【精神崩壊】死ぬほど仕事が大嫌い…気が狂いそう…→改善策2選で【科学データをもとに解決】

【仕事が大嫌い】

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

もう限界…仕事が死ぬほど嫌い過ぎる…。

毎朝、会社に行くのを考えるだけで吐き気がする…ホント、涙が止まらなくて。。

通勤の車内で、過呼吸になりそうなくらいツラい…ストレスで発狂しそう。。

…でも、いまの仕事を辞めたら生活に困るし、、辞めるに辞められない。。

どうしたらいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【絶望】仕事が死ぬほど嫌い…→解決策は『現状の把握』にアリ⁉︎【データで解説】
▶︎科学的な「2つの打開策」で【完璧に克服】わしい内容は記事の後半にて

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【精神崩壊】死ぬほど仕事が大嫌い…気が狂いそう…→改善策2選で【科学データをもとに解決】

【絶望】仕事が死ぬほど嫌い…頭がおかしくなる…→解決策は『現状の把握』⁉︎【科学で解説】

 

【必読】本記事では、あなたの仕事への苦痛を解消すべく、科学データにもとづいて、解決策を発信していきます。

 

きっと、大丈夫
あなたの悩みは、ぜったいに克服できますから

 

わたしと一緒に対策していきましょうね。

 

 

さて、さきに結論ですが「仕事が死ぬほど嫌い…もう耐えられない…」を解決するポイントは、『現状の把握』にアリ

 

↓以下のようなイメージで、職場の問題点を洗い出すことが、あなたの苦しみを改善する “さいしょの一歩” に。

 

「仕事のどんなところが、死ぬほど苦痛なのか?」
なぜ こんなにも、職場に行くことが嫌なんだろう?」

 

というのも、心理学の研究によると、懸念点を “客観的に” 認識できる人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

・問題 解決力がアップ
・ストレス抵抗力がアップ
・不安感、イライラ感が改善
・ネガティブ、マイナス思考が改善…など

(参考 文献ー『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、原因を事実・データに基づいて判断できる人のほうが、メンタルが安定し、問題を解決しやすくなるのです!

 

そこで、↓以下12つを参考にしつつ「原因の分析」にフォーカスするのが吉。

 

▶︎人間 関係の問題
・同期に仲良くできる人がいない
・パワハラ上司のせいで、出社が苦痛すぎる
・嫉妬ぶかい同僚の陰口、嫌がらせに疲れた
・ミスや失敗を連発し、こっぴどく叱責された
・社内の対人 関係が劣悪で、だれも信用できない
・暴力的な先輩 社員のせいで、メンタルが萎縮ぎみ…など

 

▶︎業務・職場の問題
・労働 時間が長過ぎる
・サービス残業が慢性化している
・怒号が飛び交う体育会 系の社風でキツい
・作業量が膨大で睡眠 時間が圧迫されている
・他人を蹴落とそうとする職場の雰囲気がイヤ
・休日 出勤が多く、私生活が犠牲になっている…など

 

嫌いな仕事の問題点を見極めるには「なんとなく」や「ぼんやりと」でなく、具体的な “事実” に目を向けるのがオススメ。

 

改善の一歩は「状況の分析」にアリですよ。

 

【朗報】あなたは、1人じゃない。【孤独を解消】

 

…ここで1つ、あなたに約束して頂きたいことがあります。

 

それは、ひとり孤独に苦痛を抱え込まないで欲しいということ。

 

いま、あなたの目の前にいないだけで、仕事の悩みに共感してくれる “仲間” が、数多く世の中にいると知って欲しい。

 

その証拠に、産業 心理学の研究によると、世界中の労働者の「28〜56%は、仕事を辞めたいと感じている」のだそう。

(参考 文献:『悪いやつほど出世する 日本経済新聞 出版社』)

 

にゅー
にゅー

つまり、みんな口に出さないだけで「いまのクソ嫌いな仕事に行きたくない」と考えているのですね…!

 

なので、どうか1人で苦しまないで欲しい。

孤独にならないで欲しい。

 

世界 数十億人の人たちが、あなたと同じ苦しみを分かつ “同志” なのですから。

 

あなたには、想像を超えるほどの “味方” がいるのだと。

どうか、お忘れなきよう。

 

ちなみに、ローマの哲学者マルクス・T・キケロは、↓以下のようなコトバを残しています。

 

「わたしが孤独であるとき、わたしは最も孤独ではない」。

 

そして、心理学の研究データによると、孤独・孤立感が解消されることで、↓以下のメリットを受けやすくなるのだそう。

 

・幸福度が改善
・自制心が改善
・抑うつ気分が改善
・仕事の満足度が改善
・衝動的な言動が改善
・ネガティブ思考が減少
・挫折に打たれ強くなる
・ストレス抵抗力がアップ
・不安感、心配ごとが減少
・早死にリスクが”32%改善“
・喫煙や肥満と同レベルの炎症 作用が消失…など

(参考 文献:『幸福 優位7つの法則 仕事も人生も充実させるハーバード式 最新 成功理論』『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』『最高の体調 ACTIVE  HEALTH』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、孤立感が和らいだ人のほうが、メンタル・フィジカルともに安定し、仕事や人生への満足度もアップするのです!

 

そこで、嫌いな仕事のせいで死ぬほど苦しんでいる今こそ、↓以下のような方法で孤独さを解消するのもアリ。

 

・SNSで仕事で悩んでいる人を見つける
・似た境遇をシェアする団体に参加する

 

あなたのツラい気持ちを楽にすべく、孤立感への対策を講じるのが吉ですよ。

 

【警告】仕事のストレスを放置すると…⁉︎

 

ご注意ください

 

職場の上司や先輩たちの意見に合わせ、嫌いな仕事に耐えつづけるほど、あなたの心身は確実にダメージを負うはずですので。

 

その証拠に、生理 心理学の研究によると、慢性的な仕事ストレスを溜め込む人ほど、↓以下のデメリットを受ける傾向に。

 

▶︎メンタル面
・幸福度が低下
・マイナス思考が悪化
・イライラ、不安感が悪化
・ストレス抵抗力がダウン…など
▶︎仕事面
・仕事の満足度が低下
・モチベーションが低下
・思考力、記憶力が低下
・判断力、決断力が低下…など
▶︎フィジカル面
・免疫力が悪化
・脳 機能が低下
・短命になりやすくなる
・ストレス ホルモン—『コルチゾール』の値が悪化…など

(参考 文献:『ストレスに負けない脳 心と体を癒すしくみを探る』『ストレスの脳科学 予防のヒントが見えてくる』『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、慢性ストレスを放置しがち人のほうが、メンタル・フィジカルともに悪化し、労働 意欲も低下するのだそう。。

 

…ここで1つ、思い返してみてください。

 

Karoshi(過労死)」という不名誉な国際語は、わたしたちが住む日本から生まれたコトバだということを。

 

わが国では、年間2〜3万もの人たちが「仕事のストレス」や「経済苦」を理由に、みずから命を絶っているという事実を。

 

「恐ろしい…」「怖過ぎる…」。
「許されるなら、いっそ逃げ出したい…」。

 

…そう思いませんか?

 

なので、まだ判断力が残っているうちに、思い切って「退職 or 転職」を検討するのも一手です。

 

…しかし、いくら仕事が死ぬほど嫌いとはいえ、いまの職場から離れるという選択は、、かなり勇気のいる決断ですよね。

 

お金の問題もありますし、再就職できるかどうかも不明ですから、不安や心配が拭(ぬぐ)い切れない。

 

そこで、このさきでは「仕事が死ぬほど嫌いで…」を解消すべく、科学データを基に「2つの打開策」を解説していきます。

 

▶︎マイナス感情の暴露
▶︎撤退ルートの確保

 

にゅー
にゅー

「死ぬほど仕事が嫌い…明日、出社したくない…」と苦しむときこそ、科学を味方に対策していきましょう!

 

【気が狂いそう】仕事が嫌い過ぎる…死ぬほど出社がツラい…→科学的な打開策2選で【完璧に解決】

 

さて、1つ目に紹介するのは『マイナス感情の暴露』について。

 

じつは、心理学の研究によると、習慣的に仕事のグチや不満を吐き出せる人ほど、↓以下のメリットを受ける傾向に。

 

・不安や焦りが減少
・ネガティブ思考が減少
・イライラしにくくなる
・モチベーションがアップ
・ストレス抵抗力がアップ
・ポジティブ気分がアップ
・感情コントロール力がアップ
・再 就職率が14%→53%に改善…など

(参考文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』『マンガで分かる心療 内科ー第5巻』『後悔しない超 選択術』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、定期的にネガティブ感情を発散できる人のほうが、メンタルが改善し、転職 成功率も “約3倍アップ” するのです!

 

専門的には『エモーショナル ディスクロージャー』と呼ばれるテクニックですね。

 

たとえるなら、心のうちにストレスを溜め込むのは、ダムに水を注ぎつづけるようなもの。

 

なので、あなたが感じている「仕事への嫌悪感」を、こころの底から正直に吐き出すのが吉。

 

もっとも手軽にできる『エクスプレッシブ ライティング』という手法も あわせて、詳細は↓以下の記事で解説しています。

 

ぜひ、ご覧くださいね。

 

(まとめ記事へのリンク)

 

【科学的な真実】『退却ルートの確保』が急務⁉︎

 

さて、さいごに お話するのは『退却ルートの確保』について。

 

そして、ここからが本番です。

 

あなただけに打ち明けますが、、「仕事が嫌いで…」を脱却できない人の97〜99%には、共通の “失敗パターン” が。。

 

それは、支援サービスの応用という、“現実的な退避ツール” を用意できていないこと。

 

つまり、ほかの解決策に目を向けられず、視野が狭くなっているのですね。

 

…キツい指摘で すみません。

しかし、厳然たる事実。

 

その証拠に、臨床 心理学の研究によると、マイナス思考に囚われがちな人ほど、問題 対処スキルが低下しやすいのだそう。

(参考 文献:『後悔しない超 選択術』『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

専門的に『ネガティブ バイアス(悲観的な思い込み)』と呼ばれる心理 傾向ですね。

 

反対に、職場ストレスを賢く回避できるビジネス パーソンは みんな、オリジナルの “逃げの手法” を備えているもの。

 

みんな口に出さないだけで、いつでも転職 or 退職を選択できるよう、 “脱出 手段” を準備しているものなのです。

 

ちなみに、わたしは個人 事業主として仕事をしている今でも、常に「3つの転職サービス」を “逃げ道” に利用しています。

 

というのも、いつまでも自前のビジネスで食っていけるなんて、保証されているわけじゃないから。

 

にゅー
にゅー

タダで活用できるサービスを、万が一の “次善策” として用意しておくことで、不足の事態に備えているわけですね!

 

ことわざにもあるとおり、 “備えあれば憂いなし” ですので。

 

断言できます。

 

いまのあなたに必要のは、不遇な職場から退避するための “安全 基地の確保” だと。

 

その証拠に、生理 心理学の研究データによると、↓以下のことが確認されています。

 

退避 不可能なストレス環境に置かれたマウス(実験 動物)ほど、↓以下のデメリットを受けやすいことが分かった」

 

▶︎メンタルの問題
・抑うつ感が悪化
・無気力感が悪化
・問題 解決力がダウン
・決断力、判断力が低下
・記憶力、思考力が低下
・ストレス抵抗力が低下…など
▶︎身体の問題
・免疫力がダウン
・細胞の老化が悪化
・短命になる傾向が悪化…など

(参考 文献:『ストレスに負けない脳 心と体を癒すしくみを探る』『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』『生理心理学 第2版 脳のはたらきから見た心の世界』)

 

にゅー
にゅー

分かりやすくいうと、「もう逃げ場がない…」と追い詰められるほど、メンタル・フィジカルともに悪影響が。。

 

専門的に『学習性 無力感(がくしゅうせい むりょくかん)』と呼ばれる心理 状態ですね。

 

…さぁ、イメージしてみてください。

 

「死ぬほど仕事が嫌い…これ以上、もうガマンできない…」という苦痛や不安感。

 

できるなら、すぐにでもストレスから解放されたい。
苦しい仕事から抜け出して、気楽な日々を送りたい。

 

…そう思いませんか?

 

【3分で未来を変える⁉︎】無料サービスの活用法

 

にゅー
にゅー

そこで、ここまで話を聞いてくれた あなたにだけ、特別 扱いで「科学データに基づいた “抜け道” 」を伝授しちゃいます

 

わたしが強くオススメするのは、転職サイトやエージェントに登録 “だけ” しておくという方法。

 

というのも、臨床 心理学の研究によると「対処法を手に入れる “だけ” でも、メンタルが安定しやすくなる」のだそう。

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

専門的には『コーピング レパートリー』と呼ばれ、認知行動療法でも利用される手法の1つですね。
なので、効果のほどは実証 済み

 

わたしが思うに、転職 or 退職に踏み切れないのは、↓以下2つの「問題」に直面するからかと。

 

・まともな転職先に出会えるかが分からない
・採用プロセスに時間、費用がかかり過ぎる

 

そこで、転職 活動を一気に進めるのでなく、まず“小さな一歩” からのスタートが、メンタルの負担も最小限でオススメ。

 

とくに、大手の転職サービスでは、↓以下のいずれもが0円で利用 可能なので、“起死 回生の一手” に使えること間違いナシ

 

▶︎ブラック企業を除外した求人だけを紹介
▶︎書類 添削、相談サービスなどで迅速に対応
▶︎専門スタッフによる現実的なアドバイスあり
▶︎あなただけの “非” 公開求人を紹介してくれる
▶︎面接の日程 調整、労働 条件の交渉などを代行…など

 

ただ一方で「営業トークに乗せられそうで怖い…へんな求人をゴリ押しされそうでイヤだな…」という懸念があるかも。

 

だいじょうぶ

まったく心配 無用です。

 

かりに、億が一にでもサービス内容に満足できなければ、ささっとスマホを2〜3タップして「利用 停止」でOKです。

 

わずか30秒で完了できちゃいますよ。

 

さらに、サービス登録はカンタン

 

当記事の終わりにリンクを貼っておきますから、必要 事項を入力するだけ。

 

とてもシンプルですよね。

 

そして、支援サービス8社 以上をテスト・比較した結果、、わたしは“大手が最強” という結論に。

 

たとえるなら、大手 転職サービスを活用することは、1,000名 以上もの専門スタッフたちを “仲間” にするようなもの。

 

高度な教育を受けて試験をパスしたエージェントたちを、あなただけの ”頼れる協力者“ として使い倒すのが吉ですよ。

 

にゅー
にゅー

ここだけの話、、わたしが「仕事がツラい…」と悩んでいたときは、つねに大手サービスを “逃げ道” にしていました!

 

その安心感たるや、、「さっさと登録しておけば良かったのに…」と後悔するレベル。

 

いうまでもなく、大手 無料サービスのメリットを体感できるのは、じっさいに登録してみた人だけです。

 

ぜひ、あなたにも大手の信頼感+安定感を実感して欲しい
そう強く思います。

 

登録は3分もあればOK

 

正直にいうと、以上のメリットがある “活路” を準備しておかないなんて、、もったいない
もったいなさ過ぎる

 

にゅー
にゅー

「仕事が大嫌い…死ぬほど嫌だ…」と感じるいまこそ、科学データを参考に動いていきましょう!

 

【人生を取り戻す】「死ぬほど嫌いな仕事」を卒業するたった1つの方法とは?【あなた自身の選択】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話をきいてくれた あなたに、心からの感謝を。

本当にありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「人生の後悔」について。

 

研究 結果によると、わたしたち人間が過去を悔やむとき、大きく分けて↓以下「5つの後悔」をする傾向にあるのだそう。

 

「起業・独立する勇気を持っていたら〜…」
お金のために、あんなに働き過ぎなければ〜…」
「家族・友だちとの関係を大切にしていたら〜…」
「もっと、じぶんが幸せになることを許しておけば〜…」
他人の期待に応えるのでなく、もっと正直に生きておけば〜…」

(参考 文献:『4021の研究データが導き出す 科学的な適職』『「幸せ」について知っておきたい5つのこと NHK「幸福学」白熱 教室』)

 

とくに「キャリア選択の後悔=人生レベルでの悔やみ」だと証明されています。

 

…さぁ、イメージしてみてください。

 

いまの仕事場でガマンしつづけることは、あなたの“将来の後悔” に影響していないかと。

 

現状 維持に留まることが、友人やパートナーにも見放される“悲痛な未来“ に繋がっていないかと。

 

あなたを苦しい環境から救い出せるのは、唯一『あなた自身の行動』だけ。

 

人生を明るくできるかどうかは、すべて今このときの『あなた自身の選択 次第』なのです。

 

ここまで、わたしの話を聞くという『行動』を起こせたあなたなら、きっと未来を変えられますよ

 

にゅー
にゅー

わたしは、そう強く信じています!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました