【退屈で当然?】仕事はつまらないのが当たり前か?→対処法2選で【科学データをもとに解決】

【仕事がつまらない=当たり前?】

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

はぁ…つまらない仕事を くり返すだけの毎日。。

こんな生活、これ以上 耐えられないよ…退屈すぎて、頭がおかしくなりそう。。

あと37年 以上も、いまのクソみたいな日々が続くなんて…想像しただけで、ゾッとする。。

社会人になったら、面白くもない業務にガマンするのが当たり前・当然なのか…

対処法があったら、知りたいな…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【真実】会社の仕事は退屈で当然か?→打開策は『問題点の認識』⁉︎
▶︎科学的な「2つの突破口」で【すべて解決】くわしくは記事の後半

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【退屈で当然?】仕事はつまらないのが当たり前か?→対処法2選で【科学データをもとに解決】

【真実】会社の仕事=つまらないのが当然で当たり前?→打開策は『問題点の認識』⁉︎

 

【必読】当記事では、あなたのキャリアの悩みを解決すべく、科学データをもとに、克服法を発信していきます。

 

きっと、大丈夫
あなたの苦しみは、かならず解消できますよ

 

わたしと一緒に、対策していきましょうね。 

 

 

さて、さきに結論ですが「仕事がつまらないのは、当たり前…?」を解決するキーワードは、『問題点の認識』

 

↓以下のようなイメージで、いまの労働スタイルを退屈に感じている理由を、シッカリと追求していくのが吉。

 

ビジネスマン②
ビジネスマン②

仕事がつまらな過ぎて、頭がボーッとする。。…そういえば、ウチの会社は新規プロジェクトも無いし、ルーティン ワークも多いな。。 退屈さの原因は「新しい刺激・体験」が少ないせいかも…?

 

というのも、心理学の研究によると、懸念点を “より客観的に” 分析できる人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

・ストレス状態が改善
・問題 対処スキルが改善
・不安や恐怖、イライラ感が改善
・ネガティブ思考、抑うつ感が改善…など

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、事実やデータを基に “より具体的に” 判断できる人のほうが、ストレスに強く、課題を解決しやすくなるのですね!

 

分かりやすくいうと、わたしたちは「問題点を理解していれば、克服できるようになる」。

 

そこで、↓以下10つを参考に「仕事が退屈に感じる理由」をピックアップし、くわしく分析していくのが吉です。

 

・成果や結果が出せておらず、仕事のモチベーションが上がらない
・本気になれるものがなく、やりたいことを追求できる環境もない
・時間的に拘束され、週5日8時間の労働を強制されるのがツラい
・だれでもできる仕事なので「やりがい・情熱」を感じられずにいる
・「楽しい仕事」に出会ったことがなく、面白さを感じた経験がない
・具体的な目標 設定に乏(とぼ)しく、将来に漠然とした不安がある
・じぶんの周りで「働く=ツラい」という考え方をしている人が大多数
・将来のスキル アップにならない「退屈な業務」を担当させられている
・職場の嫌いな上司ともガマンして付き合わなければならず、メンタル的に消耗
・両親や先生などから、世間の常識として「仕事=つまらないもの」と教えられた…など

 

断言できます。

 

あなたの「仕事がつまらないのが当たり前なんて…」を克服する “さいしょの一歩” は、『現状の把握』にアリですよ。

 

【危険】「給料=ガマン料」を割り切ると…⁉︎

 

ご注意ください。

 

「仕事の給与=ガマン料」と割り切って働くことは、あなたのキャリアの “汚点” となる危険ありですので。

 

…おどるような言い方で、すみません。

けれど、確かな真実。

 

じつは、組織 心理学の研究によると「給料=ガマン料」と捉えがちな社員ほど、↓以下のデメリットを受ける傾向に。

 

・幸福度が悪化
・労働 生産性が悪化
・目標の達成率が悪化
・モチベーションが悪化
・業務パフォーマンスが悪化…など

(参考 文献:『その科学があなたを変える』『「幸せをお金で買う」5つの授業』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、生活費のために義務感でイヤイヤ仕事する人のほうが、労働 意欲がダウンし、成果も上がらなくなることに。。

 

さらに、ほかの研究データによると、フリーランスや企業の社長さんほど、 “約2倍” も情熱を持って働けているのだそう。

(参考 文献:『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)100年時代の人生戦略』)

 

分かりやすくいうと、自由を与えられる仕事のほうが「楽しく働ける」。

 

逆にいうと、権力者・支配者のコントロール下に置かれた わたしたち労働者のほうが、業務に熱中できなくなってしまう。。

 

たとえるなら、自由のない環境に押しこまれることは、手足を縛られて刑務所にブチ込まれるようなもの。

 

…ここで1つ、振り返ってみてください。

 

会社の上司・経営者たちは、あなたに「仕事の裁量権(自由)」や「コントロール権」を与えてくれていますか?

 

反対に、モチベーション・やりがいを奪っていく “退屈な業務” で、当たり前のように あなたを拘束していないでしょうか?

 

科学的に見ても、わたしたち人間は「自由で面白みのある仕事」に就いたほうが、キャリア的にも成功しやすくなる。

 

なので、サービス残業・休日 出勤などを余儀なくされる “窮屈な環境” からは、思いきって「逃げるが勝ち」かもですよ。

 

【大悲報】「つまらない仕事」を続ける末路とは…

 

ただ一方で、↓以下のような考えもあるかもしれません。

 

上司
上司

つまらなくとも働き続けるのが、会社員にとっての責務だ

退屈な仕事に耐えられないなら、楽しめるよう努力をすればいいだろう!

みんな同じようにツラい思いしてるんだから、甘えるな!

 

かなりキツい意見ですが、、たしかに↑上記にあるとおり、世間的には「仕事=キツくて当然」という考えが大半かも。

 

となれば、周りと歩調を合わせて働き続けるのもまた、1つの “処世術” と考えることもできますね。

 

…しかし、1つだけ反論を。

 

情熱・やりがいを感じられず、つまらない仕事が当たり前になる “リスク” もまた…あると思いませんか?

 

じつは、組織 心理学の研究によると、退屈な業務をつづけがちな社員ほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだそう。

 

▶︎心身のデメリット
・免疫力が悪化
・早死リスクが “約63%” 悪化
・抑うつ気分が悪化
・問題 解決力がダウン
・集中、注意力がダウン
・モチベーションがダウン…など

 

▶︎仕事のデメリット
・労働 生産性がダウン
・将来的な収入がダウン
・仕事の満足度がダウン
・職場での欠勤率が悪化
・昇給、昇進しにくくなる
・業務パフォーマンスがダウン…など

(参考 文献:『幸せな選択、不幸な選択ー行動 科学で最高の人生をデザインする』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、面白みのない仕事に続けてしまう人のほうが、メンタル・フィジカルともに悪化し、経済的にも失敗しやすい傾向に。。

 

…さぁ、イメージしてみてください。

 

このさき40年 以上も「面白くもない仕事」を続け、鬱々とした気分で年老いていく “不幸すぎる未来” を。

 

やりがいや情熱を感じられないどころか、スキル アップも見込めずに低賃金・低年収へと落ちていく “苦痛な末路” を。

 

「そんな人生、つまらな過ぎる…」。

 

「現状を打破して、もっと明るい未来を手にしたい」。

 

…そう思いませんか?

 

そこで、このさきでは「仕事=つまらないが当然なんて…」を打開すべく、科学的な「2つの突破口」を解説です。

 

▶︎価値観の再設定
▶︎逃げ道の準備

 

にゅー
にゅー

「退屈が当たり前な職場から、抜け出したい…」と苦しむときこそ、科学を味方に対策していきましょう!

 

【科学で克服】「仕事=退屈でつまらない」は当たり前じゃない!→2つの突破口で【すべて解決】

 

さて、1つ目に紹介するのは『価値観の再設定』について。

 

…ここで1つ、あなたに質問させてください。

 

あなたには、人生をかけて守り抜きたい「生きる目的」や「大切な価値観」はあるでしょうか?

 

あるいは、命を賭(と)してでも達成したい「人生のゴール」や「キャリアの目標」はありますか?

 

というのも、心理学の研究によると、人生の目的を明確化できている人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

▶︎心理・身体的なメリット
・幸福感がアップ
・共感スキルが改善
・イライラ感が改善
・長生きしやすくなる
・不安感、恐怖感が改善
・ネガティブ思考が改善
・自尊心(自信)が改善
・ストレス抵抗力が改善
・ポジティブ気分がアップ
・感情コントロール力がアップ…など

 

▶︎経済的なメリット
・将来的な収入がアップ
・長期的な貯蓄率が改善…など

(参考 文献:『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』『最高の体調 ACTIVE HEALTH』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、将来の目標を見きわめられる人のほうが、メンタルの状態が改善し、経済的・金銭的にも成功しやすくなる傾向に!

 

たとえるなら、じぶんの価値観を見定めて生きることは、ビジネスという大海を泳ぐ “ガイドライン” を持つようなもの。

 

行き先を示す “コンパス” がなければ、わたしたちはキャリアという道に迷ってしまうがち。

 

↓以下の記事では、認知 行動療法でも使われる『ACT』というテクニックを参考に、あなたの価値観を再設定していきます。

 

ぜひ ご覧くださいね。

 

 

【科学が保証】『万が一の逃げ道』を準備せよ!

 

さて、さいごに お話するのは『逃げ道の準備』について。

 

さぁ、ここからが本番です。

 

あなただけに打ち明けますが、、「仕事がつまらなくて…」を克服できない人の9割 以上には、1つの “失敗パターン” が。

 

それは、転職 支援サービスの利用という、 “具体的な脱出ツール” を用意できていないこと。

 

いいかえると、いまの職場に留まることに囚われてしまい、ほかの方法や解決策を検討できなくなっている。

 

かんたんにいうと、視野が狭くなっているのですね。

 

…キツい指摘で、すみません。

しかし、事実です。

 

反対に、つまらない仕事や働き方を打開できるビジネス パーソンはみんな、当たり前のように “退却路” を備えているもの。

 

みんな口に出さないだけで、いつでも苦境から抜け出せるよう “もしもの緊急 手段” を確保しているものなのです。

 

その証拠に、心理学の研究によると「ネガティブな状況への対抗 手段を持てる人ほど、逆境を乗り越えやすくなる」のだそう。

(参考 文献:『ネガティブな感情が成功を呼ぶ』『事実はなぜ人の意見を変えられないのか』『悪いヤツほど出世する 日本経済新聞 出版』)

 

専門的に『逆境力』とか『不快 情動(ふかい じょうどう)への耐性』などと呼ばれる心理 傾向ですね。

 

…ここで1つ、ご自身について振り返ってみてください。

 

「キミ、もうクビだから」と宣告されても、身の安全を確保できる “心の安全 基地” を持てているだろうかと。

 

いまの会社を辞めたとしても、路頭に迷うことなく別の職場に移れる “次善の策” を備えられているかと。

 

…むしろ、単調な作業を押し付られる “袋小路” にハマっていないかと。

 

なので、断言できます。

 

いまの あなたに欠かせないのは、退屈でつまらない環境を脱する「撤退 手段の用意」にあると。

 

にゅー
にゅー

「つまらない仕事=当たり前なんて、苦痛すぎる…」と感じるいまこそ、科学データを参考に動いていきましょう!

 

【まとめ】「つまらない仕事=当たり前」を解消するには?→唯一の解決法は【あなた自身の選択】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話を聞いてくださって、本当にありがとう。

 

さいごに1つだけ、性格 心理学の研究から「周りの意見に流されるデメリット」について。

 

研究 結果によると、周囲の価値観・考えに合わせがち人ほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだそう。

 

・昇進、昇格率がダウン
・将来の年収が ”約100万円“ もダウン
・組織内で管理職、重役に就ける確率がダウン
・世間的な財務 信用度(クレジット・スコア)がダウン…など

(参考 文献:『パーソナリティーを科学する 特性5因子であなたがわかる』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、世間の同調 圧力に負けやすい「協調的な人」のほうが、経済的・キャリア的に失敗しやすい傾向に。。

 

なので、ありがちな「仕事が楽しくない=当たり前」という意見を間に受けるほど、将来の可能性が遠のくことに。。

 

…さぁ、頭の中に思い浮かべてみてください。

 

あなたが望むのは「働くのがつまらない=当然」を受け入れ、夢も希望も失くしてしまう “絶望の未来” ですか?

 

それとも、みずからの手で人生を切り拓くべく、将来の可能性に満ちた “前向きな未来” でしょうか?

 

あなたを苦痛から救ってくれるのは、たった1つ『あなた自身の行動』だけ。

 

このさきの運命を変えられるかどうかは、すべて今このときの『あなた自身の選択 次第』なのです。

 

だいじょうぶ。

 

ここまで、わたしの話に耳を貸してくれた賢明な あなたなら、きっと人生を明るくしていけるはずですから。

 

にゅー
にゅー

わたしは、そう信じていますよ!

 

未来を決めるのは、あなた自身です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました