【限界】仕事がつまらないせいで、毎日が面白くない…→対策2選で【科学データをもとに解決】

【仕事がつまらない】 Uncategorized

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

もうイヤだ…仕事が退屈すぎる…。

毎日、つまらない単純 作業の くり返し…ぜんぜん成長感が持てないし、業務に面白みがない。。

働いてて楽しくない…こんなキャリアを送りたくて、いまの会社に入ったんじゃないのに。。

仕事に悩む女性
仕事に悩む女性

このさき40年 以上も、つまらない仕事に耐え続けなきゃなんて…絶対ムリ、、ガマンできない。。

どうしたらいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【辞めたい】つまらない仕事を脱却するには?→『現状の把握』が打開策⁉︎
▶︎科学的な「2つの克服法」で【完璧に解決】記事の後半にて詳細を解説

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【限界】仕事がつまらないせいで、毎日が面白くない…→対策2選で【科学データをもとに解決】

【いっそ辞めたい】退屈でつまらない仕事を脱却するには?→打開策は『現状の把握』⁉︎

 

【必見】当サイトでは、あなたの仕事の苦しみを改善すべく、科学的なデータをもとに、打開策を発信していきます。

 

ぜったいに、大丈夫
あなたのキャリアの苦悩は、きっと解消できますから

 

わたしと一緒に、対策していきましょう。

 

 

さて、さきに結論ですが「仕事がつまらないせいで、毎日が退屈…」を解決するキーワードは、『現状の把握』にアリ

 

↓以下のようなイメージで、あなたの職場に蔓延する「仕事の問題点」に目を向けることが、苦痛に対処する “第一歩” 。

 

ビジネスマン②
ビジネスマン②

あまりにも作業が無くて、業務 時間がヒマ過ぎる…なんのために会社に行ってるのか。。

上司に「仕事をください!」って願い出ても、たいした職務を割り振られないし。。

自分でやることを見つけようにも、先輩から「ウチの会社では、出勤さえしてりゃいい」って咎(とが)められるし。。

もう、八方ふさがりだよ。。

 

じつは、心理学の研究によると、懸念点を “より具体的に” 分析できる人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

・問題 解決力がアップ
・ストレス抵抗力がアップ
・不安感、イライラ感が改善
・ネガティブ、マイナス思考が改善…など

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、原因 “より客観的に” 追求できる人のほうが、メンタルが安定し、課題に対処しやすくなるのですね!

 

かんたんにいうと、わたしたちは「解決すべき問題が分かっていれば、困難に立ち向かえるようになる」。

 

そこで、↓以下10点を参照しつつ、あなたが感じている「退屈さの理由」を深掘りするのがオススメです。

 

・単調なルーティン ワークばかりで、成長している実感が持てない
・会社の目標 設計が あいまいで、明確なゴールを意識できずにいる
・職務が適性に合ってないと感じ、集中して作業に取り組めていない
・あまりにも単純 作業が多いため、1日8時間が長く感じて苦痛すぎ
・やる気なくダラダラと働くしかなく、満足な成果を上げられずにいる
・職場の人間 関係が悪く、社内の人と関わることに楽しさを見出せない
・仕事の裁量権(自由)がなく、自己 判断で進められる業務が少な過ぎる
・仕事のモチベーションを維持できず、時間をムダに過ごしている気がする
・悩みや不満を相談できる相手がおらず、社内コミュニケーションに不満アリ
・他者からのフィードバックが少なく、会社に貢献している感覚が得られずにいる…など

 

断言できます。

 

あなたの「退屈すぎて、仕事がつまらない…」を打開するファースト ステップは、『状況の把握』にアリですよ。

 

【真実】「給料=ガマン料」と割り切るのもアリ、だが…

 

もしも、不満が解消される見込みが立たない場合は、思いきって「仕事=生活費を得る手段」と割り切るのもアリ。

 

じつは、組織 心理学の研究によると「給料=ガマン料」と捉え直せる人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

・離職率が改善
・業務の上達率が改善
・ネガティブ思考が改善
・仕事のモチベーションが改善

(参考 文献:『4021の研究データが導き出す 科学的な適職』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、働くことを割りきって考えられる人のほうが、労働 意欲が改善し、より早く仕事が上達するようになるのですね!

 

科学的に見ると、つまらない作業にモンモンとしているよりは、いっそ「仕事=生存 手段の1つ」と解釈するのも一手。

 

…しかし、1つだけ注意点が。

 

いまの職場が「明らかに、じぶんの性格・価値観に合ってない…」と感じている場合は、、部署 異動を打診すべきかも。

 

というのも、組織 心理学の研究によると、向いてない仕事に従事しがちな人ほど、↓以下のデメリットを受ける傾向に。

 

・抑うつ感が改善
・マイナス思考が改善
・モチベーションが改善
・人生への絶望感が改善
・ストレス抵抗力が改善
・業務パフォーマンスが改善
・感情コントロール力が改善
・他人を信用できるようになる…など

(参考 文献:『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、職務 内容とのミスマッチが大きい人ほど、ストレス状態が悪化し、業務 成果も上がりにくくなるのですね。。

 

たとえるなら、合わない環境で努力しつづけることは、マラソン選手がサッカーの練習をさせられるようなもの。

 

長距離のランナーが活躍できるのは、ランニング場の上でこそ。

 

…そう思いませんか?

 

ここで1つ、ご自身について振り返ってみてください。

 

いま直面している「つまらない仕事」は、あなたの適性に合わない “不向きな業務” ではないでしょうか?

 

あるいは、スキル アップが見込めない「苦手な作業」を担当し、将来のキャリア形成に不安を感じていませんか?

 

「給与=退屈さのガマン代」と割りきるのも1つの方法ですが、いちど「あなた自身 × 仕事」を見直すのも一手ですよ。

 

【危険】「無刺激でつまらない仕事」を続けると…⁉︎

 

とはいえ、↓以下のような意見もあるかもしれませんね。

 

上司
上司

つまらない仕事だとグチをこぼす前に、改善できる点を自分で見つけるべき

頑張っても結果が出ないなら、上司に相談するなり先輩にアドバイスを乞(こ)うなり、、対処法は無数にあるはず!

能動的に仕事の工夫ができないままだと、このさき社会人としてやっていけないぞ!

 

かなりキツめ言い分ですが、、たしかに↑上記にあるとおり、主体的に工夫できるか否かで、仕事の楽しみ方は変わるもの。

 

となれば、ここは1つ「創意 工夫のチャンス」だと捉えて、つまらない業務に前向きに取り組むのもアリかもですね。

 

…ただ一方で、疑問にも思いませんか?

 

そもそも、なぜ わたしたち人間は「退屈でつまらない時間=苦痛」だと感じてしまうのか、と。

 

そして、いっさいの刺激が無い「無興奮・無関心」の状態に留まりつづけると、ヒトはどうなってしまうのか…と。

 

じつは、心理学の研究によると、 無刺激で退屈な環境に置かれると、人間は「幻覚・幻聴・妄想」などに襲われがちのだそう。

 

専門的には『感覚 遮断』と呼ばれ、現在では “禁止された実験” として知られていますね。

 

分かりやすくいうと、わたしたちは「無刺激でつまらない状況には、精神的に耐えられない」。

 

さらに、組織 心理学の研究によると、単調で退屈な仕事に就く人ほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだとか。

 

▶︎心身のデメリット
・免疫力が低下
・イライラ感が悪化
・問題 対処力が低下
・集中、注意力が低下
・不安、抑うつ感が悪化
・ネガティブ気分が悪化
・モチベーションが悪化
・早死リスクが “約63%” も悪化…など

 

▶︎仕事のデメリット
・生産性が低下
・仕事 満足度が低下
・将来的な収入が低下
・欠勤、病欠率が悪化
・昇給、昇進率が悪化
・業務パフォーマンスが悪化…など

(参考 文献:『幸せな選択、不幸な選択ー行動 科学で最高の人生をデザインする』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、変化のない つまらない職務を続けがちな人ほど、心身ともに悪化し、経済的・キャリア的にも失敗しやすい傾向に。。

 

なので、ありがちな「退屈だけどラクな会社=おいしい仕事」という認識は、科学的に見ると “大間違い” 。

 

単調で変化に乏(とぼ)しいキャリア生活を送ることは、人生を台無しにする危険アリな “落とし穴” なのです。

 

【すぐ実行 可能】つまらない仕事への対策【8選】

 

ちなみに、退屈でつまらない仕事に刺激を加えるには、↓以下8つのような対策を取るのもオススメです。

 

・「小さな課題」を定める
・仕事の達成 期限を設定する
・新しい仕事 道具を使ってみる
・社内で「競争 相手」を見つける
・スキルを活かして副業を始めてみる
・時間を作って「資格の取得」に努める
・仕事 終わりに「趣味の時間」を設ける
・社外に「目標になる憧れの人物」を作る…など

 

たとえば、小さな目標を設定することで、主体的に仕事に取り組むようになり、モチベーションの改善が期待できます。

 

あるいは、わざと「作業 時間の期限」を作ることで、意図的に精神的なプレッシャーを生み出すのも一手。

 

いってみれば、ゲームにありがちな「タイム アタック」のようなイメージでしょうか。

 

というのも、生理心理学の研究によると、適度な緊張感は「やる気ホルモン」と呼ばれる『ドーパミン』を分泌。

 

モチベーションに関わる物質を分泌させることで、つまらない仕事 時間に風穴を開けられる可能性 “大” ですよ。

 

…反対に、もっとも避けるべきは「緊張 × リラックス」のバランスが崩れること。

 

みずから創意 工夫する機会を奪われ、コンフォート ゾーン(現状 維持)から抜け出せなくなることが、もっとも恐ろしい。

 

その証拠に、心理学の研究によると、↓以下のことが証明されています。

 

ストレスと仕事の負担量がアンバランスになるほど、業務パフォーマンスが低下しやすい傾向にあると分かった」

 

にゅー
にゅー

わかりやすくいうと、わたしたち人間は「適度な刺激がない状態」では、低い成果しか出せなくなってしまうということ。。

 

図解すると、↓以下のとおりですね。

 

ヤーキーズ・ドットソンの法則

 

…さぁ、想像してみてください。

 

熱中できる仕事も持てないまま、このさき35年 以上もボーッと働き続けるだけの “苦痛な未来” を。

 

能力アップどころか、昇給や昇進すら見込めないままに、低賃金・低年収に おびえ続ける “悲痛な末路” を。

 

「そんな仕事 人生、ぜったいにイヤだ…」。

 

「現状から抜け出して、面白みのある未来を手にしたい」。

 

…そう思いませんか?

 

そこで、このさきでは「ヒマで退屈な仕事が、心底ツラくて…」を解消すべく、科学的な「2つの克服法」を紹介

 

▶︎価値観の再確認
▶︎退却ルートの確保

 

にゅー
にゅー

「毎日がつまらない…いっそ、会社辞めたい…」と苦しむときこそ、科学を味方に対策していきましょう!

 

【科学で解決】仕事が退屈でつまらない…→面白くない日常から抜け出す【2つの克服法とは?】

 

さて、1つ目に解説するのは『価値観の再確認』について。

 

…ここで1つだけ、あなたに質問させてください。

 

あなたには、生涯を賭(と)してでも達成したいと感じる「人生の目標」や「生きる目的」があるでしょうか?

 

あるいは、10年後…20年後の未来にも追求したいと思える「生きがい」や「大切な価値観」を お持ちですか?

 

というのも、心理学の研究によると、人生のゴールを意識できている人ほど、↓以下のメリットを受けやすい傾向に。

 

▶︎精神的なメリット
・幸福感がアップ
・社交性がアップ
・共感力がアップ
・マイナス思考が改善
・恐怖、不安感が改善
・記憶力の低下を防ぐ
・モチベーションが改善
・ポジティブ気分が改善
・ストレス抵抗力がアップ
・良い対人 関係を築きやすくなる…など

 

▶︎職業的なメリット
・注意、集中力が改善
・将来的な収入がアップ
・長期的な貯蓄率がアップ
キャリア選択に成功しやすくなる…など

 

▶︎身体的なメリット
・抗 炎症作用が改善
・不眠になりづらくなる
・ナチュラルキラー細胞が活性化…など

(参考 文献:『目的の力ー幸せに死ぬための「生き甲斐」の科学』『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』『最高の体調 ACTIVE HEALTH』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、生きる目標を明確化できている人のほうが、心身ともに健康的で、仕事キャリアでも成功しやすくなるのですね!

 

たとえるなら、あなたの価値観を再認識することは、ビジネスという荒波を泳ぐ “コンパス” を手に入れるようなもの。

 

「どこに向かえばいいか?」を明らかにしてくれる “案内板” があれば、キャリア選択への迷いも断ち切れるはずですよ。

 

【実践編】①3つのキーワードを「選択」

 

このさきでは、心理カウンセリングでも利用される『ACT』という手法を参考に、あなたの価値観を深掘りしていきます。

 

まずは、1つ目のステップ。

 

↓下図を参考に、直感的にピンと来る「3つのフレーズ」を抜き出してみてください。

 

価値観リスト

 

さて、見つけられましたか?

 

もちろん、↑上図に適切なコトバがない場合は、あなた独自のフレーズを選んでもOKですよ。

 

②3つのコトバを「10点 満点で採点」

 

つぎに、2つ目の手順。

 

↓下図を参照しつつ、さきほど選択した3つのキーワードを「10点 満点」で評価してみてください。

 

価値観リストの数値化

 

これで、あなたの価値観に「1〜3位までの優先 順位」が付けられましたね。

 

以上で解説したのは、専門的に「数値化」と呼ばれる方法で、ものごとを客観視するときに使われるテクニックの1つ。

 

もっとも点数の高かったものが、あなたにとって「大切にしたい最上の価値」となります。

 

③仕事 × 価値観を「リンク」させる

 

さて、最後のステップです。

 

このさきでは、さきほどチョイスした「あなやの価値観」と「現在の仕事」を、互いにリンクさせていきます。

 

ちょっと難しいかもなので、↓以下を参考に「仕事 × 価値観」を結びつけて、現状を捉え直してみてくださいね。

 

ビジネスマン①
ビジネスマン①

ボクは『好奇心』が大事かな。…でも、いまの会社では事務的なルーティン ワークしか担当できてないから、まったく興味・関心を刺激されない。。もっと、脳を活性化できるような “エキサイティングな仕事” がしたいな。。

ビジネスウーマン
ビジネスウーマン

わたしは『向上心』が大切。職場の人間 関係が落ち着いてるのはいいんだけど、、担当 業務に退屈さを感じるのが難点、かしら。。いまよりも、ガンガン能力を磨けるような環境だといいんだけど。。

 

さて、これで全てのプロセスは終了です。

お疲れさまでした。

 

以上に解説したのは、専門的に『ジョブ クラフティング』とか『ワーキング アイデンティティー』と呼ばれる技法。

 

「価値観 × 現在の仕事」を結びつけて再解釈する、科学データに基づいたテクニックの1つだとされています。

 

メリットとしては、↓以下のとおり。

 

・離職率が改善
・問題 対処力が改善
・モチベーションが改善
・仕事の満足度がアップ
・職務に情熱を抱きやすくなる
・労働パフォーマンスがアップ
・ポジティブな感情や行動が増加
・仕事にやりがいを感じやすくなる…など

(参考 文献:『4021の研究データが導き出す 科学的な適職』)

 

断言できます。

 

「仕事がつまらな過ぎて…」を克服する “打開の一手” は、あなた自身の価値観を見直すすることにアリですよ。

 

【科学が保証】『退却ルート』を確保せよ!

 

さて、さいごには『退却ルートの確保』について。

 

そして、ここからが本番です。

 

あなただけに お話ししますが、、「毎日が退屈で…」を抜け出せない人の96〜98%には、1つの “失敗パターン” が。。

 

それは、転職 支援サービスの活用という、 “現実的な撤退ツール” を準備できていないこと。

 

いいかえると、いまの会社に留まることに囚われてしまい、極端に視野が狭くなっている。

 

シンプルに、ほかの解決策に目を向けられなくなっているのですね。

 

…キツい指摘で、すみません。
けれど、確たる事実。

 

反対に、仕事のストレスを適切に回避できるビジネス パーソンほど、もしもに備えて “脱出 手段” を用意しているもの。

 

みんな口に出さないだけで、八方ふさがりな状況を避けるべく、いつでも職場を変えられるよう “退路” を確保しているもの。

 

…さぁ、冷静に考えてみてください。

 

外堀を埋められ、逃げ場をなくした会社員が、どれほどの苦痛とストレスを受けることになるか。

 

「どこにも逃げられない…」という閉塞感が、どれだけ わたしたち労働者のメンタルを苦しめるか。

 

その証拠に、生理心理学の研究によると、↓以下のデータが確認されています。

 

脱出できないストレス環境に置かれたマウス(実験 動物)ほど、↓以下のデメリットを受けやすいと分かった」

 

▶︎メンタルの問題
・抑うつ感が悪化
・無気力感が悪化
・マイナス思考が悪化
・問題 解決力がダウン
・決断力、判断力が低下
・記憶力、思考力が低下
・ストレス抵抗力が悪化
・自信(自尊心)が悪化…など

 

▶︎身体の問題
・免疫力がダウン
・細胞の老化が進行
・睡眠の質が悪くなる
・短命になる傾向が悪化…など

(参考 文献:『ストレスに負けない脳 心と体を癒すしくみを探る』『オプティミストはなぜ成功するか』『生理心理学 第2版 脳のはたらきから見た心の世界』)

 

にゅー
にゅー

まとめると「どうせ、もう逃げられない…」という閉塞感に囚われるほど、メンタル・フィジカルともに悪化することに。。

 

専門的には『学習性 無力感(がくしゅうせい むりょくかん)』と呼ばれる心理 状態ですね。

 

なので、断言できます。

 

いまの あなたに欠かせないのは、不遇な環境からの脱出を可能にする「逃げの一手を確保すること」なのだと。

 

にゅー
にゅー

「つまらない仕事のせいで、毎日がツラい…」と感じる今こそ、科学データを参考に行動していきましょう!

 

【まとめ】つまらない仕事のせいで、働くのが楽しくない…→唯一の突破口は【あなた自身の選択】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話を聴いてくださった あなたに、心から感謝します。

どうもありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「行動を先延ばしにするデメリット」について。

 

研究データによると、決断を先送りにしがちな人ほど、将来の年収がダウンし、キャリア選択に失敗しやすい傾向に。

(参考 文献:『ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか』)

 

いま思えば、わたしが「あのとき動いて正解だった…」と感じるのは、いずれも『即断 即決で起こした行動』でした。

 

反対に、動くべきかどうかクヨクヨ悩んでいたときこそ、後に “手痛いミス” をしてしまった経験があります。

 

…さぁ、ここで1つ思い浮かべてみてください。

 

このまま現状 維持に甘んじて、周りの同僚・友人とのスキル格差に苦しみつづける “絶望的な未来” を。

 

つまらない仕事に明け暮れて、挽回できなくなったときに初めて、みずからの行動を悔やむ “不幸な末路” を。

 

あなたを救ってくれるのは、たった1つ『あなた自身の行動』だけ。

 

このさきの運命を変えられるかどうかは、すべて『あなた自身の選択しだい』なのです。

 

でも、きっと大丈夫。

 

ここまで、わたしの話を傾聴してくださった聡明な あなたなら、ぜったいに前向きな人生を歩んでいけるはず

 

わたしは、そう信じます。

 

にゅー
にゅー

未来を決めるのは、あなた自身の選択ですよ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました