【もう限界】仕事が嫌すぎる…キライ過ぎて嫌悪感が…→対策2選で【科学データありで解決】

【仕事が嫌すぎる】嫌い

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

はぁ…仕事が嫌すぎて、もう限界…。

ク○みたいな人間 関係がせいで、ストレスフルな毎日…もう、何のために働いてるのか。。

毎朝 起きるたび、憂うつな気分に…明日もまた、満員 電車にもまれて出勤かぁ。。

職場に着くころには、吐き気が止まらないし…ツラい、、何もかも投げ出したい。。

どうしたらいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【克服策】仕事に行くのが嫌すぎる…→解決法=現状の分析⁉︎
▶︎科学的な「2つの対処法」で【完璧に解決】詳細は記事の後半

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【もう限界】仕事が嫌すぎる…キライ過ぎて嫌悪感が…→対策2選で【科学データありで解決】

【克服策】仕事に行くのが嫌すぎる…→大嫌いな職場から逃れるには?【現状の分析=解決法⁉︎】

 

【必読】本記事では、あなたの仕事の悩みを解消すべく、科学的なデータにもとづいて、克服策を発信していきます。

 

だいじょうぶ
あなたの苦しみは、きっと解決できますよ

 

わたしと一緒に、対策していきましょう。

 

 

さて、さきに結論ですが「仕事が嫌すぎる…出社したくない…」を解決するキーワードは、『現状の分析』にアリ

 

というのも、心理学の研究によると、事実・データをもとに問題点を理解できる人ほど、↓以下のメリットを受ける傾向に。

 

・ネガティブ思考が改善
・ストレス抵抗力が改善
・不安感、イライラが改善
・問題 解決スキルがアップ…など

(参考 文献ー『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、仕事が苦痛な原因を “客観的に” 認識できる人のほうが、メンタルが安定し、問題に対処しやすくなるのです!

 

↓以下のイメージですね。

 

ビジネスマン②
ビジネスマン②

こころの底から、仕事が嫌すぎる。。…でも、何が原因で、会社に行くことにストレスを感じてるんだ…? マイナス イメージの源泉は、どこにあるんだろう??

 

そこで、↓以下18の例を参考にしつつ「状況の把握」に勤めるのが吉。

 

▶︎対人 関係の問題
・パワハラ気味な上司のせいで、出社が苦痛
・妬み深い同僚のせいで、メンタル的に疲れた
・高圧的な先輩 社員のせいで、仕事に行きたくない
・お局さまの陰口、ネチネチした嫌がらせがウザい
・社内に目標となるロール モデル(尊敬 対象)がいない
・手柄を横取りする部下のせいで、仕事が正当に評価されてない…など

 

▶︎業務、職務の問題
・つまらないルーティン ワークで退屈してる
・ノルマのせいで精神的なプレッシャーが膨大
・労働 時間が長過ぎて、月40時間を超えている
・サービス残業が当たり前で、生活が圧迫されている
・休日 出勤が常態化して、プライベートが おざなりに
・やりがいある業務が担当できず、成長を感じられない…など

 

▶︎社風、体制の問題
・宗教くさい社風が気持ち悪い
・失敗やミスを許容しない風土がある
・会社の経営 方針に納得できていない
・役職に適さない責任を負わされている
・緊張感あり過ぎな雰囲気に耐えられない
・ワンマン経営者の理不尽な体制が気に入らない…など

 

まずは、あなたの職場の懸念点に目を向けて、改善のキッカケを掴むのがオススメですよ。

 

【大悲報】「信頼性に欠けた職場」の末路とは…⁉︎

 

とくに、あなたの仕事場に「不信感」が蔓延(まんえん)している場合は、、要注意

 

というのも、組織 心理学の研究によると、信頼性が欠けた職場では、↓以下のデメリットを受けやすくなるのだそう。

 

・離職率が悪化
・労働 生産性が悪化
・モチベーションが低下
・企業の社会的な評価が低下…など

(参考 文献:『ずる 嘘とごまかしの行動経済学』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、社内の人間を「信用・信頼できない」と感じるほど、退職リスクが悪化し、成果も上がりづらくなるのですね。。

 

…さぁ、冷静に振り返ってみてください。

 

あなたの職場の上司・先輩は「信頼に値する人物」ですか?

 

それどころか、至福を肥やすことしか考えておらず、あなたの成果を横取りするような「悪魔」でしょうか?

 

ちなみに、仕事から受ける慢性的なストレスを放置するのは、、科学的に “悪手” です。

 

その証拠に、生理心理学の研究によると、慢性ストレスを放置しがちな人ほど、↓以下のデメリットを受ける傾向に。

 

▶︎メンタル面
・幸福度が低下
・マイナス思考が悪化
・イライラ、不安感が悪化
・ストレス抵抗力がダウン…など
▶︎仕事面
・仕事の満足度が低下
・モチベーションが低下
・思考力、記憶力が低下
・判断力、決断力が低下…など
▶︎フィジカル面
・免疫力が悪化
・脳 機能が低下
・短命になりやすくなる
・ストレス ホルモン—『コルチゾール』の値が悪化…など

(参考 文献:『ストレスに負けない脳 心と体を癒すしくみを探る』『ストレスの脳科学 予防のヒントが見えてくる』『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、職場ストレスから目を背けるほどに、メンタル・フィジカルともに悪化し、仕事や人生に満足できなくなるのです。。

 

ご注意ください

 

不信感が蔓延したストレスフルな職場は、確実に あなたの “命を削っている” はずですので。。

 

【真実】日本の会社員は「仕事が大嫌い」⁉︎

 

…ここで1つだけ、仕事キャリアに悩む あなたに、知って欲しいことがあります。

 

それは、あなたの苦しみを分かつ “仲間” が、世の中に数多くいるということ。

 

その証拠に、産業 心理学の研究によると、世界中の労働者のうち、28〜56%が「仕事 辞めたい…」と感じているのだそう。

(参考 文献:『悪いやつほど出世する 日本経済新聞 新報社』)

 

にゅー
にゅー

分かりやすくいうと、世界 数十億人の人たちが、あなたと苦労を共にする “同志” だということ!

 

なので、どうか絶望しないでください。

 

あなたは、孤独じゃない。
けっして、1人ではないのです。

 

ちなみに「遠い国の人のことを言われても、いまいちピンとこない…」という場合は、↓以下のデータも ご参照くださいね。

 

「国際的な調査データによると、日本の労働者のうち『やりがい持って働いている人』の割合は、全体の8%未満だと分かった」

 

「また、調査 対象24ヵ国のうち『仕事 環境への充実度』は “最低レベル” で、日本の会社員は全体の60%未満しか職場に満足していない」

(参考 文献:『働き方2.0vs4.0 不条理な会社 人生から自由になれる』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、わたしたち日本のビジネス パーソンのうち、意欲的に働いている社員は「ほとんど存在しない」のですね。。

 

なので、あなたが仕事に嫌気がさすのも、無理からぬこと。

 

…というか、あなたの職場の上司や先輩、それから同僚たちですら、働くことに「楽しさ」を見出せていないはず。。

 

データを鑑(かんが)みると、ですね。

 

みんな口に出さないだけで、こころの奥底では「仕事ク○つまんねぇ…」「はやく帰りたい…」と思っているのでしょう。

 

くり返しですが、あなたには たくさんの “同盟者” がいることを、頭のすみっこに置いて頂ければと思います。

 

そして、このさきでは「仕事が嫌すぎる…もうストレスが限界…」を脱却すべく、科学的な「2つの対処法」を紹介

 

▶︎ネガティブ感情の吐き出し
▶︎撤退策の確保

 

にゅー
にゅー

「仕事が大嫌い。明日の出社が嫌すぎる…」と苦しむ今こそ、科学を味方に対策していきましょう!

 

【解決】いまの会社が嫌すぎる…仕事に行くのが苦痛で…→科学的な対処法2選で【完璧に克服】

 

さて、1つ目に解説するのは『ネガティブ感情の吐き出し』について。

 

じつは、心理学の研究によると、定期的に仕事のストレスを発散できる人ほど、↓以下のメリットを受ける傾向に。

 

・不安や焦りが減少
・ネガティブ思考が減少
・イライラしにくくなる
・モチベーションがアップ
・ストレス抵抗力がアップ
・ポジティブ気分がアップ
・感情コントロール力がアップ
・再 就職率が14%→53%に改善…など

(参考文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』『マンガで分かる心療 内科ー第5巻』『後悔しない超 選択術』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、嫌な職場のグチや不満を吐露する習慣のある人のほうが、ストレスに強く、 “約3倍” も転職に成功するのだそう!

 

専門的には『エモーショナル ディスクロージャー』と呼ばれるテクニックですね。

 

たとえるなら、会社へのマイナス感情を暴露することは、バケツいっぱいに溜まった汚い水を捨てるようなもの。

 

ただ一方で、もちろん↓以下のようなストレス対策を取るのもアリです。

 

・カフェでモーニングを楽しむ
・朝活で資格の勉強や読書に励む
・アフター5にジム トレーニングを実行
・緑が多いところを散歩してリフレッシュ…など
・有給 休暇で休息を取る
・人事に部署 異動を願い出る
・責任者に配置 換えを打診する
・体調 不良(仮病)を理由に病欠…など

 

仕事のマンネリ化を防止したり、効率性をアップさせるには、日常的な業務 以外の「新しい体験」が欠かせないもの。

 

ちなみに、経済 大国アメリカでは「習慣的な筋トレ=優秀な社員の “目印” 」と解釈されやすいのだそう。

 

 “健全な精神は、健全な肉体に宿る” ですね。

 

…しかし、↑上記の方法は「リラックス効果に個人差が大きいもの」や「即効性に欠けるもの」が含まれていますね。

 

そこで、誰にでも一定の効果が期待できる科学的な対処法として、マイナス感情の暴露を実践していくのがオススメ。

 

もっとも手軽な『エクスプレッシブ ライティング』という技法もあわせて、くわしくは↓以下の記事で解説しています。

 

ぜひ ご覧くださいね。

 

 

【科学が保証】『撤退策の確保』が解決の一手!

 

さて、さいごは『撤退策の確保』について。

 

そして、ここからが本番

 

あなただけに打ち明けますが、、「いまの仕事が嫌すぎて…」を解消できない人の97〜99%には、共通の “共通パターン が。。

 

それは、支援サービスの活用という、 “具体的な脱出ツール” を準備できていないこと。

 

かんたんにいうと、ストレスのせいで視野が狭くなってしまい、ほかの解決策に目を向けられずにいるのです。

 

…厳しい言い方で すみません。

しかし、確かな事実です。

 

その証拠に、臨床 心理学の研究によると、マイナス思考に囚われがちな人ほど、問題 対処スキルが低下しやすいのだそう。

(参考 文献:『後悔しない超 選択術』『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

専門的に『ネガティブ バイアス(悲観的な思い込み)』と呼ばれる心理 傾向です。

 

逆にいうと、キャリアの成功を掴めるのは、ストレス フルな環境に対処できる “回避 手段” を備えられる人だということ

 

その証拠に、職場ストレスから逃れられる賢明なビジネス パーソンほど、じぶんだけの “逃げの手法” を常備しているもの。

 

みんな口に出さないだけで、いつでも仕事を変えられるように “緊急時の退避ルート” を持っているものなのです。

 

…ここで1つ、考えてみてください。

 

↓以下の2人を比べたとき、どちらが「将来的も仕事の悩みを克服していけそう」だと思いますか?

 

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

もうメンタルが限界…いっそ仕事辞めたい。。…でも、お金の心配もあるから、いまの職場でガマンするしかないし。。

ビジネスウーマン
ビジネスウーマン

もうイヤ…働くことに疲れた。。…だけど、万が一のときは「職場を変える」って選択もできるし、まだ八方ふさがりじゃないわよね…!

 

 

断言できます。

 

いまの あなたに必要のは、不遇な環境から抜け出す “逃げ道の用意” だと。

 

その証拠に、生理心理学の研究データによると、↓以下のことが確認されています。

 

脱出 不可能なストレス環境に置かれたマウス(実験 動物)ほど、↓以下のデメリットを受ける傾向にあった」

 

▶︎メンタルへの悪影響
・問題 解決力が悪化
・ネガティブ思考が悪化
・モチベーションが悪化
・決断力、判断力が悪化
・記憶力、思考力が悪化
・ストレス抵抗力が悪化…など
▶︎フィジカルへの悪影響
・免疫力が低下
・細胞の老化が進行
・短命になりやすくなる…など

(参考 文献:『ストレスに負けない脳 心と体を癒すしくみを探る』『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』『生理心理学 第2版 脳のはたらきから見た心の世界』)

 

にゅー
にゅー

かんたんにいうと「どこにも逃げられない…」という絶望感により、メンタル・フィジカルともに悪影響が出ることに。。

 

専門的には『学習性 無力感(がくしゅうせい むりょくかん)』と呼ばれる心理ですね。

 

【0円で絶望を克服⁉︎】転職サービスの応用法とは?

 

…さぁ、想像してみてください。

 

嫌すぎる仕事に時間とエネルギーを費やし、人生を振り返ったときの絶望感に苦しむ “悲痛な未来” を。

 

友人や家族、それからパートナーにすら愛想を尽かされ、ひとり孤独に通勤 電車で揺られつづける “不幸な末路” を。

 

そんな未来、絶対に嫌だ。

じぶんの人生を取り戻したい。

 

…そう思いませんか?

 

にゅー
にゅー

そこで、ここまで話を聞いてくれた あなたにだけ、特別 待遇で「科学データに基づいた “裏ワザ” 」を教授しちゃいます

 

わたし個人的にイチオシなのは、転職サイトやエージェントに登録 “だけ” しておくという手法。

 

じつは、臨床 心理学の研究によると「対処法を手にする “だけ” でも、メンタルが安定しやすくなる」のだとか。

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

専門的には『コーピング レパートリー』と呼ばれ、認知行動療法という心理セラピーでも使われる手法の1つですね。
なので、効果のほどは実証 済み

 

たとえるなら、各種 転職サービスを “精神 安定剤” として使うようなものでしょうか。

 

とくに、大手の支援サービスでは、↓以下すべてが0円で利用 可能なので、困ったときの “起死 回生の一手” として最適

 

▶︎専門スタッフの現実的なアドバイス
▶︎書類 添削、相談サービスで迅速に対応
▶︎ブラック企業を除外した求人のみを紹介
▶︎あなただけの “非” 公開求人を紹介してくれる
▶︎面接の日程 調整、労働 条件の交渉を肩代わり…など

 

あなたの “心の拠りどころ” になってくれること確実ですよ。

 

ただ一方で「転職サービスって、めっちゃ営業かけられるんでしょ?…正直、ちょっと怖い…」と懸念するかもですね。

 

でも、大丈夫

ご安心ください

 

かりに、億が一にでもサービス内容に満足できなければ、ささっとスマホを2〜3タップして「利用 停止」で問題ナシ

 

60秒 未満でスパッと完了できちゃいます。

 

そして、登録はシンプルかつスピーディー

 

本記事の終わりにリンクを貼っておきますので、必要 事項を入力するだけ。

時間は3分もあれば充分なので、超かんたんです。

 

いうまでもなく、それぞれのサービスのメリットを体感できるのは、じっさいに登録してみた人のみ

 

各種サービスの信頼感+安定感を実感できるのは、登録プロセスを終了させた “限られた人たちだけ” なのです。

 

そして、無料の支援サービス8社 以上を比較・検討した結果、、わたしは “大手が最強” という結論に。

 

…ここで1つ、考えてみてください。

 

↓以下2つのいずれかを利用するとき、どちらが「安心し使えそうだな〜…」と感じますか?

 

▶︎実績・サービス内容ともに不明な小会社
→求人数は数百〜数千 件くらいで小規模
▶︎知名度、サービスの満足度すべて保証された大手の会社
→ “非” 公開 求人を含め11万 件を超える求人数で大ボリューム

 

きっと、信頼性が確保された大手サービスのほうが、どこぞの馬の骨(ごめんなさい!)よりも安全に活用できる

 

…そう思いませんか?

 

たとえるなら、無料の大手サービスを利用することは、1,000名 以上もの専門スタッフを “協力者” にするようなもの。

 

高度な教育を受けた専属のエージェントたちを、あなただけの ”頼れるサポーター“ として使い倒すのが吉ですよ。

 

正直にいうと、以上のメリットがある “活路” を準備しておかないなんて、、もったいない

あまりにも、もったいなさ過ぎる

 

ここまで、当記事での話を聞きすすめてくれた聡明な あなたには、より良質な “大手サービス” が最適解だと断言できます。

 

「自己 投資の1種」だと考えて、ちゃちゃっと済ませちゃうのがオススメですよ。

 

にゅー
にゅー

「もう耐えられない…仕事が嫌すぎる…」と感じるいまこそ、科学データを参考に動き出していきましょう!

 

【まとめ】仕事が嫌すぎる…→「心からキライな会社」を卒業する唯一の方法【あなた自身の選択にあり】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話をきいてくださった あなたに、心から感謝を。

本当にありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「人生の後悔」について。

 

研究 結果によると、わたしたちが過去を悔やむとき、↓以下5つの「行動しなかったことへの後悔」をしがちな傾向に。

 

▶︎「起業する自信を持っていたら〜…」
▶︎「もっと学校で勉強しておけば〜…」
▶︎「もっと早く会社を辞めておけば〜…」
▶︎「お金なんかのために仕事しなければ〜…」
▶︎「直感にしたがって正直になっておけば〜…」

(参考 文献:『4021の研究データが導き出す 科学的な適職』)

 

とくに、仕事キャリアの悩みは、人生レベルでの後悔につながると証明されています。

 

…さぁ、頭のなかでイメージしてみてください。

 

あなたを窮地から救ってくれるのは、『あなた自身の行動』だけ。

 

現状 維持に甘んじたさきには、行動できなかった過去の自分を責め続ける、 “悲劇的な暗い未来” が待っているかも。。

 

…しかし、あなたが欲しいのは “明るい未来” のはず。

 

絶望を乗り越えた “希望ある未来” のはずです。

 

そうですよね?

 

さぁ、人生を変えられるかどうかは全て、いまこの瞬間の『あなた自身の行動』次第です。

 

にゅー
にゅー

ここまで、わたしの話に耳を貸すという『行動』を起こせた あなたなら、きっと運命を変えられるはず!

 

わたしは、そう信じています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました