【嫌悪感】仕事が大嫌い。最悪な職場を卒業するには?→対策2選で【科学データをもとに解決】

【仕事が大嫌い】

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

はぁ…仕事に行くのが嫌すぎる…。

いまの職場が大嫌い…毎朝、訳も分からず泣きたくなるくらいツラい。。

社内に気が合わない社員がいるせいで、業務にも集中できないし。。

もうストレスが限界…毎日、嫌いな人たちの顔を見るために出社しなきゃなんて。。

このさき、どうしたらいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【科学で克服】仕事が大嫌いで、出社がイヤ過ぎる…→『事実の把握』で解決⁉︎
▶︎科学的な「2つの突破口」で【完璧に解決】詳細は記事の後半にて

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【嫌悪感】仕事が大嫌い。最悪な職場を卒業するには?→対策2選で【科学データをもとに解決】

【科学で克服】仕事が大嫌いで、出社がイヤ過ぎる…→『事実の把握』で【解決せよ⁉︎】

 

【必読】当記事では、あなたのキャリアの悩みを解決すべく、科学的なデータをもとに、対処法を発信していきます。

 

ムリしなくても、大丈夫
あなたの苦しみは、きっと克服できますよ

 

わたしと一緒に、対策していきましょう。

 

 

さて、さきに結論ですが「仕事が嫌い過ぎてツラい…いまの職場が大嫌い…」を解決するカギは、『事実の把握』にアリ

 

なぜ こんなにも、いまの会社が嫌いなんだろう?」
どうして、泣きたいほど仕事に行くのがイヤなのか?」

 

というのも、心理学の研究によると、事実・データをもとに判断できる人ほど、↓以下のメリットを受ける傾向に。

 

・問題 解決力がアップ
・ストレス抵抗力がアップ
・不安感、イライラ感が改善
・ネガティブ、マイナス思考が改善…など

(参考 文献ー『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、懸念点を “具体的に” 認識できる人のほうが、仕事のストレスが改善し、問題を解決しやすくなるのですね!

 

なので、↓以下のようなイメージで、仕事が嫌いな理由を分析し、あなたの「職場の問題点」にフォーカスするのがオススメ。

 

【人間 関係の問題】
・お局さまの陰口、嫌がらせがキツすぎる
・高圧的な先輩の影響で、職場で萎縮している
・パワハラぎみな上司のせいで、出勤が苦痛すぎる
・対人 関係が劣悪で、関わりたくない人が大勢いる…など

 

【職務的な問題】
・サービス残業が慢性化してて地獄
・職務 内容と社内での評価が見合ってない
・労働 時間が長すぎて、私生活が犠牲になっている
・業務量が膨大で、責任とプレッシャーがデカ過ぎる…など

 

【社風・その他の問題】
・宗教じみた軍隊みたいな社風が気持ち悪い
・就業前の理想と現実とのギャップが大きすぎた
・楽しさ、やりがいよりも「嫌悪感」が勝ってしまった
・周囲の人たちからサポートを受けられない環境にある…など

 

とくに懸念すべきは、社内での「対人 関係の悪化」

 

というのも、アメリカの統計データによると、↓以下のことが証明されているのです。

 

「職場で受けられる心理・社会的なサポートが足りないせいで、年間 約3,000人もストレスを理由に亡くなっている」

(参考 文献:『ブラック職場があなたを○す』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、仕事場での人との関わりが悪いほど、ストレスを受けやすく、身体的に深刻なダメージを負う危険が。。

 

…ここで一度、振り返ってみてください。

 

あなたの会社の人間 関係は、 “正常に” 機能していますか?

 

クセの強い同僚と言い争ったり、上司・先輩との軋轢(あつれき)に疲れ切っていないでしょうか?

 

あなたのメンタル・フィジカルの悪化を未然に防ぐためにも、より具体的に『原因の分析』に努めるのが吉ですよ。

 

【真実】日本の労働者の約90%=仕事が嫌い⁉︎

 

そして、さきほどの『事実の把握』と関連して、わたしたち日本の労働者が「いかに仕事を嫌っているか?」を知るのも吉。

 

じつは、日本人の “約90%以上” は、じぶんの仕事が「嫌い or 好きではない」のだそう。

 

その証拠に、世界的な統計データを見ると、↓以下のことが確認されています。

 

▶︎日本の労働者のうち…
全体の7〜8%しか「いまの会社に関わっていきたい」と感じていない
全体の60%未満しか「現在の仕事 環境に満足」と答えておらず、調査 対象24ヵ国のうち “最低レベル” だった

(参考 文献:『働き方2.0vs4.0 不条理な会社 人生から自由になれる』)

 

分かりやすくいうと、そもそも日本の正社員は「会社 組織が嫌いで、そこまで仕事が好きじゃない」のですね。

 

さらに、国際的な調査 研究では、世界中の労働者のうち28〜58%は、常に「仕事を辞めたい」と感じているのだそう。

(参考 文献:『悪いやつほど出世する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、のべ数十億人もの人々が、あなたと同じように「いまの仕事が大嫌いで…」と悩む “同志” だということ!

 

…そう考えると、すこし心強くなりませんか?

 

ちょっとだけ、気持ちが軽くならないでしょうか?

 

ちなみにですが、、わたしたち日本の会社員には、職場を変えることを「悲観的にとらえ過ぎる」という傾向もアリ。

 

その証拠に、2020年 現在は「3人に1人が転職に成功している時代」。

 

…ただ一方で、統計 研究を見てみると、約9割が「いまの仕事を変えるなんて、簡単にはできない」と考えているのだとか。

 

つまり、90%以上の日本の労働者たちは、じぶんのキャリア選択にネガティブで、現実的なデータを見ていない。

 

にゅー
にゅー

まとめると、キチンと“客観的な” 事実を分析できていないからこそ、大嫌いな仕事でもガマンして続けてしまうのですね。。

 

なので くり返しですが、あなたの「いまの仕事が大嫌いで…」を解消する “第一歩” は、まず『問題点の把握』にアリですよ。

 

【悲報】不幸せな社員=人生の大失敗⁉︎

 

ただ一方で「社会人は みんな、仕事を嫌いだと感じているもの! それでもガマンして働いてるんだ!」という反論もあるかも。

 

たしかに、日本では「忍耐=美徳」という価値観が強いせいか、多少の我慢を良しとする風潮がありますよね。

 

…しかし、1つだけ意見させてください。

 

「ツラくて苦しい大嫌いな仕事」と「充実した楽しい仕事」の2つがあるとしたら、あなたは どちらを選びたいでしょうか?

 

すでに嫌いになっているものを、好きになろう無理やり努力するより、さいしょから夢中になれる仕事ができたら…と。

 

苦痛に耐えつづけるだけの “悲しい未来” よりも、人生の3分の1を占める仕事をとおして “明るい未来” が掴めたら…と。

 

…そう思いませんか?

 

残念なことに、、嫌いな仕事を我慢しつづけて、不幸を感じながら働く人ほど、 “人生の大失敗” に陥るリスク大

 

その反対に、組織 心理学の研究によると、職場で幸せに働く社員ほど、以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

・病欠率が減少
・離職率が減少
・労働 生産性がアップ
・ストレス抵抗力がアップ
・売上をアップさせやすい
・健康レベルを維持しやすい
・良い対人 関係を築きやすい
・高収入、高賃金になりやすい
・業務パフォーマンスがアップ
・リーダー シップを発揮しやすい…など

(参考 文献ー『幸福 優位7つの法則 仕事も人生も充実させるハーバード式 最新 成功理論』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、仕事で幸福を感じている労働者のほうが、仕事 成果や人間 関係、それから経済的な成功をも手にしやすいのです!

 

専門的には『幸福 優位(こうふく ゆうい)』と呼ばれる心理 傾向ですね。

 

断言できます。

 

もしも、あなたが「大嫌いな仕事を卒業したい…!」と願うのなら、できるかぎり幸福な職場を探し求めるべきだと。

 

そこで、このさきでは「仕事が嫌いすぎる…心の底から大嫌い…」を解消すべく、科学的な「2つの突破口」を解説

 

▶︎価値観の再設定
▶︎選択肢を広げる

 

にゅー
にゅー

「仕事が大嫌い…いっそ会社を辞めたい…」と苦しむときこそ、科学を味方に対処していきましょう!

 

【断言】「大嫌いな仕事」を脱出するには?→科学的な2つの突破口で【完璧に解決!】

 

さて、1つ目に紹介するのは『価値観の再設定』について。

 

じつは、心理学の研究によると、じぶんの価値観をキチンと把握できる人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

▶︎心理・身体的なメリット
・共感 能力が上昇
・イライラ感が減少
・マイナス思考が減少
・長寿になりやすくなる
・不安感や恐怖感が改善
・ストレス抵抗力が改善
・ポジティブ気分が上昇
・主観的な幸福感が上昇
・自信が回復しやすくなる
・感情コントロール力が改善…など
▶︎経済的なメリット
・将来の収入がアップ
・将来的な貯蓄率が改善…など

(参考 文献:『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』『最高の体調 ACTIVE HEALTH』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、価値観を “客観的に” 認識できている人のほうが、メンタルの状態が改善し、経済的にも成功しやすいのです!

 

じつは、世の会社員の96〜99%が陥りがちな “最悪の悲劇” が、じぶん自身の「人生の方向性」を定めていないこと。

 

そのせいか、目先の「年収アップ」や「給与への不満」などに囚われ、幸福度への影響が弱い “お金 稼ぎ” にハマりがち。。

 

↓下図にあるとおり、収入を2倍に増やしても、幸福度も2倍にアップするわけではないのに、です。

 

【相対所得仮説】(参考 文献:『行動経済学 入門ー東洋経済 新報社』『「幸せ」について知っておきたい5つのこと NHK「幸福学」白熱教室』)

 

たとえるなら、あなたの価値観を深く知ることは、仕事キャリアという海を泳ぐ “ガイド ライン” を手にするようなもの。

 

いまの大嫌いな仕事を卒業する “ファースト ステップ” は、あなたの人生の目的を見定めることにアリですよ。

 

↓以下の記事では、認知 行動療法でも使われる『ACT』というテクニックを参考に、あなたの価値観に迫っていきます。

 

ぜひ ご覧くださいね。

 

(まとめ記事へのリンク)

 

【科学が実証】『選択肢を広げること』に力を注げ⁉︎

 

さて、さいごに解説するのは『選択肢を広げる』について。

 

そして、ここからがメインテーマ

 

あなただけに暴露しますが、、「仕事が大嫌いで…」を克服できない人の97〜99%には、共通の “失敗パターン” が。

 

それは「自分に選択できることは、世の中に数多くある」という事実に気付いていないこと。

 

シンプルに、ほかの解決策に目を向けられず、視野が狭くなっているのですね。

 

…厳しい指摘で すみません。

しかし、確かな事実です。

 

その証拠に、臨床 心理学の研究によると「強いストレスを受けているときほど、問題 解決力が低下しやすい」のだそう。

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

専門的には『視野 狭窄(しや きょうさく)』と呼ばれる心理 傾向ですね。

 

つまり、仕事ストレスが悪化しているときほど、問題への対処ができなくなる傾向に。。

 

反対に、ほかの研究データによると、いくつもの選択肢を検討できる人ほど、問題 対処力がアップする傾向に。

(参考 文献:『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』『無理なく限界を突破する心理学 突破力』)

 

専門的には「クリティカル シンキング(批判的な思考)」と呼ばれる思考法です。

 

また他にも、ものごとを多角的・批判的な視点で見れるようになると、↓以下のメリットを受けやすいのだとか。

 

・お金で失敗しにくくなる
・対人 関係の悪化を防げるように
・心身ともに健康を保ちやすくなる…など

 

ちなみに、年商10億円 以上を稼ぐメンタリストのDaiGoさんは、クリティカル シンキングを↓以下のように紹介しています。

 

「ボクたち凡人が、天才を出し抜ける “たった1つの科学的な方法” 」。

 

ですので、↓以下のような方法で「選択肢の幅を広げてみる」のも一手。

 

・キャリア系の本を読む
・友人、知人に悩みを相談
・就職イベントに参加してみる
・職業カウンセリングにトライ
・職種の数について調査、研究する
・転職 支援サービスを利用してみる…など

 

【3分で未来を変える】無料サービスの応用法とは?

 

にゅー
にゅー

そこで、ここまで話をきいてくれた あなたにだけ、特別 待遇で「科学データに基づいた “秘策” 」を教授しちゃいます

 

個人的に強くイチオシできるのは「大手 支援サービスの活用」です。

 

というのも、ひとり孤独に「仕事が大嫌い…」「出社が苦痛すぎて…」と悩みつづけるのは、、あまりにツラいもの。

 

たとえるなら、知らない街にポツンと1人、なんの目印もないまま放り込まれるようなものですから。

 

そこで、転職 支援サービスを活用して、総勢1,000名 以上も専門アドバイザーたちを “味方” に引き込むのが吉

 

高度な教育を受けた専属スタッフたちを、あなただけの “サポーター” として使い倒しちゃうのがオススメですよ。

 

その証拠に、臨床 心理学の研究によると「対処法を手に入れておく “だけ” でも、ストレスに強くなる」のだそう。

 

専門的には『コーピング レパートリー』と呼ばれ、認知 行動療法でも使われるテクニックの1つですね。
なので、効果のほどは実証 済み

 

たとえるなら、各種 転職サービスを “メンタル安定剤” に応用するようなものでしょうか。

 

ただ一方で「営業トークに乗せられそうで怖い…求人をゴリ押しされそうで、ちょっと…」という懸念があるかもですね。

 

でも、大丈夫

まったく心配 無用です。

 

億が一にでもサービス内容に満足できなかったら、ちゃちゃっとスマホを2〜3タップして「利用 停止」で問題ナシ

 

50秒もかからず完了ですよ。

 

それに、サービス登録“だけ” しておけば、いつでもあなたの好きなタイミングで利用 可能

 

キャリア選択に踏み出す “さいしょの一歩” として、このうえなく手軽でコスパ最強だと断言できますよ。

 

ご安心ください
絶対に、あなたに「損」はさせません

 

ちなみに、わたしは個人 事業主として仕事をしている今でも、常に「3つの支援サービス」を “回避策” として使っています。

 

というのも、いつまでも自前のビジネスで食っていける保証なんて、どこにもないから。

 

タダで活用できる大手サービスを “第2、第3の刃” として確保しておくことで、万が一の事態に備えているわけですね。

 

ことわざにもあるとおり、 “備えあれば憂いなし” ですので。

 

とくに、大手サービスでは、↓以下のいずれもが0円で受けられるので、もしもの“起死 回生の一手” に使えること確実です。

 

▶︎ブラック企業を除外した求人だけを紹介
▶︎書類 添削、相談サービスなどで迅速に対応
▶︎専門スタッフによる現実的なアドバイスあり
▶︎あなただけの “非” 公開求人を紹介してくれる
▶︎面接の日程 調整、労働 条件の交渉などを代行…など

 

そして、支援サービス8社 以上を比較・テストした結果、、わたしの結論は“大手が最強”

 

…ここで1つ、考えてみてください。

 

↓以下の2つのいずれかを使うとき、どちらが「安心して利用できそうだな〜…」と感じるでしょうか?

 

▶︎実績もサービス内容も不明な小会社
→求人数は数百〜数千 件くらいで少なめ
▶︎知名度、サービスの充実度すべて確保された大手の企業
→ “非” 公開 求人を含め6万〜11万 件の求人数で大ボリューム

 

きっと、信頼が保証された大手の会社のほうが、どこぞの馬の骨(ごめんなさい!)よりも安全して利用できるはず。

 

…そう思いませんか?

 

そして、サービス登録はカンタン

 

本記事の終わりにリンクを貼っておきますので、必要 事項を入力するだけ。

 

とてもシンプルですよね。

 

登録は3分でOKなので、あなたの貴重な時間・お金も節約できちゃいます。

 

一種の「自己 投資」だと思って、スパッと行動に起こすのが吉ですよ。

 

正直にいうと、以上のメリットがある無料サービスを使わないなんて、、もったいなさ過ぎる
あまりにも、もったいないこと

 

いうまでもなく、無料サービスのメリットを実感できるのは、じっさいに行動して登録してみた人だけ

 

ぜひ、あなたにも大手 支援サービスの信頼+安定を体験して欲しい

心の底から、そう強く思います。

 

にゅー
にゅー

「仕事が嫌いすぎる…大嫌いな職場から抜け出したい…」と感じる今こそ、科学データを参考に動き出しましょう!

 

【真理】いまの仕事場が大嫌い…いっそ会社辞めたい…→たった1つの克服策は【あなた自身の選択】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話をきいてくれた あなたに、心からの感謝を。

本当にありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「現状 維持のデメリット」について。

 

研究 結果によると、行動を後回しにしがちな人ほど、将来の年収が下がりやすく、キャリア選択にミスりやすいのだそう。

(参考 文献:『ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか』)

 

つまり、環境の変化というリスクを避ける人のほうが、むしろ “人生の失敗” という最大の危険を犯しやすい傾向に。。

 

…さぁ、想像してみてください。

 

このさき40〜50年 以上も、大嫌いな仕事、ニガテな同僚、毎朝の電車 通勤…などに囲まれつづける “悲しい末路” を。

 

安い給料しかもらえず、ひもじい思いをしながら額に汗して出社しつづける “真っ暗な未来” を。

 

そんな人生、絶対にイヤだ。
不幸な未来なんて、送りたくない。

 

…そう思いませんか?

 

明るい未来を手に入れられるかどうかは、すべて今この瞬間の『あなた自身の選択』次第

 

あなたが望むのは、どちらの未来でしょうか?

 

にゅー
にゅー

ここまで、わたしの話を聞きすすめるという『行動』を起こせたあなたなら、きっと運命を変えられるはずですよ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました