【つまらない】単純作業の仕事が死ぬほど退屈で…→2つの対処法で【科学データをもとに解決】

【単純作業】仕事がつまらない Uncategorized

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

もうイヤだ…単純 作業に耐えられない…。

仕事がつまらな過ぎて、頭がおかしくなりそう…会社に行くのが苦痛で、苦しくて。。

毎日、死にそうなくらい退屈…社会人として働くのって、こんなにツラかったっけ…?

残業を言い渡されたときとか、マジで地獄…変化がなさ過ぎて、生きるのが楽しくない。。

どうしたらいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎単純 作業がつまらな過ぎて…→打開策は『向き・不向きの把握』⁉︎
▶︎科学的な「2つの突破口」で【すべて解決】詳細は記事の後半

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【つまらない】単純作業の仕事が死ぬほど退屈で…→2つの対処法で【科学データをもとに解決】

【退屈で死にそう】つまらない単純作業の仕事が苦痛で…→打開策は『向き・不向きの把握』⁉︎

 

【必見】本記事では、あなたの仕事の苦しみを解消すべく、科学的なデータをもとに、改善策を発信していきます。

 

だいじょうぶ
あなたの苦悩は、きっと解決できますよ

 

わたしと一緒に、克服していきましょうね。

 

 

さて、さきに結論ですが「単純 作業のルーティン ワークがつまらな過ぎて…」を解決するカギは、『向き・不向きの把握』

 

あなたの性格 傾向と仕事のタイプを再確認し、適切な働き方を選択することが、退屈な作業を克服する “さいしょの一歩” に。

 

というのも、性格 心理学の研究によると『開放性(好奇心)』が高い人ほど、単純 作業を苦痛に感じやすいのだそう。

(参考 文献:『パーソナリティーを科学する 特性5因子であなたがわかる』)

 

…さぁ、ご自身について振り返ってみてください。

 

これまでに、日々のルーティン ワークに発狂しそうになり、職場から飛び出したくなった経験はありませんでしたか?

 

あるいは、退屈でつまらない単純 作業に辟易(へきえき)し、プライベートにまで悪影響が及んでいないでしょうか?

 

大好きな趣味を楽しめなくなったり、友だちや家族と過ごす時間に安らげなかったり。

 

…もしも、答えが「Yes」なら、、あなたが本領を発揮できるのは「いまの職場とは、別の環境」かもしれません。

 

にゅー
にゅー

ちなみに、わたしは人口 上位5%以内の「開放性が高いタイプ」だそうで、ルーティン ワークの仕事に耐えられず離職した経験アリです…!

 

反対に、単調な仕事でもコツコツ取り組める人ほど、好奇心を必要とされない作業でも、苦痛を感じにくいのだそう。

 

たとえば、製造系の「機械オペレーター」や、事務系の「データ入力」などは、飽きっぽい人には “不向き” な仕事。

 

逆に、わたしたち開放性が高い人間は、変化の多い「芸術・デザイン系」や「研究職」などに向いているのだとか。

 

ただ一方で、人間の脳の傾向として、単調でつまらない作業でも、時間が経つにつれて「慣れる」ケースもあります。

 

専門的に『馴化(じゅんか)』とか『感作(かんさ)』などと呼ばれる心理 傾向ですね。

 

…しかし、あなたと私は「開放性(好奇心)」が高く、単純 作業に向いてない脳の持ち主。

 

なので、断言できます。

 

あなたの「ルーティン ワークが退屈すぎて死にそう…」を解決する “第一歩” は、『向き・不向きの把握』にありですよ。

 

【悲報】「給料=ガマン料」と捉える末路とは…

 

ただ一方で、↓以下のような意見もあるかもしれませんね。

 

上司
上司

単純 作業がつまらないのは、みんな一緒だ!

それでも、生活のためにガマンして働くのが社会人というもの!

弱音を吐くヒマがあったら、どうしたらモチベーションを維持できるか対策を練るべき!

 

かなりキツい言い分ですが、、たしかに↑上記にあるとおり、どの仕事でも「大なり小なりの単純 作業」は求められるもの。

 

となれば、ここは1つ割り切って「給料=退屈のガマン料」と捉えなおすのもアリかもですね。

 

…しかし、1つだけ反論を。

 

一方で、あなたの適正に合わない仕事や、向いてない作業に耐え続ける “リスク” もまた、、あると思いませんか?

 

じつは、組織 心理学の研究によると「給与=苦痛の我慢料」だと考えがちな人ほど、↓以下のデメリットを受ける傾向に。

 

・人生の幸福度がダウン
・目標の達成率がダウン
・モチベーションがダウン
・業務パフォーマンスがダウン…など

(参考 文献:『その科学があなたを変える』『「幸せをお金で買う」5つの授業』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、義務感でイヤイヤ働き続ける人のほうが、やる気が湧かず、成果も上がりづらくなってしまうのですね。。

 

なので、あなたの「単純 作業がつまらな過ぎて…」という本心を押しころすのは、、科学的に “NG” 。

 

さらに、べつの研究データによると、向いてない会社に居続ける社員ほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだそう。

 

・無気力さが悪化
・抑うつ感が悪化
・人生の絶望感が悪化
・ストレス レベルが悪化
・モチベーションが悪化
・仕事パフォーマンスが悪化
・感情コントロール力が悪化
・他人のことを信じられなくなる…など

(参考 文献:『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、職場とのミスマッチを放置しがちな人のほうが、メンタルが悪化し、労働 生産性も下がってしまうことに。。

 

たとえるなら、向いてない環境に残り続けるのは、サッカー選手が野球のグラウンドでプレーするようなもの。

 

サッカーのアスリートは、ピッチ(サッカー場)で活躍してこそ。

 

…そう思いませんか?

 

科学データが示すとおり、あなたの適正に合わない退屈な仕事に耐えることは、キャリアの汚点になる危険 “大” ですよ。

 

【危険】「退屈な単純 作業」を続けがちな人ほど…⁉︎

 

ご注意ください。

 

単調でつまらない仕事をつづけた先にあるのは、、あなたの人生を台無しにする “経済的な大失敗” かもしれません。

 

…おどすような言い方で、すみません。

しかし、確たる事実。

 

じつは、産業 心理学の研究によると、退屈な単純 作業に従事する社員ほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだそう。

 

▶︎仕事のデメリット
・生産性が低下
・仕事 満足度が低下
・将来的な収入が低下
・欠勤、病欠率が悪化
・昇給、昇進率が悪化
・業務パフォーマンスが悪化…など

 

▶︎心身のデメリット
・免疫力が低下
・イライラ感が悪化
・問題 対処力が低下
・集中、注意力が低下
・不安、抑うつ感が悪化
・ネガティブ気分が悪化
・モチベーションが悪化
・早死リスクが “約63%” も悪化…など

(参考 文献:『幸せな選択、不幸な選択ー行動 科学で最高の人生をデザインする』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、新しい刺激に乏(とぼ)しい業務をしがちな人ほど、心身ともに悪化し、キャリア的にも失敗しやすい傾向に。。

 

…ここで1つ、冷静に考えてみてください。

 

つまらないルーティンワークに時間を費やすほど、あなたと他の労働者との “スキル格差” は、、広がっていく一方。

 

そして、想像してみてください。

 

1日8時間・週5日もある仕事に集中できず、単調でつまらない毎日を送った先にある “悲痛の未来” を。

 

キャリア アップも見込めないまま、低賃金・低スキルへと追い込まれていく ”絶望的な末路“ を。

 

「そんな苦痛すぎる人生、ぜったいにイヤだ…」。

 

「おなじことを繰り返すだけの毎日から、抜け出したい」。

 

…そう感じませんか?

 

そこで、このさきでは「単純 作業の仕事がつまらな過ぎて…」を克服すべく、科学的な「2つの突破口」を紹介です。

 

▶︎価値観の再設計
▶︎逃げの一手を確保

 

にゅー
にゅー

「単調な業務が退屈すぎて、毎日がツラい…」と苦しむときこそ、科学を味方に対処していきましょう!

 

【仕事がつまらない】単純作業・ルーティンワークが退屈で…→2つの突破口で【科学的に解決】

 

さて、1つ目に解説するのは『価値観の再設計』について。

 

じつは、心理学の研究によると、生きる目的・人生の目標を明確化できている人ほど、↓以下のメリットを受ける傾向に。

 

▶︎心理・身体的なメリット
・共感 能力がアップ
・イライラ感が減少
・マイナス思考が減少
・長寿になりやすくなる
・不安感や恐怖感が改善
・ストレス抵抗力が改善
・ポジティブ気分が上昇
・主観的な幸福感が上昇
・自信が回復しやすくなる
・感情コントロール力が改善…など

 

▶︎経済的なメリット
・将来の収入がアップ
・長期的な貯金率がアップ…など

(参考 文献:『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』『最高の体調 ACTIVE HEALTH』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、生きがい・やりがいを意識できている人のほうが、メンタルが安定し、経済的にも成功しやすくなるのですね!

 

たとえるなら、あなた自身の価値観をキチンと把握することは、キャリアという海を泳ぐ “道しるべ” を持つようなもの。

 

ただ一方で、単純 作業を乗り切るための科学的な対策として、↓以下3つも効果アリです。

 

・小さく目標 設定して、ゲーム感覚で楽しむ
・パズルやチェスなどの頭を使う遊びでリフレッシュ
・作業中にBGMを流して、モチベーションを維持する…など

 

…ただし、↑上記はいずれも ”対処 療法“ 。

 ”その場しのぎ“ とも言えますね。

 

「ルーティン ワークが退屈すぎて…」を脱却すべく、もっとも根本的な解決が見込めるのは「価値観の見極め」にアリ。

 

↓以下の記事では、心理カウンセリングでも利用される『ACT』という技法を参照しつつ、あなたの価値観を再設計します。

 

ぜひ ご参考くださいね。

 

 

【科学が実証】『逃げの一手』を確保せよ!

 

さて、さいごに お話するのは『逃げの一手を確保』について。

 

そして、ここからが本題。

 

あなただけに暴露しますが、、「単純 作業が退屈で…」を抜け出せない人の97〜99%には、1つの “失敗パターン” が。。

 

それは、無料 支援サービスの活用という、 “現実的な退却ツール” を用意できていないこと。

 

いいかえると、現在のつまらない労働 環境に囚われてしまい、ほかの解決策を検討できなくなっている。

 

分かりやすくいうと、視野が狭くなっているのですね。

 

…ストレートな指摘で、すみません。

しかし、確かな事実。

 

…ここで1つ、想像してみてください。

 

「明日からキミ、もう会社に来なくていいから」。

 

↑上記のように言い渡されたとき、解放されたという気持ちと同時に「明日からの生活どうしよう…」とも思いませんか?

 

「いきなりクビを宣告されたら、お金が稼げなくなって生活費が…」と、恐怖すら感じないでしょうか?

 

…そう。

 

その感覚こそが「逃げ道がない」ということ。

 

いま、あなたが感じている不安な気持ちこそが、万が一に備えた “脱出ルート” を準備できていない、ということの証明。

 

なので、断言できます。

 

いまの あなたに不可欠なのは、つまらない単純 作業を回避するための「撤退 手段の準備」にあると。

 

わたしたち労働者にとって、 “退避策” を持たずにいることは、命取りそのもの。

 

その証拠に、生理心理学の研究によると、↓以下のことが確認されています。

 

脱出 不能なストレス環境に置かれたマウス(実験 動物)ほど、↓以下のデメリットを受けやすい傾向にあった」

 

▶︎メンタルへの悪影響
・問題 解決力が悪化
・ネガティブ思考が悪化
・モチベーションが悪化
・決断力、判断力が悪化
・記憶力、思考力が悪化
・ストレス抵抗力が悪化…など

 

▶︎フィジカルへの悪影響
・免疫力が低下
・細胞の老化が進行
・短命になりやすくなる…など

(参考 文献:『ストレスに負けない脳 心と体を癒すしくみを探る』『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』『生理心理学 第2版 脳のはたらきから見た心の世界』)

 

にゅー
にゅー

かんたんにいうと「もう、どこにも逃げ場がない…」という閉塞感が悪化するほど、メンタル・フィジカルともに悪影響が。。

 

専門的には『学習性 無力感(がくしゅうせい むりょくかん)』と呼ばれる心理 状態ですね。

 

…さぁ、イメージしてみてください。

 

「仕事がつまらなすぎて、生きるのがツラい…」という苦痛・不快感。
できるなら、すぐにでも退屈感を取りのぞきたい。

 

ストレスから解放されて、前向きな毎日を過ごしたい。

 

…そう感じませんか?

 

にゅー
にゅー

「単純 作業が退屈すぎて…いっそ会社辞めたい…」と感じるいまこそ、科学データを参考に行動していきましょう!

 

【まとめ】仕事がつまらない…→退屈な単純作業から逃れる方法とは?【答:あなた自身の選択】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話をきいてくれた あなたに、心から感謝します。

どうもありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「人生の5つの後悔」について。

 

研究データによると、わたしたちが自分の生涯を振り返るとき、↓以下5つの「強い悔やみ」を抱きがちなのだそう。

 

「起業する自信を持っていたら〜…」
「もっと学校で勉強しておけば〜…」
もっと早く会社を辞めておけば〜…」
お金なんかのために仕事しなければ〜…」
「直感にしたがって正直になっておけば〜…」

(参考 文献:『4021の研究データが導き出す 科学的な適職』)

 

そして、恐ろしいことに「仕事キャリアの後悔=人生レベルでの悔やみ」だと証明されています。

 

…さぁ、頭のなかでイメージしてみてください。

 

あなたは、退屈なルーティン ワークとともに沈む “苦痛な未来” を送りたいでしょうか?

 

それとも、思いきって単調な毎日から抜け出し、やりがいを感じられる “希望ある未来” を望みますか?

 

このさきの運命を変えられるかどうかは、すべて今この瞬間の『あなた自身の選択 次第』

 

でも、きっと大丈夫。

 

ここまで、わたしの話を真摯(しんし)に傾聴してくださった あなたなら、ぜったいに人生を明るくしていけるはず

 

にゅー
にゅー

わたしは、そう信じます!

 

未来は、あなたの手の中にありますよ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました