段」と捉えられる人ほど、↓以下のメリットを受ける傾向に。

 

・離職率が改善
・業務の上達率が改善
・ネガティブ思考が改善
・仕事のモチベーションが改善

(参考 文献:『4021の研究データが導き出す 科学的な適職』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、働くことを「お金を稼ぐ方法の1つ」と解釈できる人のほうが、作業の上達が早く、メンタルも安定しやすいのです!

 

反対に、会社の人間 関係に「私情(個人的な感情)」を持ち込みがちな人ほど、マイナス感情に苦しみやすいのだそう。

 

学校と違って「友だち作りの場所」ではないので、仕事場では割り切った関係でいるほうが、効率的に生きやすい。

 

その証拠に、組織 心理学の研究によると、働くことを合理的に考えられる人ほど、↓以下のメリットを受けやすい傾向に。

 

・仕事 満足度がアップ
・人生の幸福度がアップ
・ストレス抵抗力がアップ
・業務パフォーマンスが向上…など

(参考 文献:『4021の研究データが導き出す 科学的な適職』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、合理的な思考で仕事に取りくめる人のほうが、職場に満足しやすく、生産性もアップしやすくなるのですね!

 

くり返し、あなたの「職場の人間 関係=どうでもいい」という考えは、科学データから見ても “大正解” 。

 

きっと、あえて口には出さずとも、あなたの仕事ぶりに好印象を抱いている上司・先輩もいるはずですよ。

 

【注意】「考え方の合わない会社」に居続けると…⁉︎

 

とはいえ、↓以下のような反論もあるかもしれません。

 

ビジネスマン②
ビジネスマン②

でも、、日本の企業では「可愛がられる部下=出世しやすい」っていう風潮もあるし。。

打ち解けやすくてフレンドリーな人のほうが、昔ながらの社風がある会社では、生き残りやすいんじゃ…?

なにより、日本では「同調 圧力」が強いから、じぶんの意思で突き通す人は敬遠(けいえん)されるかも。。

 

たしかに↑上記にあるとおり、わが国では「甘えの文化」の影響あってか、上司と部下の “ 師弟 してい 関係 かんけい” が美徳とされがち。

 

反対に、唯我 独尊(ゆいが どくそん)で一匹狼なタイプは、会社 組織では肩身のせまい思いをしやすい傾向に。。

 

…ここで1つ、あなたに質問させてください。

 

「職場の人間 関係なんて、どうでもいい」という考えで社内の人と接したとき、 怪訝 けげんな顔をされませんでしたか?

 

過去に飲み会・ランチを断ったとき、周囲からけむたがられるような経験をしたことはなかったでしょうか?

 

…じつは、会社の人との考え方がにミスマッチがあることは、科学的に見ても “大きな落とし穴” の1つ。

 

その証拠に、産業 心理学の研究によると、価値観が合わない職場に居続ける人ほど、↓以下のデメリットを受ける傾向に。

 

・抑うつ感が悪化
・マイナス思考が悪化
・モチベーションが悪化
・人生への絶望感が悪化
・ストレス抵抗力がダウン
・業務パフォーマンスがダウン
・感情コントロール力がダウン
・他人のことを信じられなくなる…など

(参考 文献:『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、会社との不一致を放置しがちな人のほうが、ストレス状態が悪化し、業務 成果も上げられなくなるのですね。。

 

たとえるなら、合わない職場 環境で働き続けることは、サッカー選手がバレーコートの上で練習しつづけるようなもの。

 

サッカーのアスリートとして名を上げたいなら、ピッチ(グラウンド)のうえで活躍してこそだと思いませんか?

 

ここで1つ、想像してみてください。

 

「仕事の人間 関係=どうでもいい」という価値観が受け入れられず、あなたの本領を発揮できなくなる “暗い未来” を。

 

あなたの合理的・効率的な考え方を否定され、将来的なキャリア アップすら奪われていく “絶望の末路” を。

 

「そんな仕事 人生、あまりにも苦痛すぎる…」。

 

…そう感じませんか?

 

そこで、このさきでは「職場の人間 関係なんて、どうでもいいのに…」を突破すべく、科学的な「2つの打開策」を解説

 

▶︎価値観の再認識
▶︎次善策の用意

 

にゅー
にゅー

「考えが合わない人との関係とか、どうでもいい…」と感じるときこそ、科学を味方に対策していきましょう!

 

【科学で解決】仕事の人間関係=どうでもいい!→職場の問題を解決する【2つの打開策とは?】

 

さて、1つ目に紹介するのは『価値観の再認識』について。

 

…ここで1つ、ご自身について振り返ってみてください。

 

あなたには、生涯を賭(と)してでも追いかけたいと思える「人生の目的」や「生きがい」はありますか?

 

あるいは、心の底から達成したいと感じる「生きる目標」や「大切な価値観」を お持ちでしょうか?

 

というのも、心理学の研究によると、生きる意味を意識できている人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

▶︎精神的なメリット
・幸福感が改善
・共感スキルが改善
・社交スキルが改善
・マイナス思考が改善
・恐怖、不安感が減少
・モチベーションが改善
・ストレス抵抗力が改善
良い人間 関係を築きやすくなる…など

 

▶︎職業的なメリット
・注意、集中力がアップ
・将来的な年収がアップ
・長期的な貯蓄率が改善
・仕事キャリアで成功しやすくなる…など

 

▶︎身体的なメリット
・抗 炎症作用が改良
・睡眠の質が良くなる
・ナチュラルキラー細胞が活発化…など

(参考 文献:『目的の力ー幸せに死ぬための「生き甲斐」の科学』『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』『最高の体調 ACTIVE HEALTH』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、夢・人生のゴールを明確化できている人ほど、メンタルが安定し、キャリア的・経済的にも成功しやすい傾向に!

 

たとえるなら、あなた自身の価値観をハッキリ理解することは、キャリアという海を泳ぐ “道しるべ” を持つようなもの。

 

↓以下の記事では、認知 行動療法でも活用される『ACT』という技法を参考に、あなたの価値観を再確認していきます。

 

ぜひ ご参照くださいね。

 

(まとめ記事へのリンク)

 

【科学が実証】『万が一の次善策』を用意せよ!

 

さて、さいごに お話するのは『次善策の用意』についてです。

 

そして、ここから先がメインテーマ。

 

あなただけに打ち明けますが、、「職場の人間 関係が苦痛で…」を克服できない人の9割 以上には、1つの “共通点” が。。

 

それは、転職 支援サービスの使用という、 “現実的な撤退ツール” を準備できていないこと。

 

分かりやすくいうと、いまの会社に留まることだけに囚われ、ほかの打開策・解決策を検討できずにいる。

 

シンプルに、視野が狭くなっているのですね。

 

…ストレートな指摘で、すみません。
しかし、確かな事実です。

 

反対に、仕事の人間 関係をものともしないビジネス パーソンほど、常に転職 or 退職できるよう “逃げ道” を備えている。

 

みんな口にしないだけで、いつでも職場の関係を断ち切れるように、 “起死 回生の一手” を確保しているものなのです。

 

…そうでなくては、厳しいビジネスの世界では生き残れず、職場のムダな対人 関係に巻き込まれてしまいがちなので。

 

その証拠に、心理学の研究によると「いくつもの選択肢を用意できる人ほど、逆境を乗り越えやすくなる」のだとか。

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

図解すると、↓以下のようなイメージですね。

 

複数の選択肢・解決策

 

ことわざにもある通り、 “備えあれば憂いなし” です。

 

なので、断言できます。

 

いまの あなたに必要なのは、不遇な環境からの脱出を可能にする「退却路を備えること」にアリだと。

 

にゅー
にゅー

「職場の人間 関係が煩わしい…どうでもいい…」と悩むいまこそ、科学データを参考に動き出していきましょう!

 

【まとめ】職場の人間関係=どうでもいい!→仕事の悩みを払拭する方法とは?【答:あなたの行動】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話をきいてくれた あなたに、心から感謝します。

どうもありがとう。

 

さいごに1つだけ、性格 心理学の研究から「周りの行動に合わせるデメリット」について。

 

研究データによると、周囲の意見に同調しがちな「協調性の高い人」ほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだとか。

 

・昇進、昇格率が悪化
・将来的な収入が ”約100万円“ もダウン
・会社 組織で管理職、重役に就ける確率がダウン
・社会的な財務 信用度(クレジット・スコア)がダウン…など

(参考 文献:『パーソナリティーを科学する 特性5因子であなたがわかる』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、職場の空気に合わせがちな人のほうが、経済的・金銭的に失敗し、キャリア選択にもミスりやすいのですね。。

 

なので、ありがちな「職場の人とは、仲良くすべき!」といった社会の常識・世間のルールに迎合するのは、、NG。

 

冒頭でも お話したとおり、あなたの合理的・効率的な価値観は、あなた自身のキャリア形成に役立つ “洗練された考え” 。

 

…しかし、どうでもいい職場の人間 関係に巻き込まれることは、将来的なステップ アップの “足かせ” になる危険が。。

 

さぁ、頭のなかでイメージしてみてください。

 

このさき40年 以上も、神経をすり減らしながら、考えの合わない人たちと過ごす “苦痛の未来” を。

 

反対に、いまの状況を打破すべく行動し、将来の可能性に向けて動き出す “希望ある未来” を。

 

あなたが望むのは、どちらの人生でしょうか?

 

このさきの運命を明るくできるかどうかは、いまこの瞬間の『あなた自身の選択しだい』です。

 

でも、だいじょうぶ。

 

ここまで、わたしの話に耳を傾けてくれた聡明な あなたなら、きっと前向きな未来を掴んでいけるはずですから。

 

にゅー
にゅー

わたしは、そう信じていますよ!

 

人生の決定権は、あなたが握っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました