【体力的に続かない】仕事のスタミナが持たない…→2つの対処法で【科学データをもとに解決】

【体力的に】仕事が続かない

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

もう限界…会社に行くのがツラい…。

体力的にキツいせいで、これ以上 仕事が続けられない気がする…スタミナが持たないよ。。

職場でのプレッシャーが増えて、メンタル・気力的にも続かないし…毎日が苦痛すぎて。。

家に帰ったらベッドに倒れ込むだけの日々…こんな生活、どこかで絶対にガタが来るはず。。

将来が不安…どうしたらいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【もう無理】体力的に仕事が続かない…→克服策は『現状の分析』⁉︎
▶︎科学的な「2つの打開策」で【すべて解決】詳細は記事の後半にて

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【体力的に続かない】仕事のスタミナが持たない…→2つの対処法で【科学データをもとに解決】

【もう無理】体力的に仕事が続かない…→エネルギー不足を克服する『現状の分析』とは⁉︎

 

【注意】本記事では、あなたの仕事の悩みを解消すべく、科学的なエビデンスをもとに、改善策を発信していきます。

 

きっと、大丈夫
あなたの苦悩は、かならず解決できますから

 

わたしと一緒に、対策していきましょう。

 

 

さて、さきに結論ですが「体力的に仕事が続かない…エネルギーが持たない…」を解決するカギは、『現状の分析』にアリ

 

↓以下のようなイメージで、あなたが直面している「スタミナ不足の問題」にフォーカスし、原因を探っていくのが吉ですよ。

 

ビジネスマン②
ビジネスマン②

さいきん気力・体力的に仕事を続けるのがキツくなってきた。。…そういえば、この頃まったく運動もしてないし、心肺 機能が下がってるのかも…?それに、ストレス フルな職場だから、メンタル的にも追い込まれがちだし。。

 

じつは、心理学の研究によると、問題点を “より具体的に” 把握できる人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

・問題 解決力がアップ
・ストレス抵抗力がアップ
・不安感、イライラ感が改善
・ネガティブ、マイナス思考が改善…など

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、懸念点を “より客観的に” 見きわめられる人のほうが、ストレスに強く、問題に対処しやすくなるのですね!

 

そこで、↓以下8つを参照して「仕事が続かない理由」に目を向け、ヘトヘトにさせられる原因を見つけるのがオススメ。

 

・サービス残業が多く、力量を超えた仕事量に圧倒されている
・体育会系の仕事スタイルについていけず、疲労が蓄積している
・立ちっぱなしの肉体 労働なせいで、過剰に体力を奪われている
・外回りや出張が多いせいで、筋肉痛になるレベルのハードさがある

 

・顧客のクレーム対応に追われ、体力・気力ともに限界を感じている
・職場での対人 関係が悪く、上司・先輩への気疲れがメンタル的にキツい
・業務がルーティン ワークばかりで、やりがいや情熱を感じられずにいる
・深夜 残業や休日 出勤が常態化していて、シンプルに働くのがしんどい…など

 

断言できます。

 

あなたの「体力的に仕事がしんどくて…」を解決する “さいしょの一歩” は、環境を見直す『状況の分析』にあると。

 

【科学の真実】体力 不足=仕事が続かない原因⁉︎

 

とはいえ、↓以下のような考えもあるかもしれません。

 

上司
上司

エネルギーが持たないなら、合間を見つけて筋トレするなり、体力をつける運動をすればいいだろう! 人間は年を取るにつれてスタミナが減っていくんだから、日々の業務量に耐えられるよう対策すべき!「仕事が続かない…」なんて、甘えだ!

 

かなり手厳しい意見ですが、、たしかに↑上記にあるとおり、あまりにも体力が無さすぎると、そもそも働くこと自体が困難に。

 

たとえば、空になったバケツを逆さにしたところで、ぜったいに水は流れ出てきませんよね。

 

反対に、生理学や脳科学の研究によると、↓以下のエクササイズを習慣にしている人ほど、仕事パフォーマンスも高まるのだそう。

 

▶︎体力がアップする運動
・水泳
・ジョギング
・サイクリング
・ウォーキング
・筋力トレーニング…など

(参考文献:『BRAIN 一流の頭脳』『ジムに通う人の栄養学 スポーツ栄養学 入門』)

 

さらにいうと、定期的に身体を使ったスポーツをすることで、↓以下の “好循環” が生まれやすくなることも分かっています。

 

①習慣的な運動で睡眠の質がアップ

体力的な疲れが回復しやすくなる

①に戻る…

 

となれば、仕事を長続きさせるコツは、何よりも「習慣的なエクササイズ」を取り入れて、体力をつけることにアリかも。

 

…しかし、です。

 

ただ一方で、そもそも仕事の体力が続かない原因が、いまの職場 環境の「劣悪さ」にあるとしたら…どうでしょうか?

 

科学データでも証明されていますが、どれだけ体力をつけても、メンタル的なストレスが大きすぎれば…元の木阿弥です。

 

「メンタル × 身体」は互いに影響し合っているので、精神的な負担が過剰になると、肉体面でもガタが生じやすくなることに。。

 

まさに “焼け石に水” ですよね。

 

【すぐに実行 可能】6つのストレス対策とは?

 

そこで、いま優先すべきは「ストレス対策」。

 

効果的な改善策を実行することで、体力的・メンタル的な負担を発散させるのが吉です。

 

具体的には、↓以下のとおりですね。

 

・とにかく気が済むまで寝る
・没頭できる趣味を見つける
・有給を使ってプチ旅行に行く
・友だちと遊んで気分 転換する
・感動できる映画を観てリフレッシュ
・ひとりカラオケに行って大声で熱唱…など

 

とくに、好きなこと・得意なことに熱中する時間を作ることは、モチベーションの改善にも つながるので “一石二鳥” 。

 

…しかし、です、

 

たしかに、↑上記のストレス対策は効果的ですが、、残念ながら根本的な問題 解決としては期待できません。

 

…ここで1つ、想像してみてください。

 

体力的に続かないせいで、スキル・キャリア アップの機会も奪われ、ストレスだけが溜まっていく “不幸すぎる未来” を。

 

毎日しんどい思いをしながら、失業や収入の低下、それから失業のリスクといった脅威におびえ続ける “悲痛の末路” を。

 

「そんな人生、あまりにも苦痛すぎる…」。

 

「現状から抜け出して、もっと楽しい日々を送りたい」。

 

…そう思いませんか?

 

そこで、このさきでは「体力的に仕事が続かない…」を脱却すべく、科学的な「2つの打開策」を紹介していきます。

 

▶︎マイナス感情の暴露
▶︎いくつもの解決策を持つ

 

にゅー
にゅー

「スタミナが続かない…体力的に、働くのがキツい…」と苦しむときこそ、科学を味方に対処していきましょう!

 

【科学で克服】体力が続かない…→「仕事のバイタリティ」を回復させる【2つの打開策とは?】

 

さて、1つ目に解説するのは『マイナス感情の暴露』について。

 

…ここで1つ、あなたに質問させてください。

 

パワハラ上司から受ける精神的なストレスを、きちんと吐き出せているでしょうか?

 

あるいは、仕事が続かないという心の葛藤を、しっかり口に出して発散できていますか?

 

じつは、心理学の研究によると、定期的にネガティブ感情をと吐露できる人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

・不安や焦りが減少
・ネガティブ思考が減少
・イライラしにくくなる
・モチベーションがアップ
・ストレス抵抗力がアップ
・ポジティブ気分がアップ
・感情コントロール力がアップ
・再 就職率が “27.3%→68.4%” に改善

(参考文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』『サーチ・インサイド・ユアセルフー仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法『後悔しない超 選択術』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、習慣的に仕事のグチ・不満を解消できる人のほうが、メンタルが安定し、転職成功率も “約2.5倍” アップする傾向に!

 

たとえるなら、心の内に溜まったマイナス思考を暴露することは、パンパンに張った風船を “ガス抜き” するようなもの。

 

「メンタルの問題 ≒ 身体的な問題」ですから、まずは精神的なストレスを発散させることに注力するのが吉ですよ。

 

↓以下の記事では、 “超” 手軽にできる『エクスプレッシブ ライティング』という技法についても、くわしく解説しています。

 

ぜひ ご覧くださいね。

 

(まとめ記事へのリンク)

 

【科学が実証】『いくつもの解決策』を持つべし!

 

さて、さいごは『いくつもの解決策を持つ』について お話します。

 

そして、ここから先がメインテーマ。

 

あなただけに打ち明けますが、、「仕事が続かなくて…」を克服できない人の97〜99%には、共通の “失敗パターン” が。

 

それは、「働きかたの問題を解決する方法は、たくさん世のなかにある」という事実に気付いていないこと。

 

分かりやすくいうと、1つの職場に留まることが前提になってしまい、ほかの選択肢を考慮できなくなっている。

 

シンプルに、視野が狭くなっているのですね。

 

…キツい言い方で、すみません。

けれど、真実です。

 

その証拠に、臨床 心理学の研究によると「強いストレス状態にあるときほど、問題 解決力がダウンしやすい」のだそう。

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

専門的には『視野 狭窄(しや きょうさく)』とか『ネガティブ バイアス(悲観的な見方)』などと呼ばれる心理 傾向ですね。

 

残念なことに、、精神的なストレスや身体的な疲れがあるときほど、かえって課題に対処できなくなってしまうのですね。。

 

反対に、べつの研究データによると「いくつもの解決策を検討できる人ほど、問題 対処力がアップしやすい傾向」に。

(参考 文献:『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』『無理なく限界を突破する心理学 突破力』)

 

専門的には『クリティカル シンキング』『批判的な思考法』と呼ばれるテクニックです。

 

かんたんにいうと、選べる対処法は “多いに越したことはない” のです。

 

そこで、↓以下のような方法で「選択肢を広げる」のも一手ですね。

 

・在宅ワークが可能な仕事を探す
無料の支援サービスを活用してみる
・親しい友人、知人に現状を相談する
・電車 通勤がない仕事を検討してみる
・スキル アップや資格 関連の本を読む
・個人ビジネスや副業についてリサーチ…など

 

にゅー
にゅー

「仕事が長く続かない…もう体力的に限界…」と悩むいまこそ、科学データを参考に行動していきましょう!

 

【まとめ】体力・気力的に仕事が長く続かない…→たった1つの解決策は【あなた自身の行動】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話をきいてくれた あなたに、心から感謝を。

本当にありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「現状 維持に留まるデメリット」について。

 

研究データによると、行動を先延ばしにしがちな人ほど、キャリア選択に失敗し、将来の年収が下がりやすいのだそう。

(参考 文献:『なぜヒトは先延ばししてしまうのか』)

 

…さぁ、頭のなかで想像してみてください。

 

重要な決断を後回しにして、じぶんの仕事キャリアに絶望していく “暗すぎる未来” を。

 

周りの家族や友人、それから人生のパートナーにすら見放され、孤独と孤立にさいなまれ続ける “苦痛な末路” を。

 

あなたを窮地から救い出してくれるのは、たった1つ『あなた自身の行動』だけ。

 

でも、だいじょうぶ。

 

ここまで、わたしの話を傾聴してくれた聡明な あなたなら、きっと明るい運命へと変えていけるはずですから。

 

にゅー
にゅー

わたしは、そう強く信じています!

 

さあ、前向きな未来にしていけるかどうかは、すべて今このときの『あなた自身の選択 次第』

 

人生の決定権は、あなたの手の中にありますよ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました