【原因は人間関係?】仕事が続かない…→長続きのカギ+対策2選で【科学データありで解決】

【人間関係】仕事が続かない

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

もう限界…会社に行くのが怖い。。

人間 関係が原因で、どの仕事も長続きできない…上司のキツい態度が気になって、毎日ストレス。。

仕事に悩む女性
仕事に悩む女性

悩みを打ち明けられる人もいないし、苦痛を溜め込んでばかり…もう、精神的に耐えられない。。

どうしたらいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎人間関係で仕事が続かない…→改善策は『自己 批判の回避』にアリ⁉︎
▶︎科学的な「2つの打開策」で【すべて解決】※詳細は記事の後半にて

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【原因は人間関係?】仕事が続かない…→長続きのカギ+対策2選で【科学データありで解決】

【辛い】人間関係で仕事が続かない…→現状から抜け出すコツは『自己批判の回避』⁉︎

 

【必読】本サイトでは、あなたの仕事の悩みを解決すべく、科学的なエビデンスをもとに、改善策を発信していきます。

 

だいじょうぶ。
あなたの苦痛は、きっと取り除けますから。

 

わたしと一緒に、克服していきましょうね。

 

 

さて、さきに結論ですが「人間 関係が原因で、仕事が長続きしない…」を解決するキーワードは、『自己 批判の回避』

 

…ここで1つ、ご自身について振り返ってみてください。

 

「仕事が続かないなんて、ダメ人間すぎて…」といった感じで、ご自分を責め立ててはいないでしょうか?

 

あるいは、会社の上司や先輩からの評価を気にして、ご自身のネガティブな面にばかり目を向けていませんか?

 

…もしも、答えが「Yes」なら、、要注意です。

 

じつは、心理学の研究によると、自己 否定・自己 嫌悪をしがちな人ほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだそう。

 

▶︎職業的なデメリット
離職率が悪化
・社内の生産性が悪化
・労働パフォーマンスがダウン
キャリア選択に失敗しやすくなる
・昇進、昇給の機会を逃しやすくなる
・職場で「無能」だと誤解されがちになる…など

 

▶︎メンタル的なデメリット
・抑うつ気分が悪化
・早死にリスクが悪化
・ネガティブ思考が悪化
・不安感や恐怖心が悪化
・ストレス抵抗力がダウン
・自暴 自棄になりやすくなる
・完璧 主義に陥りやすくなる
・自己 批判や自己 嫌悪が悪化…など

 

▶︎対人 関係のデメリット
・家庭が壊れやすくなる
・恋人との破局リスクが悪化
・友人 関係が崩壊しやすくなる
・ほかの人を信じられなくなる(or 盲目的になる)…など

(参考 文献:『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』『パーソナリティーを科学する 特性5因子であなたがわかる』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、自尊心(自信)を喪失させやすい人ほど、メンタルの安定・人間 関係・仕事キャリアすべてに悪影響が。。

 

たとえるなら、厳しい自己 批判を向けることは、わが家を土足で踏み荒らすようなもの。

 

ご注意ください。

 

強い自責の念にとらわれるほど、あなたの将来が閉ざされる危険“大” ですので。

 

【事実】現実 逃避=問題 悪化の原因⁉︎

 

ご注意ください。

 

ここだけの話、、わたしたちが抱える問題の多くは、目の前の現実から「目を背けること」で悪化する場合が ほとんど。

 

その証拠に、心理学の研究によると、問題点を “客観的に”  認識できない人ほど、↓以下のデメリットを受ける傾向に。

 

・問題 解決力がダウン
・ネガティブ思考が悪化
・ストレス抵抗力が悪化
・不安感、イライラ感が悪化…など

(参考 文献ー『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、懸念点から目を逸らしやすい人ほど、ストレス状態が悪化し、課題に対処できなくなるのですね。。

 

たとえるなら、原因を明らかにできないまま働くことは、姿の見えない亡霊を相手に戦いつづけるようなもの。

 

その反対に、あなたを苦しめる “敵” が明確化できれば、シッカリと対策できるように思いませんか?

 

なので、仕事が続かなくて悩んでいるいまこそ、シッカリご自身と向き合うのが吉。

 

…とはいえ、ご自分の本心と対峙(たいじ)するのは、ツラい作業かもしれません。

 

認めたくない「イヤな感情」とも、真正面から立ち向かわないといけないですから。

 

しかし、長続きしない原因が「人間 関係の問題」と「自信の低下」にあるのなら、きちんと自己 分析するのがオススメ。

 

そこで、↓以下6つを参考にしつつ、あなたが直面している「仕事の問題」にフォーカスしてみてくださいね。

 

【6選】人間 関係の問題
・承認 欲求から離れられず、上司や先輩からの評価を気にしすぎている
・ほかの人から嫌われることを恐れ、人との関わりに萎縮してしまっている
・過去の経歴や体験に引きづられ、対人コミュニケーションに不和が生じている
・業務ミスや失敗を連発したとき、他人から怒られることを過剰に怖がっている
・ヒソヒソ話を「じぶんへの悪口・陰口」だと思い込み、精神的に落ち込みやすい
・ビジネス場面に特有の「ピリピリした空気」が苦手で、うまく人と付き合えない…など

 

断言できます。

 

あなたの「対人 関係の問題で、仕事が続かなくて…」を解決する第一歩は、『原因の明確化』にアリですよ。

 

【悲報】仕事ストレスを抱え込むデメリットとは?

 

ただ一方で、↓以下のような考えもあるかもしれません。

 

上司
上司

社会人にもなって「仕事が長続きしない」なんて、、甘ったれにも程があるぞ!

社会に出たら、みんなツラい思いをしながら働くものだ! 忍耐力がないままだと、このさき大変だぞ!

他人の顔色ばかり伺ってないで、まずは目の前の仕事に集中!人間 関係なんて、どの職場でも一緒

 

かなりキツい意見ですが、、たしかに↑上記にあるとおり、会社員に要求されるものの1つが、仕事における「継続力」。

 

だれしも「自分がイチバンかわいいもの」ですが、ときには言いたいことをガマンして、苦痛に耐え忍ぶことも必要。

 

となれば、ここは「仕事=給料をもらう手段の1つ」と割り切って、お金を稼ぐこと “だけ” にフォーカスするのも一手。

 

…しかし、です。

 

ただ一方で、本音を口にできないまま、マイナス感情を溜め込む “リスク” もまた、、あるように思いませんか?

 

その証拠に、心理学の研究によると、仕事のグチや不満を抱えやすい人ほど、↓以下のデメリットを受けやすい傾向に。

 

・不安や焦りが悪化
・マイナス思考が悪化
・イライラしやすくなる
・モチベーションが悪化
・ストレス抵抗力がダウン
・ポジティブ気分がダウン
・感情コントロール力が悪化
・再 就職率が“68.4%→27.3%” に悪化

(参考文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』『サーチ・インサイド・ユアセルフー仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、職場ストレスを吐き出せずにいる人ほど、メンタルが悪化し、 “約2.5倍” も転職にミスりやすくなるのですね。。

 

たとえるなら、ネガティブ感情を溜め込むことは、ダムを決壊 寸前にまで追い込むようなもの。

 

…さぁ、想像してみてください。

 

このさき40〜50年 以上にわたり、職場の人間 関係に苦しみつづける “苦痛の毎日” を。

 

安心して勤められる職場も見つからないまま、低賃金・低年収へと落ちていく “暗い未来” を。

 

…そんなキャリア人生、あんまりだと思いませんか?

 

そこで、このさきでは「人間関係が原因で、仕事が続かない…」から脱すべく、科学的な「2つの打開策」を解説

 

▶︎セルフ コンパッション
▶︎選択の幅を広げる

 

にゅー
にゅー

「職場の対人 関係がツラい…長続きできない…」と苦しむときこそ、科学を味方に対策していきましょう!

 

【克服】人間関係が原因で仕事が続かない…→苦痛から抜け出す【科学的な2つの打開策とは?】

 

さて、1つ目に紹介するのは『セルフ コンパッション』についてです。

 

意味としては「じぶんを受け入れる心」とか「自分 自身への優しさ」といった感じ。

 

じつは、臨床 心理学の研究によると、ありのままを受け止められる人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

・自制心が改善
・衝動性が改善
・やる気が改善
・共感スキルが改善
・抑うつ気分が改善
・ネガティブ思考が改善
・モチベーションが改善
・ストレス抵抗力がアップ
・仕事(学習)成績がアップ
・自己コントロール感がアップ
・「成長に繋がる努力」をしやすくなる
自己 否定、自己 嫌悪に陥りにくくなる…など

(参考 文献:『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、あるがままの自分を受容できる人ほど、ストレス状態が改善し、自責の念で苦しみにくくなるのですね。

 

たとえるなら、みずからを思いやってあげることは、キレイな花を咲かせるべく “お世話” をするようなもの。

 

どれだけ美しい花でも、きちんと水やりをしないと、枯れてしまいますよね。

 

ちなみに、社会 心理学の研究によると、他人との比較で苦しみやすい人ほど、ストレス状態が悪化する傾向に。

 

専門的には『上方 比較(じょうほう ひかく)』とか『社会的 比較』などと呼ばれる心理ですね。

(参考 文献:『新編 社会心理学 改訂版』)

 

なので、職場の「デキる社員」と比べたり、上司からの評価を気にしがちなほど、かえってメンタルが悪くなりやすい。

 

なので、コンプレックスや劣等感を刺激されたときこそ、ありのままを受け止める『セルフ コンパッション』が効果的。

 

くわしくは↓以下の記事で お話していますので、ぜひ ご覧くださいね。

 

 

【科学が実証】『選択肢の幅』を広げるべし!

 

さて、さいごには『選択の幅を広げる』についてです。

 

そして、ここからさきが本題。

 

あなただけに暴露しますが、、「仕事が続かなくて…」を克服できない人の9割 以上には、1つの “失敗パターン” が。。

 

それは「じぶんに選べる解決策は、たくさん世の中にある」という事実に気づけていないこと。

 

…ここで1つ、ご自身について思い返してみてください。

 

「ほかの職場に移っても、どうせ同じことの くり返しだし…」と、さいしょから希望を捨ててしまっていませんか?

 

あるいは「いまの会社を辞めても、再就職できる保証なんて…」と、マイナス思考に陥っていないでしょうか?

 

じつは、臨床 心理学の研究によると「強いストレス状態にあるときほど、問題 解決力がダウンしやすい」のだそう。

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

専門的には『視野 狭窄(しや きょうさく)』とか『ネガティブ バイアス(悲観的な思考)』などと呼ばれる心理ですね。

 

残念なことに、、わたしたちは仕事ストレスを受けているときほど、かえって困難に立ち向かえなくなってしまう。。

 

でも、だいじょうぶ。

どうか、希望を捨てないでください。

 

というのも、ほかの研究によると「いくつもの選択肢を検討できる人ほど、問題 解決スキルがアップする傾向」に。

(参考 文献:『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』『無理なく限界を突破する心理学 突破力』)

 

専門的には『クリティカル シンキング』とか『批判的な思考』などと呼ばれるテクニックです。

 

分かりやすくいうと、複数の解決策・打開策を持てる人ほど、苦境から抜け出せるようになるということ。

 

そこで、↓以下のように「べつの視点・考え方」で、キャリア選択を捉え直してみるのもアリ。

 

「悩み続けるのをやめて、とりあえず行動することに注力すべきかも?」
「義務感でイヤイヤ仕事するんじゃなくて、ワクワクできることを探すべきかも?」
「人ツラい仕事にガマンするのでなく、やりがいを感じられることに注目すべきかも?」

 

あるいは、↓以下の方法を参考に「ほかの選択肢を考慮する」のも一手ですね。

 

・キャリア関連の本を読む
・友人、知人に相談してみる
・職種、業界について研究する
・職業カウンセリングにトライ
・就職、転職イベントに参加する
・無料の支援サービスを利用してみる…など

 

にゅー
にゅー

「人間関係が問題で、仕事が続かない…」と思い悩むいまこそ、科学データを参考に動き出しましょう!

 

【まとめ】仕事が続かない…→人間関係の苦しみから卒業するには?【答:あなた自身の行動】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話をきいてくれた あなたに、心から感謝します。

どうもありがとう。

 

さいごに1つだけ、性格 心理学の研究から「周りの意見に流されるデメリット」について。

 

研究 結果によると、周囲の考えに合わせがちな「協調性が高い人」ほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだそう。

 

・昇進、昇格率がダウン
・将来の年収が”約100万円“ もダウン
・組織内で管理職、重役に就ける確率がダウン
・世間的な財務 信用度(クレジット・スコア)がダウン…など

(参考 文献:『パーソナリティーを科学する 特性5因子であなたがわかる』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、ほかの人の考え・価値観に同調してしまう人ほど、金銭的・キャリア的に失敗しやすいのですね。。

 

なので、世間的な「楽しくない仕事でも、耐えるべき!」という同調 圧力に負けやすい人ほど、職業 選択にミスりやすい。

 

…さぁ、頭のなかで思い浮かべてみてください。

 

周りからの「ありがたくない批判」ばかりに気を奪われ、働く目的・目標すらも見失ってしまう “暗い日々” を。

 

周囲からの「無能」「ダメなヤツ」といったレッテル貼りに疲れ、仕事の自信すら失くしてしまう “悲痛の未来” を。

 

あなたが欲しいのは、どんな人生でしょうか?

 

あなたを苦境から救ってくれるのは、たった1つ『あなた自身の行動』のみ。

 

でも、大丈夫。

 

ここまで、わたしの話に耳を傾けてくださった聡明なあなたなら、きっと前向きな未来へと変えていけるはずですから。

 

にゅー
にゅー

わたしは、そう信じています!

 

このさきの運命を明るくできるかどうかは、すべて今この瞬間の『あなた自身の選択しだい』ですよ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました