【辞めたい】仕事が半年しか続かなくて、将来が怖い…→対策2選で【科学的に解決】

【半年】仕事が続かない Uncategorized

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

もうイヤだ…

どの仕事も半年しか続かなくて、将来のことを考えると不安で…毎晩、眠るのが怖い。。

会社が長続きしないなんて、社会人として失格だよね…頭ではわかってる、けど。。

仕事の不安と恐怖で、毎日まいにち吐きそうなくらいツラい…これ以上、もう耐えられないよ。。

このさき、どうしたらいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【将来が不安】半年しか続かない仕事→打開策は『問題点の把握』⁉︎
▶︎科学的な「2つの改善策」で【完全に克服】くわしくは記事の後半

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【辞めたい】仕事が半年しか続かなくて、将来が怖い…→対策2選で【科学的に解決】

【将来が不安】「半年しか続かない仕事」を打開するには?→解決策は『問題点の把握』⁉︎

 

【必読】当記事では、あなたのキャリアの苦しみを解消すべく、科学データをもとに、打開策を発信していきます。

 

ぜったいに、大丈夫
あなたの苦悩は、きっと克服できますから

 

わたしと一緒に、対策していきましょう。

 

 

さて、さきに結論ですが「どの仕事も、半年くらいしか続かなくて…」を解決するキーワードは、『問題点の把握』

 

↓以下のようなイメージで、会社が長続きしない原因を、より “具体的に” 深掘りしていくのが吉です。

 

ビジネスウーマン
ビジネスウーマン

いままで、どの会社でも過重 労働とサービス残業に悩まされてきたわ。。そのうえ、上司にはセクハラまがいのことをされてばかりだったし…ホントもう、職場に頭のおかしい人がいると最悪。。

ビジネスマン②
ビジネスマン②

仕事が半年〜1年しか続かないのは、会社 組織の人間 関係にニガテ意識があるからかもしれない。。上司とか先輩に怒りっぽい人がいると、その場で萎縮(いしゅく)しちゃうし…他人と関わるのも、学生のときから下手だし。。

 

というのも、心理学の研究によると、懸念点を “客観的に” 分析できる人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

・ストレスに強くなる
・問題 対処力がアップ
・不安、イライラ感が改善
・マイナス思考、抑うつ感が改善…など
(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、仕事が続かない理由を明確化できる人のほうが、メンタルが安定し、問題を解決しやすくなるのですね!

 

…ここで1つ、ご自身について振り返ってみてください。

 

あなたが仕事で苦痛を感じたのは、業務的なミスや失敗が連続して、社内でのポジションが悪くなったときだったでしょうか?

 

あるいは、会社を辞めたくなったキッカケは、社内での陰口や悪口に耐えかねて、対人 関係に苦しんだことでしたか?

 

…答えは、たった1つ「あなた自身の過去の経験」にあります。

 

「仕事が半年しか続かない、将来が不安…」という悩みを打開する “さいしょの一歩” は、『現状の分析』にアリですよ。

 

【注意】「合わない会社」に留まるデメリットとは?

 

とはいえ、↓以下のような意見もあるかもですね。

 

上司
上司

社会人なのに「会社が続かない」なんて、、甘ったれにも程がある! 仕事の悩みなんて、だれもが少なからず抱えているもの! ツラいときこそ、根性で乗り切って頑張るべき! 辞めグセがつくと、そのうち後悔するぞ!

 

かなり厳しい反論ですが、、たしかに↑上記にあるとおり、いちど逃げグセがつくと、後々の軌道 修正に時間がかかるもの。

 

となれば、ここは一度「給料=生活するためのガマン料」と割り切って、仕事に過度な期待をしないのも1つの手かも。

 

…しかし、です。

 

ただ一方で、辞めたい本心を押さえ込んで、合わない会社にガマンしつづけるデメリットもまた…あると思いませんか?

 

その証拠に、組織 心理学の研究によると、向いてない職場に居続ける社員ほど、↓以下のデメリットを受けやすい傾向に。

 

・抑うつ感が悪化
・マイナス思考が悪化
・モチベーションが悪化
・人生への絶望感が悪化
・ストレス抵抗力がダウン
・業務パフォーマンスがダウン
・感情コントロール力がダウン
・他人のことを信じられなくなる…など

(参考 文献:『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、仕事とのミスマッチを放置しがちな人のほうが、ストレス状態が悪化し、成果も上げられなくなるのですね。。

 

たとえるなら、向いてない場所で頑張りつづけることは、サッカーのアスリートが甲子園を目指すようなもの。

 

サッカー選手は、ピッチの上で活躍してこそ輝けるもの。

 

…そう思いませんか?

 

なので、たとえ「半年」や「1年」といった短い期間だとしても、辞めたいときは思い切って会社から離れるのが吉。

 

むしろ、「忍耐」「ガマン」などの風潮に耐えることのほうが、かえって現状を悪化させるデメリットありかもですよ。

 

【悲報】精神的に脆い(弱い)=人生の大損失⁉︎

 

ご注意ください。

 

仕事にしろ会社での対人 関係にしろ、メンタル的に不安定になることは、あなたの人生を崩壊させるリスク “大” ですので。

 

…おどすような言い方で、すみません。

けれど、確かな事実です。

 

じつは、心理学の研究によると、精神的に弱くて自信を失いやすい人ほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだそう。

 

▶︎心理的なデメリット
・抑うつ気分が悪化
・早死にリスクが悪化
・不安、恐怖心が悪化
・ネガティブ思考が悪化
・ストレス抵抗力が悪化
・自暴 自棄しやすくなる
・完璧 主義になりやすくなる
・自己 否定、自己 嫌悪に陥りやすい…など

 

▶︎仕事面のデメリット
・離職率が悪化
・労働 生産性がダウン
・業務パフォーマンスがダウン
キャリア選択に失敗しやすくなる
・昇進、昇給の機会を得られなくなる
・職場で「無能」だと誤解されやすくなる…など

 

▶︎人間 関係のデメリット
・家庭が崩壊しやすくなる
・友だち関係が壊れやすくなる
・パートナーと破局しやすくなる
・他人を信じられなくなる(or 盲目的になる)…など

(参考 文献:『パーソナリティーを科学する 特性5因子であなたがわかる』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、メンタル的に打ちのめされやすいひとのほうが、キャリア・人間 関係・人生のあらゆる面で失敗しやすい傾向に。。

 

…さぁ、想像してみてください。

 

メンタル的な問題のせいで、仕事キャリア・経済的な成功を逃してしまう “悲痛の未来” を。

 

友だちや家族からも見捨てられ、このさき40〜50年 以上も働くことに苦しみ続ける “孤独な末路” を。

 

「そんな未来、ぜったいにイヤだ」。

 

「苦境から抜け出して、明るい人生を掴みたい」。

 

…そう感じませんか?

 

そこで、このさきでは「半年しか仕事が続かなくて、将来が不安…」を解決すべく、科学的な「2つの改善策」を解説

 

▶︎セルフ  コンパッション
▶︎選択肢の幅を広げる

 

にゅー
にゅー

「会社が長続きしない…半年しか続かない仕事が苦痛で…」と苦しむときこそ、科学を味方に対処していきましょう!

 

【すべて解決】たった半年しか、仕事が続かない…→科学的な2つの改善策で【完全に克服】

 

さて、1つ目に お話するのは『セルフ  コンパッション』について。

 

ざっくり訳すと「じぶんに向ける優しさ」「みずからを受け入れる心」といった意味ですね。

 

…ここで1つ、あなたに質問させてください。

 

「仕事が半年しか続かない…」という現実に苦しみ、自己 否定や自己 嫌悪に陥っていませんか?

 

頭のなかで「会社が長続きしないなんて、ダメ人間だ…」といった感じで、ご自身のことを責め立てていないでしょうか?

 

…もしも、答えが「Yes」なら、、要注意。

 

じつは、脳科学・心理学の研究によると、ありのままの自分を受け入れられない人ほど、↓以下のデメリットを受ける傾向に。

 

・自制心が悪化
・共感性が悪化
・衝動性が悪化
・抑うつ気分が悪化
・ネガティブ思考が悪化
・不安感や恐怖心が悪化
・ストレス抵抗力がダウン
・モチベーションがダウン
・学習(仕事)の成績がダウン
・自己コントロール感がダウン
・「成長に繋がる努力」を放棄しがちに
・自己 否定、自己 嫌悪に陥りやすくなる…など

(参考 文献:『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、みずからに優しさを向けられない人のほうが、かえってメンタルが悪化し、業務 成果も上げられなくなることに。。

 

なので、世間でいわれがちな「忍耐で乗り切るべき!」「努力すべき!」といった感情論は、すべてスルーで問題ナシ。

 

どれだけ周りから非難・攻撃されようとも、あなただけは「あなた自身の味方」でいてあげるのが、科学的には “大正解” 。

 

断言できます。

 

さまざまな科学データが示すように、激動の現代を生き残れるのは「じぶん自身を思いやれる人」なのだと。

 

くわしい内容は↓以下の記事で解説していますので、ぜひ ご参考くださいね。

 

 

【科学が保障】『選択肢の幅』を広げるべし!

 

さて、さいごは『選択肢の幅を広げる』について解説です。

 

そして、ここから先が本番。

 

あなただけに暴露しますが、、「会社が長続きしなくて…」を克服できない人の97〜99%には、1つの “共通点” が。

 

それは、「じぶんに選べる解決策は、世のなかに数多くある」という真実に気づいていないこと。

 

「半年〜1年しか仕事が続かないなんて…」というコンプレックスに囚われ、ほかの選択肢に目を向けられずにいる。

 

分かりやすくいうと、視野が狭まっているのですね。

 

…厳しい指摘で、すみません。

けれど、確かな事実。

 

その証拠に、臨床 心理学の研究によると「強烈なストレス状態にあるときほど、問題 解決力が下がりやすい」のだとか。

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

専門的に『ネガティブ バイアス(悲観的な考え)』『視野 狭窄(しや きょうさく)』などと呼ばれる心理 傾向ですね。

 

つまり、キャリアの悩みを抱えて不安になっているときのほうが、かえって問題に対処できなくなってしまうということ。。

 

反対に、ほかの研究データによると「苦しい状況への対抗策を持てる人ほど、逆境を乗り越えやすくなる」のだそう。

(参考 文献:『ネガティブな感情が成功を呼ぶ』『事実はなぜ人の意見を変えられないのか』『悪いヤツほど出世する 日本経済新聞 出版』)

 

専門的に『逆境力』とか『不快 情動(ふかい じょうどう)への耐性』などと呼ばれる心理ですね。

 

なので、先入観を捨てて「複数の打開策」を持つことは、現状を突破するための “ファースト ステップ” になるはず。

 

たとえば、職場の対人 関係が苦痛になりやすいなら、在宅ワーク・リモート可能な企業を探せば、問題を回避できますよね。

 

あるいは、スキル アップが見込めない会社に当たってばかりで、将来的なキャリアが不安なら、いっそ独立してみるのも一手。

 

なんにせよ、ほかの解決策を検討できるようになれば、仕事が続かない原因を避けつつ、より良い手段を取ることが可能に。

 

そこで、↓以下を参考に「選択肢の幅を広げる」のがオススメです。

 

・キャリア関連の読書をする
・職種、業界について研究する
・リモート可の職場を探してみる
・電車 通勤がない仕事をリサーチ
・職業カウンセリングを試してみる
・転職 支援サービスを活用してみる…など

 

にゅー
にゅー

「仕事が半年も続かなくて、将来が不安すぎる…」と感じるいまこそ、科学データを参考に行動していきましょう!

 

【まとめ】仕事が半年も続かなくて…→会社を長続きさせる唯一の方法とは?【行動だけが正義】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話を聞いてくださって、本当にありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「周りの意見に同調するデメリット」について。

 

研究データによると、周囲の考え・価値観に流されやすい「協調性の高い人」ほど、↓以下のデメリットを受ける傾向に。

 

・昇進、昇給率がダウン
・将来的な収入がダウン
・組織の重役になれる確率がダウン
・管理職や社長職に就く割合がダウン…など

(参考 文献:『パーソナリティーを科学する 特性5因子であなたがわかる』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、世間の「せめて1年」「まずは3年」といった意見を鵜呑(うの)みにする人ほど、経済的に失敗しやすいのですね。。

 

なので、根性論・精神論などを押し付けてくる「ありがた迷惑な人たち」の言うことは、全力スルーでOK。

 

むしろ、社会のルール・常識に縛られて生きてしまうと、あなたの将来の可能性が閉ざされてしまう危険すらあります。

 

…ここで1つ、頭のなかに思い浮かべてみてください。

 

あなたが欲しいのは、周りの人々の顔色をうかがいながら生きる “真っ暗な未来” でしょうか?

 

それとも、あなただけのキャリアを選びとり、将来の希望と可能性に満ちた “幸せな未来” ですか?

 

さぁ、このさきの運命を変えられるのは、いまこの瞬間の『あなた自身の選択 次第』

 

だいじょうぶ。

 

ここまで、わたしの話を傾聴してくださった聡明な あなたなら、きっと明るい人生を掴み取れるはずですから。

 

にゅー
にゅー

少なくとも、わたしは そう信じています!

 

未来は、あなたの手の中にありますよ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました