【脱!組織人】会社に縛られるのが嫌いな人の仕事とは?対策2選で【科学データありで解決】

【縛られるのが嫌い】仕事

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

これ以上、会社 組織に縛られたくない。。

お金は最低限あればいいから、上司とか社内 政治に巻き込まれずに働きたい。。

時間にも場所にも、それから他人にも束縛されない仕事がしたい…自由になりたい…!

ひとに命令されるのも嫌いだし、好きでもない人たちと顔を合わせて仕事したくない。。

いちどの人生、じぶんの思うように生きたい…!

どうしたらいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【束縛が嫌い】会社、時間、場所、他人すべてに縛られない仕事【選択肢は2つ】
▶︎科学的な「2つの打開策」で【完璧に解決】くわしくは記事の後半にて

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【脱!組織人】会社に縛られるのが嫌いな人の仕事とは?対策2選で【科学データありで解決】

【縛られるのが嫌い】会社、時間、場所、他人すべてに束縛されない仕事を獲得⁉︎【選択肢は2つ】

 

【必見】本記事では、あなたのキャリアの悩みを解消すべく、科学的なデータをもとに、解決策を発信していきます。

 

きっと、大丈夫
あなたの苦悩は、絶対に克服できますよ

 

わたしと一緒に対策していきましょう。

 

 

さて、さきに結論ですが「縛られるのが嫌い…どんな仕事をすれば…」を解決する選択肢は、大きく分けて「2つ」

 

↓以下の2点ですね。

 

①フリーランス・自営業(自由業)
②リモート可能な会社に勤める

 

まずは「①フリーランス・自営業」について解説です。

 

いわずもがな、わたしたちのような自営業者は、特定の企業に属することなく仕事をして、お金を稼いでいます。

 

ただ、けっしてフリーランスは特別な仕事ではありません。

 

たとえば、↓以下のような人たちは みんな、自営業 or フリーランサーですよね。

 

・ラーメン店の店主
・コンビニのオーナー
・美容室、美容院の店長
・個人 飲食店のマスター
・駄菓子屋の おばあちゃん
・受注 請負型のWebライター…など

 

2020年 現在、日本のビジネス パーソンのうち87〜91%は、企業 組織に所属する「会社員」。

 “被” 雇用者ですね。

 

なので、自営業者のことを「遠い世界の人たち」だと感じてしまうのも、、やむ無しですね。

 

世間的には「1割 未満の少数派」なので。

 

【真実】あなたは「起業家 志向が高い人」⁉︎

 

…しかし、です。

 

「もっと自由でいたい!」「他人に命令されるのが嫌い!」と感じるあなたは、おそらく “起業家 志向” が高いはず

 

わたしも同じように、会社 組織に束縛されるのが嫌いで、じぶんの人生は「みずからの手で進んでいきたい」と考えるタイプ。

 

なので、心理学の『ビッグ5理論』によると、あなたとわたしは「開放性(好奇心)が高い人」に分類されるはずです。

(参考 文献:『パーソナリティーを科学する 特性5因子であなたがわかる』)

 

特徴としては、↓以下のとおり。

 

・恋愛、仕事に関わらず「依存」が大嫌い
・ひとりでも「孤独」を感じずにいられる
・フットワークが軽くて「行動力」がある
・「1つの場所に留まること」を避けがち

 

・公私 問わず「自由な時間」を大切にする
・ひと一倍「好奇心」や「こだわり」が強い
・「ペースを乱されること」がガマンならない
・「伝統」や「昔からの風習」に共感できない

 

・「新しいこと」を追求するのが刺激的で楽しい
・「周囲に流されて生きること」に嫌悪感がある
・「趣味が多種 多様」で1つのことに縛られない
・子供のころに「飽きっぽい性格」だと指摘された

 

・命令されると「自由を侵害された」と強く感じる
・みずからの意思で「選択・決断」したいと強く思う
・周囲からの評価よりも「じぶんの気持ち」を優先する
・憧れている人物は「自由を謳歌している偉人・著名人」…など

 

…いかがでしょうか?

 

↑上記16点のうち、あなた自身に「わりと当てはまってる…!」と感じるものがあれば、、結論は1つ

 

きっと、あなたは組織内での成功を求めるよりも、自由な仕事スタイルを手に入れるほうが、人生の幸福度が上がるタイプ。

 

反対に、わたしたちは会社のような集まりに留まっていると、仕事・人生ともに満足できないまま一生を終える危険が。。

 

その証拠に、心理学の研究によると、わたしたち開放性の高い人間には「IT系での企業 or 独立」が適しているのだそう。

(参考 動画:IT起業に向いてる人の性格が明らかに

 

にゅー
にゅー

つまり、あなたとわたしのような「好奇心の強い人」は、組織に縛られないIT領域での仕事が向いているのですね!

 

【新常識】周りに合わせて生きる=キャリアの大失敗⁉︎

 

ただ一方で「会社に縛られるのが嫌いなんて、甘えだ! やりたいことは我慢するもの!」という反論もあるかもですね。

 

たしかに、自由ばかりを求めた結果、ただの「ワガママなイタい人」になってしまう可能性は、、なきにしもあらず。

 

なので、心から納得はできなくとも、ガマンして会社 組織に縛られながら生きるのも “処世術の1つ” かもしれません。

 

…しかし、反対に↓以下のような考え方もあると思いませんか?

 

「そもそも会社 組織って、他人を管理したい人(権力者)と、管理されたい人(労働者)の集まりなんじゃ…?」

 

自由を毛嫌いしてる人って、企業に依存してる会社員ばかりで、ほかの働き方を経験したこと無いのでは…?」

 

…ここで一度、あなたの周りを見回してみてください。

 

「他人に合わせること」を行動 原理にしている会社員のなかで、幸せそうに働いている人がいるでしょうか?

 

「空気を読むこと」を最優先にしている労働者たちのなかに、良い給料をもらって過ごしている人がいますか?

 

…むしろ、みな疲れ切った表情をしているように見えませんか。

 

安い給料で働かされて、死んだ魚の目をしたまま、朝の通勤 電車に揺られているのではないでしょうか。

 

じつは、心理学の研究によると、周りの意見に合わせがちな「協調的な人」ほど、↓以下のデメリットを受ける傾向に。

 

・将来的な収入がダウン
・昇進、昇給率がダウン
・組織の重役になる確率が低下
・管理職、社長 職に就く確率が低下…など

(参考 文献:『パーソナリティーを科学する 特性5因子であなたがわかる』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、会社の規則や社会人のルールなどに縛られがちな人のほうが、経済的・職業的に失敗しやすいのですね。。

 

なので、断言できます。

 

「嫌なものはイヤ!」と口にする勇気を持たないまま、周囲の顔色を伺いながら働いていると、 “人生の大失敗” を招くのだと。

 

【悲報】自由がない仕事=不幸な働き方⁉︎【在宅が吉】

 

ちなみに、心理学の研究によると、わたしたち人間の幸福度を決めるのは「自由に働けるかどうか?」だと分かっています。

 

↓以下のイメージですね。

 

▶︎始業 時間を決められるかどうか?
▶︎マイペースに仕事を進められるか?
▶︎教育 担当になる上司を選べるかどうか?
▶︎どれだけ労働 時間を好きに選択できるか?…など

(参考 文献:『4021の研究データが導き出す 科学的な適職』)

 

…しかし、↑上記を見て「会社員にはムリゲーじゃんか…」と感じるかもですね。

 

そこで、2つ目の「②リモート可能な会社に勤める」について解説です。

 

在宅ワークができる企業に転職できれば、すくなくとも「場所」に縛られることはなくなります。

 

もっというと、仕事の進捗(しんちょく)を自分で決められる職場なら、時間的な制約もゼロで済みますよね。

 

そして、リモート ワークが可能な会社には、圧倒的に「IT系」が多いので、好奇心の強いあなたに最適。

 

分かりやすくいうと、組織や時間、場所、それから人間 関係に縛られるのが嫌いなら、IT分野での仕事にチャレンジするのが吉

 

あなたの努力しだいでは、スキル アップして「独立」「プチ起業」などの道も切り開けるはずですよ。

 

科学的にも、もっとも「キャリアの成功率を高める方法」だと断言できます。

 

そこで、このさきでは「会社に縛られるのが嫌い…仕事はどうしたら…」を解決すべく、科学的な「2つの打開策」を紹介

 

▶︎副業からスタート
▶︎無料サービスの活用

 

にゅー
にゅー

「組織に縛られたくない…束縛されるのが嫌いで…」と悩むときこそ、科学を味方に対処していきましょう!

 

【科学が実証】組織や時間にに縛られる仕事が嫌い…→データありの打開策2選で【完璧に克服】

 

さて、1つ目に解説するのは『副業からスタート』について。

 

ここだけの話ですが、、自由な仕事を求める人の97〜99%が陥ってしまう “共通の失敗パターン” が…1つだけ。

 

それは、小さなステップから始めずに「いきなり副業!」「すぐに転職!」といった感じで、大きなリスクを取ってしまうこと。

 

反対に、科学データによると「小さな一歩」からスタートするほうが、あなたのキャリアを成功させやすくなるのだそう。

 

その証拠に、経営学・心理学の研究によると、↓以下のことが確認されています。

 

「小さな一歩から始める『スモール ステップ法』により、目標 達成率が17%→76%にアップすると分かった」

 

「起業するとき、本業と並行し『副業』として小さくスタートするほうが、ビジネス成功率が “33%” アップする」

(参考 文献:『ORIGINALS 誰もが「人と違うこと」ができる時代』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、さいしょのステップを小さく始めるほうが、転職・起業の成功率を “約1.3〜4倍” アップできるのですね!

 

なので、会社や時間に縛られたくないと感じるときこそ、まずは “小さなステップ” から踏み出すのが吉ですよ。

 

ちなみに、いまの仕事への不満を解消したいときは、↓以下の記事が参考に。

 

科学的な効果が実証された方法もあわせて、くわしく解説しています。

ぜひ ご覧くださいね。

 

(まとめ記事へのリンク)

 

【0円で未来を変える⁉︎】転職サービスの活用法とは?

 

ただ一方で「自由な仕事が欲しいけど、何から始めればいいのか分からない…」という意見もあるかもですね。

 

にゅー
にゅー

そこで、ここまで話をきいてくれた あなたにだけ、特別 待遇で「科学データに基づいた “秘策” 」を教授しちゃいます

 

わたしが強くオススメするのは、転職サービスを活用して『選択肢を広げる』という2つ目の手段

 

というのも、ひとり孤独に「縛られるのが嫌いだけど、仕事はどうすれば…」と悩むのは、、不安でしょうがないですよね。

 

たとえるなら、信頼できる人も頼れる人もいないまま、見知らぬ街に1人ポツンと放り込まれるようなものですから。

 

そこで、大手の転職サービスを活用し、総勢1,100名 以上もも専属アドバイザーたちを “味方” にするのがオススメ

 

大手のサイト“だけ” が持っている非公開な情報もありますから、あなただけの “支援者” として使い倒すのが吉ですよ。

 

ちなみに、臨床 心理学の研究によると「対処法を手に入れておく “だけ” でも、ストレスに強くなる」のだそう。

 

専門的には『コーピング レパートリー』と呼ばれ、認知 行動療法という心理セラピーでも技法の1つ。
なので、効果は実証 済みです。

 

たとえるなら、転職 支援サービスを “メンタル安定剤” として、利用するようなものですね。

 

キャリアへの不安・恐怖感を解消する一手は、大手 支援サービスの活用にアリだと断言できますよ。

 

ただ一方で「転職エージェントを使うと、ゴリゴリ営業かけられないかな…? ちょっと怖いかも…」と懸念するかもですね。

 

だいじょうぶ

どうか、ご安心ください

 

もし、億が一にでもサービス内容に満足できなかったら、スマホを2〜3タップしてササっと「利用 停止」で問題ナシ

 

45秒もあれば完了できますので、お時間は取らせません。

 

登録は3分でOKなので、あなたの貴重な時間・お金を節約できちゃうのも、大手 転職サイトを使うメリットの1つです。

 

かりに、5分 未満のコストを費やしたとしても、対価として “一生モノの打開策” 手に入るとしたら、むしろ安いもの。

 

…そう思いませんか?

 

ちなみに、わたしは個人 事業主として仕事をしている今でも、常に「3つのエージェント サービス」を “事前の策” に利用中。

 

というのも、いつまでも自前のビジネスで食べていける保証なんて、だれもしてくれないからです。

 

にゅー
にゅー

タダで活用できる大手サイトを “第2、第3の刃” として用意しておくことで、万が一のリスクに備えているわけですね!

 

“備えあれば憂いなし” ですから。

 

とくに、大手 支援サイトでは、↓以下すべてが0円で利用 可能なので、現状を打破する“起死 回生の一手” に使えること確実

 

▶︎メンドクサイ採用 手続きを すべて代行
▶︎第3者 視点で あなたのPRポイントを指摘
▶︎あなただけの “非” 公開求人を紹介してくれる
▶︎専属スタッフに面接・書類 対策を一任できる
▶︎ブラック企業を除いた求人だけを探してくれる…など

 

そして、転職 支援サービス8社 以上をテスト・検討した結果、、わたしの結論は“大手が最強”

 

…ここで1つ、考えてみてください。

 

↓以下の2つのいずれかを使うとき、どちらが「安心して利用できそうだな〜…」と感じるでしょうか?

 

▶︎実績もサービス内容も不明確な小会社
→求人数は数百〜数千 件くらいで少なめ
▶︎知名度、サービスの充実度・満足度すべて確保された大手の企業サイト
→ “非” 公開 求人を含めて「6万〜11万 件の求人数」で超ボリューム

 

きっと、信頼性が保証された大手エージェントのほうが、どこぞの馬の骨(ごめんなさい!)よりも安全に使えるはず。

 

…そう思いませんか?

 

そして、登録プロセスは超イージー

 

本記事の終わりにリンクを貼っておきますので、必要 事項を入力するだけ。

 

とても簡単かつシンプルですよね。

 

正直にいうと、以上のメリットがある支援サービスを使わないなんて、、もったいない。

ほんとうに、もったいないこと。

 

いうまでもなく、無料サービスのメリットを実感できるのは、じっさいに登録プロセスを完了させた人だけ

 

各種サービスの信頼+安心を感じられるのは、登録プロセスを終了させた“限られた人たちだけ” なのです。

 

ぜひ、ここまで話を聞いてくださった聡明な あなたには、大手サービスの信用性+安定感を体験して欲しい

 

心から、そう強く思います。

 

にゅー
にゅー

「会社、時間、場所に縛られるのが嫌いで…」と感じるいまこそ、科学データを参考に動いていきましょう!

 

【まとめ】会社に縛られるのが嫌い…→最適な仕事を見つける唯一の方法は【あなた自身の行動】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話をきいてくれた あなたに、心から感謝を。

どうもありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「人生の後悔」について。

 

研究 結果によると、わたしたちが人生を振り返るとき、↓以下の「5つの後悔」をしがちなのだそう。

 

あんなに働き過ぎなければ〜…」
「じぶんが幸せになるのを許せたら〜…」
「勇気を出して、本音を伝えておけば〜…」
「もっと友だちとの付き合いを大事にしておけば〜…」
他人の期待に応えるのでなく、本心に正直に生きておけば〜…」

(参考 文献:『「幸せ」について知っておきたい5つのこと NHK「幸福学」白熱 教室』)

 

とくに、研究データでは「キャリア選択での後悔=人生レベルの悔やみ」だと分かっています。

 

…さいごに1つだけ、イメージしてみてください。

 

「社会人は世間のルールに従うもの」という先入観に囚われた人ほど、仕事への後悔という“最大の不幸” に直面している。

 

ガチガチの規則に縛られて「自由な仕事なんてない」と諦めた人たちほど、年老いてから“悲劇的な末路” をたどっている。

 

…そんな人生、怖くありませんか?

 

絶対に、回避したい。
現状から抜け出したい。

 

そう思いませんか?

 

さぁ、あなたを苦境から救い出してくれるのは、『あなた自身の行動』だけ。

 

明るい未来を手に入れられるかどうかは、すべて今この瞬間の『あなた自身の選択 次第』なのです。

 

にゅー
にゅー

さぁ、運命を変えていきましょう!

 

人生の決定権は、あなたの手の中にありますよ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました