【暇すぎて苦痛】仕事が退屈で、毎日がつまらない…→対処法2選で【科学的にすべて解決】

【暇な仕事】つまらないUncategorized

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

もうイヤだ…会社の仕事がつまらない…。

出社しても やることなくて、業務 時間がヒマ過ぎる…まったく働く意義を感じられない。。

残業中もボーッして、パソコンのまえに座ってるだけ…退屈で頭がおかしくなりそうだよ。。

あと35年 以上も、いまの生活が続くと考えると…仕事の裁量権もないし、気が狂いそう。。

どうしたらいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【辞めたい】仕事が暇で つまらない…→打開策は『貢献感の有無』⁉︎
▶︎科学的な「2つの改善策」で【完璧に解決】詳細は記事の後半で解説

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【暇すぎて苦痛】仕事が退屈で、毎日がつまらない…→対処法2選で【科学的にすべて解決】

【いっそ辞めたい】仕事が暇すぎて、働くのがつまらない…→打開策は『貢献の有無』⁉︎

 

【注意】本記事では、あなたのキャリアの苦悩を解決すべく、科学的なデータをもとに、改善策を発信していきます。

 

きっと、大丈夫
あなたの苦しみは、かならず解消できますよ

 

わたしと共に、克服していきましょうね。

 

 

さて、さきに結論ですが「仕事が暇すぎて、働くのがつまらない…」を解決するキーワードは、『貢献感の有無』

 

単調なルーティン ワークに終始し、他人への貢献が疎(おろそ)かになっていかないかをチェックすることが、最優先。

 

…ここで1つ、ご自身について振り返ってみてください。

 

退屈でつまらない業務 時間を過ごし、10分が1時間にも感じられるような日々を送っていないでしょうか?

 

あるいは、職場での あなたの行動が誰にも認められず、やりがい・情熱を感じられない毎日を過ごしていませんか?

 

たとえるなら、ヒマな業務 時間を強制されることは、面白くもない校長 先生の話を、ダラダラ聞き続けるようなもの。

 

…さぁ、想像してみてください。

 

このさき40年 以上にわたって、クソつまらない学校長の話をえんえんと聴かされるだけの “苦痛の日々” を。

 

成長もスキル アップも期待できないまま、ゆっくり進む時計の針を追い続けるだけの “退屈な人生” を。

 

「そんな未来、あまりにもツラ過ぎる…」。

 

…そう思いませんか?

 

暇な時間を過ごしてばかりいると、周りの同僚・友人との “スキル格差” が目につき、自己 否定に陥りやすくなるもの。

 

あるいは、マジメで責任感の強い あなたは「さほど働いてないのに、お金もらうなんて…」と、罪悪感にさいなまれるかも。

 

じつは、心理学の研究によると、わたしたちは「他人に貢献できた!」という実感があってこそ、幸福を感じられるのだそう。

(参考 文献:『MIND OVER MONEYー193の心理研究でわかったお金に支配されない13の真実』『「幸せをお金で買う」5つの授業』『幸せな選択、不幸な選択ー行動科学で最高の人生をデザインする』)

 

専門的には『自己 効力感(じこ こうりょくかん)』と呼ばれる心理ですね。

 

ちなみに、ほかの研究によると、貢献 意識が強い『ギバー(与える人)』ほど、人生や仕事キャリアで成功しやすい傾向に。

(参考 文献『GIVE & TAKE「与える人」こそ成功する時代』)

 

なので、逆にいうと「暇で つまらない仕事=他者の役に立つチャンスがない」とも解釈できますね。

 

断言できます。

 

あなたの「仕事が退屈すぎて、毎日がつまらない…」を解決する “打開の一手” は、『貢献感の有無』にアリですよ。

 

【警告】「現状 維持」に甘んじる末路とは…?

 

とはいえ、↓以下のような考えもあるかもしれませんね。

 

上司
上司

仕事に忙殺されることなく、食いぶちが確保できるだけマシだろう!

暇な業務をこなすだけで、安定して給料がもらえるだけでも御の字(ありがたいこと)

働くことは「自己 実現」のためにあるものじゃないんだし、お金を稼ぐためだと妥協すべきだぞ!

 

かなりキツい言い分ですが、、たしかに↑上記にあるとおり、多くの人は「給料=ガマン料」と割り切って働く傾向に。

 

となれば、ここは1つ「暇な仕事=生活費を得る手段」だと捉えて、プライベートの充実化に切り替えるのもアリかも。

 

たとえば、↓以下のようなイメージですね。

 

・新しい刺激を求めて、ジム通いをスタート
・スキル アップに励むべく、資格の勉強を開始
・定時 上がりを利用して、仕事 終わりは同僚と雑談
・苦境を打破すべく、こっそりネット副業を始めてみる…など

 

…しかし、です。

 

ただ一方で、重要な決断を先送りにして、将来的なキャリアをフイにする “リスク” もまた、、あると思いませんか?

 

その証拠に、心理学の研究によると、現状 維持に甘んじやすい人ほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだそう。

 

▶︎メンタルへの悪影響
・抑うつ気分が悪化
・衝動的な言動が悪化
・ストレス抵抗力が悪化
・自制心(自己コントロール力)がダウン…など

 

▶︎キャリア的な悪影響
・将来の年収がダウン
職業 選択にミスりやすくなる…など

(参考 文献:『ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、行動を後回しにしがちな人のほうが、ストレス状態が悪化し、キャリア選択に失敗しやすくなるのですね。。

 

…ここで1つ、冷静に考えてみてください。

 

現代は「寿命100年」とも言われ、わたしたち20〜30代の定年が “80才 前後” まで延びると予測される時代。

 

そして、イメージしてみてください。

 

暇な仕事でスキル アップも見込めないまま、会社からの肩たたきに怯え続ける “恐怖の末路” を。

 

ほかの仕事 仲間のレベルについていけず、孤独・孤立感に悩まされる “真っ暗な未来” を。

 

「そんなキャリア人生、あまりにもツラい…」。

 

「現状から抜け出して、明るい未来を掴みたい」。

 

…そう感じませんか?

 

そこで、このさきでは「会社の仕事がつまらな過ぎて…」を解消すべく、科学的な「2つの改善策」を紹介です。

 

▶︎価値観の再設定
▶︎脱出 手段の用意

 

にゅー
にゅー

「業務 時間が暇すぎて、毎日がツラい…」と苦しむときこそ、科学を味方に対処していきましょう!

 

【科学で解決】死ぬほど暇でつまらない仕事を脱出するには?→2つの改善口で【完璧に克服】

 

さて、1つ目は『価値観の再設定』について お話しします。

 

…ここで1つ、あなたに質問させてください。

 

あなたは、人生を賭(と)して成し遂げたい「生きる目的」や「キャリアの目標」を お持ちでしょうか?

 

あるいは、やりがいがあってワクワクできるような「達成したいこと」や「大切な価値観」がありますか?

 

じつは、心理学の研究によると、生きがいを明確化できている人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだとか。

 

▶︎心理・身体的なメリット
・共感 能力がアップ
・イライラ感が減少
・マイナス思考が減少
・長寿になりやすくなる
・不安感や恐怖感が改善
・ストレス抵抗力が改善
・ポジティブ気分が上昇
・主観的な幸福感が上昇
・自信が回復しやすくなる
・感情コントロール力が改善…など

 

▶︎経済的なメリット
・将来の収入がアップ
・長期的な貯金率がアップ…など

(参考 文献:『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』『最高の体調 ACTIVE HEALTH』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、人生のゴールを意識できている人のほうが、ストレス状態が改善し、経済的にも成功しやすい傾向に!

 

たとえるなら、あなただけの目標を再設定することは、ビジネスという大海を泳ぐ “ガイド ライン” を持つようなもの。

 

「どこに向かって進めばいいか?」を明らかにする “道しるべ” があれば、暇な仕事にも打開策を見出せるはず。

 

…そう感じませんか?

 

↓以下の記事では、認知 行動療法でも利用される『ACT』というテクニックを参考に、あなたの価値観を深掘りします。

 

ぜひ ご参照くださいね。

 

 

【科学が証明】『脱出 手段』を用意せよ!

 

さて、さいごは『脱出 手段の用意』について紹介です。

 

そして、ここから先が本題。

 

あなただけに打ち明けますが、、「仕事が暇すぎて…」を脱却できない人の97〜99%には、共通の“失敗パターン” が。

 

それは、転職 支援サービスの使用という、“具体的な脱出ツール” を準備できていないこと。

 

いいかえると、いまの職場に留まることに囚われてしまい、ほかの解決策や選択肢を検討できなくなっている。

 

かんたんにいうと、視野が狭まってしまっているのですね。

 

…率直な意見で、すみません。
しかし、確かな事実。

 

反対に、苦痛な仕事ストレスを回避できるビジネス パーソンは みんな、もしもに備えて “逃げの一手” を確保しているもの。

 

みんな口に出さないだけで、いつでも転職 or 退職という手段が取れるよう “撤退 手段” を準備しているものなのです。

 

その証拠に、心理学の研究によると「いくつもの解決策を持てる人ほど、逆境を乗り越えやすくなる」のだそう。

(参考 文献:『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

図解すると、↓以下のイメージですね。

 

複数の打開策・解決策

 

…ここで1つ、頭のなかに思い浮かべてみてください。

 

「明日から、もうウチの会社に来なくていいから」

 

↑上記のようにクビを宣告されたとき、退屈から解放されたという気持ちと同時に「生活どうしよう…」とも思いませんか?

 

「いきなり仕事が無くなったら、生きていけなくなるんだけど…」と、強烈な恐怖・不安を感じないでしょうか?

 

…そう。

 

その感覚こそが「逃げ道を用意できていない」ということ。

 

今あなたが感じているマイナス感情こそが、厳しいビジネス界を生き抜く “回避策” を準備できていない、ということの証明。

 

なので、断言できます。

 

いまのあなたに不可欠なのは、退職 or 転職を現実のものにする「退却路の確保」なのだと。

 

にゅー
にゅー

「暇な仕事が苦痛すぎて…毎日がつまらない…」と感じるいまこそ、科学データを参考に動き出しましょう!

 

【まとめ】仕事が暇すぎて、毎日が退屈でつまらない…→たった1つの解決策は【あなたの選択】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話を聞いてくださった あなたに、心から感謝を。

どうもありがとう。

 

さいごに1つだけ、性格 心理学の研究から「周りの考えに合わせるデメリット」について。

 

研究データによると、周囲の意見に同調しがちな「協調性の高い人」ほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだそう。

 

・昇進、昇給率がダウン
・将来的な収入がダウン
・組織の重役になれる確率がダウン
・管理職や社長職に就く割合がダウン…など

(参考 文献:『パーソナリティーを科学する 特性5因子であなたがわかる』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、他人の顔色を気にして行動しがちな人のほうが、金銭的・キャリア的に失敗しやすくなるのですね。。

 

なので「暇な仕事=ガマンすべき」「退屈な業務=耐えるべき」などの助言を間に受けるほど、将来の可能性が潰れていく。

 

…ここで1つ、冷静に考えてみてください。

 

「安定=最優先」といった考えを鵜呑(うの)みにした40〜50代は今、 早期 リス 退職 トラという “き目” にっていますね。

 

そして、想像してみてください。

 

つまらない仕事に耐え続けたさきで、リストラという人生のドン底に叩き落とされる “救われない未来” を。

 

「過労死」や「孤独・孤立」といった恐怖に怯えながら、このさき40年 以上も苦しみ続ける “苦痛の未来” を。

 

…あなたが望むのは、どんな未来でしょうか?

 

あなたを苦境から救い出してくれるのは、たった1つ『あなた自身の行動』だけ。

 

このさきの運命を変えられるかどうかは、いまこの瞬間の『あなた自身の選択しだい』なのです。

 

でも、大丈夫。

 

ここまで、わたしの話に耳を貸してくれた聡明な あなたなら、きっと前向きな人生を送っていけるはずですから。

 

にゅー
にゅー

わたしは、そう強く信じています!

 

あなたが望む未来を、あなた自身の手で掴んでいきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました