【真実】仕事が続かない=クズ?長続きしない原因+2つの打開策で【科学的にすべて解決】

【クズ】仕事が続かない

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む女性
仕事に悩む女性

もう、毎日がツラい…クズな自分が嫌いすぎて。。

どの仕事も長続きしない…もう自立した社会人なのに、4年 以上も続いたためしがない。。

このまま、社会の底辺に落ちていくなんて絶対イヤだ…そんな人生、耐えられないよ。。

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

仕事がうまくいかないせいで、プライベートも楽しめない…公私ともに、人生のドン底だ。。

今のまま、親のスネをかじるなんて論外…クズな自分から卒業して、まともに仕事しなきゃ。。

どうすればいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎仕事が続かないのはクズ?→絶望から脱するコツは『自己 否定の回避』⁉︎
▶︎科学的な「2つの突破口」で【完璧に克服】詳細は記事の後半にて

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【真実】仕事が続かない=クズ?長続きしない原因+2つの打開策で【科学的にすべて解決】

【もう限界】仕事が続かないのはクズか?→絶望から抜け出すコツは『自己 否定の回避』⁉︎

 

【必見】本サイトでは、あなたの仕事の悩みを解決すべく、科学的な根拠にもとづいて、克服策を発信していきます。

 

だいじょうぶ。
あなたの苦しみは、必ず解消できますよ。

 

わたしと一緒に、克服策を学んでいきましょう。

 

 

さて、さきに結論ですが「仕事が続かない自分は、クズなのかも…」を解決するポイントは、『自己 嫌悪の回避』

 

…ここで1つ、ご自身について振り返ってみてください。

 

仕事が長続きしない自分を責めてしまい、鬱々とした日々を過ごしていないだろうかと。

 

あるいは、「会社が続かないなんて、ただのクズ…」といった感じで、自己 否定してないかと。

 

…もしも、答えが「Yes」なら、、要注意。

 

というのも、心理学の研究によると、自信を喪失しやすい人ほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだそう。

 

▶︎仕事面のデメリット
離職率が悪化
・労働 生産性がダウン
・業務パフォーマンスがダウン
・キャリア選択に失敗しやすくなる
・昇進、昇給の機会を得られなくなる
・職場で「無能」だと誤解されやすくなる…など

 

▶︎心理的なデメリット
・抑うつ気分が悪化
・早死にリスクが悪化
・不安、恐怖心が悪化
・ネガティブ思考が悪化
・ストレス抵抗力が悪化
・自暴 自棄になりやすくなる
・完璧 主義になりやすくなる
・自己 否定、自己 嫌悪に陥りやすい…など

 

▶︎人間 関係のデメリット
・家庭が崩壊しやすくなる
・友だち関係が壊れやすくなる
・パートナーと破局しやすくなる
・他人を信じられなくなる(or 盲目的になる)…など

(参考 文献:『パーソナリティーを科学する 特性5因子であなたがわかる』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、自尊心(自信)を失くしやすい人ほど、メンタル的な健康・人間 関係・キャリア選択すべてに悪影響が。。

 

たとえるなら、自己 批判や自己 否定に陥ることは、キャリア選択を失敗させる “落とし穴” のようなもの。

 

ご注意ください。

 

あなたの「仕事が続かなくて…」という悩みは、クズかどうかでなく「自己 嫌悪に陥っていること」に原因アリかも。

 

なので、まず優先すべきは『自己 否定の回避』。

 

「どうせ、自分はクズ人間だから…」という自責の念から解放されることが、仕事を長続きさせる “初めの一歩” ですよ。

 

【事実】仕事を続けるコツ=内発的な動機付け⁉︎

 

…ここで、1つだけ余談をさせてください。

 

じつは、組織 心理学の研究によると、仕事を続けるモチベーションには、↓以下2つのパターンがあるのだとか。

 

▶︎内発的な動機付け
→こころの底から「楽しい!」と思えるタイプ
▶︎外発的な動機付け
→給料や承認 欲求などの「報酬」を求めるタイプ

 

言うまでもなく、内側からヤル気が湧き上がってくる仕事のほうが、モチベーションが長続きしやすい傾向アリ。

 

専門的に『内発的 動機づけ』と呼ばれる心理ですね。

 

…反対に、目先のお金や生活費のために働いているときほど、仕事を続ける意欲が無くなりやすいのだとか。。

 

たとえるなら、他人から与えられる報酬を目的に働くことは、頭にニンジンをぶら下げて走りつづけるようなもの。

 

つまり、あなたが心の底から「楽しい!」「もっとやりたい!」と思えない限り、仕事を長続きさせるのは難しい。。

 

そこでオススメなのが、あなただけの「目標となる人物」を見つけること。

 

人生の手本となる「あこがれの人」を設けて、あなたの内発的モチベーションを引き出す “源泉” にするのがオススメ。

 

その証拠に、心理学の研究によると、人生の師匠となる「メンター」を持つ人ほど、↓以下のメリットを受ける傾向に。

 

・仕事の満足度が改善
離職、退職率が改善
・ストレス抵抗力が改善
・昇進、昇給率がアップ
・将来的な収入が “29%” もアップ
・仕事(学習)成績が “200%” も改善
・起業時のビジネス成功率が “3.5倍” もアップ
・IQ(知能)が “最大22pt” もアップ(※子どもを対象にした研究)…など

(参考 文献:『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、心から尊敬できる人物を持つことで、仕事の継続率がアップし、経済的にも成功しやすくなるのですね!

 

たとえるなら、目標となる「精神的な指導者」を作ることは、キャリアの行き先を示す “コンパス” を持つようなもの。

 

分かりやすくいうと、仕事が続かない原因の1つは、あなたの人生を導いてくれる “憧れの人” がいないことにアリ。

 

なので、もし身近に「お手本になる先輩・上司」がいなければ、積極的にTwitterやインスタなどのSNSを活用するのが吉。

 

断言できます。

 

あなたの内発的なモチベーションを引き出す “人生の師匠” を設けることが、仕事を長続きさせる解決策の1つですよ。

 

【真理】仕事 選びのコツ=自己 理解を深めること⁉︎

 

ここで1つ、あなたに質問させてください。

 

あなたは、ご自身の「仕事の適性」や「向いてる職種・業種」を、シッカリと把握できていますか?

 

…反対に、苦手な分野でチャレンジしていたり、ツラい環境で無理に頑張りつづけていないでしょうか?

 

ここだけの話ですが、、仕事を長く続けるコツの1つは、あなた自身にマッチした「最適な環境」を見つけること。

 

言いかえると、職場とのマッチ率を高めるべく「自己 理解を深めること」が、長続きできるかどうかの “分かれ道” に。

 

その証拠に、組織 心理学の研究によると、合わない職場に居続ける人ほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだそう。

 

・無気力さが悪化
・抑うつ感が悪化
・人生の絶望感が悪化
・ストレス レベルが悪化
・モチベーションが悪化
・仕事パフォーマンスが悪化
・感情コントロール力が悪化
・他人のことを信じられなくなる…など

(参考 文献:『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、仕事とのミスマッチが大きい人ほど、ストレス状態が悪化し、業務 成果も上がりにくくなるのですね。。

 

たとえるなら、向いてない会社にガマンして働くことは、羽を持たない魚が「空を飛ぼう!」と頑張るようなもの。

 

 “適材 適所” とも言われるように、海の生き物は水中で泳いでこそ本領 発揮できるもの。

 

…そう思いませんか?

 

たとえば、性格 心理学の研究によると、開放性(好奇心)が強い人ほど、↓以下の業種・職種に適性があるのだそう。

 

・IT系
・研究職
・芸術やデザイン分野…など

(参考 文献:『パーソナリティーを科学する 特性5因子であなたがわかる』)

 

なので、わたしと同じように「飽きっぽい人」は、好奇心を刺激されるような業界を攻めるのがオススメです。

 

…反対に、飽き性な人が事務・経理といった「ルーティンワークが多い仕事」に就くと、長続きする確率はグッと低下。

 

興味・関心を持てない単純 作業に悩まされ、さいごは「①体調 不良→②会社を退職」というプロセスを辿りかねない。。

 

なので、断言できます。

 

あなたにとって居心地が良い職場を見つけるには、なによりもまず「自己 分析に努めること」が急務なのだと。

 

そして、このさきでは「仕事が続かないなんて、クズすぎる…」を克服すべく、科学的な「2つの突破口」を紹介

 

▶︎価値観の再設計
▶︎撤退ルートの確保

 

にゅー
にゅー

「どの仕事も長続きしない…将来が怖いよ…」と苦しむときこそ、科学を味方に対策していきましょう!

 

【解決】仕事が続かない…→クズな自分と訣別するには?→科学的な2つの突破口で【完璧に克服】

 

さて、1つ目に お話するのは『価値観の再設計』について。

 

…ここで1つ、ご自身について振り返ってみてください。

 

じぶんは、ぜったいに成し遂げたいと思える「人生の夢」や「目標となる生き方」を持っているだろうかと。

 

あるいは、心から追及していきたいと感じる「やりたいこと」や「大切な価値観」があるだろうかと。

 

というのも、心理学の研究によると、生きる目的を明確化できている人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

▶︎職業的なメリット
・注意、集中力が改善
・将来の年収がアップ
・長期的な貯蓄率がアップ
キャリア選択に成功しやすくなる…など

 

▶︎精神的なメリット
・共感力が改善
・社交力が改善
・幸福感がアップ
・恐怖、不安感が改善
・ネガティブ思考が減少
・モチベーションがアップ
・ストレス抵抗力がアップ
・対人 関係が上向きやすくなる…など

 

▶︎身体的なメリット
・抗 炎症作用が改善
・睡眠の質が改善されやすくなる
・ナチュラルキラー細胞が活発化する…など

(参考 文献:『目的の力ー幸せに死ぬための「生き甲斐」の科学』『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』『最高の体調 ACTIVE HEALTH』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、人生の目標を自覚できている人ほど、心身ともに健康的で、仕事キャリアにも成功しやすくなるのですね!

 

たとえるなら、あなたの価値観を見定めることは、ビジネスという海を泳ぐための “羅針盤” を手にするようなもの。

 

「どこに向かって進めばいいのか?」を明らかにする “ガイド ライン” があれば、道に迷わずに済みそうですよね。

 

↓以下の記事では、認知 行動療法でも利用される『ACT』というテクニックを参考に、あなたの価値観を深掘りします。

 

また、自己 嫌悪から抜け出して、自信を回復させる効果アリな『セルフ コンパッション』についても、あわせて解説。

 

ぜひ ご参考くださいね。

 

 

【科学が保証】『万が一の撤退ルート』を確保せよ!

 

さて、さいごには『撤退ルートの確保』について解説。

 

そして、ここからさきが本題です。

 

あなただけに暴露しますが、、「仕事が続かなくて…」を脱却できない人の97〜99%には、1つの “共通点” が。

 

それは、無料 支援サービスの利用という “具体的な脱出ツール” を、キチンと備えられていないこと。

 

…ここで1つ、ご自身について振り返ってみてください。

 

「きっと、どこの職場に行っても上手くいかないに決まってる…」と、じぶんの可能性を狭めていませんか?

 

あるいは「どうせ、どんな仕事でも失敗するだけだし…」と、さいしょから希望を失くしていないでしょうか?

 

じつは、臨床 心理学の研究によると「ネガティブ思考に囚われがちな人ほど、問題 対処力が低下しやすい傾向」に。

(参考 文献:『後悔しない超 選択術』『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

専門的に『ネガティブ バイアス(悲観的な思い込み)』と呼ばれる心理 傾向ですね。

 

残念なことに、、わたしたちはマイナス思考に陥っているときほど、かえって困難に対処できなくなってしまう。。

 

でも、だいじょうぶ。

 

反対に、べつの研究データによると「ストレス状況への対抗 手段を持てる人ほど、逆境を乗り越えやすくなる」のだそう。

(参考 文献:『ネガティブな感情が成功を呼ぶ』『事実はなぜ人の意見を変えられないのか』『悪いヤツほど出世する 日本経済新聞 出版』)

 

専門的に『逆境力』とか『不快 情動(ふかい じょうどう)への耐性』などと呼ばれる心理ですね。

 

ひとことでいうと、苦境から抜け出す “打開の一手” を手にすることが、あなたのキャリアの問題を解決する糸口に。

 

その証拠に、仕事のストレスを克服できるビジネス パーソンは みんな、じぶんだけの “逃げ道” を確保できているもの。

 

みんな口にしないだけで、いつでも「最適な環境」に移れるように、万が一の “退避 手段” を持っているものなのです。

 

なので、断言できます。

 

いまの あなたに必要なのは、不遇な職場から脱するべく ”現実的な逃げの一手“ を備えることなのだと。

 

にゅー
にゅー

「仕事が続かないクズな自分から、抜け出したい…」と感じる今こそ、科学データを参考に動き出しましょう!

 

【結論】仕事が続かない…→クズな現状から卒業するには?→唯一の解決策は【あなた自身の選択】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話をきいてくれた あなたに、心から感謝します。

本当にありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「決断を先延ばしにするデメリット」について。

 

研究データによると、現状 維持に甘んじやすい人ほど、将来的な給料がダウンし、キャリア選択にも失敗しやすい傾向に。

(参考 文献:『ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか』)

 

いま振り返ると、わたしが「あのとき、動きだして正解だった…」と感じるのは、すべて『即断 即決で起こした行動』。

 

逆に、決断に迷って躊躇(ちゅうちょ)してしまったときほど、後々に “最悪の事態” を招いてしまった暗い過去が。。

 

…さぁ、イメージしてみてください。

 

満足した年収・収入も望めないまま、あなた自身のキャリアに絶望する “真っ暗な未来” を。

 

反対に、明るい将来を手に入れるべく、いますぐ動き始める “可能性ある未来” を。

 

あなたが歩みたいのは、どちらの人生でしょうか?

 

だいじょうぶ。

 

ここまで、わたしの話に耳を傾けてくれた懸命な あなたなら、ぜったいに前向きな運命を掴めるはずですから。

 

少なくとも、わたしは そう信じています。

 

にゅー
にゅー

未来を変えられるのは、あなた自身の選択だけですよ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました