【退屈すぎる】暇な仕事が嫌い過ぎて…の末路とは?→対処法2選で【科学的に解決】

【暇な仕事が嫌い】

 

にゅー
にゅー

こんにちは! にゅーです。

 

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

もう限界…暇な仕事が嫌いすぎる。。

毎日、時計の針を追うだけの時間が苦痛すぎて…頭がおかしくなりそう。。

まわりの社員たちは、そこそこ忙しくしてるのに…じぶんだけ仕事がなくてツラい。。

罪悪感がヤバい…ひとり取り残されてる感じがして、孤独・孤立感マックス。。

いまの職場を続ける意味、あるのかなぁ。。

どうしたらいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【克服】ヒマな仕事が嫌いで…→解決のカギは『問題点の把握』⁉︎
▶︎科学的な「2つの打開策」で【完全に解決】くわしくは記事の後半

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【退屈すぎる】暇な仕事が嫌い過ぎて…の末路とは?→対処法2選で【科学的に解決】

【克服】暇な仕事が嫌い。退屈な時間を抜け出すには?→解決策は『問題点の把握』⁉︎

 

【必見】当記事では、あなたの仕事の悩みを解決すべく、科学的なデータをもとに、対処法を発信していきます。

 

大丈夫
あなたの苦しみは、きっと解消できますから

 

わたしと一緒に、対策していきましょうね。

 

 

さて、さきに結論ですが「暇な仕事が嫌い…毎日が退屈で苦痛すぎて…」を解決するカギは、『問題点の把握』にアリ

 

「退屈な仕事のせいで、どんなデメリットを受けているのか?」をハッキリと認識することが、問題 解決の “第一歩” 。

 

というのも、心理学の研究によると、懸念点を “客観的に” 分析できる人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

・ネガティブ思考が改善
・ストレス抵抗力が改善
・不安感、イライラが改善
・問題 解決スキルがアップ…など

(参考 文献ー『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、暇な仕事が嫌いな理由を “具体的に” 理解できる人のほうが、ストレスに強く、問題を解決しやすいのですね!

 

そこで、↓以下「8つの問題点」を参考にしつつ、退屈な仕事が苦痛になっている現状を、しかと分析するのが吉。

 

・作業 時間も集中できず、注意 散漫になっている
・頭を使わないせいで、どんどん思考力が鈍化している
・試行 錯誤の時間が少なすぎて、スキルアップできない
・倍 以上に勤務 時間が長く感じ、拘束感のせいでストレス
・給料ドロボウになっている気がして、罪悪感で潰れそう
・仕事を通じて成長できず、キャリアアップが見込めない
・ほかの社員に「仕事しないサボり魔」と思われるのが怖い
・時間が経つのが遅く感じ、ムダに過ごしている気分になる…など

 

「ヒマな仕事が嫌いで…」を打破する “さいしょの一歩” は、あなたが感じている苦痛の原因を、把握することにアリですよ。

 

【真実】暇な仕事=苦痛な時間【業務成果も悪化⁉︎】

 

そもそも、わたしたち人間は「退屈な時間=苦痛な時間」と感じるように、進化的にプログラムされています

 

…ここで1つ、想像してみてください。

 

たとえば、小学生のときに経験した校長 先生の話などは、退屈すぎて「眠気と戦うこと」が仕事になっていましたよね。

 

あるいは、嫌いな科目の授業を受けているときには、やたら時計の針が進むのが遅くて…と感じませんでしたか?

 

そして同時に、「ぜんぜん集中できなかった…」「学習 内容が頭に入ってこなかった…」とも感じなかったでしょうか?

 

…じつは、科学的な研究を見ると、退屈な時間 or 暇な仕事のせいで、あなたの業務 成果に悪影響が出る恐れが。。

 

その証拠に、心理学の研究データによると、↓以下のことが確認されています。

 

ストレス レベルと仕事の難易度がアンバランスになるほど、業務パフォーマンスが悪化する傾向にある」

 

にゅー
にゅー

まとめると、ストレスがありすぎ(or 無さすぎ)な状態のいずれかに陥ると、仕事 成果が上がりにくくなるのですね。。

 

図解すると、↓以下のとおり。

 

ヤーキーズ・ドットソンの法則

なので、あなたが「暇な仕事が嫌いで…」と感じるのは、ひとりのビジネス パーソンとして “まっとうな反応” 。

 

くり返すように、わたしたち人間は「退屈な時間を嫌う生き物」なのですから。

 

【警告】「暇な仕事」を長く続けていると…⁉︎

 

ご注意ください

 

暇な仕事を長期にわたって続けていると、、あなたのキャリアをフイにしてしまう危険性 “” なので。

 

というのも、組織 心理学の研究によると、退屈な仕事に従事する社員ほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだそう。

 

▶︎心身のデメリット
・免疫力が悪化
・早死リスクが悪化
・抑うつ気分が悪化
・問題 解決力がダウン
・集中、注意力がダウン
・モチベーションがダウン…など
▶︎仕事のデメリット
・労働 生産性がダウン
・将来的な収入がダウン
・仕事の満足度がダウン
・職場での欠勤率が悪化
・昇給、昇進しにくくなる
・業務パフォーマンスがダウン…など

(参考 文献:『幸せな選択、不幸な選択ー行動 科学で最高の人生をデザインする』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、暇な仕事 時間を過ごしつづけるほどに、メンタル・フィジカルともに悪化し、経済的にも失敗しやすくなる傾向に。。

 

そこで、↓以下のような対策で「ヒマな時間」を有効 活用するもの一手ですね。

 

・徹底的な整理 整頓を実行
・業務スケジュールの見直し
・不要な書類の処分を再確認
・効率的なタスク管理を計画
・業務メールの送信漏れを確認する
・サポートが必要ないかを聞いて回る…など

 

とくに、仕事量のせいで困っている人を手助けできたら、お互いにWinーWinの関係が築けるので、とっても効果的。

 

…ただし、↑上記はいずれも「その場しのぎ」。

 

長期的に何度も続けられる内容ばかりではないので、根本的に「退屈な仕事」や「暇な業務 時間」が解決されるわけじゃない。

 

なので、暇な仕事を長く続けることは、明確に「仕事キャリアに悪影響」なのです。

 

【悲報】「退屈な仕事」を続ける労働者の末路。。

 

ただ一方で、↓以下のような反論もあるかもですね。

 

ビジネスマン①
ビジネスマン①

暇な仕事で給料もらえるなんて、いまの ご時世から考えたらサイコーだろ! それに、世の中は仕事に忙殺されてる会社員のほうが、圧倒的に多いわけだし〜…

 

たしかに、日本の労働 市場ではブラック企業・過剰 労働が蔓延してますから、多忙に追い込まれるデメリットもありますよね。

 

となれば、空き時間を使って資格の勉強をするなり、タイピングの練習をして時間を潰すなどもまた、1つの方法かも。

 

…しかし、です。

 

反対に、いまの暇な仕事のせいで「将来のキャリアが失われる」という可能性も…あるように思いませんか?

 

…さぁ、冷静に考えてみてください。

 

退屈な勤務 時間で過ごすせいで、仕事を通じた能力アップが実現できず、あなたの人材 価値はダウンする一方に。。

 

「前職では暇すぎて、仕事を通じて何もスキルアップできませんでした…」と口にする人を、どこの会社が雇ってくれるのか。

 

…そう思うと、怖くなりませんか?

 

失業や低スキル・低賃金といった現実が襲ってくることに、、恐怖すら覚えないでしょうか?

 

そこで、このさきでは「暇な仕事が嫌いで…」を脱却すべく、科学データをもとに「2つの打開策」を解説です。

 

▶︎価値観の見直し
▶︎脱出 手段の準備

 

にゅー
にゅー

「退屈な勤務 時間がツラ過ぎて…」と苦しむときこそ、科学を味方に対処していきましょう!

 

【科学で解決】退屈な時間が嫌い…暇な仕事がツラい…→科学的な打開策2選で【完全に克服】

 

さて、1つ目は『価値観の見直し』について。

 

ヒマな仕事が嫌いな あなたの “人生の目的” には、おそらく「退屈な時間を過ごすこと」は含まれてないはず。

 

そこで、まずは現在の職場とのミスマッチを解消すべく、ファースト ステップとして『価値観の把握』に努めるのが吉。

 

その証拠に、心理学の研究によると、じぶんの価値観をキチンと理解できる人ほど、↓以下のメリットを受ける傾向に。

 

▶︎心理・身体的なメリット
・イライラ感が改善
・長生きしやすくなる
・共感スキルがアップ
・人生の満足度がアップ
・不安感、恐怖感が改善
・ネガティブ思考が改善
・自尊心(自信)が改善
・ストレス抵抗力が改善
・ポジティブ気分がアップ
・感情コントロール力がアップ…など
▶︎経済的なメリット
・将来的な収入がアップ
・長期的な貯蓄率が改善…など

(参考 文献:『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』『最高の体調 ACTIVE HEALTH』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、人生の目標を “客観的に” 認識できる人のほうが、ストレスに強く、メンタルが安定し、経済的にも成功しやすいのです!

 

たとえるなら、あなた自身の価値観を再設計することは、キャリアという海を泳ぐための “コンパス” を手にするようなもの。

 

↓以下の記事では、認知 行動療法でも使われる『ACT』という技法を参考に、あなたの価値観に深く迫っていきます。

 

ぜひ ご参考くださいね。

 

(まとめ記事へのリンク)

 

【科学が実証】『脱出 手段』を準備すべし⁉︎

 

さて、さいごに お話するのは『脱出 手段の準備』について。

 

そして、ここからが本番

 

あなただけに打ち明けますが、、「ヒマな仕事が嫌いで…」を克服できない人の9割 以上には、共通の“失敗パターン” が。。

 

それは、無料サービスの活用という、“具体的な撤退ツール” を確保できていないこと。

 

いいかえると、1つの職場に依存しきってしまい、ほかの解決策に目を向けられずにいる。

 

シンプルに、視野が狭くなっているのです。

 

…厳しい意見で すみません。

しかし、確たる事実。

 

その証拠に、臨床 心理学の研究によると「強いストレス状態にある人ほど、問題 対処力がダウンしやすい」のだそう。

 

専門的に『視野 狭窄(しや きょうさく)』と呼ばれる心理 傾向ですね。

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

つまり、仕事の悩みに翻弄(ほんろう)されがちなときほど、かえって問題を解決できなくなってしまう。

 

…完全に「悪循環」ですね。。

 

ですが、どうか希望を捨てないでください。

 

じつは、心理学の研究によると、ネガティブな状況に対処する手段を持てる人ほど、逆境を乗り越えやすい傾向に。

(参考 文献:『ネガティブな感情が成功を呼ぶ』『事実はなぜ人の意見を変えられないのか』)

 

専門的に『逆境力』とか『不快 情動(ふかい じょうどう)への耐性』などと呼ばれる心理ですね。

 

にゅー
にゅー

まとめると、仕事キャリアを成功に導けるのは、ストレス フルな環境を打開する “起死 回生の一手” を持てる人なのです!

 

その証拠に、職場ストレスを克服できる優秀なビジネス パーソンは みんな、じぶんだけの “逃げ道” を備えているもの。

 

みんな口に出さないだけで、いつでも転職 or 退職を実行できるよう “心の寄りどころ” を用意しているものなのです。

 

断言できます。

 

いまのあなたに不可欠なのは、不遇な環境を脱する “退避ルートの確保” なのだと。

 

その証拠に、生理心理学の研究データによると、↓以下のことが証明されています。

 

脱出 不可能なストレス環境に置かれたマウス(実験 動物)ほど、↓以下のデメリットを受けやすいと分かった」

 

▶︎メンタルへの悪影響
・問題 解決力が悪化
・ネガティブ思考が悪化
・モチベーションが悪化
・決断力、判断力が悪化
・記憶力、思考力が悪化
・ストレス抵抗力が悪化…など
▶︎フィジカルへの悪影響
・免疫力が低下
・細胞の老化が進行
・短命になりやすくなる…など

(参考 文献:『ストレスに負けない脳 心と体を癒すしくみを探る』『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』『生理心理学 第2版 脳のはたらきから見た心の世界』)

 

にゅー
にゅー

かんたんにいうと「どこにも逃げられない…」と絶望感に囚われるほど、メンタル・フィジカルともに悪化する傾向に。。

 

専門的に『学習性 無力感(がくしゅうせい むりょくかん)』と呼ばれる心理 傾向ですね。

 

…さぁ、イメージしてみてください。

 

このさき40〜50年 以上も、ヒマで退屈な仕事を続ける“真っ暗な未来” を。

 

自分のキャリアに絶望し、友人や恋人とも疎遠になっていく“孤独な末路” を。

 

そんな人生、絶対にイヤだ。
明るい未来を手にしたい。

 

…そう思いませんか?

 

【3分で人生を変える⁉︎】無料サービスの活用法とは?

 

にゅー
にゅー

そこで、ここまで話を聞いてくれた あなたにだけ、特別 扱いで「科学データに基づいた “極意” 」を お伝えしちゃいます

 

わたしが強くイチオシするのは、転職サイトやエージェントに登録 “だけ” しておくというテクニック。

 

というのも、臨床 心理学の研究によると「具体的な対処法を手にする “だけ” でも、ストレスに強くなる」のだとか。

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

専門的には『コーピング レパートリー』と呼ばれ、認知行動療法という心理セラピーでも使われる方法の1つですね。
なので、効果は実証 済み

 

たとえるなら、各種 支援サービスを “メンタル安定剤” として応用するようなものでしょうか。

 

わたしが思うに、転職 or 退職に踏ん切りがつかないのは、↓以下2つの「問題点」があるからかと。

 

・良い転職先に出会えるかが不確定で不明確
・採用までのコストが大きく、時間もかかる

 

そこで、転職 活動を一気に進めていくのでなく、まずは“小さな一歩” から始めるのが、精神的な負担も小さいのでオススメ。

 

専門的には『スモール ステップ法』と呼ばれ、目標 成功率を “1.3〜4倍” にアップさせる効果的な方法ですよ。

 

とくに、大手 転職サイト・エージェントでは、↓以下すべてが0円で利用 可能なので、万が一の“打開策” として最適解

 

▶︎メンドクサイ採用 手続きを すべて代行
▶︎第3者 視点で あなたのPRポイントを指摘
▶︎あなただけの “非” 公開求人を紹介してくれる
▶︎専属スタッフに面接・書類 対策を一任できる
▶︎ブラック企業を除いた求人だけを探してくれる…など

 

ただ一方で「ヘタな営業員に当たって、求人 紹介をゴリ押しされそうで怖いし…」といった懸念があるかもですね。

 

しかし、大丈夫です

どうかご安心を。

 

かりに、億が一にでもサービス内容に不満足なときは、スマホをササっと2〜3タップして「利用 停止」で問題ナシ

 

30秒もあれば完了できちゃうので、TwitterやインスタのTLを流し見するよりも超イージーですよ。

 

そして、登録プロセスはシンプル

 

当記事の終わりにリンクを貼っておきますので、氏名やアドレスなどの必要 事項を入力するだけでOK。

 

わずか3分もあれば、サービス利用が開始できちゃいます。

 

簡単かつスピーディーにサービス登録できるので、あなたの貴重な時間・お金を最大限に節約できるのも、魅力の1つ。

 

そして、無料 転職サイト8社 以上を比較・検討した結果、、わたしの結論は“大手が最強”

 

たとえるなら、大手エージェントを利用することは、1,000名 以上もの専門スタッフたちを “味方” にするようなもの。

 

大手 支援サービス“だけ” が持っている非公開な情報もありますので、あなただけの “支援者” として使い倒すのが吉ですよ。

 

いうまでもなく、大手 無料サイトのメリットを実感できるのは、じっさいに登録プロセスを完了させた人だけです。

 

各種 大手サービスの信頼+安定を実感できるのは、行動に移すことができた“限られた人たちだけ” なのです。

 

ぜひ、ここまで話を聞いてくださった聡明な あなたには、大手サービスの信用性+安心感を体験して欲しい

 

心から、そう強く思います。

 

ぶっちゃけて言うと、、以上のメリットがある “タダで使える退避策” を確保しておかないなんて、、もったいない

ほんとうに、もったいないこと

 

にゅー
にゅー

「暇な仕事が嫌い…退屈な時間が苦痛すぎて…」と感じるいまこそ、科学データを参考に動き出しましょう!

 

【まとめ】暇な仕事が大嫌い。「退屈な時間」を脱出する唯一の方法とは?【あなた自身の選択】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話をきいてくれた あなたに、心からの感謝を。

本当にありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「現状 維持のデメリット」について。

 

研究 結果によると、行動を先延ばしにしがちな人ほど、キャリア選択に失敗し、将来の収入も下がりやすいのだそう。

(参考 文献:『ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか』)

 

にゅー
にゅー

つまり、決断を後回しにしがちな人のほうが、職業的・経済的な成功を掴みにくいということ。。

 

…さぁ、頭のなかに思い浮かべてみてください。

 

あなたが欲しいのは、どんな人生ですか?

 

あなたが望むキャリア設計では、どのような “前向きな未来” が描かれているでしょうか?

 

あなたを苦境から救ってくれるのは、『あなた自身の行動』だけ。

 

このさきに明るい未来を掴めるかどうかは、すべて今この瞬間の『あなた自身の選択 次第』なのです。

 

だいじょうぶ。

 

ここまで、わたしの話を聞くという『行動』に移せた あなたなら、きっと運命を変えられるはず。

 

にゅー
にゅー

人生の決定権は、あなた自身が握っていますよ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました