【限界】頭を使う仕事に向いてない?→頭脳労働を避ける対策1選で【科学的にすべて解決】

仕事の問題を解決したい

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事がツラい女性
仕事がツラい女性

もう無理…頭を使う仕事がニガテ過ぎる…。

脳のエネルギーを使いすぎなせいで、ボーッとする…頭が回らなくて、臨機 応変に動けない。。

仕事がツラい人
仕事がツラい人

じぶんには、頭脳 労働なんて向いてないんだ…もっと身体を使う仕事のほうが、圧倒的にラク。。

…でも、世間的には「知能 労働=高収入」だし、、ガマンして耐えなきゃなのかも。。

どうしたらいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【もう嫌】頭を使う仕事に向いてない…→『向き・不向きの分析』で克服⁉︎
▶︎科学的な「たった1つの打開策」で【完璧に解決】詳細は記事の後半にて

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【限界】頭を使う仕事に向いてない?→頭脳労働を避ける対策2選で【科学的にすべて解決】

【もう嫌】頭を使う頭脳労働に向いてない…→仕事の適性は『向き・不向きの分析』で克服⁉︎

 

【必見】当サイトでは、あなたのキャリアの悩みを改善すべく、科学的なデータをもとに、解決策を発信していきます。

 

だいじょうぶ。
あなたの苦しみは、きっと解消できますから。

 

わたしと一緒に、対策していきましょう。

 

 

さて、さきに結論ですが「頭を使う仕事に向いてない気が…」を克服するキーワードは、『向き・不向きの分析』

 

…ここで1つ、ご自身について思い返してみてください。

 

論理的に考えるのがニガテで、すぐキャパ オーバーになり、頭がパンクしそうになった経験はありませんでしたか?

 

また、細かい計算や数字が生理的にムリだったり、仕事の疲れで「頭がボーッとする…」と感じていないでしょうか?

 

とくに、現代は「IT+テクノロジー」の時代ですから、頭を使う作業が求められるもの。

 

パパッと仕事を切りかえる「臨機 応変さ」や「マルチ タスク」が求められる場面も、少なくないですよね。

 

…しかし、です。

 

脳科学の研究によると、考えごとに慣れてない人が頭を使うとき、ふだんより “約300%” もエネルギーを酷使する傾向に。

(参考 文献:『「Yes!」を引き出す7つのトリガー[説得の科学]』)

 

分かりやすくいうと、頭を使う仕事に向いてない人ほど、ふつうと比べて “約4倍” も脳が疲れやすいということ。

 

「4倍」。

驚きのエネルギー消費量ですよね。

 

さらに、組織 心理学の研究によると、日常的に複数の仕事をしがちな人ほど、↓以下のデメリットを受けやすい傾向に。

 

・問題 解決力が低下
・仕事の効率性が低下
・イライラしやすくなる
・ストレス レベルが悪化
・判断力、決断力がダウン
・業務 生産性が “40%” ダウン
・集中力、注意力が “33%” ダウン
・ミスや失敗のリスクが “50%” も悪化…など

(参考 文献:『幸せな選択 不幸な選択ー行動科学で最高の人生をデザインする』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、マルチ タスクに陥りがちな社員ほど、メンタルが悪化し、仕事の成果も上げにくくなるのですね。。

 

分かりやすくいうと、同時に複数の仕事をこなすことは、必要 以上に頭を使いがちな「脳への負担が大きい作業」。

 

また、あなた自身のキャパシティを超えた業務量は、脳のエネルギーを酷使する「効率の悪い方法」の1つ。

 

…さぁ、いまいちど振り返ってみてください。

 

あなたが仕事の苦痛やニガテ意識を感じるのは、どんな作業をしているときですか?

 

心身の疲労・目の痛みを訴えるのは、どの職務を終えたときだったでしょうか?

 

断言できます。

 

「頭を使う仕事に向いてなくて…」を解決する “はじめの一歩” は、あなた自身の『向き・不向きの分析』にアリですよ。

 

【注意】「向いていない仕事」を続ける末路とは?

 

ただ一方で、↓以下のような反論もあるかもしれませんね。

 

上司①
上司①

いまの仕事に向いてないから「会社を辞めたい」だなんて、、甘ったれにも程があるぞ!

大なり小なり、どんな業務でも頭を使うもの! 疲れのせいでミスが連発してるなら、対策を練るべき!

自己 判断がムズカシイなら、先輩・上司にアドバイスを求めるなりして克服すべきだぞ!

 

かなりキツめの意見ですが、、たしかに↑上記にあるとおり、どの仕事でも「頭を使う機会」は訪れるもの。

 

となれば、マイルールとして「分からないところが見つかったら、すぐに他人に助言を求める」と設定するのもアリ。

 

質問した内容をメモに取るなりすれば、余計なエネルギーを使わなくて済むので、頭がボーッとすることも減るはず。

 

…しかし、です。

 

ただ一方で、向いてない仕事・合わない職場に居続ける “リスク” もまた、、あると思いませんか?

 

その証拠に、産業 心理学の研究によると、会社とのミスマッチを放置しがちな人ほど、↓以下のデメリットを受ける傾向に。

 

・抑うつ感が悪化
・マイナス思考が悪化
・モチベーションが悪化
・人生への絶望感が悪化
・ストレス抵抗力がダウン
・業務パフォーマンスがダウン
・感情コントロール力が悪化
・他人のことを信用できなくなる…など

(参考 文献:『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、向いてない職務を続けがちな人ほど、メンタルの状態が悪化し、業務 成果もダウンしやすいのですね。。

 

…さぁ、冷静に考えてみてください

 

現代は「寿命100年」とも言われ、わたしたち20〜30代は “死ぬまで働き続ける” と予測される時代です。

 

そして、イメージしてみてください。

 

このさき45〜50年ちかくに渡り、向いていない仕事を強制されつづける “苦しい未来” を。

 

いつまでも慣れない仕事に疲れきってしまい、じぶんへの自信すらも失くしてしまう “苦痛の日々” を。

 

…そんなキャリア人生、あんまりだと思いませんか?

 

そこで、このさきでは「頭を酷使する仕事に向いてなくて…」を解消すべく、科学的な「たった1つの打開策」を解説

 

▶︎マイナス感情の吐き出し

 

にゅー
にゅー

「仕事のせいで、頭が回らない…明日の出社が怖い…」と悩む今こそ、科学を味方に対策していきましょう!

 

【科学で対処】頭脳を使う仕事に向いてないかも…→知能労働を克服する【唯一の打開策とは?】

 

さて、『マイナス感情の吐き出し』について解説していきます。

 

…ここで1つ、あなたに質問させてください。

 

仕事から受けたストレスや苦痛を、日常的にシッカリ解消できているでしょうか?

 

反対に、ネガティブ感情やイヤな気分を、職場から家に持ち帰っていませんか?

 

じつは、臨床 心理学の研究によると、定期的にグチや不満を吐露できる人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

・イライラ感が改善
・マイナス思考が改善
・不安感、焦燥感が改善
・ポジティブ気分が改善
・ストレス抵抗力が改善
・感情コントロール力が改善
・仕事のモチベーションがアップ
・再 就職率が14%→53%にアップ…など

(参考文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』『マンガで分かる心療 内科ー第5巻』)

 

みゅー
みゅー

まとめると、習慣的にマイナス感情を発散できる人のほうが、メンタルが安定し、転職 成功率も “約3.7倍” アップする傾向に!

 

たとえるなら、心に溜まったストレスを吐き出すことは、パンパンに詰まった風船を “ガス抜き” するようなもの。

 

脳科学の研究でも、ストレス状態にあるときほど、脳の活動が低下し、頭がボーッとしやすくなると分かっています。

(参考 文献:『ストレスに負けない脳 心と体を癒すしくみを探る』『ストレスの脳科学 予防のヒントが見えてくる』『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』)

 

そこで、です。

 

↓以下の記事では、1日5分で効果アリな『筆記 開示』という技法について、小6でも理解できるよう分かりやすく解説。

 

もっとも重要な冒頭 部分は【無料で公開中】ですから、チョロっと立ち読みするだけでも全然OKですよ。

 

そして、あなただけに【超お得なセール情報】を1つ。

 

なんと今だけ、3冊セットで購入した場合のみ特別セールで、1冊分の【890円を無料でプレゼント】しちゃいます。

 

 

…とはいえ、せっかく お金を払って自己投資するのですから、絶対に失敗したくないですよね。

 

だいじょうぶ。

わたしが紹介するnoteは【24時間いつでも返品OK】ですから、あなたが損をすることは万が一にもありません。

 

ストレスフルな毎日から抜け出すチャンスは、まさに【今この瞬間】ですよ。

 

(📚「ストレスを打ち破る科学的な対策法」について学びたい あなたへ→【実は…】日本人の90%が知らない「科学的に正しい考え方」とは?【49以上のデータを基に解説】

 

【まとめ】頭を使う仕事に向いてない?→頭脳労働を卒業する唯一の方法は【あなた自身の選択】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話を聞いてくださった あなたに、心から感謝します。

本当に、ありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「決断を先延ばしにするデメリット」について。

 

研究 結果によると、行動を後回しにしがちな人ほど、キャリア選択に失敗し、将来の年収がダウンしやすくなるのだそう。

(参考 文献:『ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか』)

 

いま振り返れば、わたしが「あのとき行動しといて良かった…」と感じるのは、すべて『即断 即決で動いたこと』でした。

 

…さぁ、頭のなかで思い浮かべてみてください。

 

現状 維持に甘んじて、苦しみを克服できずに鬱々を過ごす “真っ暗な未来” を。

 

反対に、仕事の苦痛から逃れるべく、あなた自身の行動で切り開いていく “可能性ある未来” を。

 

あなたが望むのは、どちらの人生でしょうか?

 

このさきの未来を変えられるかどうかは、すべて今この瞬間の『あなた自身の選択しだい』です。

 

きっと、大丈夫。

 

ここまで、わたしの話に耳を傾けてくれた聡明な あなたなら、ぜったいに前向きな運命にしていけるはずですから。

 

みゅー
みゅー

わたしは、そう信じています!

 

人生の決定権は、あなたの手の中にありますよ。

 

(📚「ストレスを打ち破る科学的な対策法」について学びたい あなたへ→【実は…】日本人の90%が知らない「科学的に正しい考え方」とは?【49以上のデータを基に解説】

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました