【将来に絶望】30代のアラサーで、仕事が続かない…→対策2選で【科学データありで解決】

【30代】仕事が続かない Uncategorized

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む女性
仕事に悩む女性

もうイヤだ…会社が長続きしない…。

仕事が続かないせいで、将来のことを思うと不安で夜も眠れない…生きるのが苦痛すぎて。。

もう30代も半ばだから、身を固めなきゃなのに…年齢的にも、このさき転職も厳しくなるし。。

いまの自分、かなりヤバい状況だよね…これといったスキルもないし、きっと次がラスト チャンス。。

打開策があったら知りたいよ…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【辞めたい】仕事が長く続かない…→解決策は『問題点の分析』⁉︎
▶︎科学的な「2つの突破口」で【すべて克服】詳細は記事の後半

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【将来に絶望】30代のアラサーで、仕事が続かない…→対策2選で【科学データありで解決】

【辞めたい】もう30代。仕事が長く続かなくて、将来が怖い…→解決策は『問題点の分析』⁉︎

 

【必見】当記事では、あなたのキャリアの葛藤を解消すべく、科学データをもとに、克服策を発信していきます。

 

だいじょうぶ
あなたの苦しみは、きっと解決できますよ

 

わたしと共に、対策していきましょう。

 

 

さて、さきに結論ですが「もう30代なのに、仕事が長続きできない…」を解決するカギは、『問題点の分析』にアリ

 

↓以下のようなイメージで、1つの会社に長く留まれない理由を、より “客観的に” 把握していくのが吉です。

 

ビジネスマン①
ビジネスマン①

もうアラサー30代なのに、会社が長く続かないなんて、、職場の人間 関係がヘタクソなのが原因なのかなぁ…? もしくは、合わない業務・職種を担当しがちなのも、1つの懸念点かもだな。。

 

というのも、心理学の研究によると、問題を事実・データをもとに判断できる人ほど、↓以下のメリットを受ける傾向に。

 

・ストレスに強くなる
・問題 解決力がアップ
・不安、イライラ感が改善
・マイナス思考、抑うつ感が改善…など

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、現状を “より具体的に” 認識できる人のほうが、メンタルが安定し、課題に対処しやすくなるのですね!

 

そこで、↓以下6点を参照しつつ、あなたが直面している「仕事が続かない原因」を、こと細かに探っていくのがオススメ。

 

・理想的な職場に出会えず、モヤモヤした不安と意欲の減退がある
・飽きっぽい性格が災いして、継続力や忍耐力を身につけられない
・コミュニケーションにニガテ意識があり、対人 関係の構築に難アリ
・失敗やミスが原因で自信 喪失しやすく、働くこと自体に抵抗感がある
・入社 前後でギャップがある会社に当たりやすく、モチベーションが湧きづらい
・対価としての給与に不満を感じることが多く、やる気を削がれるのが苦痛すぎる…など

 

断言できます。

 

「気付けば30代も半ば。仕事が続かなくて、将来が不安…」を解決する “さいしょの一歩” は、『現状の分析』にあると。

 

【朗報?】逃げグセがつくのはNG、だけど…⁉︎

 

とはいえ、↓以下のような意見もあるかもしれません。

 

上司
上司

30代にもなって「仕事が続かない」なんて、、いち社会人として情けなさ過ぎる! 正社員で そこそこの生活がしたいなら、歯を食いしばってでも1つの会社に留まる努力をすべき! メンタルが軟弱すぎだし、 逃げグセがつくと後々に苦しくなるぞ

 

かなりキツい言い分ですが、、たしかに↑上記にあるとおり、世間的には「転職=35才までが分岐点」と言われますね。

 

となれば、ここは1つ「スキルが身につくまでは在職する」といった条件を課して、モチベーションを高めるのも一手かも。

 

…しかし、1つだけ反論を。

 

ただ一方で、仕事が続かずジョブホッパー(職を転々とする人)になることは、ほんとうにデメリットになるのか。

 

むしろ、いくつもの職場・職種を経験することは、長期的なキャリアで見るとメリットになるのではないか。

 

…そう考えることも、可能だと思いませんか?

 

その証拠に、組織 心理学の研究によると、↓以下のデータが確かめられています。

 

「20〜30代などの若いキャリアのうちにジョブホッピングを経験することは、将来的な “年収アップ” に影響することが分かった」

(参考 文献:『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

分かりやすくいうと、キャリア人生の早期に「複数の会社・業界」を体験することで、将来の “収入アップ” が見込めるということ!

 

 “収入ダウン” じゃないですよ。

 “アップ(上昇)” ですからね。

 

おそらく、年齢の若いうちに「適性に合った職場」を見つけるべくチャレンジすることが、長期的には良い結果を生むのでしょう。

 

科学的に見ると、かならずしも「30代で転職 回数が多い=即デメリット」となるわけじゃない。

 

なので、どうか希望を捨てないでください。

 

むしろ、あなたのキャリア経験を活かすことは、長い目で見ると「経済的な成功」への第一歩かもしれないのですから。

 

【大悲報】メンタル的な不安定さ=人生の失敗に⁉︎

 

…ここで1つだけ、ご注意いただきたいことがあります。

 

それは、どれだけ今が苦しくとも、ぜったいに「自己 嫌悪に陥る」「将来を諦める」などをしないで欲しいということ。

 

もっというと、じぶんへの自信を失くしたり、不必要に自己 否定・自己 卑下にハマることを回避していただきたいのです。

 

というのも、心理学の研究によると、メンタルが不安定になりがちな人ほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだそう。

 

▶︎心理的なデメリット
・抑うつ気分が悪化
・マイナス思考が悪化
・早死にリスクが悪化
・不安感、恐怖心が悪化
・ストレス レベルが悪化
・完璧 主義の傾向が悪化
・自暴 自棄になりやすくなる
・自己 否定、自己 嫌悪が悪化…など

 

▶︎職業的なデメリット
・職場内の生産性がダウン
キャリア選択に失敗しやすくなる
・社内で「無能」だと誤解されがちに
・昇進、昇給のチャンスを逃しやすくなる…など

 

▶︎対人 関係のデメリット
・恋人と破局しやすくなる
・家庭が崩壊しやすくなる
・友人 関係を壊しやすくなる
・他人を信じられなくなる(or 盲目的になる)…など

(参考 文献:『パーソナリティーを科学する 特性5因子であなたがわかる』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、じぶんへの自信を失くしやすい人ほど、人間 関係・仕事キャリア・人生のすべてにおいて、問題を抱えやすいのですね。。

 

なので、将来をネガティブに捉えて「どうせ、未来には苦しいことしかない…」と絶望的になるほど、現状が悪化することに。

 

最悪のケースでは、あなたの不安な気持ちに付け込んだブラック企業により、労働力を搾取されるリスク “大” かも。。

 

もちろん、スキル・キャリア アップも見込めないままに。

 

…さぁ、冷静に考えてみてください。

 

現代は「寿命100年」とも言われ、わたしたち20〜30代は75才くらいまで働き続けると予測される時代です。

 

…そして、想像してみてください。

 

このさき40年以上にわたり、仕事キャリアに絶望しながら、低賃金・低収入に怯えつづける “真っ暗な未来” を。

 

世間から「社会 不適合者」「人生の負け組」といったレッテルを貼られ、孤独・孤立感にさいなまれ続ける “悲痛な末路” を。

 

「そんな人生、死んでもイヤだ…!」。

 

「現状を打開して、このさきの運命を変えたい…!」。

 

…そう感じませんか?

 

そこで、このさきでは「気付けばアラサー。仕事が続かなくてツラい…」を解消すべく、科学的な「2つの突破口」を解説

 

▶︎価値観の見直し
▶︎逃げの一手を確保

 

にゅー
にゅー

「会社が長続きしない…このさきの将来が怖い…」と苦しむときこそ、科学を味方に対策していきましょう!

 

【科学で克服】30代も半ばなのに、仕事が長く続かない…→不安を解消する【2つの突破口とは?】

 

さて、1つ目に解説するのは『価値観の見直し』について。

 

…ここで1つ、あなたに質問させてください。

 

あなたには、仕事していくうえでの「働く目的」や「人生の目標」はありますか?

 

あるいは、生涯を賭(と)して成し遂げたいと思う「生きる意味」や「仕事する意義」があるでしょうか?

 

じつは、心理学の研究によると、みずからの価値観を明確化できている人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

▶︎心理・身体的なメリット
・共感 能力が上昇
・イライラ感が減少
・マイナス思考が減少
・長寿になりやすくなる
・不安感や恐怖感が改善
・ストレス抵抗力が改善
・ポジティブ気分が上昇
・主観的な幸福感が上昇
・自信が回復しやすくなる
・感情コントロール力が改善…など

 

▶︎経済的なメリット
・将来の収入がアップ
・長期的な貯金率がアップ…など

(参考 文献:『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』『最高の体調 ACTIVE HEALTH』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、あなた自身の「人生の終着点」を見定めることが、メンタルの安定や、経済的な成功に影響するのですね!

 

たとえるなら、あなたの価値観を再認識することは、ビジネスという大海を渡るための “道しるべ” を手にするようなもの。

 

↓以下の記事では、認知 行動療法でも利用される『ACT』というテクニックを参考に、科学的な方法でアプローチしていきます。

 

ぜひ ご参考くださいね。

 

 

【科学が証明】『逃げの一手』を確保せよ!

 

さて、さいごに お話するのは『逃げの一手を確保』について。

 

そして、ここからが本題。

 

あなただけに暴露しますが、、「仕事が長続きしなくて…」を克服できない人の97〜99%には、1つの “共通点” が。

 

それは、転職 支援サービスの活用という、 “現実的な退避ツール” を用意できていないこと。

 

反対に、きちんとストレス対策でき、仕事が長続きするビジネス パーソンほど、有事に備えて “逃げ道” を確保しているもの。

 

みんな口に出さないだけで、もしものときのために “起死回生の一手” を用意しているものなのです。

 

そうでなくては、厳しいビジネスの世界を生き抜くなんて、、不可能に近いですから。

 

その証拠に、心理学の研究によると「ネガティブな状況に対処できる手段を持つ人ほど、逆境を乗り越えやすくなる傾向」に。

(参考 文献:『ネガティブな感情が成功を呼ぶ』『事実はなぜ人の意見を変えられないのか』『悪いヤツほど出世する 日本経済新聞 出版』)

 

専門的に『逆境力』とか『不快 情動(ふかい じょうどう)への耐性』などと呼ばれる心理ですね。

 

ちなみに、わたしは個人 事業主として独立した今でも、常に「3つの転職サイト」を “退避 手段” に利用しています。

 

というのも、いつまでも自分のビジネスで食べていける保証なんて、だれもしてくれないから。

 

にゅー
にゅー

つまり、タダで活用できる転職サービスを “次善の策” として確保しておくことで、万が一に備えているわけですね!

 

ことわざにもあるとおり、 “備えあれば憂いなし” ですから。

 

なので、断言できます。

 

いまの あなたに必要なのは、不遇な環境から脱出する “退却ルートの準備” なのだと。

 

【危険】「脱出できない環境」に追い込まれると…⁉︎

 

反対に、もっとも回避すべきは「八方ふさがりな状況」に追い込まれること

 

その証拠に、生理 心理学の研究によると、↓以下のデータが確認されています。

 

脱出できないストレス環境に置かれたマウス(実験 動物)ほど、↓以下のデメリットを受けやすい傾向にあった」

 

▶︎メンタルの問題
・抑うつ感が悪化
・無気力感が悪化
・問題 解決力がダウン
・決断力、判断力が低下
・記憶力、思考力が低下
・ストレス抵抗力が低下…など

 

▶︎身体の問題
・免疫力がダウン
・細胞の老化が悪化
・短命になる傾向が悪化…など

(参考 文献:『ストレスに負けない脳 心と体を癒すしくみを探る』『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』『生理心理学 第2版 脳のはたらきから見た心の世界』)

 

にゅー
にゅー

分かりやすくいうと「もう、どこにも逃げられない…」と追い詰められると、メンタル・フィジカルともに悪化する傾向に。。

 

専門的には『学習性 無力感(がくしゅうせい むりょくかん)』と呼ばれる心理 状態ですね。

 

…さぁ、イメージしてみてください。

 

現状を突破する ”打開の一手“ を手にすることが、どれだけ「あなたの心身の安定」を保障してくれるかということを。

 

もしもの時のために ”緊急 手段“ を用意しておくことが、どれほどの「明るい未来」を約束してくれるかということを。

 

にゅー
にゅー

「気付けば30代。仕事が続かなくて、将来が怖い…」と感じるいまこそ、科学データを参考に動き出しましょう!

 

【まとめ】気付けば30代。仕事が長く続かなくて、将来が…→唯一の打開策は【あなたの行動】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話をきいてくれた あなたに、心から感謝します。

どうもありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「周りの意見を鵜呑(うの)みにするデメリット」について。

 

研究 結果によると、周囲の意見に同調しがちな「協調性の高い人」ほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだとか。

 

・昇進、昇格率がダウン
・将来の年収が ”約100万円“ もダウン
・組織内で管理職、重役に就ける確率がダウン
・世間的な財務 信用度(クレジット・スコア)がダウン…など

(参考 文献:『パーソナリティーを科学する 特性5因子であなたがわかる』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、世間的な「まずは1年」「とりあえず3年」といった価値観を間に受けるほど、経済的・職業的な成功が遠のくことに。。

 

振り返ると、わたしが「あのとき行動していて良かった…」と思うものは、すべて『自分の意志で動いたこと』。

 

反対に、社会の常識・ルールにしたがって決断したときほど、大きな「損失」や「痛手」を受けたように思います。

 

…さぁ、いまこそ決断のとき。

 

あなたが望むのは、世間体を気にして、キャリアを棒に振る “真っ暗な未来” ですか?

 

それとも、じぶんの手で人生を切りひらく “希望ある未来” でしょうか?

 

大丈夫です。

 

ここまで、わたしの話を真摯(しんし)に聞いてくれた賢明な あなたなら、きっと前向きな運命を掴めるはずですから。

 

にゅー
にゅー

わたしは、そう信じていますよ!

 

未来を決めるのは、あなた自身の選択 次第です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました