【社会不適合?】どんな仕事も全く続かなくて辛い…→改善策2選で【科学データをもとに解決】

【全く仕事が続かない】 Uncategorized

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

もう嫌だ…どんな仕事も全く続かなくて、将来が不安すぎる。。

継続力・忍耐力が足りなさすぎて、会社が長続きしない…毎日、生きるのがツラいよ。。

貯金も無限にあるわけじゃないから、働かなきゃなのに…根性なさすぎて、自分が情けない。。

実家 暮らしだから、精神的に甘えちゃってるのかも…ひとり暮らしすべきかなぁ…?

どうしたらいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【助けて】仕事が全く長続きしない…→解決策は『プランニング』⁉︎
▶︎科学的な「2つの打開策」で【完全に克服】詳細は記事の後半

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【社会不適合?】どんな仕事も全く続かなくて辛い…→改善策2選で【科学データをもとに解決】

【助けて】どんな仕事も全く長続きしない…会社が続かない…→解決策は『プランニング』⁉︎

 

【必読】本記事では、あなたの仕事の苦しみを解決すべく、科学的なデータをもとに、克服策を発信していきます。

 

ぜったいに、大丈夫
あなたのキャリアの悩みは、きっと解消できますから

 

わたしと一緒に、対策していきましょうね。

 

 

さて、さきに結論ですが「仕事が全く続かなくて、生きるのがツラい…」を解決するキーワードは、『プランニング』

 

科学データで証明されている『if-then(イフ ゼン)プランニング』を実行することが、あなたの自制心をアップさせる “第一歩” 。

 

手法としては、とてもシンプル。

 

たとえば「家に帰ったら、手を洗う」といった感じで、あらかじめ「AをしたらBをする」と計画しておくだけでOK。

 

超お手軽な方法ですが、効果はバツグンです。

 

じつは、心理学の研究によると、継続力・忍耐力がない人がif-thenプランニングを実践することで、↓以下のメリットを受ける傾向に。

 

・ストレス抵抗力がアップ
・衝動的な言動を取りにくくなる
・自制心(自己コントロール力)がアップ
・目標 達成率や計画性が “65%” アップ…など

(参考 文献:『最高の体調 ACTIVE HEALTH』)

 

にゅー
にゅー

まとめると「AしたらBする」という予定を決めて実行するだけで、ストレスに強く、ものごとを継続・達成できるようになるのです!

 

とくに、ほかの研究データによると、もっとも変えやすい性格の1つが「忍耐 強さ」や「自制心」なのだそう。

 

つまり、あなたの「継続力がなくて仕事が続かない…」という悩みは、IQ(知能)や脳の構造などと違い、改善の見込み ”大“

 

なので、どうか希望を捨てないでください。

 

「我慢」や「根性」といった精神論に頼らずとも、あなたの継続力・忍耐力は『プランニング』で鍛えていけますよ。

 

【科学の真実】忍耐力=人生の「万能スキル」⁉︎

 

ただ一方で、↓以下のような反論もあるかもしれません。

 

上司
上司

会社が長続きしないなら、改善の努力をすべき!他人のせいにしたり、自分の気質とか社会に責任 転嫁するヒマがあったら、仕事を続けられるよう忍耐力をつけろ! 打たれ弱いままだと、このさき社会人としてやっていけないぞ!

 

かなりキツい意見ですが、、たしかに↑上記にあるとおり、忍耐力が身につかないと、いち労働者として働き続けるのは難しい。

 

反対に、継続力や自制心がある人ほど、人生がイージーモードになりやすいことが、科学データで明らかにされています。

 

その証拠に、心理学の研究でも、コツコツ努力できる『誠実性』の性格 傾向が高いほど、↓以下のメリットを受ける傾向に。

 

▶︎職業的なメリット
・昇給、昇進率がアップ
・キャリア選択に成功しやすい
・職場の人間 関係が良くなりやすい
・あらゆる職業、業種で成功を収めやすい…など

 

▶︎金銭的なメリット
・将来的な年収がアップ
・長期的な貯蓄率がアップ…など

(参考 文献:『パーソナリティーを科学する 特性5因子であなたが分かる』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、ものごとを飽きずに続けられる人のほうが、経済的・キャリア的な成功を収めやすいのですね!

 

なので、ガマン強くいられることは、 “万能スキルの1つ” と言えるかもですね。

 

科学的に見ても、です。

 

【いますぐ可能】継続力は「記録」で身につけよ!

 

…しかし、1つだけ反論を。

 

さきほども話したとおり、わたしたち人間が持つ特徴において、もっとも変えやすい性格の1つが「忍耐力」や「継続力」。

 

なので、かりに今は「仕事が長続きしない」のだとしても、将来的に継続力を身につけられる余地は、大いにあります。

 

そこで、対策としてオススメなのは、日記やメモ・ノートを活用して「あなた自身の行動を記録する」というテクニック。

 

専門的には『セルフ モニタリング』と呼ばれ、じぶんを客観視するときに使われる手法の1つですね。

 

心理学の研究によると、行動 記録を付けてセルフ モニタリングを高めると、↓以下のメリットを受けやすくなるのだそう。

 

・衝動的な言動が減る
・ストレスに強くなる
・自己 観察力がアップ
・モチベーションがアップ
・ものごとを長期 視点で見れるようなる
・自己コントロール力(自制心)がアップ…など

(参考 文献:『マンガでやさしくわかる 認知行動療法』『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、じぶんの行動を “客観的に” 観察することで、自制心が高まり、忍耐力・継続力が身につけられるのですね!

 

とくに、わたしが強くオススメするのは、1日8〜20分くらい「ストレスについて書き出して記録する」という方法。

 

専門的には『エクスプレッシブ ライティング』と呼ばれ、心理カウンセリングの場面でも利用される技法の1つです。

 

くわしくは↓以下の記事で お話してますので、ぜひ ご参考くださいね。

 

(まとめ記事へのリンク)

 

断言できます。

 

「まったく仕事が続かなくて、将来が不安…」という悩みを解決する “打開策” は、あなた自身の行動を「記録すること」にアリ。

 

【悲報】「仕事が続かない理由」を分析せずにいると…

 

ご注意ください。

 

「仕事が続かない理由」を分析しないでいると、あなたのキャリアの問題が深刻化するリスク “大” ですので。

 

…おどすような言い方で、すみません。

けれど、確かな事実です。

 

その証拠に、心理学の研究によると、問題点を “客観的に” 把握できない人ほど、↓以下のデメリットを受ける傾向に。

 

・問題 解決力がダウン
・ネガティブ思考が悪化
・ストレス抵抗力が悪化
・不安感、イライラ感が悪化…など

(参考 文献ー『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、懸念点を “具体的に” 認識できない人ほど、メンタルが悪化し、問題に対処しにくくなるのですね。。

 

反対に、ものごとを事実・データに基づいて判断できる人では、↑上記すべてをメリットへと転換できるのだそう。

 

そこで、↓以下10点を参考に「仕事が続かない理由はなにか?」にフォーカスし、より客観的に深掘りするのがオススメ。

 

・ビジネス的な人付き合いが嫌い
・対人コミュニケーションが苦手
・他人と関わることに苦痛を感じる
・メンタル的な負担の大きい職場に居る
・適性に合わない会社にばかり採用される
・そもそも、いまの仕事が好きになれない
・興味が持てない業務をばかりを担当しがち
・お金に余裕があり、危機感を持てずにいる
・感情のコントロールが下手で、辛抱 強くガマンできない
・理想にこだわりすぎて、仕事 選びを「引き算」で考えている…など

 

…ここで1つ、冷静に考えてみてください。

 

現代は「寿命100年」とも言われる時代で、わたしたち20〜30代は、75才くらいまで働き続けると予測されています。

 

そして、想像してみてください。

 

このさき40〜50年 以上も、世間から「社会 不適合者」「落語者」と非難され続ける “苦痛の未来” を。

 

毎日のネガティブ思考に囚われ、生きる意味・働く意味すらも見いだせなくなる “真っ暗な末路” を。

 

「そんな人生、ぜったいに嫌だ」。

 

「もっと明るい未来を夢見たい」。

 

…そう思いませんか?

 

そこで、このさきでは「どんな仕事も長続きしなくて…」を解消すべく、科学的な「2つの打開策」を紹介です。

 

▶︎価値観の再設計
▶︎視野を広げる

 

にゅー
にゅー

「どの仕事も続かなくて、働くのがツラい…」と苦しむときこそ、科学を味方に対処していきましょう!

 

【科学で克服】どんな仕事も長く続かない…全く忍耐力がない…→2つの打開策で【すべて解決】

 

さて、1つ目に解説するのは『価値観の再設計』について。

 

…ここで1つ、あなたに質問させてください。

 

あなたには、人生を賭(と)して追い求めたい「生きる目的」や「人生の目標」がありますか?

 

あるいは、仕事する意味・働く意義を感じられるような「明確なゴール」を持っているでしょうか?

 

じつは、心理学の研究によると、じぶんの価値観を客観的に認識できている人ほど、↓以下のメリットを受ける傾向に。

 

▶︎精神的なメリット
・幸福感がアップ
・社交性がアップ
・共感力がアップ
・マイナス思考が改善
・恐怖、不安感が改善
・記憶力の低下を防ぐ
・モチベーションが改善
・ポジティブ気分が改善
・ストレス抵抗力がアップ
・良い対人 関係を築きやすくなる…など

 

▶︎職業的なメリット
・注意、集中力が改善
・将来的な収入がアップ
・長期的な貯蓄率がアップ
キャリア選択に成功しやすくなる…など

 

▶︎身体的なメリット
・抗 炎症作用が改善
・不眠になりづらくなる
・ナチュラルキラー細胞が活性化…など

(参考 文献:『目的の力ー幸せに死ぬための「生き甲斐」の科学』『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』『最高の体調 ACTIVE HEALTH』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、長期的な「人生の計画」を持てている人のほうが、心身ともに健康で、経済的・キャリア的にも成功しやすいのです!

 

たとえるなら、あなた自身の「生きる目標」を定めることは、キャリアという海を渡る “コンパス” を手に入れるようなもの。

 

「どんな仕事も、まったく続かなくて…」という悩みを克服するには、なによりもまず “人生の道しるべ” を見定めるべき。

 

そもそも「仕事が続かない」のは、はたらき続ける理由がない or 欠落しているから…かもしれませんので。

 

↓以下の記事では、認知 行動療法でも使われる『ACT』という技法を参考に、あなたの価値観に迫っていきます。

 

ぜひ ご覧くださいね。

 

 

【科学が実証】『視野を広げること』に注力せよ!

 

さて、さいごは『視野を広げること』について お話します。

 

そして、ここからがメインテーマ。

 

あなただけに打ち明けますが、、「どの仕事も長続きしなくて…」を脱却できない人の9割 以上には、1つの “共通点” が。

 

それは、「自分に選べる解決策は、世のなかに数多くある」という現実に気づけていないこと。

 

いいかえると、仕事が続かないというコンプレックスに囚われ、ほかの選択肢に目を向けられなくなっている。

 

シンプルに、視野が狭くなっているのですね。

 

…きびしい意見で、すみません。

けれど、真実です。

 

その証拠に、臨床 心理学の研究によると「強いストレス状態にあるときほど、問題 解決力が下がりやすい」のだそう。

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

専門的には『視野 狭窄(しや きょうさく)』とか『ネガティブ バイアス(悲観的な考え)』などと呼ばれる心理 傾向ですね。

 

残念なことに、、仕事が続かなくて悩んでいるときほど、かえって問題に対処するスキルが低下してしまうのです。。

 

反対に、ほかの研究データによると、いくつもの選択肢・解決策を検討できる人ほど、問題 対処力がアップする傾向に。

(参考 文献:『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』『無理なく限界を突破する心理学 突破力』)

 

専門的に『クリティカル シンキング(批判的な思考)』と呼ばれるテクニックです。

 

なので、↓以下のような「べつの視点・考え方」で、今後のキャリアを見つめ直してみるのもアリ。

 

「打たれ弱い性格が問題なら、メンタルを安定させる方法から勉強すべきかも?」
「自己 嫌悪にひたるのをやめて、ひとまず行動することにフォーカスすべきかも?」
「理想を追い求めて仕事するんじゃなくて、小さく成功 体験を積み上げていくのが吉かも?」

 

あるいは、↓以下のような方法で「視野を広げて、ほかの選択肢をテストする」のも一手ですね。

 

・続けられそうな職種、業界について研究する
・キャリア関連の読書をして、ストレス対策について学ぶ
・ストレス フリーな職場を見つけるべく、支援サービスを利用する…など

 

にゅー
にゅー

「どんな仕事も全く長続きできなくて…」と感じるいまこそ、科学データを参考に動いていきましょう!

 

【まとめ】どんな仕事も長続きしない…→「会社が全く続かない問題」を改善するには?【行動せよ】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話をきいてくれた あなたに、心から感謝します。

どうもありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「行動を先延ばしにするデメリット」について。

 

研究データによると、決断を先送りにしがちな人ほど、キャリア選択に失敗し、将来の年収も下がりやすいのだそう。

(参考 文献:『ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか』)

 

…さぁ、頭のなかにイメージしてみてください。

 

ズルズルと現状 維持を続けるほどに、あなたの将来の可能性が閉ざされ、低賃金・低収入という “悲痛の未来” が現実に。。

 

反対に、いますぐ行動に起こすことで得られるのは、未来への希望と自分への信頼感。

つまり、「可能性ある未来」です。

 

…あなたが望むのは、どちらの道でしょうか?

 

あなたをツラい状況から救ってくれるのは、たった1つ『あなた自身の行動』だけ。

 

けれど、きっと大丈夫。

 

ここまで、わたしの話を聞きすすめてくれた聡明な あなたなら、ぜったいに前向きな人生へと変えていけるはず。

 

わたしは、そう信じています。

 

にゅー
にゅー

未来を決めるのは、あなた自身ですよ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました