【もう嫌だ】仕事ばかりでつまらない人生に絶望…→2つの改善策で【科学データをもとに解決】

【仕事ばかり】でつまらない

 

にゅー
にゅー

こんにちは! にゅーです。

 

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

もうイヤだ…会社に行くのがツラい…。

平日は職場に12時間も拘束される毎日…仕事ばかりのつまらない人生に、嫌気が差すよ。。

さいきん、サービス残業も多くてタダ働きさせられてるし…土日は、疲労のせいで寝るだけの日々。。

こんな生き方がしたいわけじゃないのに…娯楽も楽しみもないし、なんのために働いてるのか。。

どうしたらいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【仕事が退屈】毎日がつまらない…→打開策は『コントロール感の有無』⁉︎
▶︎科学的な「2つの改善策」で【すべて解決】くわしくは記事の後半にて

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【もう限界】仕事ばかりでつまらない人生に絶望…→2つの打開策で【科学データをもとに解決】

【仕事が退屈】働いてばかりで、毎日がつまらない…→打開策は『コントロール感の有無』⁉︎

 

【必読】当サイトでは、あなたの仕事の悩みを解消すべく、科学的なデータをもとに、改善策を発信していきます。

 

だいじょうぶ
あなたの苦しみは、きっと解決できますから

 

わたしと一緒に、対策していきましょうね。

 

 

さて、さきに結論ですが「働き漬けの毎日で、人生がつまらない…」を克服するカギは、『コントロール感の有無』

 

分かりやすくいうと、職場での裁量権(自由)が保証されていたり、みずから業務 進行が判断できるかどうかが大切。

 

…さぁ、ご自身について振り返ってみてください。

 

あなたの仕事場では、きちんとプライベートが充実できるよう、法律に則した労働 時間に設定されていますか?

 

あるいは、あなた自身の手でストレス コントロールできるよう、休暇の申請・有給の取得が考慮されているでしょうか?

 

…反対に、ブラック企業よろしく「労働者を搾取するような社内 構造」になっていないかどうか。

 

安い給料でコキ使われ、昇給や昇進、はてはスキル アップ・成長すら期待できず、労働力を酷使されていないか。

 

ここで一度、冷静にチェックしてみてください。

 

じつは、組織 心理学の研究によると、自由(裁量権)が与えられている人ほど、 “約2倍” も仕事に情熱を抱きやすいのだそう。

(参考 文献:『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)100年時代の人生戦略』)

 

なので、フリーランスや企業の社長さんなどは、やりがいを持って働ける “恵まれた労働 環境” にあるとも言えますね。

 

反対に、時間・業務 内容などに拘束されがちな会社員ほど、仕事のモチベーションが下がって燃え尽きやすい傾向に。

 

わたしにも経験がありますが、、翌日の仕事を考えて「早く寝なきゃ…」と、睡眠にまで悪影響がおよびました。

 

にゅー
にゅー

そればかりか、大好きな趣味にも興味を持てず、友だちや家族との関係にまで、亀裂(きれつ)が入ったことが。。

 

なので、断言できます。

 

あなたの「仕事ばかりで、毎日がつまらない…」を脱却する “はじめの一歩” は、『コントロール感』に目を向けることだと。

 

【科学の真実】「仕事=つまらない」は “異常 事態” ⁉︎

 

ここで1つだけ、あなたに知っていただきたいことが。

 

じつは、わたしたち現代人に当たり前の「仕事=つまらないもの」という感覚は、人類レベルで見ると “おかしい” のだそう。

 

というのも、文化人類学のフィールド ワーク研究(現地 調査)によると、↓以下のデータが証明されているのです。

 

働くことを “遊びの延長” と考える狩猟 採集民たちほど、現代人と比べて↓以下のメリットを受けやすいと分かった」
・先進国の労働者よりも、集中力が “40〜50%” も高い
・ネガティブ思考で悩む人の割合が “100分の1” まで低下…など

(参考 文献:『最高の体調 ACTIVE HEALTH』)

 

にゅー
にゅー

まとめると「仕事=遊びの1種」と捉える人たちのほうが、マイナス感情に囚われることが少なく、より高い集中力を発揮できるのだとか!

 

つまり、かつて私たちが経験していた「旧来のライフ スタイル」を実践する人たちのほうが、働くことを楽しんでいる。

 

分かりやすくいうと、現代のような「仕事=つまらない」という環境は、人類20万年の歴史から見ると “異常 事態” 。

 

…ここで1つ、ご自身の周りを見回してみてください。

 

「仕事がクソつまんねぇ…」とグチをこぼす人や、寝る間を惜しんでツラそうに働いている人はいないでしょうか?

 

現状から抜け出したいと考えつつも、世間的な「労働=苦しいもの」という価値観に囚われている人はいませんか?

 

くり返すように、わたしたち現代人の「仕事=退屈」という考えは、科学的には “異質” そのもの。

 

 “現代病” と言ってもいいくらい。

 

なので「働いてばかりで、人生がつまらない…」と感じるときこそ、まずは現代の “異常な環境” に気づくことが先決ですよ。

 

そして、このさきでは「仕事ばかりで、毎日が退屈すぎる…」を打破すべく、科学的な「2つの改善策」を解説

 

▶︎価値観の再認識
▶︎脱出 手段の用意

 

にゅー
にゅー

「働くのがツラい…生きるだけで苦痛すぎて…」と苦しむときこそ、科学を味方に対処していきましょう!

 

【科学で克服】仕事ばかりで人生が退屈…→つまらない毎日を脱する【2つの改善策とは?】

 

さて、1つ目に解説するのは『価値観の再認識』について。

 

…1つだけ、あなたに質問させてください。

 

あなたには、生涯を賭(と)してでも成し遂げたい「人生の目的」や「生きる目標」がありますか?

 

あるいは、心の底から満足できるような「生きがい」や「大切な価値観」を お持ちでしょうか?

 

じつは、心理学の研究によると、人生のゴールを明確化できている人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

▶︎心理・身体的なメリット
・幸福感がアップ
・共感スキルが改善
・イライラ感が改善
・長生きしやすくなる
・不安感、恐怖感が改善
・ネガティブ思考が改善
・自尊心(自信)が改善
・ストレス抵抗力が改善
・ポジティブ気分がアップ
・感情コントロール力がアップ…など

 

▶︎経済的なメリット
・将来的な収入がアップ
・長期的な貯蓄率が改善…など

(参考 文献:『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』『最高の体調 ACTIVE HEALTH』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、生きる目標を見定めている人のほうが、メンタル的に安定し、経済的にも成功しやすくなるのですね!

 

ここだけの話、、世の会社員の9割が陥りがちな “大失敗”  が、みずからの価値観を再認識できていないこと。

 

たとえるなら、あなた自身の価値観を見きわめることは、ビジネスという海を泳ぐ “道しるべ” を手に入れるようなもの。

 

なので、生き甲斐がい・情熱を傾けられるものを持つだけで、あなたは他のビジネス パーソンの1歩、2歩先を進めるはず。

 

↓以下の記事では、認知 行動療法でも使われる『ACT』というテクニックを参考に、あなたの価値観を再設定していきます。

 

ぜひ ご覧くださいね。

 

 

【科学が実証】『脱出 手段』を用意すべし!

 

さて、さいごは『脱出 手段の用意』について紹介です。

 

そして、ここから先が本番。

 

あなただけに打ち明けますが、、「仕事ばかりで毎日が退屈…」を抜け出せない人の97〜99%には、1つの “共通点” が。

 

それは、無料 支援サービスの利用という、 “具体的な撤退ツール” を確保できていないこと。

 

分かりやすくいうと、いまの仕事 漬けの環境に囚われてしまい、ほかの打開策・解決策に目を向けられずにいる。

 

シンプルに、視野が狭くなっているのですね。

 

…率直な指摘で、すみません。

しかし、確かな事実。

 

その証拠に、臨床 心理学の研究によると「強いストレス状態にある人ほど、問題 解決スキルがダウンしやすい傾向」に。

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

専門的には『視野 狭窄(しや きょうさく)』とか『悲観的な思考(ネガティブ バイアス)』などと呼ばれる心理ですね。

 

ご注意ください。

 

なに1つ “逃げ道” を持てずにいると、あなたの人生の90%以上を「労働」に費やすリスクありですので。。

 

反対に、仕事ばかりの人生から脱出できるビジネス パーソンほど、じぶんだけの “退却路” を備えているもの。

 

みんな口に出さないだけで、身の安全を確保すべく “こころの安全 基地” を用意しているものなのです。

 

ポイントは、やはり『コントロール感』。

 

会社や上司などに振り回されることなく、みずから「人生のハンドルを握っている感覚があるか?」が重要

 

その証拠に、心理学の研究によると、コントロール感を失いがちな人ほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだそう。

 

▶︎心理的なデメリット
・自制心が悪化
・幸福感がダウン
・抑うつ感が悪化
・マイナス思考が悪化
・注意、思考力が悪化
・決断、判断力が悪化
・ストレス耐性がダウン
・挫折に打たれ弱くなる
・モチベーションが悪化
・不安や恐怖を感じやすくなる…など

 

▶︎経済的なデメリット
・将来の収入がダウン
・昇給、昇進率がダウン
・仕事の満足度がダウン
・業務(学習)成績がダウン
・労働パフォーマンスがダウン
・社内の対人 関係が悪化しやすくなる…など

(参考 文献:『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』『スタンフォードの自分を変える教室』『ストレスの脳科学 予防のヒントが見えてくる』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、人生の主導権を奪われがちな人ほど、ストレス状態が悪化し、キャリア・経済的にも失敗しやすい傾向に。。

 

専門的に『コントロール感の欠如(けつじょ)』とか『自己コントロール感の喪失(そうしつ)』などと呼ばれる心理ですね。

 

…さぁ、イメージしてみてください。

 

「仕事ばかりの毎日が、退屈でつまらなくて…」といった絶望感・閉塞感。

 

許されるなら、いますぐにでもストレスから解放されたい。

 

仕事の苦痛を取りはらって、もっと明るい未来を歩みたい。

 

…そう感じませんか?

 

にゅー
にゅー

「働いてばかりで、人生がつまらない…」と感じるいまこそ、科学データを参照しつつ動き出しましょう!

 

【まとめ】仕事ばかりで毎日がつまらない…→働くだけの人生を打開するには?【行動だけが正解】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話をきいてくれた あなたに、心から感謝します。

どうもありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「人生の5つの後悔」について。

 

研究データによると、わたしたちが生涯を振りかえるとき、↓以下5点の「過去への強い悔やみ」をしがちなのだそう。

 

あんなに働きすぎなければ〜…」
お金のために、あんなに仕事しなければ〜…」
「家族・友だちとの関係を大切にしていたら〜…」
「もっと、じぶんが幸せになることを許しておけば〜…」
他人の期待に応えるのでなく、もっと正直に生きておけば〜…」

(参考 文献:『4021の研究データが導き出す 科学的な適職』『「幸せ」について知っておきたい5つのこと NHK「幸福学」白熱 教室』)

(参考 文献:『ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか』)

 

しかも「キャリア選択の後悔=人生レベルでの悔やみ」だと実証されています。

 

…さぁ、想像してみてください。

 

いまの あなたの選択は、将来的な “人生の後悔” に影響していないでしょうか?

 

現状 維持に留まることは、未来の “過去への悔やみ” に関係していませんか?

 

あなたを苦境から救い出してくれるのは、たった1つ『あなた自身の行動』だけ。

 

このさきの運命を変えられるかどうかは、すべて今この瞬間の『あなたの選択 次第』なのです。

 

でも、きっと大丈夫。

 

ここまで、わたしの話に耳を貸してくれた聡明な あなたなら、ぜったいに人生を明るくできるはずですから。

 

わたしは、そう信じています。

 

にゅー
にゅー

未来を決めるのは、あなた自身の決断ですよ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました