【辛い】仕事が続かない…→長続きしない苦痛・悩みを解決策2選で【科学データをもとに解決】

【辛い】仕事が続かない

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む女性
仕事に悩む女性

もうイヤだ…仕事が続かなくて辛い…。

職場の対人 関係が苦痛すぎて、会社に行くのが怖い…これ以上、親を悲しませたくないのに。。

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

貯金も資産もないから働かなきゃなのに…それに、ひとり立ちできる生活力も身につけなきゃ。。

このさき、どうしたらいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【断言】続かない仕事が辛い…→長続き対策は『自己 卑下の回避』⁉︎
▶︎科学的な「2つの突破口」で【すべて解決】くわしくは記事の後半

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【辛い】仕事が続かない…→長続きしない苦痛・悩みの打開策2選で【科学データをもとに解決】

【断言】続かない仕事が辛い…→長続き対策は『自己卑下の回避』に⁉︎【データありで解説】

 

【必読】本記事では、あなたの仕事の悩みを解決すべく、科学的なエビデンスもとづいて、克服策を発信していきます。

 

だいじょうぶ。
あなたの苦しみは、きっと解消できますよ。

 

わたしと一緒に、対策していきましょうね。

 

 

さて、さきに結論ですが「仕事が続かない…長続きしなくて辛い…」を解決するポイントは、『自己 卑下の回避』

 

というのも、自責の念に囚われることが、あなたの「仕事が続かない原因」になっている可能性 “大” だから。

 

…ここで1つ、ご自身について振り返ってみてください。

 

「周りに迷惑かけてばかりで、じぶんはダメ人間…」といった感じで、自己 否定に陥っていないでしょうか?

 

あるいは「人見知りでコミュ障だから、長続きしないんだ…」と、ご自分の性格をネガティブに捉えていませんか?

 

じつは、心理学の研究によると、自尊心(自信)を失いやすい人ほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだそう。

 

▶︎人間 関係のデメリット
・家庭が崩壊しやすくなる
・友だち関係が壊れやすくなる
・パートナーと破局しやすくなる
・他人を信じられなくなる(or 盲目的になる)…など

 

▶︎仕事面のデメリット
離職率が悪化
・労働 生産性がダウン
・業務パフォーマンスがダウン
・キャリア選択に失敗しやすくなる
・昇進、昇給の機会を得られなくなる
・職場で「無能」だと誤解されやすくなる…など

 

▶︎心理・身体的なデメリット
・抑うつ気分が悪化
・早死にリスクが悪化
・不安、恐怖心が悪化
・ネガティブ思考が悪化
・ストレス抵抗力が悪化
・自暴 自棄になりやすくなる
・完璧 主義になりやすくなる
・自己 否定、自己 嫌悪に陥りやすい…など

(参考 文献:『パーソナリティーを科学する 特性5因子であなたがわかる』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、自己 嫌悪に悩まされやすい人ほど、キャリア選択・職場の人間 関係・心身の健康レベルすべてに悪影響が。。

 

たとえるなら、自己 批判で みずからを苦しめることは、わが家を土足で踏み荒らすようなものです。

 

美しいモデル ルームのような部屋だったとしても、土まみれになっては “台無し” ですよね。

 

精神的に強くなるには時間がかかりますが、自己 卑下を止めて「自尊心を低下させないこと」は、いますぐ実行 可能。

 

そこで、です。

 

自信をつけてメンタルを強化させるより、これ以上「自信を失わないこと」にフォーカスするのが吉ですよ。

 

ご注意ください。

 

ご自身の心を自己 否定で傷つけるほど、あなたの将来のキャリアが失われる危険アリですので。

 

【科学が保証】「長続きしない原因」を明確化せよ⁉︎

 

そして、もう1点。

 

「仕事が続かなくて辛い…」を解決するには、あなたが直面している『問題点の分析』に努めるのも一手です。

 

↓以下のイメージですね。

 

ビジネスウーマン
ビジネスウーマン

いっつも「職場の人間 関係」に苦しんでばかり…他人との関わりが怖くて、仕事が続かない。。

社内で「ジャマ者 扱い」されるのが辛すぎて…ほかの社員とコミュニケーション取るのが苦痛で。。

 

というのも、心理学の研究によると、原因を “より具体的に” 認識できる人ほど、↓以下のメリットを受けやすい傾向に。

 

・マイナス思考が改善
・問題 解決スキルが改善
・不安、イライラ感が改善
・ストレス抵抗力がアップ…など

(参考 文献ー『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、仕事が続かない理由を明確化できる人ほど、メンタルが安定し、苦境を乗り切れるようになるのですね!

 

たとえるなら、問題を明らかにできないまま働くことは、姿の見えない お化けを相手に戦うようなものです。

 

…さぁ、イメージしてみてください。

 

姿の見えない “敵” に、どうして対抗できるでしょうか?

 

そこで、↓以下のを参考にしつつ、あなただけの「長続きできない原因」を特定するのがオススメですよ。

 

【ランキング6選】仕事が続かないのは、なぜ?
・仕事にやりがいや情熱を見出せず、働く意味を見失っている
・性格的に「人間ギライ」な一面があり、見知らぬ人との関わりが苦痛
・他人とのコミュニケーションが苦手で、職場で孤立しやすい傾向アリ
・飽きっぽいタチが災(わざわ)いして、おなじ職場に居続けるのが辛い
・「仕事場の関係」と割り切るのがニガテで、他人との温度差を感じてしまう
・「正社員の仕事」という重圧に負け、社会的なプレッシャーに耐えられない…など

 

とくに、わたしのような「HSP気質」を持つ場合は、会社のストレス フルな人間 関係で疲れやすい傾向に。。

 

断言できます。

 

あなたの「仕事が続かない…毎日が辛い…」を克服するファースト ステップは、『問題の明確化』にアリですよ。

 

【真実】若いころの転職 経験=将来のキャリア アップ⁉︎

 

ただ一方で、↓以下のような意見もあるかもですね。

 

上司
上司

社会人にもなって「仕事が長続きしない」だなんて、、気持ちが弱すぎる! ただの甘え!

もう子どもじゃないんだから、ビジネスで通用する忍耐力をつけて然るべきだぞ!

 

かなりキツい言い分ですが、、たしかに↑上記にあるとおり、わたしたち労働者に求められるスキルの1つが「継続力」。

 

いまの会社を辞めて再就職するにしても、かならず採用 面接で「早期 退職した理由」をツッコまれますよね。

 

となれば、ここは1つ「給与=苦痛のガマン料」と考えなおして、お金のためと割り切って働くのも一手かも。

 

…しかし、です。

 

ただ一方で、20〜30代のうちに “転職を重ねるメリット” もまた、、あるように思いませんか?

 

その証拠に、組織 心理学の研究によると、キャリア早期に複数の転職を経た人ほど、↓以下のメリットを受ける傾向に。

 

・将来の収入がアップ
・組織の重役に就ける確率が “約9倍” アップ…など

(参考 文献:『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、若いうちに多種 多様な職場を経験した人のほうが、後々にキャリア的・経済的な成功を掴みやすいのですね!

 

なので、半年や1年そこらで仕事を辞めたことは、将来に役立つ「チャレンジ」として、ポジティブに捉えるのが吉。

 

どうか、悲観的にならないでください。

 

むしろ、気をつけるべきは「仕事が続かなくて…」という “負い目” を理由に、あなた自身のメンタルを悪化させないこと。

 

冒頭で お話したとおり、自己 卑下や自己 否定こそが、あなたの可能性を閉ざす “落とし穴” なのですから。

 

…ここで1つ、冷静に考えてみてください。

 

現代は「寿命100年」とも言われ、男女ともに “共働き” が当然とされる厳しい時代。

 

あえて悪い言い方をすると、女性は「結婚という逃げ道」が使えず、男性は「死ぬまで働くこと」が強要されています。

 

そして、想像してみてください。

 

長続きできる仕事も見つからないまま、低賃金・低収入へと追いやられていく “辛い未来” を。

 

…そんなキャリア人生、あまりにも苦痛だと思いませんか?

 

そこで、このさきでは「仕事が続かないせいで、毎日が辛い…」を解消すべく、科学的な「2つの突破口」を解説

 

▶︎セルフ コンパッション
▶︎選択の幅を広げる

 

にゅー
にゅー

「どの会社も長続きしない…生きるのが苦しい…」と苦しむときこそ、科学を味方に対策していきましょう!

 

【克服】仕事が続かない…→辛い現状から脱出するには?科学的な2つの突破口で【すべて解決】

 

さて、1つ目に お話するのは『セルフ コンパッション』についてです。

 

意味的には「じぶんへの優しさ」とか「みずからを受け入れる心」などといった感じですね。

 

じつは、脳科学・心理学の研究によると、じぶんに思いやりを向けられる人ほど、↓以下のメリットを受けやすい傾向に。

 

・自制心が改善
・共感性が改善
・衝動性が改善
・やる気がアップ
・抑うつ気分が改善
・ネガティブ思考が改善
・モチベーションが改善
・ストレス抵抗力がアップ
・仕事(学習)成績がアップ
・自己コントロール感がアップ
・「成長に繋がる努力」をしやすくなる
・自己 否定、自己 嫌悪に陥りにくくなる…など

(参考 文献:『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、ありのままの自分を受け止められる人ほど、メンタルが安定し、仕事の成果も上がりやすくなるのですね!

 

反対に、社内の「デキる人」と比べたり、職場の「優秀な上司・先輩」と比較しがちな人ほど、メンタルが悪化しやすい。

(参考 文献:『新編 社会心理学 改訂版』)

 

専門的に『上方 比較(じょうほう ひかく)』とか『社会的 比較』などと呼ばれる心理 傾向ですね。

 

たとえるなら、あなた自身に思いやりを向けてあげることは、キレイな花を咲かせるべく “水やり” をするようなもの。

 

きちんと世話をしてあげないと、どんな美しい花も枯れてしまいますよね。

 

↓以下の記事では、転職 成功率を “3.7倍” アップさせる『感情の吐き出し』という手法について、あわせて解説。

 

また、認知 行動療法でも利用される『価値観の再設計』についても、科学データとともに紹介しています。

 

ぜひ ご参考くださいね。

 

 

【科学が証明】『選択肢の幅』を広げよ!

 

さて、さいごは『選択の幅を広げる』について お話します。

 

そして、ここからが本題。

 

あなただけに打ち明けますが、、「仕事が続かなくて…」を克服できない人の9割 以上には、共通の “失敗パターン” が。

 

それは、「じぶんの手で選べる解決策は、世のなかに数多くある」という事実に気づいていないこと。

 

いいかえると、職場ストレスに追い込まれているせいで、ほかの選択肢に目を向けられなくなっている。

 

かんたんにいうと、視野が狭くなっているのですね。

 

…ストレートな言い方で、すみません。

けれど、確かな真実。

 

その証拠に、臨床 心理学の研究によると「ストレス状態にあるときほど、問題 解決力が下がりやすくなる」のだそう。

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

専門的には『視野 狭窄(しや きょうさく)』と呼ばれる心理 傾向ですね。

 

残念なことに、、マイナス思考に囚われているときほど、かえって現状から抜け出せなくなってしまうのですね。。

 

でも、だいじょうぶ。

どうか、希望を捨てないでください。

 

じつは、べつの研究データによると「いくつもの対抗策を考えつける人ほど、問題 対処スキルが改善しやすい傾向」に。

(参考 文献:『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』『無理なく限界を突破する心理学 突破力』)

 

専門的には『クリティカル シンキング(批判的な見方)』と呼ばれる思考法です。

 

たとえるなら、複数の選択肢を手にすることは、ラスボスに立ち向かうべく “たくさんの仲間” を味方にするようなもの。

 

そこで、↓以下のような方法で「選択の幅を広げる」のも一手ですね。

 

・キャリア関連の本を読む
・スキル アップの勉強を開始
・経験を活かして副業を始める
・興味ある職種、業界をリサーチ
・職業カウンセリングを試してみる
・無料の支援サービスを利用してみる…など

 

…さぁ、頭のなかでイメージしてみてください。

 

辛い毎日から脱すべく “打開の一手” を手にした あなたが、会社の束縛から解放される「安心できる未来」を。

 

にゅー
にゅー

「仕事が続かないせいで、生きるのが辛い…」と感じるいまこそ、科学データを参考に動いていきましょう!

 

【まとめ】仕事が続かない…→辛い毎日から卒業する脱出法とは?【答:あなた自身の行動】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話をきいてくれた あなたに、心から感謝を。
本当にありがとう。

 

さいごに1つだけ、性格 心理学の研究から「周りに流されるデメリット」について。

 

研究データによると、周囲の意見に同調しがちな「協調性の高い人」ほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだそう。

 

・昇進、昇格率が悪化
・将来的な収入が ”約100万円“ もダウン
・会社 組織で管理職、重役に就ける確率がダウン
・社会的な財務 信用度(クレジット・スコア)がダウン…など

(参考 文献:『パーソナリティーを科学する 特性5因子であなたがわかる』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、他人の考え・価値観に同調してしまいがちな人ほど、経済的・キャリア的に失敗しやすい傾向に。。

 

なので、世間で言われる「3年はガマン」「最低2年」といった意見を受け入れるほど、将来には “暗い未来” が。。

 

…さぁ、頭のなかでイメージしてみてください。

 

このまま、合わない会社に残りつづけ、現状 維持に甘んじて “不幸な未来” に絶望するのか。

 

それとも、勇気を振りしぼって行動し、あなただけキャリアを手にする 希望の未来” を望むのか。

 

あなたが欲しいのは、どちらの人生でしょうか?

 

だいじょうぶ。

 

ここまで、わたしの話に耳を貸してくださった聡明な あなたなら、ぜったいに前向きな運命へと変えていけるはず。

 

わたしは、そう信じます。

 

にゅー
にゅー

このさきの未来を変えられるかどうかは、すべて今このときの『あなた自身の選択しだい』ですよ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました