【将来が不安】仕事が続かない、会社が長続きしない…→対策4選で【科学データをもとに解決】

【仕事が続かない】 Uncategorized

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

はぁ…仕事が続かないせいで、将来が不安すぎる…。

転職してばかりだと、年を追うごとに再就職も厳しくなるのに…どの会社でも長続きしなくて。。

次でラストにしたい…もう20代も後半だから、きっと最後のチャンスだろうし。。

これ以上、履歴書を汚すわけにはいかない…けど、、やっぱり続けられるか心配だよ。。

どうしたらいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【もう無理】仕事が長く続かない…→『現状の把握』が解決の一手⁉︎
▶︎科学的な「4つの打開策」で【完全に克服】くわしくは記事の後半

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【将来が不安】仕事が続かない、会社が長続きしない…→対策4選で【科学データをもとに解決】

【もう無理】仕事が長く続かないせいで、将来が怖い…→『現状の把握』が解決の一手⁉︎

 

【注意】当記事では、あなたのキャリアの苦悩を解消すべく、科学的なデータをもとに、克服策を発信していきます。

 

大丈夫
あなたの苦しみは、きっと解決できますよ

 

わたしと一緒に、対策していきましょうね。

 

 

さて、さきに結論ですが「会社が長続きしない…仕事が続かない…」を解決するキーワードは、『現状の把握』にアリ

 

↓以下のようなイメージで、1つの職場に留まれない理由を “より具体的に” 分析することが、問題 解決の第一歩です。

 

ビジネスマン②
ビジネスマン②

1つの会社で継続できないのは、もともとの「飽きっぽい性格」が災いしてるのかも…? 思い返せば、小さい頃からルーティン ワーク(単純 作業)が大嫌いだったし…仕事でも、事務 作業には耐えられないな。。

ビジネスウーマン
ビジネスウーマン

わたしは対人コミュニケーションが極端にニガテで、、職場に1人でも「怒りっぽい上司」とか「嫌いな先輩」がいるだけで緊張しちゃって。。 居心地の悪い雰囲気にはガマンならないのよね。。

 

じつは、心理学の研究によると、懸念点を “より客観的に” 認識できる人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

・問題 解決力がアップ
・ストレス抵抗力がアップ
・不安感、イライラ感が改善
・ネガティブ、マイナス思考が改善…など

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、仕事が続かない原因をシッカリと理解できる人のほうが、ストレスに強く、問題に対処しやすいのですね!

 

そこで、↓以下10点を参考に「問題点の分析」にフォーカスし、ひとつ1つ改善策を探っていくのがオススメ。

 

・対価としての給料が安すぎて、まったくやる気が出てこない
・信頼できない同僚や同期のせいで、出勤するのがストレス フル
・拘束 時間が長い仕事が多く、じゅうぶんな休みが確保できない
・根性論や精神論がキライで、思考 停止した「我慢」「忍耐」が苦手
・ホウレンソウ(報連相)も無しに、頭ごなしに命令してくる上司が苦痛
・そもそも「仕事で達成したいこと」がなく、モチベーションに欠けている
・入社前とのギャップに打ちのめされる場面が多く、労働 意欲が湧きづらい
・小さな失敗やミスを気にしやすい性格で、精神的なプレッシャーに耐えられない
・社員 教育がダメな会社に当たることが多く、職場でのサポートを受けられずにいる
・じっさいの業務と求人 内容に齟齬(そご)があり、仕事のミスマッチに出くわしやすい…など

 

断言できます。

 

あなたの「仕事が長続きしなくて…」を打開する “さいしょの一歩” は、なによりもまず『状況の分析』にあるのだと。

 

【悲報】「向いてない仕事」を続けるデメリットとは?

 

…ひとつだけ、あなたに注意して欲しいことがあります。

 

それは、合わない職場・向いてない会社に留まり続けることは、仕事の継続率をダウンさせてしまう危険がある

 

分かりやすくいうと、ミスマッチを野放しにすることは、あなたのキャリアの “汚点” となる可能性アリなのです。

 

その証拠に、組織 心理学の研究によると、合わない会社に残り続ける社員ほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだそう。

 

・無気力さが悪化
・抑うつ感が悪化
・人生の絶望感が悪化
・ストレス レベルが悪化
・モチベーションが悪化
・仕事パフォーマンスが悪化
・感情コントロール力が悪化
・他人のことを信じられなくなる…など

(参考 文献:『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、あなたの性格・気質にマッチしない職場では、メンタルが悪化しやすく、成果も上がりにくくなる傾向に。

 

…さぁ、これまでの過去の経験を思い返してみてください。

 

いままでに体験してきた職場は、あなたの適性にマッチした「過ごしやすい場所」でしたか?

 

反対に、仕事が長続きしないことも納得の「劣悪な環境」だったでしょうか?

 

ちなみに、ほかの研究データによると、満足度が低い職場 環境では、離職率も悪化しやすくなるのだとか。

(参考 文献:『幸せな選択、不幸な選択ー行動科学で最高の人生をデザインする』)

 

にゅー
にゅー

かんたんにいうと「社員の満足度が低い=退職率が悪化」ということですね。。

 

なので、あなたの「会社が続かなくて…」を改善するには、合わない仕事 環境を避けることも1つのヒントかもですよ。

 

【注意】「給料=仕事のガマン料」と割り切ると…⁉︎

 

さらにいうと、じつは「給料=ガマン料」だと割り切って働くことについても、、科学的には “NG” 。

 

その証拠に、産業心理学の研究によると、義務感でイヤイヤ仕事する社員ほど、↓以下のデメリットを受けやすい傾向に。

 

・幸福度が悪化
・労働 生産性が悪化
・目標の達成率が悪化
・モチベーションが悪化
・業務パフォーマンスが悪化…など

(参考 文献:『その科学があなたを変える』『「幸せをお金で買う」5つの授業』)

 

にゅー
にゅー

まとめると「給与=我慢料」だと考えがちな人のほうが、かえってモチベーションが下がり、業務 成果も上がらなくなるのですね。。

 

わたしたちの感覚としても、なんとなく「仕事を楽しめない=会社が続かない理由の1つ」という気がしませんか?

 

科学データからも明らかなように、職場から得られる「満足感」や「幸福感」は、じっさいの業務パフォーマンスに影響。

 

日本では「忍耐=美徳」と考えられがちですが、、科学的には “大間違い” なのです。

 

その証拠に、べつの研究データによると、幸福感が低い社員ほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだそう。

 

▶︎心理・身体的なデメリット
・免疫力がダウン
・マイナス思考が悪化
・不安、恐怖感が悪化
・ストレス抵抗力がダウン
・良い対人 関係を築けなくなる
・健康レベルを維持しにくくなる…など

 

▶︎キャリア的なデメリット
・病欠率が悪化
・離職率が悪化
・問題 解決力がダウン
・労働 生産性がダウン
・昇進、昇給率が悪化
・売上をダウンさせやすい
キャリア選択に失敗しやすい
・低収入、低賃金に陥りやすい
・業務パフォーマンスがダウン
・リーダー シップを発揮しにくい…など

(参考 文献ー『幸福 優位7つの法則 仕事も人生も充実させるハーバード式 最新 成功理論』『幸せな選択 不幸な選択行動科学で最高の人生をデザインする』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、やりがいや情熱を感じられない「不幸な社員」ほど、心身ともに悪化し、仕事キャリアでも成功できなくなる傾向に。。

 

反対に、仕事に幸せを感じやすい人ほど、↑上記すべてをメリットへと転換できることも分かっています。

 

専門的に『幸福 優位性(こうふく ゆういせい)』と呼ばれる心理 状態ですね。

 

なので、断言できます。

 

「給料=ガマン料」だと割り切って仕事することは、長期的には人生の失敗を招く “疫病神(やくびょうがみ)” になるのだと。

 

【朗報?】転職 回数の多さ=将来の年収アップ⁉︎

 

とはいえ、↓以下のような意見もあるかもしれません。

 

上司
上司

仕事が続かないなら、改善の努力をすればいいだろう! 他責 思考で会社とか環境を嘆くまえに、目の前のことに全力で取り組むべき! 他人のせいにしてばかりのヤツを雇ってくれるほど、社会は甘くないぞ!

 

かなりキツい言い分ですが、、たしかに↑上記にあるとおり、わたしたち労働者には一定の「忍耐力」が求められるもの。

 

となれば、ここは1つ歯を食いしばって、血ヘド吐く思いで頑張って耐えるのも一手かもですね。

 

…しかし、です。

 

ただ一方で、職を転々とする「ジョブ ホッパー」になることが、将来のキャリア アップに影響するとしたら…どう思いますか?

 

じつは、組織心理学の研究によると、若いうちにジョブホッピングを経験する人ほど、↓以下のメリットを受ける傾向に。

 

・将来的な年収がアップ
・経営 役員に就ける確率が “約9倍” アップ…など

(参考 文献:『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、20〜30代のうちに複数の会社・業種を体験する人のほうが、長期的にはキャリアの成功を掴みやすいのですね!

 

理由としては、多様な業界・会社にチャレンジした経験が、後々に “人生の糧(かて)” として結果に現れるのでしょう。

 

科学データが示すのは、日本的な「1つの企業で努力すべき!」といった価値観とは “正反対” 。

 

むしろ、キャリアの若いうちに何度も転職を経験しておくことは、 “天職” に出会う確率をアップさせてくれるのですね。

 

【危険】メンタルの悪化=キャリアの大失敗⁉︎

 

ご注意ください。

 

職場での評価を気にしすぎたり、他人の顔色をうかがいすぎてメンタルが悪化すると、、人生に失敗するリスク “大” ですので。

 

…おどすような言い方で、すみません。

しかし、確たる事実。

 

その証拠に、心理学の研究によると、精神的に不安定で自信を失いやすい人ほど、↓以下のデメリットを受ける傾向に。

 

▶︎心理的なデメリット
・抑うつ気分が悪化
・マイナス思考が悪化
・早死にリスクが悪化
・不安感、恐怖心が悪化
・ストレス レベルが悪化
・完璧 主義の傾向が悪化
・自暴 自棄になりやすくなる
・自己 否定、自己 嫌悪が悪化…など

 

▶︎職業的なデメリット
・職場内の生産性がダウン
キャリア選択に失敗しやすくなる
・社内で「無能」だと誤解されがちに
・昇進、昇給のチャンスを逃しやすくなる…など

 

▶︎対人 関係のデメリット
・恋人と破局しやすくなる
・家庭が崩壊しやすくなる
・友人 関係を壊しやすくなる
・他人を信じられなくなる(or 盲目的になる)…など

(参考 文献:『パーソナリティーを科学する 特性5因子であなたがわかる』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、自信 喪失しやすい人のほうが、人間 関係・仕事キャリア・人生のあらゆる面で失敗しやすくなるのですね。。

 

とくに、マジメで責任感が強い人ほど、自己責任の精神に囚われ、必要 以上にプレッシャーを感じてしまいがち。

 

…ここで1つ、ご自身について振り返ってみてください。

 

仕事で大きなミスをしたとき、過剰にじぶんを責めて、自己嫌悪に陥っていませんか?

 

あるいは、予期せぬハプニングに出くわしたとき、スキル不足を理由に自己 嫌悪していないでしょうか?

 

お気をつけください。

 

自尊心(自信)を失くすことは、あなたのキャリア人生をブチ壊す “落とし穴” ですので。

 

…ここで1つ、想像してみてください。

 

仕事が続かないことが原因で、家族や友だち、さらには人生のパートナーからも見放される “孤独な末路” を。

 

「社会 不適合者」「負け組」といったレッテルを貼られ、低賃金・低収入へと追い込まれいく “不幸な未来” を。

 

「そんな未来、ぜったいにイヤだ」。

 

「現状から抜け出して、もっと前向きな人生を送りたい」。

 

…そう思いませんか?

 

そこで、このさきでは「仕事が続かない…将来が不安で…」を解消すべく、科学的な「4つの打開策」を解説します。

 

▶︎価値観の再設計
▶︎セルフ コンパッション
▶︎ネガティブ感情の吐露
▶︎複数の解決策を手に入れる

 

にゅー
にゅー

「会社が長続きしないせいで、先行きが不安…」と苦しむときこそ、科学を味方に対処していきましょう!

 

【科学で克服】仕事が続かないせいで、将来が不安すぎる…→4つの打開策で【完全に解決】

 

さて、1つ目に解説するのは『価値観の再設計』について。

 

いいかえると「自己 分析」のことですね。

 

…ここで1つ、あなたに質問させてください。

 

あなたには、人生を賭(と)してでも実現したい「将来の目標」がありますか?

 

あるいは、生きる指針となるような「譲れない思い」や「人生の目的」を お持ちでしょうか?

 

じつは、心理学の研究によると、じぶんの価値観を明確化できている人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

▶︎精神的なメリット
・幸福感がアップ
・社交性がアップ
・共感力がアップ
・マイナス思考が改善
・恐怖、不安感が改善
・記憶力の低下を防ぐ
・モチベーションが改善
・ポジティブ気分が改善
・ストレス抵抗力がアップ
・良い対人 関係を築きやすくなる…など

 

▶︎職業的なメリット
・注意、集中力が改善
・将来的な収入がアップ
・長期的な貯蓄率がアップ
キャリア選択に成功しやすくなる…など

 

▶︎身体的なメリット
・抗 炎症作用が改善
・不眠になりづらくなる
・ナチュラルキラー細胞が活性化…など

(参考 文献:『目的の力ー幸せに死ぬための「生き甲斐」の科学』『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』『最高の体調 ACTIVE HEALTH』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、人生で追い求めるべき “道しるべ” を持っている人のほうが、心身ともに安定し、経済的にも成功しやすいのですね!

 

ここだけの話、、世の会社員の96〜98%がハマりがちな “大きな間違い” の1つが、価値観を把握できていないこと。

 

たとえるなら、生きる目的・人生のゴールを見定めることは、キャリアという海を渡る “コンパス” を手にするようなもの。

 

「どこに向かって進めばいいか?」がハッキリしていないと、きっと船は路頭(ろとう)に迷ってしまうはず。。

 

…そう思いませんか?

 

ちょっと感情論くさい言い方で恐縮ですが、、わたしたち人間は「守るべきもの」あれば、自制心が高められるのだそう。

 

科学データが示すように、家族・平和・自由…などの「ぜったいに譲れない価値観」を持つことが、あなたの継続力アップに。

 

【実践編】①3つのキーワードを「選択」

 

そこで、このさきでは認知行動療法でも使われる『ACT』というテクニックを参考に、あなたの価値観を再設計していきます。

 

まず1つ目に、↓下図を参考にして直感的にコレだ!と感じる「3つのキーワード」を見つけてみてください。

 

価値観リスト

 

さて、選べましたか?

 

もちろん、↑上図に適切なフレーズがないときは、あなたオリジナルの言葉を選択してもOKですよ。

 

②3つのワードを「10点 評価で採点」

 

つぎに、2つ目のプロセスです。

 

↓下図のイメージを参照しつつ、さきほどチョイスした3つのワードを「10点 満点」で採点してみてください。

 

価値観リストの数値化

 

これで、あなたの価値観に「1〜3位までの優先 順位」が付きました。

 

以上に解説したのは、専門的に「数値化」と呼ばれる方法で、ものごとを客観的に見るときに利用されるテクニック。

 

もっとも点数が高かったものが、あなたにとって「大切にしたい価値」です。

 

③仕事 × 価値観を「リンク」させる

 

さて、最後です。

 

このさきでは、さきほど選んだ「価値観」と「現在の仕事」を、互いに結びつけてみましょう。

 

すこし難しいかもですので、↓以下を参考に「仕事 × 価値観」をリンクさせて、捉えなおしてみてくださいね。

 

ビジネスマン①
ビジネスマン①

ボクは『挑戦』が大切かな。…でも、いまの会社は年功 序列な社風があるから、、ちょっと息苦しい感じがする。。 もっとチャレンジングな雰囲気があるといいんだけど。。

ビジネスウーマン
ビジネスウーマン

わたしは『安定』が大事ね。業務面での不満はないけど、、いまの職場は人間 関係に難アリだから、このさきも安心して働き続けられるかどうかは…ちょっと。。

 

さて、これですべて終了です。

お疲れさまでした。

 

以上に紹介したのは、専門的に『ジョブ クラフティング』とか『ワーキング アイデンティティー』と呼ばれる方法。

 

「価値観 × 現在の仕事」を結びつけて再解釈する、科学データに基づいた手法の1つです。

 

メリットとしては、↓以下のとおり。

 

・離職率が改善
・仕事 満足度が改善
・問題 解決力がアップ
・モチベーションが改善
・やりがいを感じやすくなる
・業務パフォーマンスがアップ
・仕事に情熱を持ちやすくなる
・ポジティブな感情や行動が増える…など

(参考 文献:『4021の研究データが導き出す 科学的な適職』)

 

断言できます。

 

「仕事が長続きできなくて…」を打開する “起死回生の一手” は、あなたの価値観を再認識することにアリですよ。

 

【転職 成功率=約3倍に⁉︎】ネガティブ感情の吐露とは?

 

さて、2つ目に解説するのは『ネガティブ感情の吐露』について。

 

ハッキリ言います。

 

日本の風潮にありがちな「本心を言わない=美徳」という考えは、科学的には “大間違い” なのだと。

 

その証拠に、心理学の研究によると、習慣的に仕事のグチや不満を口にできる人ほど、↓以下のメリットを受ける傾向に。

 

・イライラが改善
・焦り、不安感が改善
・ネガティブ思考が改善
・ポジティブ気分が改善
・ストレス抵抗力がアップ
・感情コントロール力がアップ
・仕事のモチベーションがアップ
・再 就職率が14%→53%にアップ…など

(参考文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』『マンガで分かる心療 内科ー第5巻』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、日常的にマイナス感情を吐き出せる人のほうが、むしろメンタルが安定し、転職 成功率も “約3.8倍” アップするのだとか!

 

専門的には『エモーショナル ディスクロージャー』と呼ばれ、心理カウンセリングでも利用される方法の1つですね。

 

なので、あなたの心の内に溜まった仕事ストレスは、積極的に発散していくのが吉。

 

たとえるなら、定期的にネガティブ思考を暴露することは、パンパンに詰まった風船を “ガス抜き” してあげるようなもの。

 

科学的に見ると、メンタルが強い人とは「嫌なことを溜め込まずに、シッカリと吐き出せる人」なのです。

 

【1日8分】『エクスプレッシブ ライティング』が超お手軽!

 

そこで、↓以下を参考に「マイナス感情の吐き出し」を実践していくのがオススメ。

 

・仕事の悩みを「紙に書きだす」
・独りごとで「言葉にして出す」
・職場のグチを「友だちに話す」
・業務の苦しさを「家族に共有」
・専門のカウンセラーに「相談」
・芸術作品で自分を「表現する」…など

 

最強に手軽なのは、1日あたり8〜20分くらい「ストレスについて紙に書き出す」という方法です。

 

用意するものは紙とペン “だけ” ですので、今すぐにトライできちゃいますよ。

 

専門的には『エクスプレッシブ ライティング(筆記 開示)』と呼ばれ、認知 行動療法でも利用されるテクニックの1つ。

 

「仕事が続かなくて、将来が怖い…」と不安に感じるいまこそ、積極的な『感情の吐き出し』が吉ですよ。

 

【優しい人が勝つ】セルフ・コンパッションとは?

 

さて、3つ目に お話するのは『セルフ コンパッション』について。

 

かんたんにいうと「じぶんへの思いやり」とか「自分を受け入れる心」といった意味ですね。

 

じつは、脳科学・心理学の研究によると、みずからに優しさを向けられる人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

・自制心が改善
・共感性が改善
・衝動性が改善
・やる気がアップ
・抑うつ気分が改善
・ネガティブ思考が改善
・モチベーションが改善
・ストレス抵抗力がアップ
・仕事(学習)成績がアップ
・自己コントロール感がアップ
・「成長に繋がる努力」をしやすくなる
・自己 否定、自己 嫌悪に陥りにくくなる…など

(参考 文献:『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、ありのままの自分を受け入れられる人のほうが、ストレス状態が改善し、成果も上げやすくなるのですね!

 

反対に、自然体の自分を受け入れられず、ほかの人と比較しがちな人ほど、メンタルが悪化しやすいのだとか。

(参考 文献:『新編 社会心理学 改訂版』)

 

専門的には『上方 比較(じょうほう ひかく)』とか『社会的 比較』などと呼ばれる心理 傾向ですね。

 

なので、自分と「職場のデキる社員」を比べがちな人のほうが、かえってストレスを悪化させてしまうことに。。

 

【実践法】頭の中で「大親友」をイメージせよ⁉︎

 

そこで有効なのが、みずからに思いやりを向ける『セルフ コンパッション』の実践です。

 

コツとしては、頭のなかで「心からの大親友」をイメージして、第3者の立場から “優しいコトバ” をかけてあげること。

 

…さぁ、想像してみてください。

 

精神的に傷ついている友人に、あなたは どんな「思いやり」を向けてあげますか?

 

心身ともに疲れきっている親友に、どのような「気遣いのフレーズ」で なぐさめてあげるでしょうか?

 

もしも、自己 否定や自己 嫌悪の波が襲ってきたら、頭のなかで親しい友だちをイメージして、↓以下のように考えてみてください。

 

大親友のメンタルが弱っているとき、じぶんだったら どんな言葉をかけてあげるだろう?」。

 

断言できます。

 

数々の科学データが示すように、激動の現代を勝ち抜いていけるのは「じぶんに優しくできる人」なのだと。

 

【科学が保証】『複数の解決策』を手に入れよ!

 

さて、さいごは『複数の解決策を手に入れる』について。

 

そして、ここからさきが本番。

 

あなただけに打ち明けますが、、「仕事が続かなくて…」を脱却できない人の9割 以上には、1つの “失敗パターン” が。。

 

それは、「じぶんに選べる解決策は、たくさん世の中にある」という事実に気づいていないこと。

 

いいかえると、限られた選択肢だけで問題に対処してしまい、ほかの可能性を考慮できなくなっている。

 

シンプルに、視野が狭くなっているのですね。

 

…厳しい指摘で、すみません。

しかし、事実です。

 

反対に、心理学の研究データによると「いくつもの解決策を検討できる人ほど、問題 解決力が高まりやすい」のだそう。

(参考 文献:『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』『無理なく限界を突破する心理学 突破力』)

 

専門的には『クリティカル シンキング(批判的な思考)』と呼ばれる考え方ですね。

 

ちなみに、年商10億円 以上を稼ぐメンタリストのDaiGoさんは、批判的な思考法を↓以下のように紹介しています。

 

「ボクたち凡人が、天才を越えられる “たった1つの科学的な方法” 」。

 

なので、1つの解決策に固執(こしつ)するよりも、数多くの対策を持てる人のほうが、良いキャリアを築きやすい。

 

そこで、↓以下の方法を参考に「選択肢を広げてみる」のも一手ですね。

 

・キャリア系の本を読む
・独立を視野に入れてみる
・職種、業種についてリサーチ
・就職、転職イベントに参加する
・職業カウンセリングにトライする
無料の支援サービスを利用してみる…など

 

にゅー
にゅー

「1つの会社に留まれない…仕事が続かない…」と感じるいまこそ、科学データを参考に動いていきましょう!

 

【まとめ】仕事が続かない…→「会社が長続きしない問題」を克服するには?【行動だけが正義】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話をきいてくれた あなたに、心から感謝を。

本当にありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「決断を先送りにするデメリット」について。

 

研究データによると、行動を先延ばしにしがちな人ほど、将来の収入がダウンし、キャリア選択に失敗しやすいのだそう。

(参考 文献:『ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか』)

 

思い返せば、わたしが「あのとき動いていて良かった…」と感じるのは、いずれも『即断 即決で起こした行動』でした。

 

…さぁ、頭のなかに思い浮かべてみてください。

 

このまま現状 維持に留まり、将来のキャリアに絶望しながら生きる “悲しすぎる未来” を。

 

反対に、後回しにしたい欲求を振り払い、行動を武器に可能性を切りひらく “希望ある未来” を。

 

あなたが望むのは、どちらの未来でしょうか?

 

このさき人生を変えられるかどうかは、すべて今この瞬間の『あなた自身の選択 次第』

 

あなたを窮地から救ってくれるのは、たった1つ『あなた自身の行動』だけなのです。

 

でも、だいじょうぶ。

 

ここまで、わたしの話を聞くという『行動』に移せた聡明な あなたなら、きっと前向きな運命を掴めるはずですから。

 

にゅー
にゅー

わたしは、そう信じます!

 

人生の決定権は、あなたが握っていますよ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました