【飽き性の悩み】飽きっぽい性格で、仕事が続かない…→対策2選で【科学データをもとに解決】

【飽き性】仕事が続かない Uncategorized

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

飽き性な性格のせいで、会社が長続きしない…。

働くことはキライじゃないのに、退屈な時間・作業がイヤすぎて…仕事が続かないよぉ。。

好奇心が強すぎて、1つの場所に留まるのが苦痛すぎる…こんな調子だと、社会に適応できない。。

お金とか生活費のこともあるし、キャリアを棒に振るわけにはいかない、けど。。

じぶんの飽きっぽい性格が、ホントに疎(うと)ましい…このさき、どんな生き方をすれば。。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【飽き性の働き方】仕事が長く続かない…→改善策は『自己否定の回避』⁉︎
▶︎科学的な「2つの打開策」で【すべて克服】くわしくは記事の後半にて

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【飽き性の悩み】飽きっぽい性格で、仕事が続かない…→対策2選で【科学データをもとに解決】

【飽き性の働き方】仕事が長く続かないせいで、将来が不安…→『自己否定の回避』が改善策⁉︎

 

【注意】本記事では、あなたのキャリアの悩みを解決すべく、科学データにもとづいて、対処法を発信していきます。

 

ぜったいに、大丈夫
あなたの苦しみは、きっと解消できますから

 

わたしと一緒に、1つずつ対策していきましょうね。

 

 

さて、さきに結論ですが「すぐ仕事に飽きるせいで、会社が長続きできない…」を解決するカギは、『自己 否定の回避』

 

飽きっぽい性格にマイナス イメージを持ち、好奇心が強いことを「飽き性な自分は、ダメ人間で…」と捉えないのが吉。

 

…ここで1つ、あなたに質問させてください。

 

おなじ職場に留まれないことに悩み、ご自身を「協調性がない」「忍耐力がない」などと、自己 批判していませんか?

 

あるいは、もともとの好奇心の強さをネガティブに考え、組織で働けない自分を責めていないでしょうか?

 

…もしも、答えが「Yes」なら、、要注意。

 

じつは、心理学の研究によると、自己 否定・自己 嫌悪に陥りやすい人ほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだそう。

 

▶︎心理的なデメリット
・抑うつ気分が悪化
・マイナス思考が悪化
・不安感、恐怖心が悪化
・ストレス レベルが悪化
・完璧 主義の傾向が悪化
・自暴 自棄になりやすくなる…など

 

▶︎職業的なデメリット
・職場内の生産性がダウン
・キャリア選択に失敗しやすくなる
・社内で「無能」だと誤解されがちに
・昇進、昇給のチャンスを逃しやすくなる…など

 

▶︎対人 関係のデメリット
・恋人と破局しやすくなる
・家庭が崩壊しやすくなる
・友人 関係を壊しやすくなる
・他人を信じられなくなる(or 盲目的になる)…など

(参考 文献:『パーソナリティーを科学する 特性5因子であなたがわかる』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、自責の念に囚われやすい人のほうが、ストレス状態が悪化し、仕事・人間 関係でも失敗しやすくなることに。。

 

なので、断言できます。

 

あなたの「飽き性な性格のせいで、仕事が続かなくて…」を克服する “ファースト ステップ” は、自己 批判の回避にあると。

 

【科学が証明】「飽き性な人」に向いてる仕事とは?

 

ここで1つ、あなたに朗報です。

 

じつは、心理学の研究によると、好奇心が強い性格の人には、↓以下3つの業種・職種での仕事が向いているのだそう。

 

・研究職
・芸術、デザイン職
・IT、テクノロジー業界…など

 

とくに、IT系の企業で活躍する or 独立することは、飽きっぽい性格の人にとって「最適なキャリア選択の1つ」なのだとか。

(参考 動画:IT起業に向いてる人の性格が明らかに

 

にゅー
にゅー

ちなみに、わたしも あなたと同じく「飽き性なタイプ」なので、いまはIT領域で独立して個人ビジネスをしています!

 

あるいは、科学的なデータはありませんが、↓以下のような「変化・刺激の多い仕事」に就くのも一手かもですね。

 

・営業
・ホテル、観光業
・企画、マーケティング職…など

 

反対に、わたしたちが もっとも避けるべきは「事務」「工場 勤務」など、ルーティン ワーク・単純 作業の多い仕事。

 

なんども同じ手順を くり返し、独創性・創造性が発揮されない仕事では、あなたの好奇心を「強み」にできないのですね。

 

研究では、伝統を重んじる「古風な会社」や「権威 主義的な企業」では、息苦しさを感じやすいことも分かっています。

(参考 文献:『パーソナリティーを科学する 特性5因子であなたがわかる』)

 

専門的には、好奇心が強くて飽き性な性格は『開放性』と呼ばれていますね。

 

…さぁ、ご自身のことを振り返ってみてください。

 

↓以下10つの性格 特徴を見て、あなた自身に当てはまるものがないかと。

 

・フットワークが軽くて「行動力」がある
・「1つの場所に留まること」を避けがち
・公私 問わず「自由な時間」を大切にする
・ひと一倍「好奇心」や「こだわり」が強い
・「ペースを乱されること」がガマンならない
・「伝統」や「昔からの風習」に共感できない
・「新しいこと」を追求するのが刺激的で楽しい
・「周囲に流されて生きること」に抵抗感がある
・子供のころに「飽きっぽい性格」だと指摘された
・みずからの意思で「選択・決断」したいと強く思う…など

 

「飽きっぽさ」も「好奇心」も、使いかた次第。

 

会社が続かないと悩んでいるときこそ、あなたの性格にマッチした「飽き性でも継続できる仕事」を選ぶのが吉ですよ。

 

【超 朗報】20代のジョブ ホッピング=年収アップ⁉︎

 

とはいえ、↓以下のような反論もあるかもですね。

 

上司
上司

「飽きっぽい性格」だと自覚してるなら、欠点を補えるように努力すればいいだろう! 忍耐力・堪(こら)え性がないんだったら、まずは目の前の仕事に集中できるよう対策すべきだ!

 

かなりキツい意見ですが、、たしかに↑上記のとおり、会社という組織でやっていくには、あるていどの「我慢」は必須スキル。

 

とくに、昔ながらの「年功 序列」の雰囲気が残っている会社では、職を転々とすることがマイナスに解釈されがち。

 

…しかし、です。

 

一方で、20〜30代の若いうちに多様な職場を経験することは、将来のキャリア アップに影響する…とも考えられませんか?

 

その証拠に、組織 心理学の研究によると、↓以下のデータが確認されています。

 

「20、30代といった若い年齢でのジョブ ホッピング(職を転々とすること)は、将来的な “収入アップ” に影響すると分かった」

 

にゅー
にゅー

かんたんにいうと、キャリアの早い段階でジョブ ホッパーを経験することは、長期的に見ると “年収の増加” に影響するのですね!

 

収入“ダウン” ではありませんよ。

 ”アップ“ ですからね。

 

さらに、産業 心理学の研究によると、適性にマッチしない仕事を続けがちな社員ほど、↓以下のデメリットを受ける傾向に。

 

・抑うつ感が悪化
・マイナス思考が悪化
・モチベーションが悪化
・人生への絶望感が悪化
・ストレス抵抗力がダウン
・業務パフォーマンスがダウン
・感情コントロール力がダウン
・他人のことを信じられなくなる…など

(参考 文献:『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、合わない職場に残りつづける人ほど、メンタルが悪化し、仕事のパフォーマンスも発揮できなくなるのですね。。

 

…さぁ、想像してみてください。

 

「飽き性」や「好奇心」が活かされない仕事に従事し、このさき40〜50年 以上も働きつづける “不幸すぎる未来” を。

 

「落語者」「社会 不適合者」といったレッテルを貼られ、じぶんへの自信が失われていく “悲痛すぎる末路” を。

 

そんな人生、ぜったいに送りたくない。

 

もっと、前向きなキャリアを手にしたい。

 

…そう感じませんか?

 

そこで、このさきでは「飽き性なせいで、仕事が長続きしない…」を解決すべく、科学的な「2つの打開策」を紹介

 

▶︎価値観の再設計
▶︎視野を広げる

 

にゅー
にゅー

「飽きっぽい性格が災いして、会社が長く続かない…」と悩むときこそ、科学を味方に対策していきましょう!

 

【飽きっぽさ=長所⁉︎】飽き性のせいで、仕事が長く続かない…→2つの打開策で【すべて克服】

 

さて、1つ目に解説するのは『価値観の再設計』について。

 

…ここで1つ、思い返してみてください。

 

これまでの人生で、あなたの「生きる指針」や「人生のゴール」となるような価値観を、キチンと意識できていたかと。

 

じつは、心理学の研究によると、じぶんの価値観を明確化できている人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

▶︎心理・身体的なメリット
・イライラ感が改善
・長生きしやすくなる
・共感スキルがアップ
・人生の満足度がアップ
・不安感、恐怖感が改善
・ネガティブ思考が改善
・自尊心(自信)が改善
・ストレス抵抗力が改善
・ポジティブ気分がアップ
・感情コントロール力がアップ…など

 

▶︎経済的なメリット
・将来的な収入がアップ
・長期的な貯蓄率が改善…など

(参考 文献:『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』『最高の体調 ACTIVE HEALTH』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、生きる目的・人生の目標を定めている人ほど、メンタルが安定し、経済的にも成功しやすくなるのですね!

 

たとえるなら、あなた自身の価値観を再設計することは、ビジネスという海を泳ぐための “道しるべ” を手にするようなもの。

 

「どこに向かって進めばいいのか?」を明らかにしてくれる “ガイド ライン” があれば、人生に迷うことも最小限で済みます。

 

にゅー
にゅー

ちなみに、わたしは「好奇心・向上心・自由」の3つをコアにして、キャリア選択に活かしています!

 

↓以下の記事では、心理カウンセリングでも利用される『ACT』のテクニックを参考に、あなたの価値観に迫っていきます。

 

ぜひ ご一読くださいね。

 

 

【科学が実証】『視野を広げること』に注力せよ!

 

さて、さいごに解説するのは『視野を広げる』について。

 

そして、ここから先が本題。

 

あなただけに暴露しますが、、「仕事が続かなくて…」を脱出できない人の9割 以上には、1つの “失敗パターン” が。。

 

それは、「キャリア選択に活用できる選択肢は、たくさん世の中にある」という事実に気づいていないこと。

 

いってみれば、高い好奇心という「クリエイティブさ」をネガティブに捉え、みずから可能性を閉ざしてしまっている。

 

シンプルに、視野が狭まっているのですね。

 

…きびしい意見で、申しわけありません。

けれど、確かなこと。

 

その証拠に、臨床 心理学の研究によると「強いストレス状態にあるときほど、問題 解決力が下がりやすい傾向」に。

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

専門的には『視野 狭窄(しや きょうさく)』と呼ばれる心理 傾向ですね。

 

分かりやすくいうと、ストレスを受けて解決策を欲しているときこそ、かえって問題に対処できなくなってしまうのです。

 

反対に、べつの研究データによると「いくつも選択肢を考慮できる人ほど、問題 対処力が上がりやすくなる」のだそう。

(参考 文献:『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』『無理なく限界を突破する心理学 突破力』)

 

専門的には『クリティカル シンキング(批判的な思考)』と呼ばれるテクニックです。

 

ちなみに、年商10億円 以上を稼ぐメンタリストのDaiGoさんは、クリティカル シンキングを↓以下のように紹介しています。

 

「ボクたち凡人が、天才を出し抜ける “たった1つの科学的な方法” 」。

 

そこで、↓以下のような方法で「視野を広げる」のもアリですね。

 

・キャリア関連の本を読む
・職種、業界について研究する
・リモート可の職場を探してみる
・在宅ワーク可能な仕事をリサーチ
・職業カウンセリングを試してみる
・転職 支援サービスを活用してみる…など

 

にゅー
にゅー

「仕事が長続きしなくて、将来が不安…」と感じるいまこそ、科学データを参考に動き出していきましょう!

 

【まとめ】飽きっぽいせいで、仕事が長く続かない…→飽き性を活かす方法とは?【まずは行動】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話を聞いてくださって、本当にありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「周りに合わせるデメリット」について。

 

研究 結果によると、周囲の意見に同調しがちな「協調性の高い人」ほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだそう。

 

・将来的な収入が低下
・昇進、昇給率が低下
・組織の重役になる確率が低下
・管理職、社長 職に就く確率が低下…など

(参考 文献:『パーソナリティーを科学する 特性5因子であなたがわかる』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、世間の空気を合わせがちな人ほど、経済的・キャリア的に失敗しやすくなるということ。。

 

振り返ると、わたしが「あのとき行動していて良かった…」と思うものは、すべて『自分の意志で動いたこと』でした。

 

反対に、周りの意見に迎合(げいごう)してしまったときほど、手痛いミス・大失敗があったという記憶が。。

 

…さぁ、あなたは今「人生の岐路」に立っています。

 

片方の道には、飽きっぽい性格を活かすことなく、ご自身のキャリア人生に絶望する “真っ暗な未来” が。

 

もう一方には、もともとの好奇心の高さを最大限に発揮し、自他ともに貢献し合える “希望ある未来” が。

 

あなたが望むのは、どちらのルートでしょうか?

 

このさきの運命を変えられるかどうかは、すべて今この瞬間の『あなた自身の選択 次第』

 

でも、大丈夫。

 

ここまで、わたしの話を傾聴するという『行動』に起こせた あなたなら、きっと人生を明るくしていけるはずですから。

 

わたしは、そう信じます。

 

にゅー
にゅー

あなた自身の手で、未来を掴んでいきましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました