【退屈】仕事の人間関係がつまらない、楽しくない…→改善策2選で【科学的にすべて解決】

【人間関係】仕事がつまらない

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む女性
仕事に悩む女性

もう限界…働くのが苦痛すぎる…。

会社の人間関係がつまらないせいで、仕事に行きたくない…毎日が退屈で、生きるのがツラい。。

対人 関係の問題が、こんなに深刻だったなんて…気を遣いすぎて、もう疲れたよ。。

性格的に合わない人 or ウマが合わないにも耐えなきゃなんて、、働くのがつまらなくなる一方。。

どうしたらいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【もう無理】仕事つまらな過ぎて…→改善策は『問題点の分析』⁉︎
▶︎科学的な「2つの突破口」で【すべて克服】詳細は記事の後半にて

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【退屈】仕事の人間関係がつまらない、楽しくない…→改善策2選で【科学的にすべて解決】

【もう無理】人間関係がつまらないせいで、仕事が退屈すぎ…→改善策は『問題点の分析』⁉︎

 

【必読】当サイトでは、あなたのキャリアの悩みを解決すべく、科学的なデータをもとに、打開策を発信していきます。

 

だいじょうぶ
あなたの苦しみは、きっと解消できますよ

 

わたしと一緒に、克服していきましょうね。

 

 

さて、さきに結論ですが「仕事の人間関係がつまらない…出社が苦痛すぎて…」を突破するカギは、『問題点の分析』

 

↓以下のようなイメージで、あなたの職場に蔓延(はびこ)る「退屈さの原因」を把握することが、さいしょの一歩。

 

なぜ、こんなにも仕事に行くのがツラいのか?」
なにが理由で、働くことがストレスなんだろう?」

 

というのも、心理学の研究によると、問題を “より具体的に” 認識できる人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

・問題 解決力がアップ
・ストレス抵抗力がアップ
・不安感、イライラ感が改善
・ネガティブ、マイナス思考が改善…など

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、懸念点を “より客観的に” 分析できる人のほうが、ストレスに強く、課題に対処しやすくなるのですね!

 

かんたんにいうと、わたしたちは「乗り越えるべき問題が理解できれば、困難を克服できるようになる」。

 

たとえば、お化けを相手にするのは無理ゲーですが、実体がある「犬・ネコ」への対抗策を考えるのは可能ですよね。

 

そこで、↓以下8点を参考にしつつ、あなたが感じている「会社の問題点」にフォーカスするのが吉。

 

・利益 追求の考えが強く、人付き合いがドライで冷たすぎる
・上っ面だけの仲間 意識がキモチワルく、他人を信用できずにいる
・社内での競争が激しく、ほかの社員に対して疑心 暗鬼になりがち
・お局さまの陰口、イジメのせいで、社内の空気がギスギスしている

 

・デキる同僚や優秀な先輩と比較され、コンプレックスを意識させられる
・理想と現実とのギャップが大きすぎて、モチベーションが保てずにいる
・出世 競争に巻き込まれ、社内政治の醜(みにく)さにウンザリしている
・利害 優先な関係のため、自己 開示(自分を知ってもらうこと)ができず窮屈に感じる…など

 

断言できます。

 

あなたの「職場の対人 関係がつまらな過ぎて…」を打破する “初めの一歩” は、『現状の分析』にアリですよ。

 

【危険】「思い込み・先入観」に囚われた末路とは…

 

…ここで1つ、あなたに質問させてください。

 

社内の人間と関わっていくに当たり、↓以下8つのような「思い込み・先入観」が頭をよぎることはありませんか?

 

・会社の人間とは、仲良くすべき
・上司や先輩には、笑顔で接するのがマナー
・ランチは「交流の場」なので、ぼっち飯はNG
・ほかの社員とも、互いに助け合わなきゃいけない

 

・飲み会への参加はマストで、断わるなんて言語 道断
・血ヘド吐くほど努力して、他人に評価されなきゃダメ
・嫌いな人や苦手な人とも、ガマンして付き合うのが道理
・退屈でつまらない関係性でも、フレンドリーに接するべき…など

 

わたしたち労働者は、社会に出る前から「組織の人間とは、うまく付き合っていくべき」という考えを植え付けられがち。

 

あるいは、「働くこと=ツラいもの」「会社の人間 関係=耐えるべき」といった感じで、世間の常識を押し付けられる。

 

…しかし、です。

 

じつは、心理学の研究によると、偏見やステレオ タイプを払拭できない人の “約80%” が、低い成果しか上げられない傾向に。

(参考 文献:『4021の研究データが導き出す 科学的な適職』)

 

また、ほかの研究データによると、ネガティブな思い込みに囚われがちな人ほど、仕事(学習)成績がダウンするのだそう。

(参考 文献:『ステレオ タイプの科学ー「社会の刷り込み」は成果にどう影響し、わたしたちは何ができるのか』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、社会のルール・常識といった先入観から抜け出せない人ほど、業務パフォーマンスが低下しやすくなるのですね。。

 

専門的には『ステレオ タイプ脅威』と呼ばれる心理 傾向です。

 

なので、次に「職場の人間 関係がつまらな過ぎて…」と思ったときは、↓以下のように問いかけてみてください。

 

「いま自分は、世間の常識・社会の思い込みに囚われていないだろうか?」。

 

研究によると、ステレオ タイプ脅威を脱却する “たった1つの方法” は、先入観を抱いていると「気づくこと」なのだそう。

 

「対人 関係が退屈すぎて…」と悩むときこそ、あなたの中にインプットされた “社会の偏見” に目を向けるのが吉ですよ。

 

【科学で対策】「日常の楽しみ」と「割り切り」で解決⁉︎

 

ただ一方で、↓以下のような反論もあるかもしれません。

 

上司
上司

仕事がつまらないから「会社を辞めたい」なんて、、甘ったれるな! 

職場の人間 関係なんて、どこに行っても似たようなもの! お金もらって働いてるんだから、ガマンすべき!

泣き言を口にするヒマがあったら、どうやったら面白くなるかを考えるべき!

 

かなり厳しめな意見ですが、、たしかに↑上記にあるとおり、不満を言うばかりで行動しない…では、改善の見込みもない。

 

となれば、↓以下のように「日常の楽しみ」を組み込むのも、1つの対策かもですね。

 

・仕事 終わりは「大好きな趣味」に没頭
・週末を「映画 鑑賞の日」にしてリラックス
・知らない街を散歩して、新しい刺激に触れる
・スキルを活かした「プチ起業」を開始してみる…など

 

じつは、生理心理学の研究によると、新しい刺激・楽しい体験を取り入れると、モチベーションが改善されやすくなる傾向に。

 

さらに解説すると、面白みのある経験は「やる気ホルモン」で知られる『ドーパミン』という物質を分泌させるのだそう。

 

にゅー
にゅー

まとめると、「①楽しいことを体験→②ドーパミンが分泌→③仕事のつまらなさが改善」というプロセスですね!

 

あるいは、いっそのこと「給料=退屈さのガマン代」と割り切って仕事するのもアリ。

 

その証拠に、産業 心理学の研究によると「給与=我慢料」と割り切れる社員ほど、↓以下のメリットを受ける傾向に。

 

・離職率が改善
・作業の上達度がアップ
・不安や迷いに囚われにくくなる
・長期的なモチベーションが維持…など

(参考 文献:『4021の研究データが導き出す 科学的な適職』)

 

にゅー
にゅー

まとめると「働くこと=生活費を得る手段」と捉え直せる人のほうが、仕事の上達が早く、メンタルも安定しやすいのですね!

 

退屈な職場 環境を改善する “打開の一手” は、「日常の楽しみ」と「割り切り」という2つのキーワードにありですよ。

 

【大悲報】劣悪な人間 関係のデメリットとは…?

 

断言できます。

 

はたらく場所は、職場の人間 関係で “こそ” 選ぶべきだと。

 

世間的には「仕事の関係=嫌いな人でもガマンすべき」という価値観がありますが、、科学的には “大間違い” 。

 

むしろ、つまらない対人 関係が蔓延(まんえん)する会社では、業務パフォーマンス・労働 意欲などにも悪影響が。。

 

その証拠に、組織 心理学の研究によると、いっしょに働く人の質が悪い職場ほど、↓以下のデメリットを受ける傾向に。

 

▶︎成功していない上司がいる場合
・お金の問題で失敗する確率が “約3倍” も悪化
・高い地位を得られる可能性が “200%” もダウン

 

▶︎モチベーションの低い同僚がいる場合
・自制心が “37%” も悪化
・業務パフォーマンスが悪化
・感情コントロール力が悪化
・衝動的な言動を取りやすくなる…など

 

▶︎不幸せな社員がいる場合
・あなたの幸福度が “15〜26%” もダウン

 

▶︎肥満ぎみな仕事 仲間がいる場合
・ダイエットに失敗する確率が “171〜300%” も悪化

 

▶︎メンタルが不安定な同期がいる場合
・マイナス思考が悪化
・不安、恐怖感が悪化
・孤独、孤立感が悪化
・イライラしやすくなる…など

(参考 文献残:『幸せな選択、不幸な選択ー行動 科学で最高の人生をデザインする』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』『スタンフォードの自分を変える教室』『影響力の武器 なぜ、人は動かされるのか』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、仕事場に「悪い人間 関係」があるときほど、メンタルが悪化し、経済的・キャリア的にも失敗しやすくなるのですね。。

 

専門的に『社会的 伝染(しゃかいてき かんせん)』とか『社会的 影響』などと呼ばれる心理 傾向です。

 

誤解をおそれずにいうと、、あなたの職場にいる人たちが「あなた自身の人生を決める」ということ。

 

…さぁ、イメージしてみてください。

 

このさき40年 以上にわたり、尊敬も信頼もない社員たちと過ごす “不幸すぎる未来” を。

 

つまらない仕事のグチだけが蓄積し、人生にも希望を見出せなくなる “絶望的な末路” を。

 

「そんなキャリア人生、ぜったいイヤだ…」。

 

「もっと面白みのある未来を送りたい」。

 

…そう感じませんか?

 

そこで、このさきでは「人間 関係がクソ過ぎて、仕事がつまらない…」を打開すべく、科学的な「2つの突破口」を解説

 

▶︎価値観の再確認
▶︎脱出 手段の用意

 

にゅー
にゅー

「働くのが退屈…職場がつまらな過ぎて…」と苦しむときこそ、科学を味方に対処していきましょう!

 

【科学で解決】仕事場の人間関係がつまらない…→退屈な毎日を克服する【2つの突破口とは?】

 

さて、1つ目に お話するのは『価値観の再確認』について。

 

…ここで1つ、あなたに質問させてください。

 

あなたが持つ考え・価値観は、いまの会社 方針とマッチしているでしょうか?

 

あるいは、職場の社風・企業 風土とのミスマッチが原因で、仕事に行くのが苦痛になっていませんか?

 

というのも、組織 心理学の研究によると、合わない会社に居続ける社員ほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだそう。

 

・無気力感が悪化
・マイナス思考が悪化
・人生の絶望感が悪化
・ストレス抵抗力がダウン
・労働パフォーマンスが悪化
・仕事のモチベーションが悪化
・感情コントロール力がダウン
・他人のことを信じられなくなる…など

(参考 文献:『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、仕事との不一致を放置しがちな人ほど、ストレス状態が悪化し、労働パフォーマンスもダウンしやすい傾向に。。

 

たとえるなら、向いてない職場で働きつづけることは、サッカー選手がバレーコートの上で練習するようなもの。

 

サッカーのアスリートは、ピッチ(グラウンド)で活躍してこそ、本領を発揮できるもの。

 

…そう思いませんか?

 

そこで↓以下の記事では、認知 行動療法でも使われる『ACT』の技法を参考に、あなたの価値観を再認識していきます。

 

ぜひ ご参考くださいね。

 

 

【科学が実証】『脱出 手段』を用意すべし!

 

さて、さいごは『脱出 手段の用意』について解説。

 

そして、ここからが本題です。

 

あなただけに お話しますが、、「仕事が退屈で…」を脱却できない人の96〜99%には、1つの “失敗パターン” が。。

 

それは、無料 支援サービスの利用という、 “具体的な撤退ツール” を備えられていないこと。

 

いいかえると、1つの職場に依存しきってしまい、ほかの解決策・選択肢を検討できなくなっている。

 

シンプルに、視野が狭まっているのですね。

 

…ストレートな言い方で、すみません。

けれど、確かな事実。

 

反対に、対人 関係のストレスを回避できるビジネス パーソンほど、万が一のために “退却路” を確保しているもの。

 

みんな口にしないだけで、いつでも転職 or 退職という手段が取れるように、もしもの “緊急 手段” を持っているものなのです。

 

その証拠に、心理学の研究によると「いくつもの打開策を用意できる人ほど、逆境に打ちのめされにくくなる傾向」に。

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

イメージ的には、↓下図のような感じですね。

 

複数の打開策・解決策

 

なので、断言できます。

 

いまの あなたに必要なのは、不遇な環境から抜け出す「現実的な退避ルートの確保」なのだと。

 

にゅー
にゅー

「職場の人間関係がつまらない…いっそ会社 辞めたい…」と感じるいまこそ、科学データを参考に動き出しましょう!

 

【まとめ】仕事がつまらない…→会社の退屈な人間関係を打開する秘策とは?【答:あなた自身の行動】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話をきいてくれた あなたに、心から感謝を。

本当にありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「現状 維持に留まるデメリット」について。

 

研究データによると、行動を後回しにしがちな人ほど、将来の年収がダウンし、キャリア選択に失敗しやすいのだとか。

(参考 文献:『ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか』)

 

…ここで1つ、想像してみてください。

 

現状 維持に甘んじた先にあるのは、低賃金・低年収へと堕ちていく “真っ暗な未来” を。

 

反対に、行動したさきで掴めるのは、あなた自身の “可能性ある未来” かも。

 

あなたが欲しいのは、どちらの人生でしょうか?

 

このさきの運命を変えられるかは、すべて今このときの『あなた自身の選択しだい』

 

でも、心配はいりません。

 

ここまで、わたしの話に耳を貸してくださった聡明な あなたなら、きっと未来を明るくしていけるはずですから。

 

にゅー
にゅー

わたしは、そう信じています!

 

人生の決定権は、あなたが握っていますよ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました